Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

写真のコンセプトの創り方

今回は【写真のコンセプトの創り方】について書いていきたいと思います。
いきなり質問なんですが、
コンセプトって何でしょうか?

皆さんは、写真を撮るときに何を考えますか?
これはあくまでも、僕の持論ということを頭の片隅に置きながら聞いていただければ幸いです。
岡本流写真の流儀


<コンセプトis手段>
そうです。僕の中ではコンセプトって手段なんです。
この前言いましたよね。

テーマって人生にフォーカスしたものだって。
僕らは何かを表現したい。
僕らは自分の生まれた意味を伝えたい。

写真という”手段”を通して。
コンセプトは手段です。
自分の生まれた意味を。
想いを媒介するための手段だと僕は定義します
小難しい言葉を使うなという言葉が聞こえてきそうなので、
もうちょっと細分化して伝えたいと思います。
僕はテーマをもって写真を撮っています。
「伝わる写真」を撮るために。
気持ちを込めてシャッターを切るときに、
どうしたら一番伝わるだろうなぁ。
そう考えるときがあるんです。
僕は考えました。
想いはあって、それを伝える手段として、
自分の好きなものを撮ろうと。
僕の胸の中にあるシンドロームが、
カッチカッチと大きく振れるものを。
それが【路地×隙間×女の子】だったと、
そういうことなんです。

ポップな手段なだって思いますか?

でもね。

僕は本当に写真に魂を乗せて撮っているんですよ。

本当に、この人のステキなところを引き出したい。

明日玄関を開けるのが楽しくなるような、そんな写真を撮りたい。

この世には、沢山の女性がいる。

この世には沢山、「生きよう」としている女性がいる。

容姿ではなく、身体の中に「想い」を沢山詰め込んで。

生きたい!と願う。

輝きたい!と踏ん張る。

僕はそれが美しいと思う。

だからこそ、そういう人たちが、自分に自信がないのが許せない。

そうさせてしまったその人の周りの環境を許せない。

僕はその人の心を見ることができる。

その人の中の夢や想いや姿勢を映し出すことができる。

だから撮る。

写真を撮る。

その手段が僕の好きなものならば、

もっともっと増幅させて、わかりやすく伝えることができる。
僕は良く言います。
僕に写真を教えてくれという人に言います。

「どうやったらいい写真撮れるの?」
「うまい写真を撮るコツを教えて」

『フェチを極めるんです!!!!!!』
好きって何ってフェチじゃないですか。
恥ずかしがらず、自分の気持ちに正直に、
自分のフェチを極める。
そこに僕のテーマを乗せて送り出すだけなんです。
そうすることで、僕の”好き”と”想い”は伝わるんだと思います。
好きに正直になるのは悪いことじゃないですよ!
ではでは!

皆さんがより良い写真を撮れるようになりますように^^

もしこれでもわからないという方は、

是非ご連絡くださいね。

好きのブレーキを外す練習をしましょう!
※犯罪はいけませんよ(笑)

1 Likes
1 Likes