1
/
5

noteを更新しました。


Twitter分析用アプリケーションについて、先週1週間運用してみた結果を、ひとまずnoteに更新しました。途中事情で2日ほど歯抜けになってしまったことは反省です。

https://note.com/louchura968/n/nad27161d7837

さて、内容を簡単に。とは言ってもすぐに終わる記事なので所感というか余談みたいなものにはなりますが。「分からない」ことが分かった、と言うのが現時点では正確な所です。今回の相手はTwitter、つまりはTwitterで活動している人の力学の世界ですからそこ特有の文脈を理解しないといけません。佐々木俊尚さんの言葉を借りれば「ビオトープの水質を探る」ということになるのかな?しかし同じ趣味のコミュニティを「ビオトープ」に例えるのは面白く、的確だな、と思いますね。佐々木俊尚さんの著書『キュレーションの時代』に詳しく書いてありますので興味を持った方は是非ご一読くださいませ。日々SNS のファンコミュニティの中に身を置いている自分にとっては思い当たる節がいくつもあって、大変面白く読めました。

https://www.amazon.co.jp/キュレーションの時代-「つながり」の情報革命が始まる-ちくま新書-佐々木-俊尚/dp/4480065911

ファンカルチャーっていうのは調べていても面白さを感じる領域なので、この手の本はもっと読んでみたいですね。それではこの辺りにて失礼します。