1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

人の役に立つことを考えて

デコボコなキャリア

私はずっと小説家を目指してきました。
そのため、大学卒業後のキャリアはデコボコであり、輝かしいものとは言えません。

新卒で編集プロダクション

古書店でアルバイト

牛タン屋でホール

飲食店向けオーダーエントリーシステムの販売会社で保守・カスタマーサポート

イギリス人がオーナーのサンドイッチカフェ・バーで店長

飲食店向けPOSシステムメーカーで広告・宣伝・クリエイティブ

といった感じです。
一貫性がないようで、誰かの「伝えたい」を形にする仕事をずっとしてまいりました。

勉強すること、それを活かすこと

飲食店のチラシを作りたい人がいればIllustratorの勉強をし、アプリを作りたい人がいれば一緒にサービスのUXを磨き、XDの勉強をしてUIを整えました。
地域に根付く店を作りたいと言われれば、店長となって働きました。
きっとこれからもずっと勉強、行動を続けていくことと思います。

これからどんな人の役に立てるのだろう

今、自分が誰の役に立てるのか分かりません。
どこかにいるかもしれないし、いないのかもしれません。
それでも僕のことを面白がり、「いっちょうちで働かせてみっか!」という方がいましたら幸いです。

スカウトをお待ちしております。