Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Kenji Oyamada

■自己紹介(サマリ)  ①アパレル 販売員 1年8ヶ月  (中国語、フランス語の資格の勉強)  ②PRADA 販売員 3年  (TOEIC 840点、MOS Master取得)    ③プログラミングスクール 5ヶ月  (RubyとRailsでSNS作り 120日で1200h突破)  ④株式会社dip エンジニア19年6月から  (「バイトル」「はたらこねっと」の所です。)   ・RPAとVBAを連携して情報システム部が使うシステム作り    (作ったシステムが8月から稼働中)   ・VBAの赤ペン先生    (教材の選考、課題の添削、180名分の講座の進捗管理補足資料作り)   ・GASでも処理の開発開始    (他部署の方と打ち合わせ、設計、開発、テスト、設置、     フローチャート作成、マニュアル作成,プレゼン)   ■VBAとRPAのコンビネーションシステムの開発をしています。  ・業務委託からインターンスタート(8/1-)  ・基本情報技術者資格の勉強中 Kenji Oyamada have worked at PRADA as sales staff. Following Excel VBA launch in 2018, then started , and has started Dive into code. ■継続してきてよかった事  さよならeach文  AWSでデプロイできた!!  検索フォーム実装できた!!(google感)  メッセージ機能実装できた!!(LINE感) ■【スクール卒業できたぞ(5/26)!!!】 Webアプリ(SNS)の開発。 課題の条件に合わせてフロントやサーバーサイドの言語を使い 今も毎日開発中です!! ■【ラグジュアリーからプログラミングへ】 プラダジャパンで上司がPCと格闘してるのを見て Excelを独学。(MOS マスター取得) 「VBA(プログラミング)の凄さ」を知る。 ■【上司がひきはじめた話】 ①売上の集計→②統計→③分析→④年齢別の購買層の把握→⑤メールのアプローチ ①~⑤をプログラムでできるようにする。 ■【20代前半は中国語フランス語メインの人】 新卒でアパレルに入社。 「爆買い」の時に 中国語を独学。 台湾に中国語のプチ語学留学→ 帰国した翌日に検定試験を受ける。 ■【フランス語もやっちゃおう】 三ヶ月に一度 中国語、フランス語の試験を 交互に受験していた時もある。 (フランス語はパリコレ関連で必要になるかなぁ… と漠然と思っていた為。) ■【新宿伊勢丹で働いている時にすごい売れたので   その勢いで4ヶ月の勉強の末、TOEIC840を取得。】 会社から「語学手当」を獲得!!!! bonjour, tout le monde ■【職務経歴】 ■【12月繁忙期の勝ち方】  職場のチームの中で外国語の対応ができる人がいなかった為、売上をとるチャンスだと考えて中国語やフランス語の勉強を開始。3ヶ月に1つ語学の資格を取り新人は在庫整理するのが当たり前の業界で店頭に呼び出される。結果12月の繁忙期には同期40人中2位の売上を記録。 ■【どうやってTOEIC840点とるの?】 全く点数が取れない時は英単語を本で勉強してましたが、アプリを使って毎日電車の中で100単語を6分以内に解くという目標を掲げ実行していた事が知識の底上げと自信に繋がり結果に結びつきました。 ■【「ここなら負けない!!」旗艦店の弱点を突く】 PRADAで独自に行なっていた購買分析が実を結び始めました。銀座店と池袋店を比較し池袋店の「強み」を発見しました。この情報を接客の中で取り入れることで百貨店カード獲得1位を記録。リピーターが増えコンスタントに売上を取れた結果、店舗スタッフ内で売上1位を獲得!! ■【なぜラグジュアリーからエンジニアへ?のきっかけ】  3年目は「新宿伊勢丹」に配属。(世界の全店舗の中で毎年売上トップ10に入る) 生産性を上げる為Excelの勉強を開始。 您好 大家 ■こんなことしたいです 【募集職種 /業務内容】 ・開発ガリガリ 【開発環境】 ・言語:Javascript,HTML,CSS,Ruby,PHP,Java ・フレームワーク:Rails,Vue.js ・フロントエンド:jQuery ,bootstrap, GraphQL ・データベース:SQL ・インフラ:AWS(EC2), Heroku, Nginx ・バージョン管理: Github ・端末: MacBook ・コミュニケーション: Slack,Chatwork

Tools Kenji Oyamada uses