1
/
5
株式会社ポケットマルシェ

ポケマルブログ

Trending
Trending Posts

生産者さんに近い場所で暮らしながらフルリモートで働く|生産者チーム 生田 志帆

ポケットマルシェ(ポケマル)のスタッフの多くは東京のオフィスに出社していますが、地方で暮らしながらフルリモートで働いているスタッフもいます。生産者チームの生田は、大学院時代に通っていた宮城県川崎町に住み、自分でも畑を耕したり、休日には東北の生産者さんのもとを訪れたりしています。そんな彼女の暮らし方、働き方と、そこ...

提供価値を考え抜き、自治体・企業との連携でポケマルならではの体験を生む|新取締役 兼 事業開発部門 部門長 岡本敏男

2021年4月1日、ポケットマルシェ(ポケマル)の新取締役に岡本敏男が就任しました。岡本は、自治体様や企業様との連携を行う事業開発部門の部門長でもあります。事業開発部門では現在何に取り組んでいるのか、今後どのようなことに力を入れていくのか、また、新取締役としての想いや決意を語ってもらいました。 ▼ PROFIL...

会社の「位置情報」を把握して新たな価値を生み出すために、私はデータを活用する|生産者チーム 木学万里子

ポケットマルシェ(ポケマル)は、「こういう社会でありたい」という主観的な想いを大事にしていますが、そのためには客観的なデータから「実際の社会はどうであるか」を把握することが欠かせません。生産者チームでデータ活用を担う木学に、データをどのように捉え、活用しているのかについて語ってもらいました。 ▼ PROFILE ...

Latest
Latest Posts

会社の「位置情報」を把握して新たな価値を生み出すために、私はデータを活用する|生産者チーム 木学万里子

ポケットマルシェ(ポケマル)は、「こういう社会でありたい」という主観的な想いを大事にしていますが、そのためには客観的なデータから「実際の社会はどうであるか」を把握することが欠かせません。生産者チームでデータ活用を担う木学に、データをどのように捉え、活用しているのかについて語ってもらいました。 ▼ PROFILE ...

生産者さんに近い場所で暮らしながらフルリモートで働く|生産者チーム 生田 志帆

ポケットマルシェ(ポケマル)のスタッフの多くは東京のオフィスに出社していますが、地方で暮らしながらフルリモートで働いているスタッフもいます。生産者チームの生田は、大学院時代に通っていた宮城県川崎町に住み、自分でも畑を耕したり、休日には東北の生産者さんのもとを訪れたりしています。そんな彼女の暮らし方、働き方と、そこ...

提供価値を考え抜き、自治体・企業との連携でポケマルならではの体験を生む|新取締役 兼 事業開発部門 部門長 岡本敏男

2021年4月1日、ポケットマルシェ(ポケマル)の新取締役に岡本敏男が就任しました。岡本は、自治体様や企業様との連携を行う事業開発部門の部門長でもあります。事業開発部門では現在何に取り組んでいるのか、今後どのようなことに力を入れていくのか、また、新取締役としての想いや決意を語ってもらいました。 ▼ PROFIL...

【ポケマル社員インタビュー】生産現場のリアルな情報をあらゆる人に届ける|日本食べる通信リーグ事務局長 岡本 敏男

ポケットマルシェの創業前、代表の高橋が最初に立ち上げたのが、つくる人と食べる人をつなぐ食べ物付き情報誌『東北食べる通信』です。2013年からNPO法人「東北開墾」によって発行されてきましたが、「生産者と消費者の分断」という社会課題を解決するためのスピードを上げるべく、2020年5月1日からはポケットマルシェが『...

【ポケマル社員インタビュー】リアルな場から地域コミュニティをデザインする|事業開発マネージャー 丸山 孝明

ポケマルでは、生産者さん直送の食材を店頭で購入可能な「ポケマルスタンド」のように、オンラインに留まらずリアルな場で「個と個をつなぐ」取り組みに力を入れています。その立役者が、2020年1月にポケマルに入社した丸山 孝明(愛称:こうめいさん)です。 丸山は、出版、アパレル、ITなど様々な業界で営業職を経験し、起...

【ポケマル社員インタビュー】生産者さんの「発信→繋がり形成」を全力でサポート|生産者パートナー統括 中山 拓哉

ポケマルでは、「平成の百姓一揆」や「令和のスマホ一揆」といったプロジェクトを毎年のように開催しています。それらの企画や運営を率いてきたのが、ポケマルの生産者パートナー統括、中山 拓哉(愛称:なかたく)です。 大学卒業当時は、大企業に入ってなんぼだろうという気持ちで大手外資系のIT企業に就職をしたそうです。しか...

【ポケマル開発チームインタビュー 】ただ「便利」なだけではないプロダクト開発への挑戦

全国の農家さん・漁師さんから、直接やりとりをしながら旬の食材を買えるプラットフォーム「ポケットマルシェ」を運営する、株式会社ポケットマルシェの開発チームインタビューをお届けします。 ▼ PROFILE ▼ 写真左:宮本 巧(Takumi Miyamoto) エンジニアとしてキャリアをスタート。開発会社を2社経...

【リモートワークって実際どうなの?】 ポケマル社員のリアルな声をまとめました!

株式会社ポケットマルシェは、全国の農家さん・漁師さんから、直接やりとりをしながら旬の食材を買えるプラットフォーム「ポケットマルシェ」を運営するスタートアップ企業です。 2016年にサービスをリリースしたポケットマルシェですが、初期の頃から「リモートワーク制度」を導入しています。現在は週1回(エンジニアは2回)、任...

【ポケマル社員インタビュー 】食材の買い方を変えることで社会を変えたい|プロダクトオーナー 布井 佑佳

全国の農家さん・漁師さんから、直接やりとりをしながら旬の食材を買えるプラットフォーム「ポケットマルシェ」を運営する、株式会社ポケットマルシェの社員インタビューをお届けします。 ▼ PROFILE ▼ 布井 佑佳(Yuka Nunoi) 大学卒業後、ベンチャー企業にて法人営業を経験。 その後、モンスターラボで新...

【INTERVIEW】日本から世界へ!人と人とを繋ぐ「食のC2Cマーケット」が作る未来とは:ポケットマルシェCOO 山口幹生(後編)

<前編はこちら / 中編はこちら> 生産者と消費者の出会いを作り出す ー 実際に入社してみて思う、ポケマルの価値って何ですか? ポケマルが目指しているのは、食べ物の分散型流通システムを新たに作り出すことです。高度経済成長期までの日本では食糧難が度々起こっていて、食べものを安定的かつ安価に共有することが最重要事...

【INTERVIEW】日本から世界へ!人と人とを繋ぐ「食のC2Cマーケット」が作る未来とは:ポケットマルシェCOO 山口幹生(中編)

<前編はこちら> ロンドンから岩手の被災地へ ロンドンでは情報が錯綜していて、震災直後は「東京がやばい」という話が耳に届いたりもしていました。出社すると、東北の工場が一つ潰れてしまったということで、影響を24時間体制で調査しました。その後、友人や家族に震災時の話を聞き、日本人にとって衝撃的なできごとだったのに...

【INTERVIEW】日本から世界へ!人と人とを繋ぐ「食のC2Cマーケット」が作る未来とは:ポケットマルシェCOO 山口幹生(前編)

信頼関係を生むC2Cマーケット「ポケットマルシェ」 ー ポケットマルシェとはどのようなサービスでしょうか? ポケットマルシェ(以下ポケマル)は、全国の農家・漁師から旬の食べものを直接買えるプラットフォームです。現在、約1,300名の農家・漁師が登録しており、常に2,500を超える食べ物の出品と、その裏側にあるスト...

Followers
Posts
12
Likes
79
About
ポケマルブログ
あなたが昨日食べた3回の食事のうち、生産者の顔が思い浮かんだ食材は、いくつありますか? 私たちは、食べものをつくる人と食べる人がつながる、より楽しくより豊かな世の中を目指しています。 私たちはロボットではなく、人間です。食べることは単に栄養補給だけでなく、生きること...
Writers