1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
シンプライン株式会社

AIRz開発ブログ

Trending
Trending Posts

AWSの新機能、コストカテゴリについて💰

こんにちは、 AIRz開発スタッフの☆えあ☆です✨ 12月に入り、今年も残すところあと1か月ですね★ 今回は最近知ったAWSの機能についてご紹介します。 まず1つ目は、 『Cost Categories』 です! こちらは、ユーザーがアカウントやタグなどの請求ディメンションを利用してAWSのコストをマッピングおよ...

『お客様が今困っている問題を解決する』。それが想定の仕様とは異なったとしても・・・

AIRzは、企業のAWSの無駄な使い方を発見し、 無駄を軽減し、最適な利用形態に導くためたサービスです。 そして、お客さまの「システムコストが削減されること」。 それがAIRzが果たすべきシンプルで重要なゴールです。 そのゴールが変わることはありませんが、 いろいろなお客様の声をヒアリングしていく中で 利用料の削...

AWSのコスト管理サービスを知ろう!AWS Budgetsでできることは?

AWSコストマネージメントサービスとしてのAIRzの開発を進めるにあたり、 既存のAWSコスト管理サービスを知る必要があります。 今回は予算に対してアラートを設定できるなど、コスト管理の1ツールとして AWSが提供している「AWS Budgets」について調査してみました! ★AWS Budgetsの機能 ①コス...

AWSコストをリアルタイムで管理する新機能の開発

いままでAIRzは「AWSのコスト削減」に注力してサービスを開発してきました。 これからも、サービスの目指すところは変わりません。 が、現場の声を聞いていると、まず削減の前にリアルタイムの請求状況を正確に把握し、 予想外の請求額に驚愕する機会を減らしたい…などという切実な課題があることが判明。 ならば、AIRzで...

「さてと、2020年のAIRz」🐭

2020年、 新年おめでとうございます。 2月にリリースを予定していた AIRzのバージョンアップは 仕様設計の確定に想定より時間が掛かり、春先のリリースになりました。 ちなみに春先のリリースはバージョンアップというよりも 新しい機能でのリリースを行う予定です。 ここでの主な機能は、AWSの請求まわりの処理に 人...

Latest
Latest Posts

【体験記】AWSのコスト管理は規模が小さいうちから手を打つが勝ち💪

AIRzはただいまテスト真っ只中です! 皆さんにお使いいただける日が刻々と近づいております♬ 今回テストデータには弊社の実データを利用してみています。 AWSアカウント数はマスターアカウントを含めても6つ。 毎月の利用料も大きいとは言い難いと思います。 それでも、『コストマネジメント』を特別に意識せず、 規模が小...

ルート66を行くように🚙

日々生きていれば、当然いろんなことが起きますね。 人はそもそも影響されやすい生き物ですから、環境からでも自分以外の人からでも 何かしら影響を受けあっているものです。 せっかくなら常にいい影響を受けれる場所に自分の身を置こうと思いますが、 いいと思う場所が、そうではなかったり、その逆も然り。 こればかりは正解なく、...

「茹でカエルの法則」から学ぶこと。🐸

大きく変わるとき、変化していくとき、 必ず大きな痛みを伴う。 これが能動的な痛みか、受動的な痛みかは別にして。 いまは世界全体が強制的に大きな痛みを受け、何かしら大きく変化していくことを 求められているときだと思います。 それが良いことか悪いことか、という判断は一概にできませんが、 変化と痛みはセットである、とい...

リザーブドインスタンスの割引適用を確認する方法②😊👍

前回に引き続き、「リザーブドインスタンスの割引適用を確認する方法」についてお伝えしていきます! 第一回でお伝えしたのは、リザーブドインスタンスの割引適用ルールについてでした。 第二回目の今回は 『どのインスタンスが購入したどのリザーブドインスタンスの割引をいくら適用されたか?』 を知るためにはどうすべきか、をお話...

リザーブドインスタンスの割引適用を確認する方法①😊👍

すっかり春の陽気になってまいりましたね🌸 前回までは2回にわたって「コスト配分タグ」を使ったAWS利用料の把握方法をお伝えしてきました。 引き続きAWSコストに関わる豆知識と致しまして、 今回は「リザーブドインスタンス」の割引適用に注目してみたいと思います💡 こちらも2回にわたってお伝えしてまいります🎵 まず、前...

コスト配分タグを使ってAWS利用料を把握する②💰

前回に引き続き、今回もAWS利用料の把握の仕方をお話していきます。 前回は、AWS請求書から確認できる内容についてお話しました。 AWSアカウント毎に支払先を分けていたり、 支払先を分ける必要がない場合だったりすると、 通常AWSから発行される請求書で事足りるかと思います。 ただし、 ・複数の支払い先と1つのAW...

コスト配分タグを使ってAWS利用料を把握する①💰

AWSを利用している企業の方であれば、 一度はAWSが発行する請求書をご覧になったことがあると思います。 そこには、 「サービスごとの料金明細」と 一括請求にしている場合は、 「アカウント毎の請求明細」も確認することができます。 「アカウント毎の請求明細」の場合、各アカウントごとの「サービスごとの料金明細」が確認...

「アジャイル開発」から『ウォーターフォール開発』に変えて、わかったこと😲😲

もうすぐ春ですね。 僕は秋と冬が好きなので、 この季節は取り立てて高揚しませんが、 まあ服装だけは夏がいいですね。 AIRzのサービス開発は、 これまで「アジャイル型」で進めてきました。 プロトタイプ開発~画面とロジックの確認~修正・・・を 繰り返して完成させていくスタイルですね アジャイルは柔軟性では有効...

シンプルかつ充実していること🌞

こんにちは、えあです。 今週末はバレンタインですね💕 先日デパートに足を運ぶと、 そこら中おしゃれなチョコレートでキラキラしていました✨ 『チョコレート』とひと言で表現すると、それまでですが、 実際は、味、デザイン、機能(健康重視、フェアトレードなど)ごとに まったく違った『チョコレート』になっています。 シンプ...

「99%失敗する」と考えながら「100%成功する」と信じること ⛰

こんにちは。☆ずう☆彡です。 1月もあっという間に過ぎ去りました。 『もう2月か・・・』 私たちが、この1年をかけて AIRzで実現したいことを考えると もっとスピードを上げなければと思います。 プレッシャーは、梅雨の雨のようにまとわりつきますが、 目標と意義、そして期限に対して忠実にならなければ 新しい事業の成...

あらためて。🌏🚀⭐

こんにちは、えあです😊 まもなく節分ですね👹 本来、節分は季節の節目、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを言うそうです。 中でも立春の前日は、旧暦で大晦日に相当する大事な日だったため重要視され、 いまの「節分」となったようです。 旧暦の新年を迎えるための邪気払いとして「豆まき」を行うそうですが、 みなさんは毎年さ...

「結果を出す2020年に」🌕

おはようございます。 ☆ずう☆彡です! めっきりと寒くなりましたが、 刺すように寒い日は、昔より少なく感じます。 温暖化の影響でしょうか・・・🌞🌞 さて、「AIRz」は昨年の7月にリリースし、 仮説を立て、実行し、想定外の結果が起こり、改良する ・・・を重ねた7ヶ月でした。 サービス仕様、開発プロセス、そしてマー...

日々精進あるのみ、🌞

こんにちは!えあ、です✨ 2020年に入り、2週間が経過しましたね! 私感ですが、日々の密度が濃くて濃くて、 まだ今年は2週間しか経っていないのか😲‼ という感覚です(笑) このままの密度で行くと、この1年どうなっていくんだろう💕 とワクワクしています😊 さて、自分に掲げた2020年の1年計画は順調な滑り出しで ...

「さてと、2020年のAIRz」🐭

2020年、 新年おめでとうございます。 2月にリリースを予定していた AIRzのバージョンアップは 仕様設計の確定に想定より時間が掛かり、春先のリリースになりました。 ちなみに春先のリリースはバージョンアップというよりも 新しい機能でのリリースを行う予定です。 ここでの主な機能は、AWSの請求まわりの処理に 人...

感謝を形に🎍🍊🎍

こんにちは、AIRz開発スタッフの☆えあ☆です✨ 本記事が2019年さいごの投稿になります! 今年の3月から、このサービスの開発等に携わってきて 実はまだ一年も経っていないのか😲‼という思いもありつつ そのくらい濃密に充実して仕事させていただいていることに 有難いな、と改めて思う年末です。 「システム」「IT」と...

Followers
Posts
29
Likes
73
About
AIRz開発ブログ
シンプラインの独自サービス"AIRz"の開発の様子をお届けします!
Writers