1
/
5
政策渉外担当
Mid-career
on 2022-03-10 116 views

電波法の省令緩和に向けた官公庁や関係機関への政策渉外担当をWanted!!

エイターリンク株式会社

エイターリンク株式会社 members View more

  • 株式会社エイターリンク 代表取締役/CTO。米国スタンフォード大学にて、バイオメディカルインプラントデバイスに関する研究に従事。電波を通しづらい人体において20cmの距離に配電できるワイヤレス給電技術を開発。本技術を応用することで商用利用向けのワイヤレス給電の開発及び販売事業を開始(室内空間では20mの配電を行うことに成功)。

  • 私はこれまで商社でグローバルの要素技術を自動車に「どのように応用するか?」という問いに向き合ってきました。まだまだ研究段階の技術も多い中、「プロダクト」に仕上げていく仕事でした。
    その仕事の一環でシリコンバレーにいる際に、スタンフォード大学リサーチャーである、田邉と出会い、共同創業しました。
    「ワイヤレス給電」という未開拓技術で世界をリードしていく、そんな会社にしていきたいです!!

  • 小西 貴也
    Business (Finance, HR etc.)

  • 新卒にて株式会社リクルートHRマーケティング(現・株式会社リクルートジョブズ)に入社。中小企業の法人に対する求人広告の営業職に3年間従事。その後、「自分が作った求人広告を通じてどんな人が興味を持ち、なぜ働きたいと思ったか?」という求職者側の視点に立つことに興味の対象が移り、株式会社エス・エム・エス(現・エス・エム・エスキャリア)に転職。医療従事者向け人材紹介部門において、キャリアコンサルタント職と営業職を兼務。千葉、仙台での勤務を経て、東京事業所の事業所長に就任。30名ほどの部下に対して目標の進捗管理、育成、および市場の動向に基づくエリア戦略の策定・実施を行い、着任1年目にして8年ぶりの...

What we do

  • これまでタスクアンビエント空調を実現するためには、個別席毎にセンサーを設置する必要がありましたが、無線で環境センサーに給電することで、多数のセ ンサーを設置し、室内環境の最適化を図ることに成功しました!
  • ロボットハンド先端部の高頻度な断線によるメ テナンスコストの負荷は長年の課題でしたが、センサーモジュールの完全ワイヤレス化によって、断線のリスクが防止され、配線 や 電池交換のコスト・工数を削除することが可能に!

6GやIOE(Internet of Everything)社会の実現には、多量のセンサーが必須となりますが、これまでの配線・バッテリーでは全てのデバイスを稼働させることはできません。

そこでまさに今、市場から大きく求められている技術が当社の”ワイヤレス給電”です。

当社の技術は
(1)17m先への長距離給電が可能
(2)双方向のデータ通信が可能
(3)あらゆる角度に給電が可能
といった特徴を有します。

1)FA(Factory Automation)領域
ダイナミックに稼働するロボット先端部の配線は、高頻度で断線することが多く、FA業界においては長年の課題でした。ロボットハンド先端部など、「断線しやすい可動部」や「配線しにくい箇所」のセンサーのワイヤレス給電を実現することにより、この課題を解決します。またこれにより、取り替えコストの大幅な削減も可能となります。現在、市場導入は2022年後半以降を予定し、それに向けた製品開発を行っています。

2)ビルマネジメント領域
タスクアンビエント空調は、空間の中で人がいる領域は最適な環境を保ち、不在時や人がいない領域は環境条件を緩めることで、快適性と省エネルギーの両立を図るシステムです。しかしセンサーを設置するのに多額の配線コスト、バッテリー交換コスト(廃棄も含め)がかかるため、十分なビルマネジメントシステムが構築できないという課題がありました。エイターリンクが持つ技術を大手ゼネコン、ディベロッパーと実証実験をした結果、ワイヤレス給電によって温湿度センサー、照度センサーやCO2センサーを稼働させるだけでなく、ドア・窓センサー、人感センサー、漏水センサー、コンクリート内のひずみセンサーなどを一括してワイヤレス給電を行うことが可能となっています。この技術は2021年11月より実際の市場投入を予定しており、今後「マイクロ波ワイヤレス給電」による建築物のデジタルトランスフォーメーションに貢献してまいります。

3)メディカルインプラント領域
エイターリンクは心臓のペースメーカーをはじめとする「メディカルインプラントデバイス」をワイヤレス給電する研究開発を行っています。メディカル領域における最初のターゲットアプリケーションは感覚器へのデバイスを想定しており、現在基礎開発を行っています。市場導入は2025年以降を予定しています。

Why we do

  • 個人の能力だけでなく、チームで成果を出すことがefficientであるというマインドと行動を大切にしています。
  • 求めている人材は、戦略思考(勝ちにこだわり勝ち筋を試行錯誤する)があること。そして、自分が持つスキルに固執せず、社外からもリソースやインプットを獲得し成果に繋げようと努力が出来る人です。

「ワイヤレス給電によって配線のない“デジタル世界”を実現する」をビジョンに掲げ、2020年に設立されました。我々は、テクノロジーを見えなくすることで、顧客のイノベーションに貢献したいと考えています。

How we do

  • 創業メンバーや社外取締役との1枚です。オフィス内ではカジュアルな服装で働いています。勤務形態は裁量労働制を採用し、個人の責任と裁量で業務を進めて頂いています。
  • 共同代表の田邊(右)は、米国スタンフォード大学にて、バイオメディカルインプラントデバイスに関する研究に従事。 電波を通しづらい人体において 20cmの距離に配電できるワイヤレス給電技術を開発しました。同じく、共同代表の岩佐(左)は、商社時代にシリコンバレーにて田邊に出会い、ワイヤレス給電の将来性を痛烈に感じ、田邊と一緒に当社を設立しました。

■独自技術による競争優位性
・アンテナ、回路、センサーシステムに関する技術と特許を保有している。
・高周波、低電力回路に関する知見やノウハウを持ち合わせている。

■スタンフォード大学出身のエンジニアを中心としたエンジニア集団
イノベーティブでスピード感あるベンチャーマインドを持ち、サイエンスとテクノロジー、インプリメンテーションにより社会に貢献していく。

■プロセス
・顧客と共に成果にコミットしている。顧客自身が強い課題感を抱えており、その課題を当社が解決できるビジネスに集中している。
・アジャイル開発、コンカレントエンジニアリングの手法を採用(典型的なウォーターフォール型プロジェクト管理ではない)

As a new team member

【お任せするミッション】
当社が事業活動を円滑に進めるため、渉外担当として官公庁や業界団体に対して法規制緩和を目指したネットワーク構築、ワイヤレス電力伝送にかかわる政策提言や折衝をお任せします。

【業務内容】
国内、および海外のワイヤレス給電に関する省令緩和、ならびにWPT局承認における評価項目作成と標準化をお願いいたします。
・WPT局、5ワット省令緩和に対する政策提言、ロービーイング(総務省他、各省庁へ)
・WPT局、1ワット省令緩和後のTELEC等への試験項目の策定
・海外WPTのグローバル標準化
上記を達成するための技術的な要素、必要事項の洗い出し。

【求める人物像】
<MUST>
・電波法に関する専門知識

<WANT>
・各省庁との折衝経験
・民間企業、界団体等での渉外業務経験
・規制産業等における法令対応の業務経験
・中央省庁で企画業務 、立法中央省庁で企画業務経験

Highlighted stories

新しい技術に市場の課題をかけ合わせ、新しい価値を届けたい。ワイヤレス給電技術にかける30歳の挑戦【#プロダクトマネージャー 彦坂慎吾】
スタンフォード発「ワイヤレス給電技術AirPlug®」を支える開発の舞台裏。【Vice President of Engineering(VPoE)小舘直人】
スタンフォード発「ワイヤレス給電技術」で未来を変える。エイターリンクの創業ストーリー
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About エイターリンク株式会社
エイターリンク株式会社
  • Founded on 2020/08
  • Featured on TechCrunch /
    Expanding business abroad /
    Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6F Inspired.Lab内
  • About エイターリンク株式会社
    電波法の省令緩和に向けた官公庁や関係機関への政策渉外担当をWanted!!