1
/
5
グローバル人材紹介のリーダー
Mid-career
on 2022-03-01 425 views

アジアと日本を繋ぐ。仕組みからつくる。グローバル採用のリーダー募集

株式会社ASIA to JAPAN

株式会社ASIA to JAPAN members View more

  • 1997年、株式会社キャリアデザインセンター入社。キャリア採用向け広告営業、営業マネージャ、営業部長、マーケティング部長を経て、同社人材紹介事業部門の事業責任者を経験。
    2006年、株式会社日経HRへ入社。人材紹介事業の立ち上げ、転職サイト事業マーケティング責任者、システム責任者を経て、2012年よりアジア現地学生採用のための新規事業を立ち上げ、その責任者となる。アジア9カ国、トップ50大学と連携した同事業は、テレビ「ガイアの夜明け」でも取り上げられる。
    趣味 サーフィン、アクアリウム 社内の植物管理を担当

  • 1999年、株式会社キャリアデザインセンター入社。キャリア採用向け広告営業、営業マネージャ・部長、雑誌「type」編集長を経て、国内新卒事業立ち上げ責任者に。2007年、雑誌「就活type」創刊。「就活typeプレミアムイベント」の開催など就職市場にハイエンド就職サービスを定着させる。2013年、株式会社日経HR入社。アジア現地学生採用事業に従事。グローバル人材採用をテーマに約300社へ訪問、50社以上の外国人学生採用を支援。2017年、株式会社ASIA to JAPAN設立。
    週末はミニバスケットボールチームのコーチをしています。

  • 愛知県田原市出身。小中高校生までバレーボールに打ち込み、高校では県内強豪校に進学。幼いころから見てきた地元農業の技術が世界中に生かされていることを知り、国際交流・協力に興味を持つ。2015年に立命館アジア太平洋大学に入学し、デリーにある環境系インド企業での長期インターンを契機に南アジアの環境問題や持続可能な社会づくりに関心を持つ。その他、TAとして下級生の多文化共生の教育サポートを行い、高校生向けグローバル人材育成キャンプを立ち上げる。2020年1月、アジアの日本語ができる理系の海外大学生の夢と日本企業を未来をつなぐ会社に勤務。趣味はピアノと自然のある場所に行くことです。
    Graduat...

What we do

  • インドのプネ大学で実施した説明会の様子。各国の主要大学と協力し日本就職を希望する学生を集めています。現在は完全オンラインで行っています。
  • 利用企業はWebで会いたい学生を選ぶことができます。また選考結果や内定後のプロセスもシステム上で管理することができます

== 海外トップクラスの大学生と日本の企業を結びつけています ==

アジアの主要大学をネットワークし、「トップクラスの理系学生採用」を支援してきたASIA to JAPAN。今期、新規事業「海外で学ぶ日本人留学生の就職・採用事業」を開始しました。社会のダイバーシティー&インクルージョン推進のニーズに応え、さらなる事業展開を目指します

◎ 「高度外国人材の獲得」は企業経営において避けられないテーマになっています。
2022年4月より設けられるプライム市場の指標に、企業統治指針の改定案が適用される見込みです。そのポイントの一つが「管理職層の多様性」。女性や外国人、中途採用者の登用に関して、数値目標と達成状況の公表を求める方針です。ASIA to JAPANは外国人材の日本就職プログラムを通してダイバーシティ推進に貢献します。

【事業の特徴】
■サービス1■[FAST OFFER International]
~独自のポジショニングでアジア理系学生就職・採用を支援~
北京大学、上海交通大学、シンガポール国立大学、インド工科大学など、50を超えるアジアの上位校から学生を集客。大学と提携し「無料の日本語授業」を提供するなど、日本就職を考える外国人学生に向けた、きっかけづくりから取り組んでいます。
広くトップクラスの大学と関係性を築き、AIやデータサイエンス、ロボティクスやIoTといった専門性をもった上で日本語もできる学生を、多く集めることに成功しています。
海外から優秀な学生を招待し日本で面接会を実施。各企業は日本で面接・採用を決定できることが特徴です。コロナ禍である現在は、自社開発のシステムにより、学生のマッチングから面接、面接後のフォローまで全てオンラインで完結しています。

■サービス2■[FAST OFFER JP]
~オンキャンパス説明会を通じ日本人留学生の就職・採用を支援~
この秋、世界ランクTOP500に名を連ねる、アメリカ、カナダ、イギリスの45大学へ訪問し、オンキャンパス就職説明会を開催しました。全世界の留学生を対象にしたオンラインプロモーションも展開し、厳しい環境で頑張る日本人学生に特別な機会を提供しています。

■その他のサービス■
内定後のフォローアップとして日本語授業の提供や、VISA取得、受入れ等のサポート、インド工科大学(IIT)の特殊なプレースメント(面接会)のコンサルティング&サポートなど、海外採用に関する様々なサービスを提供しています。

------以下企業が利用しています------
日立製作所 様 / 三菱電機 様 / 東日本旅客鉄道(JR東日本) 様 / 花王 様 / デンソー 様 / コニカミノルタ 様 / 住友電気工業 様 / IHI 様 / 積水化学工業 様 / ヤマハ発動機 様 / ヤマハ 様 / ハウス食品 様 / 横河電機 様 / 島津製作所 様 / 堀場製作所 様 / 豊田合成 様 / TDK 様 / 楽天 様 / チームラボ 様 / マネーフォワード 様 / グノシー 様 / ビービット 様 / シグマクシス 様 / 三菱日立パワーシステムズ 様 / カネカ 様 / YKK 様 / 東京エレクトロン 様 / シスメックス 様 / 三井E&Sマシナリー 様 / 住友理工 様 / 日揮 様 / SCREENホールディングス 様 / コンチネンタル・オートモーティブ 様 / マクニカ 様 / ダイフク 様 / ワークスアプリケーションズ 様 / SOLIZE Engineering 様 / CTCテクノロジー様 / 自律制御システム研究所 様 / 日本テキサスインスツルメンツ 様 / 日立建機 様 / 日本特殊陶業 様 / 日立ジョンソンコントロールズ空調 様ほか
2022年1月現在150社超

Why we do

  • ミスマッチ防止に向けたウェビナーを定期的に開催。入社後の定着率アップに向けた手法の開発にも取り組んでいます
  • 初めての採用を考える企業人事の方に向け、外国人雇用の法務・労務の第一人者である杉田弁護士と高度外国人採用の実務書を出版しました

== 機会の提供から活躍の支援まで、一気通貫の事業づくりを行っています ==

◎ 「きっかけから、活躍まで」
ASIA to JAPANのVISIONです。
世界で活躍したいと想う海外の若者にとって就業環境の整う日本は魅力的な存在に成り得ます。
その一方で、言語や慣習の違いから生じるギャップがポテンシャルある学生のチャンスを阻害している実態があります。

ASIA to JAPANでは、海外の大学と提携した「理系学生向けの日本語学習」などを通じ、日本就職の「きっかけ」を提供しています。
あわせて、就職決定後に必要な様々なサポートを充実させていくことでギャップを改善し入社後の「活躍」を支援していきます。

◎ グローバル採用のプラットフォームへ  企業にグローバル採用の「安心」を提供。
企業の採用環境は大きく変化しています。ダイバーシティ&インクルージョンの推進や、国際的な人材獲得競争を背景に新卒採用もJOB型へ移行するなど、グローバル採用の社会的な機運も高まっています。

ASIA to JAPANのこれまでの特徴である『日本での面接会実施』。
海外から優秀な学生を日本に招待し、各企業は日本で面接・採用を決定できるというメリットを提供してきました。コロナ禍である現在は、自社開発システムを強化し、学生のマッチングから面接、面接後のフォローまで全てオンラインで完結できるようになりました。
さらに、入国できない内定者向けのフォローアップ、入国規制緩和後の受入れ手続きに関するアドバイスなど、コロナ禍で変化する企業・学生双方のニーズに応え、さらなるサービス拡充に取り組んでいます。

How we do

  • インドのプネにあるITラボのメンバー。PM、エンジニアが開発に取り組むほかインターン生が開発と日本語を学びます
  • 明るい雰囲気のオフィスへの出社とリモートを組み合わせたフレキシブルな働き方です

== ポスト・コロナ時代さらなる成長ステージへ。事業拡大に伴い新メンバーを積極採用 ==

◎ 創業者2名は人材業界20年のキャリア
代表の三瓶は、転職サイトのマーケティングやシステム、人材紹介事業責任者としてのキャリアを築き、前職では「ガイアの夜明け」でも取り上げられた、アジア新卒採用事業の立ち上げ責任者として海外の大学と強い関係性を構築してきました。
海外トップクラス大学へのアプローチは障壁が高く、現在、大きなアドバンテージとなっています。
副社長の赤羽根は、国内の新卒領域における「ハイエンド向けサービス」の草分け的な事業開発を経験し、その後、前職で代表の三瓶とともにアジア採用事業の立ち上げに従事してきました。これまで100社以上のグローバル採用を支援した実績があります。

◎ メンバーは、年齢、国籍、バックグラウンドも様々
コロナ禍でほぼ完全テレワークの状況を経て、現在は新御茶ノ水のオフィス出社と在宅勤務が半々で、臨機応変なワークスタイルとなっています。
年齢や国籍、バックグラウンドも多彩なメンバーで、お互いを分かりあい、助け合い、刺激し合う。という文化がこれまで自然と形成されてきました。
仕事を通じて感じた「相手への感謝」を“Thanks Point”として付与しあう制度があり、集まったThanks!の数に応じ、会社の利益の一部が特別賞与として振り分けられています。

◎ 2020年、海外に2拠点を立ち上げました。
インドに開発の拠点となるITラボを立ち上げ、シンガポールにはマーケティングの拠点を立ち上げました。インドのラボではマッチングシステムの開発にアジャイルで取り組んでいます。またコンピュータサイエンスを学ぶ学生をインターンとして受け入れており、日本型の仕事の進め方と日本語を同時に学ぶ場としても機能しています。
理系の最高峰といわれるインド工科大学での採用やASEAN各国での採用プロジェクトを企画した場合には各拠点と連携して臨むことができます。

As a new team member

>>海外トップ大学の学生とグローバル採用を行う企業を結びつけます。
日本での就職を実現できた学生。海外採用を実現できた企業。双方から感謝を得られるやりがいある仕事です。

◎ コンサルタント(リーダー候補)
採用ニーズの確認、採用要件のヒアリング、候補学生の推薦、選考の進捗管理、学生の意思決定のサポートまで一気通貫で担当。メンバー一丸で事業の拡大を目指します。
>海外大の学生採用サービス〈FAST OFFER〉を企業に提案します。
>対象企業は既に繋がりある企業が7割、新規のアプローチが3割です。
>採用決定に向け、企業および学生双方に効果的な働きかけを行います。

〈FAST OFFERとは〉
ASIA to JAPANが提供する海外学生採用のサービスです。利用企業はWebサイトで学生を選び、日本で(現在はオンラインで)面接行います。
企業は初期費用無料で利用することができます。採用決定で課金となります。
---採用が決定した学生に対する日本語学習プランや来日、入社に向けたVISA取得の支援など包括的な提案を行います。
---インド工科大学の採用や、特定の国や大学を対象にした採用をプロジェクト型で提案する場合には、企画からその実行までを担当しプロデュースします。

◎ 仕事の特徴
・約70%の企業がサービスを継続的に利用しています(リピート利用が多く信頼が継続します)
・日本で働くことに熱意の高い学生や、ずば抜けて頭の良い学生など、日本で会うことの難しい学生と出会えます。学生から学ぶことも多々ある仕事です

◎ 事業成長のポイント
① 独自のポジショニング
・複数の国のトップクラスの学生を日本で一気に面接できる
・理工系など専門性が高く日本語の話せる学生を採用できる
② 効率化を図るシステム
・企業と学生のマッチングから推薦、面接アレンジ、合否の判定、内定後のフォローアップまで一気通貫のシステムを自社で開発しています
③ 企業、学生ともに高い満足度
・大手企業や有名ベンチャー、スタートアップ中心に150社超。約70%の企業が継続的に利用しています
・学生の内定承諾率は95%で承諾からの入社も90%以上を保持しています

◎ 今回お会いしたい方
人材業界での営業のご経験があり、上記の『事業成長のポイント』に興味をもっていただける方。
成長市場で仕組みづくりから関わっていきたいという方、歓迎です。
まずはざっくばらんに、オンラインでお話しさせてください。

Highlighted stories

社員インタビューvol.2「日本語0から内定へ、学生の努力が仕事のモチベーションに」

社員インタビューvol.1 新卒メンバーに聞くASIA to JAPANでの働き方

What happens after you apply?
Other users cannot see whether or not you're interested.
2 recommendations
Company info
About 株式会社ASIA to JAPAN
株式会社ASIA to JAPAN
  • Founded on 2017/02
  • 20 members
  • Expanding business abroad /
  • 東京都千代田区神田淡路町 1-23-4 VICOLO 1F
  • About 株式会社ASIA to JAPAN
    株式会社ASIA to JAPAN wants to talk with you
    Are you interested in this Job Post? Come talk with us