1
/
5
新規事業開発
Mid-career
on 2021-12-01 33 views

海外勤務可!東南アジア諸国の現地法人マネージャー募集!

Global Mobility Service株式会社

Global Mobility Service株式会社 members View more

  • Business and alliance development and operations management with over 7 years specialized in the “vehicle IoT x financial solution” in Cambodia and other Southeast Asia. I am enthusiastic and result-oriented especially about implementing strategies and achieving greater results by developing loca...

  • Sayaka Masuda
    事業本部

Why we do

  • インドネシアの渋滞-私達が解決したい課題のひとつです
  • フィリピンでの庶民の足、トライシクル

17億人。
これは世界における貧困者の数です。

突然ですが、皆様は貧困国で生じている「貧困の連鎖」問題についてご存知でしょうか。

【貧困の連鎖とは】
貧困とは、経済的に困窮しているのみではなく、医療や教育などあらゆる選択肢や機会が失われた状態です。親が貧困層である場合、子供の医療機会・教育機会にも影響を及ぼすため、子々孫々貧困状態が継続されるケースが多発しています。

このように、貧困国で働く低所得者層は多くの場合自力でそのサイクルから抜け出すことができず、いつまでも低所得で労働集約な働き方を強いられています。

世界17億人を救うべく、私たちが目をつけたのは“ライドシェアサービス”(*注1)。
世界の貧困国においてこの“ライドシェア”は、生計を立てるための重要な仕事の一つです。

しかし、ライドシェアで生計を立てる低所得者の多くは信用がなくローンを組むことができないので、サービスを提供するための車両を購入することができません。
そのため、高いレンタル代(収入の3分の1)を支払って、車両をレンタルして働いています。

もし、彼らがローンを組み、車を購入することができたら。
レンタル費用はローン完済後一切なくなり、生涯所得にとてつもなく大きな変化が生まれます。

信用のない低所得者がローンを組み、所得を増やすための仕組み。
それを実現するのが弊社サービスの遠隔で車両のエンジンを起動制御することができるIoTデバイス『MCCS』、車両の様々なデータを集めて分析し制御を行うクラウドプラットフォーム『MSPF』です。

実際、このサービスはドライバーの働きぶりを可視化することで与信を生み、車のローンだけではなく、教育などをはじめとした様々なローンを組むことができます。

最先端のIT技術と金融のチカラで「貧困の連鎖」から抜け出す一歩を後押しする。
それが我々GMS独自の取り組みです。

注1)ライドシェアサービス
シェアリングエコノミーの1つで、一般のドライバーが自家用車で目的地まで運んでくれるサービス。UberやGrabなどのサービスが有名。

Highlighted stories

【中途社員インタビュー】経理業務・転職のあれこれ聞いてみた!
【GMS社員にインタビュー】ソーシャル・ビジネスで持続的な国際貢献を
高い技術と裁量権。自分のスキルアップが叶う環境
Other users cannot see whether or not you're interested.
3 recommendations
Company info
Global Mobility Service株式会社
  • Founded on 2013/11
  • 270 members
  • Funded more than $300,000 /
    Expanding business abroad /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都港区芝大門一丁目12番16号 住友芝大門ビル2号館4F
  • 海外勤務可!東南アジア諸国の現地法人マネージャー募集!
    Global Mobility Service株式会社