1
/
5
アプリエンジニア/フルリモート
Mid-career
on 2021-11-26 66 views

自由に×楽しく×0→1開発♪テックベンチャー新規サービスのアプリエンジニア

株式会社カンブライト

株式会社カンブライト members View more

  • ソフトウェアの受託開発、企業向けパケージソフトウェアの設計、 WEBプロモーションのSEO事業マネージャと15年のIT業界を経て、 とあるTV番組をきっかけにオーナーの大藪に出会い 心機一転、出資をしていただき2015年にフードテックベンチャーを起業。

    缶詰等の加工食品開発に150件以上携わる。少量で手作りだからこそできるプレミアム缶詰の開発を得意としており、小規模な食品工場ネットワークを構築することで日本中の豊かな食を、世界中の将来世代に届けられる環境作りにも取り組んでいる。

    現在はこれまでの経験を全て導入した、食品製造業向けクラウドERPのシステム設計に注力しており、日本を代表...

  • 栄養系の大学を卒業し、食品メーカーにて営業として3年間勤務。
    その後、総合病院で管理栄養士として2年間勤務。

    管理栄養士の仕事はやりがいもあり楽しかったですが、自分でしっかりとお金を稼ぐことのできるスキルを身に着けたいと思い、プログラミングの学習を始め、転職を決意しました。
    その後、2019年の7月に現在のカンブライトに入社。

    未経験での入社でしたが、設計などの上流工程にも携わることができ、勉強することも多く大変な部分もありますが。幅広い経験ができるとても良い環境です。

    ガッツとチャレンジ精神があればなんでもチャレンジできる環境だと思います。
    今はフロントエンドの開発をメインに担当...

  • 法政大学環境応用化学科を卒業後、埼玉県教諭として3年勤務。

    本当に自分のやりたいことは何か、このままでいいのかを考えた結果「何かに挑戦する」と言う選択肢にいたり退職。友人のつてで委託ドライバーとして働く。
    2年の勤務の中で、さらなる挑戦のため素人BARを並行して開業するも体調不良ですぐに廃業し、合わせてドライバーの仕事も廃業。

    その後、自身の社会的なスキルの無さを痛感しエンジニアとしての勉強を始める。

    「缶詰を使ってフードロス削減につなげることはできないのか」と考える中で「カンブライト」と出会い、2020年12月21日に入社。

    ワクワクしながら努力ができ、未来が楽しみになる会社で...

  • 音楽学校を卒業後に上京。広告代理店にて総務とマーケティング営業を約5年ほど兼務。
    その後、人材派遣会社にて人事労務を約2年担当して大阪に帰阪。

    今後の自分の成長のため、これまでの経験を生かして海外発展を試みている企業への転職を決意し、2021年5月に人事・広報担当としてカンブライトへ入社しました。

    現在は主に会社の基盤的な部分の構成や広報周りを中心に担当していて、来年からは外国人メンバーも入社してくるので彼らとのコミュニケーションや日々英語の勉強とも向き合っています。人事は私1人なので、やりたいこともやらければいけないことも多く、幅広く業務に携わることができる環境なのでとて...

Why we do

  • 弊社商品『CANMAKER』。缶詰の製造〜殺菌消毒まで可能です。
  • 京都お土産ショップ『ひとかん』。ご来店お待ちしております♪

———————————————-
子供たちに豊かな食を残したい
———————————————-
そんな想いからカンブライトは生まれました。

15年間システムエンジニアとして様々な開発をしてきた代表の井上が、会社員時代にカンボジアに長期出張に行っている時、日本の食の素晴らしさを実感し、世界に誇れるコンテンツだと確信しました。

しかし日本では食品産業の衰退が問題となっていて、なぜ世界に誇れるコンテンツであるにもかかわらず衰退するのか?を考えました。その結果、国内における食の価値が下がり続けてきたことで、農家さんや漁師さん、畜産などをされている生産者や、地方で小規模ながらも素晴らしい食品加工・製造の事業者さんが、稼ぐことができず子供に継がせたくない・子供も継ぎたくないという悪循環になり、持続可能な産業ではなくなっているとの結論になりました。

そこで、世界の市場で価値ある価格で販売できる仕組みを構築できればという想いから、日本の食を世界中に届けるための手段として缶詰事業をスタートすることを決意して、「日本中の豊かな食を、世界中の将来世代に。」というビジョンでカンブライトが設立しました。

◆缶詰事業でどんなことをしてきたのか?
————————————————————————
最初に既存の缶詰工場に依頼して商品開発をし、1万缶製造して販売しようとしたのですが大失敗。まずはノウハウの蓄積をする為にも、世界に誇れる 《小さな缶詰ラボ》を作り、これまでの缶詰の常識を覆すクオリティーのレシピ開発を目指して取り組んできました。150以上の生産者さんや加工業者さんとのコラボで商品開発をしてきたことで、レシピ開発のノウハウはそれなりに蓄積できてきたので、それを皆さんに共有する仕組みが必要です。

また、缶詰は1日数万以上という大量ロットでの製造が常識だったこともあり、小規模な食品事業者さんはチャレンジすることができないという課題があり、学校の廃校を活用した缶詰工場や、障害者雇用の場として1日100個から製造ができる小規模缶詰工場をプロデュースする事業をスタートし、全国展開への構想に向けて新たな缶詰製造設備の開発もしてリリースすることにしました。

さらに、サスティナビリティ缶詰ブランド『カンナチュール』や、京都でのプレミアム缶詰ショップ『ひとかん』の立ち上げも行い、販売活動も積極的に行なってきました。

◆なぜSaaS型のクラウドERPの開発をすることになったのか?
——————————————————————————————————
5年間で商品開発、食材調達、食品製造、食品小売、食品卸、などの食事業をゼロからスタートして立ち上げていく挑戦を続けてきたので苦労もたくさんありましたが、その中でも一番苦労したのが《管理業務》でした。

食品製造業はHACCPという世界基準の衛生管理手法の制度化により、これまで以上に厳密な管理が必要となってきています。商品規格書、原材料管理、受注管理、発注管理、在庫管理、製造記録、衛生記録、営業提案(カタログ)など様々な管理が必要となり、手書きの紙やExcelなどでの管理では限界が来ています。

中堅以上の食品事業者であれば管理専任者をおいていますが、数名〜20名以下程度の小規模事業者は対応が追いついていない状況です。当社もまさにそういう状況でした。

「簡単に管理をできる方法はないか?」とシステム導入の検討もして色々と探しましたが、大手企業向けの高額なものや特定の機能だけに特化したサービスばかりで、いくつものサービスを使う必要があり連携ができず、結局使えないという結論になってしまうのです。

これでは全国に小規模缶詰工場を展開するのが非常に困難であり、また同じように困っている小規模な食品事業者がとても多いということも分かってきました。

そこで我々は、5年間で経験してきた様々な課題を全て解決するサービスを作って全国の小規模な食品産業の方に使ってもらえるようにしよう!という思いから、SaaS型のクラウドERP『CANBRIGHT』の開発・リリースすることにしました。

Highlighted stories

メンバーINTERVIEW #1【期待の若手アプリエンジニア!】
カンブライト初の全社総会を開催しました!
カンブライト創業ストーリー【業界未経験であった代表がなぜ缶詰事業を始めようと思ったのか?理由を徹底解剖!】
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社カンブライト
  • Founded on 2015/07
  • 31 members
  • 大阪府大阪市西淀川区竹島2丁目6番18号 ガリレイグループ本社ビル MILAB
  • 自由に×楽しく×0→1開発♪テックベンチャー新規サービスのアプリエンジニア
    株式会社カンブライト