1
/
5
未経験からトップクラスへ
Mid-career
on 2021-11-18 106 views

日本の転職:キャリアカウンセリングで変えてみませんか?

株式会社ポテンシャライト

株式会社ポテンシャライト members View more

  • 2017年4月にスタートアップ/ベンチャー企業向け採用コンサルティング企業のポテンシャライトを設立。現在(2019年10月)までに約130社の採用コンサルティングを行なっています。
    キャリアとしては、2008年4月にネオキャリアに入社し、人材紹介事業部においてIT/Web業界を中心に支援をしておりました。その後、2011年12月にIT/Web/ゲーム系に強みを持つエージェントの立ち上げに携わり、取締役として携わっておりました。

    ポテンシャライト では、主には100名以下くらいの企業様を中心に、
     ・採用戦略の立案
     ・採用ブランディング
     ・採用媒体選定/設計
     ・採用媒体運用
     ・そ...

  • ベンチャー・スタートアップ特化の転職エージェント
    ポテンシャライトのキャリアカウンセラー。

    大学を卒業後、新卒でアパレル業界へ。
    外資系ジュエリーブランドやインポートセレクトショップの
    店舗マネジメントを経て、HR業界へ。

    IT/WEB/ゲーム特化の人材紹介会社でキャリアカウンセラーとして活躍。
    2500名以上のキャリアカウンセリング実績。

    現在はベンチャー・スタートアップへのご転職支援に奮闘中♪
    転職やキャリアのお悩みはお気軽にご相談ください!

  • スタートアップ/ベンチャー起業に特化したエージェント、ポテンシャライトのキャリアカウンセラー。RA/CAとして転職支援をしています。

    早稲田大学を卒業後、新卒で大手メーカーに入社。三年間サポート部門に従事した後、未経験で HR業界に飛び込みました。

    大手企業からベンチャー企業にチャレンジしてみたい方、私自身の経験も交えてお話できればと思います。スタートアップにご興味がある方は、お気軽にご相談ください!

  • 立命館大学法学部を卒業後、新卒でIT・通信系のベンチャー企業に入社し、
    関東全域エリアへの光回線の新規開拓営業に従事。
    現在はベンチャー・スタートアップ特化の転職エージェント ポテンシャライトのキャリアカウンセラー。
    企業担当も兼務。

    IT・Web × スタートアップ・ベンチャー企業への転職支援が強みです。
    ベンチャー勤務の経験と、求人企業に対する知識量を活かします。
    話を聞いてよかったと思っていただけるよう、候補者様に徹底的に寄り添い、
    「転職」という人生の大きな決断を精一杯サポートいたします。

Why we do

  • ポテンシャライト エージェント事業部の「Brand Slogan」です。ポテンシャライトはあなた(ベンチャー企業/求職者様)の"可能性"を信じたいと思っています。ポテンシャルに溢れた企業様/求職者様と相対する当社は、とにかくポテンシャルを信じた仕事を進めたいと思っています。
  • ポテンシャライトのメンバーです。この10名のうちHR業界出身者が5割、未経験者が5割です。HR業界の経験がなくてもチャレンジをすることが可能です。山根/濱口でフォローアップしたいと思います。

◆"シェアの奪い合い" の人材紹介業界において、「ベンチャー志向の比率」を上げることへの想いを持っています
日本に存在する人材紹介会社数は「20,000」程度あると言われており、成果報酬のビジネスモデルのため起業をしやすく、現在も増加傾向にあります。また、日本は労働人口の減少があるため、人材紹介会社は"シェアの奪い合い"をしている状態になります。

HR業界、そして人材紹介に携わる者として、何のために人材紹介事業を営むべきなのかを考えたことはありますか?

僕らポテンシャライトが出した答えは「ベンチャー志向の比率」を上げることです。

日本のGDPは550兆円程度(2021年)。直近20年間でほぼ成長をしておりません。また、2008年に中国に追い抜かれ、今では3倍程度の差があり、アメリカとは5倍程度の差があります。

この日本の実態をHR業界に携わる者として何ができるのか?それは、将来のGoogleやFacebookを創出するであろう日本のベンチャー企業を支援することであると。そしてそういったベンチャー企業を志望する「求職者」を増やすことがHR業界の使命なのではないか。

そう考えているのです。

◆日本からグローバルカンパニーが生まれない原因は「人材業界」の構造的課題なのではないか?

ポテンシャライト代表の山根は人材業界に20年近く在籍をしています。人材業界でがむしゃらに走りながらも、やりきれない、課題意識がありました。それは、約10年間エージェント業を経験して最も痛感したのは「ベンチャー企業と人材業界の相性は悪い」ことだったのです。

人材紹介の出身者はご理解いただけるかと思いますが、「採用ハードルが低い企業に、いかに大人数を紹介するのか」が売上拡大のポイントになります。

当時、山根はベンチャー企業を担当することが多くありました。ただ、ベンチャー企業は「採用ハードルが高く」「年収が低く」「社格や認知度が低い」ことが多いです。人材紹介会社からすると、ターゲットクライアントからは外れてしまうことが多いのです。これは株式会社である以上、致し方ないことです。

2016年頃に大手エージェント数社が「ベンチャー支援室」という部署を立ち上げており、ベンチャーに寄り添う姿勢は見せていましたが、結果的にその部署は1年半程度で閉鎖。推測になりますが「売上が上がりにくいから」という理由だと思います。

その時思ったのです。

「人材業界はベンチャー企業から背を向けている」

と。

経営資源の中で最も振れ幅が大きい「人」の要素。
日本からグローバルカンパニーが生まれていない理由の一つは、「人材業界の構造/あり方」に問題があると考えています。それを解決したいと思い、ポテンシャライトを創業しました。

Highlighted stories

自身のキャリアは大迷走!親和性ゼロの業界から完全未経験でキャリアアドバイザーになった話
ポテンシャライトは選考における求める人物像を公開しております。
Potentialight’s Cultureブログ総集編!
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社ポテンシャライト
  • Founded on 2017/03
  • 20 members
  • 東京都渋谷区東3丁目22−8 サワダビル5F
  • 日本の転職:キャリアカウンセリングで変えてみませんか?
    株式会社ポテンシャライト