1
/
5
Business Development
Mid-career
on 2021-10-27 236 views

100年に1度の教育改革に真っ向から挑む事業開発を募集

ジョイズ株式会社

ジョイズ株式会社 members View more

  • 東京の高校を中退して英国留学をした、物理学と経営学バックグラウンドのエンジニア出身起業家です。気象、コネクティッドカー、新規事業創出 -> ジョイズ株式会社創業。

    ソフトウェア技術と、外国語習得がもたらす可能性を心から信じています。公教育・私教育の両面で、IT技術を活用した英語学習の変革に挑戦しています。

    効率化やハック、自由市場が大好き。プライベートでは音楽をよく聴きます。事業の成長に資することをなるべくフラットに選択・行動できるように日々努力しています。人の才能を見つけるのが好きです。

  • 2013年東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻修士課程修了。
    同年、株式会社ゴーガに入社し、位置情報やGoogle Mapを用いたウェブサービスの開発に従事。
    2015年9月 株式会社ゼロスタート(現ZETA株式会社)入社。機械学習を用いたレコメンデーションシステムの開発に従事。
    2016年9月ジョイズ株式会社にジョインし、「TerraTalk」のAPIや内部向け・法人向け管理画面の開発、関連事業の統括を担当。2020年4月にCTO就任。

  • NECグループの通信ソフトウェア会社に入社。
    法務を1年経験後、人事に異動。
    メインは若手層研修で、企画に加えて講師も担当。

    都内で八百屋を経営するスタートアップに転職。
    経営戦略室人事として、採用〜制度設計〜すべて担当。ひとり人事。
    …のかたわら、店頭販売業務にも従事。
    床に座りトウモロコシの袋詰めをしながら採用面接等、貴重な経験を積む。

    医療系アプリを開発するスタートアップに転職。
    人事メインで経理にも少し挑戦する…予定が、経理も結構経験。
    最終的には人事業務のみになり、前職に続きひとり人事。

    2018年11月、ジョイズ株式会社に人事として入社。

What we do

英語学習サービス「TerraTalk」の開発・運営を行っています。2021年3月1日時点で、累計ID数が25万人を突破。その多くが全国の小中学校で、現在進行系で、生徒たちの学習スタイルを変革しています。

自社開発の発音解析エンジンや、教材制作ツールを軸に、現場で使いやすい多種多様な教材を制作。学校現場での指導の主軸となる検定教科書への対応も行い、先生さえその気なら、明日からすぐに活用できるサービスになっています。

外国語は、文法や語彙などの基礎知識だけではなく、自らの身体を使って音から定着させることで使えるようになっていきます。TerraTalkでは、全国のさまざまな現場で英語を話す・発話する機会を増やすことで、すべての学習者の可能性を広げています。

Why we do

  • TerraTalkを活用する学級①
  • TerraTalkを活用する学級②

今後数十年に渡って人口が減り、資源もない日本において、文化的・経済的に世界と繋がっていくことは、個々人が自由や幸せを手にする上でも、日本の社会が健康的に発展していく上でも、重要なピースになっていきます。

少しずつですが、教育は変わってきています。今では、小学校3年生から英語活動が始まり、2021年からは、中学校での英語の内容も大幅に高度化。また環境面の変化として、生徒が一人一台デジタルデバイスを持ち歩く「GIGAスクール構想」が本格的に始まり、指導や生活の様々な面においてITの力を借りることができるようになりました。

ジョイズでは、こうした変化の大きい時代に対して、変化を乗りこなすための触媒になることを目指しています。いかにスムーズに、化学変化を起こしていくか。それには、IT技術を使いやすい製品に落とし込むデザインの力も、新しい技術を開発する力も、現場に入り込むコンテンツをつくるためのビジネス力も必要です。

ひとつひとつが大変ですが、変わっていく現場や、生徒の英語力を目指して、私達は日々仕事をしています。

How we do

ジョイズ株式会社では、最高の才能を集めるため、世界中から採用を行っています。社内では英語と日本語が半々で使われる環境で、多くの社員は両方を理解します。

2020年の新型コロナウイルス流行移行、基本的にリモート勤務体制に移行しました。社内のコミュニケーションではSlackの公開チャネルを多く活用しつつ、Google Drive、Quip、Monday、Front、HubSpotなどのツールを最大活用して、少人数で最大のインパクトを出すことに拘っています。

ユニークな業務推進の仕組みとして「Weekly Company Commitment」というものがあります。週1回行われる優先順位見直しの会議の中で、特に緊急度が高いものは、WCCと認定され、社内のリソースがこの課題解決に最適化されます。特徴は、WCCに必要と判断されれば、リーダーやマネジメント層も積極的にメンバーとして関わることです。

製品開発においては「仮想オンラインスクール」という仕組みがあります。これは、社内のメンバーが担当の垣根を越えて、先生または生徒として、現実のユースケースに沿って製品を使い英語を学ぶ体験をすることで、製品の課題や改善点を抽出する活動です。前例のない、最先端の製品開発を行うためには、教務・教材、デザイン、エンジニアリング、ビジネスが、全体最適で取り組むことが必要だと、ジョイズは考えています。

As a new team member

代表の右腕として事業開発を担う、ビジネス面での即戦力人材を募集しています。

教育業界は今、大きな変革の波にさらされています。続く少子化や、公教育への大規模なIT整備により、学校も、自治体も、塾も、出版社も、これまでにない新しいコトを仕掛けており、これまでのイメージと異なるダイナミックな環境になってきています。義務教育から大学まで、1,500万人が、起きている時間の半分以上を教育・学習に使うことを考えると、規模の面でも意義の面でもやりがいが大きいです。ジョイズはこの市場で、様々なKPIで前年比100%〜1,000%の成長を遂げており、いま面白いスタートアップのひとつです。

当社の事業開発には、大きく分けて2つのミッションがあります。

1. 既存教育企業、特に出版社とのプロダクト連携を通して、多様な現場ニーズを最短距離でカバーする
2. 自治体向けITベンダーやサービス企業(小〜大規模)とのディストリビューション連携を通して、自社製品が関係・依存するネットワーク・IT製品と協調的にサービス提供を行えるようにする

前者はマーケティング的な企画・プロジェクトマネジメント力、後者はステークホルダの収益・役割分担の構想力と実行力の両輪が必要です。難しいチャレンジですが、担当個人として動くだけではなく、社内の開発やサポートチームと力を合わせて物事を進めて、成果につなげて頂きます。

社内の人材は大半が日本語・英語の両方を話します。当ポジションは、将来的に事業の海外展開を主導したい、国際色豊かなチームで働きたい、といった人にぴったりです。最終ユーザーである全国の生徒児童の成長にコミットしながら、自分自身も成長していきたい、と考えるあなたとお話できることを楽しみにしています。

Highlighted stories

A Look into Content Creation at Joyz
日本のデザイン文化に惹かれてジョイズにジョインしたデザイナーの話
AI×教育×ITに惹かれてジョイズにジョインした、QAエンジニアの話
Other users cannot see whether or not you're interested.
3 recommendations
Company info
ジョイズ株式会社
  • Founded on 2014/10
  • 15 members
  • Featured on TechCrunch /
    CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都港区三田2-14-5 フロイントゥ三田ビル810
  • 100年に1度の教育改革に真っ向から挑む事業開発を募集
    ジョイズ株式会社