1
/
5
UXデザイナー
Mid-career
on 2021-10-22 168 views

こんなデザイン組織をつくりたい🏃をEDOCODEで実現してみませんか?

EDOCODE株式会社

EDOCODE株式会社 members View more

  • 2015まで北京で大学。
    2015からオンライン英会話会社で北米マーケティング全般担当。
    2017にテレワークしながら、オーストラリア4ヶ月間ワーキングホリデー。
    2018から京都へ留学。
    MBAコースで、アジャイル、リーン、デザイン思考など、人間(ユーザー)中心の事業開発、問題解決に集中していました。
    2021からEDOCODEでプロダクトデザイナーをやってます。ユーザーリサーチを中心で取り組んでいます。

    目標さえあれば、何にも恐れず自ら行動できる人間です。いろんなツールを独学して、使えるようになっています。日本語を上手く喋れなくても、鴨川沿えで知らない人にたくさんインタビューしてい...

  • Life is hard. Technology shouldn't be.
    I want to use design as a means to bridge the gap between humans and technology, and also the various gaps within our society: education, health, wealth, and more.

    --

    I grew up in Indonesia, studied for 3 years in Malaysia, and am currently in my 5th year...

  • 2006年大学卒業後、株式会社アドウェイズに就職し、アドテク~マネージメントと幅広い業務を経験させていただきました。
    2009年に同社を退職後、Wano株式会社取締役就任。2016年には、Wanoグループ会社としてEDOCODE株式会社を設立しました。

    エンターテイメント領域を突き進む「Wano」と世界中の人々に使ってもらえるサービスを本気で作ろうとしている「EDOCODE」で、一緒に働く仲間と最高の時間を過ごしながら、素敵なサービスを作ってます♪

  • 趣味は🌵植物🌵を育てることです😎
    EDOCODE株式会社を一緒につくっていける方、大募集中です🔥😎

What we do

  • 天井高5m以上の開放感あるオフィスです。2020年にリニューアルして、二階部分は全員が集まってのミーティングなどに利用しています。椅子は全脚アーロンチェアを導入しています。
  • キッチンなどの共有スペースでは、たまに社員が雑談しています。Nespresso やハンドドリップコーヒーなど、フリードリンクも多いです。たまに高級なものを会社で買ったりします ;D

メイン事業として、国内クレジットカード会社との協業によるポイントモールサイトを開発・運用しています。2010年に第一社目のクレジットカード会社と協業を開始し、2021年現在ではその数も20社以上に増えました。

このポイントモールサービスでは、金額換算で月に1億円以上をユーザーに還元することができています。私たちはこの「ユーザーに還元できた金額」をサービスの KPI として設定し、この金額を最大化するにはどうすれば良いかという視点で、日々のサービス開発を進めています。

またユーザーへの還元金額が大きくなるということは、ポイントモールを経由したオンラインショッピングの取引額が大きくなるということです。ユーザーファーストでサービスを改善し、それによってオンラインショッピングをもっと活発に、そして便利に利用できるようにしていきたいです。

ポイントモール事業は、グループ親会社の Wano株式会社の一事業として始まりました。そして 2016年6月に、事業部をスピンオフする形で EDOCODE株式会社が創業されました。安定した収益事業を持ちながらスピンオフした企業であるため、資金力が十分にありながらも、スタートアップ的なマインドセットでプロダクト開発を行うことができています。

ポイントモール事業での収益を支えに、EDOCODE では新規事業を開発していきたいと考えています。「世界中の人々に使ってもらえるサービス」を一緒に開発しませんか?🙂

【 ポイントモールのサイト例 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三井住友VISAカード
https://pointupmall.com/

東急カード
https://www.tokyupointmall.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Why we do

  • まだまだ小さいスタートアップですが、いろんなバックグラウンドを持ったメンバーが集ってきています。
  • 2020年はリモートワークとオフィスワークが混在し、ミーティングは基本的にビデオ会議という状況でした。2021年現在では全社がフルリモートワークとなり、このような写真の光景が懐かしく感じます。

世の中には常に不便があると思います。その不便がどうやったらなくなるだろうかと考え、解決策を世の中に出していくことが、私たちの存在意義になると考えています。

難しいのは、良いアイデアやユーザーから価値を感じてもらえるサービスであっても、収益がないと成り立たないことだと思います。「ユーザー」「技術」「ビジネス」の3つがバランス良くお互いを支え合いながら、プロダクトを開発していける組織を目指しています。

それがもし達成できれば、世の中の不便を解消できるサービスを生み出せるはずだし、それをやるのが EDOCODE の使命であると考えています。

How we do

  • 2020年はリモートワークのメンバーとオフィスのメンバーが Zoom で繋いでランチをしたりしていました。Slack ボットがランダムに 4人を選ぶ「シャッフルランチ」では、会社からランチ代の支給もあります :)
  • リモートワークの環境でも、オンラインで繋がっての交流をできるだけ組織として取り入れています。早く今の状況が変わることを願っています。

(2021年9月現在、全社員リモートワーク中です)

【 多様性/インクルージョン 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「世界中の人びとに使ってもらうプロダクト」を作りたいのだったら、多様性のある組織のほうが良いのではないか、という考えのもと、積極的に色んな文化・属性の方を採用しています。

多様性が高くなってくると、自分と違う意見や考え方の人たちが多くなります。そのため、多様性の高い組織では「インクルージョン」というコンセプトもしっかり考えていかないといけないと思っています。

リモートワークが当たり前になり、コミュニケーションが以前よりもさらに難しくなりました。雑談が大幅に減ってしまったため、仕事以外のトピックを話したり、お互いの背景をふとしたきっかけでしゃべることも消えてしまい、同僚がどういう価値観を持っているのかを知ることが難しくなっています。

今後、どうやってそのような課題を解決していくかが組織のテーマになっていくと思います。こうした問題に興味がある方は、ぜひ EDOCODE にジョインしていただきたいです!

***
現在の EDOCODE 社員の構成は、以下のとおりです。

(2021年9月時点)
# 性別
- 男性11人(55.0%) : 女性9人(45.0%)

# 出身国・地域
- 🇯🇵日本 12人(60.0%)
- 🇺🇸アメリカ 2人(10.0%)
- 🇳🇵ネパール 1人(5.0%)
- 🇨🇳中国 2人(10.0%)
- 🇹🇼台湾 1人(5.0%)
- 🇮🇩インドネシア 1人(5.0%)
- 🇧🇳ブルネイ 1人(5.0%)

少し前に比べると、男女比や国籍では多様性が改善してきました。EDOCODE は、今後も多様性や個の尊重について理解ある方々と、ぜひ一緒に働きたいと考えています。

会社について詳しく知りたい方は、採用候補者むけの会社説明資料もご覧ください。
https://bit.ly/aboutEDOCODE

As a new team member

EDOCODE のデザインチームをリードし、EDOCODE の組織全体に「デザインとは何か、どうあるべきか」を実践を通して普及していただきたいと考えています。

現状のデザイナーの業務範囲は、ポイントモール事業のビジュアルデザインが大きく、入社してしばらくはそれをご担当いただく予定です。そのため、実情としてはクライアントからの要求を汲んだワイヤーフレームの作成や UI デザイン、フロントエンドエンジニアとの連携といった業務が多いです。

この流れを変えて、EDOCODE が思う UX デザインを実現できる組織にしていきたいというのが、この求人の目的です。

【 現状のデザイナー業務 】
# Webデザイン(UI デザイン)
- ポイントモールサイトの画面デザインの制作
- デザインの提案・説明など、クライアントとのコミュニケーション
- PM、フロントエンドエンジニアとの連携やスケジュール管理

いまのデザイナーの主な業務は、上記のように少し受け身になってしまっています。これを変えるために、これまでもいろんな試みをしてきました。

# 現状でできていること
- ユーザーインタビューの実践
- A/B テストなど、定量的な指標にもとづいたデザインの意思決定

こうした取り組みを経験することで、実際に良い結果が得られたり、クライアントからもこの取り組みを継続してほしいという要望をもらいました。こうした成果から、EDOCODE としてはこの方向性で間違っていないと思っています。ですが、より本質的な「ユーザー体験の改善」ができているかというと、まだできることがあるとも感じています。

【 これからやるべきこと 】
# EDOCODE が思う本質的な UX デザイン
- ユーザーに提供すべきは、見た目の良い UI だけではない
- ユーザーが本当に達成したいことを理解し、それを実現する
- 上記を満たしながらも、ビジネス・技術サイドと協力し、事業に必要な KPI が達成できる

# いまの EDOCODE が UX デザインを実現するために必要なこと
- ビジュアルデザインのさらなる強化
- リサーチプロセスの改善と深化
- ワークショップ型での、PM やエンジニアを巻き込んだ制作プロセス

上記を実現するためには、組織やチームが一緒になって考えていく必要があると思います。経営層ともメンバー層とも議論を重ねて、EDOCODE にとっての正解を一緒に探していってくれる人を求めています。

【 求める人物像・スキル 】
# 求める人物像
- ソフトウェアプロダクトや Webサービスのデザインに強い興味と関心があり、より良い方法を常に模索されている方
- 良いデザインを実現するためには、まわりの環境を変革し、協力者を増やしていくことを厭わない方
- 流行りや見栄えではなくユーザーに関心を持ち、ユーザーの課題を解決することに情熱を燃やせる方

# 必須スキル
- Figma, Adobe XD, Sketch などを使った Webデザインの実務経験
- クライアントワークや受託開発での実務経験
- 英語のドキュメントに抵抗を感じないこと
- 複数人での会話で積極的に発言が行えること、またそれに抵抗がないこと

# 歓迎スキル
(どれか一つでも当てはまっていましたら、ぜひご応募ください!)
- デザイナー組織のマネジメント経験
- デザインシステム、ユーザーインタラクションのデザイン経験
- 人間中心設計・HCD-Net の認定を保有している方
- ワークショップ型のデザイン開発やファシリテーションの経験
- ユーザーリサーチの豊富な実践経験
- データアナリティクスに強みを持つ方
- ビジネスモデルやマーケティングなど、事業について深く話ができる方

# 日本語ネイティブでない方
- JLPT N2レベルの日本語能力
- ファシリテーションのあるフリーディスカッションに入って、意見を出せる程度の日本語能力

【 働き方 】
# リモートワーク
現在、全社員がリモートワークで勤務しています。新型コロナ(COVID-19)の感染状況が落ち着いたら、オフィスへの出勤を許可していく予定です。リモートワークを継続することもできるので、オフィスの通勤圏外に移住することも可能です。

# フレックスタイム制
EDOCODE ではフレックスタイム制を導入していますので、10:00 - 16:00 のコアタイムで勤務していれば、あとの時間は自由です。

Highlighted stories

事業の成長と自分自身の成長と。入社して2年半のPMが見据えるEDOCODEと自身のキャリアの展望とは。
🤷🏻 EDOCODE での Notion 運用の失敗談 😭
“多様性の時代”に、必要なコミュニケーション力とは?世界中で使われるプロダクト開発を目指すEDOCODEが、「哲学対話」を社内ワークショップに取り入れた理由
Other users cannot see whether or not you're interested.
3 recommendations
Company info
EDOCODE株式会社
  • Founded on 2016/06
  • 20 members
  • 東京都渋谷区恵比寿南1-24-2 EBISU FORT 1F
  • こんなデザイン組織をつくりたい🏃をEDOCODEで実現してみませんか?
    EDOCODE株式会社