1
/
5
障がいのある方働く農園責任者
Mid-career
on 2021-09-28 48 views

障がいのある方が働く、わーくはぴねす農園マネージャーを募集!

株式会社エスプールプラス

株式会社エスプールプラス members View more

  • 人材採用という仕事に事業の未来を感じます。
    新卒リクルート入社から、人材派遣営業、事業会社人事、ネイルサロンを15年程運営後、
    また人材採用畑に戻ってきました。社会貢献と企業の課題解決ができるオリジナルのビジネススキームを持つエスプールプラスで採用をしております。

  • 伊藤 文彦

  • 池田 祐二
    わーくはぴねす農園事業部 農園サポートグループ

What we do

  • 農園の1コマ。雇用継続アドバイザーと農園管理者の打ち合わせ風景。
  • 本社セールスチームメンバー。障がい者雇用創出で社会貢献。

様々な⽴場の⽅の雇用のノーマライゼーション化を推進するエスプールグループ。
エスプールグループのミッションは「社会課題をビジネスの力で解決する」こと。
グループミッションのもと、私たちエスプールプラスは障がい者雇用に悩んでいる企業や、もっと自分らしく活躍したい障がい者の方々をサポートするために事業を開始しました。
障がい者雇⽤の創出を担う当社は、右肩上がりに成長を続け、エスプールグループを牽引する存在となりました。

【障がい者雇用×農業】というオリジナルスキームで、企業の障がい者雇用課題と障がいのある方の働きたい!という課題を解決します。
現在、契約企業は380社、働く障がい者は2300名を超えました。
⾏政と連携したプロジェクトもはじまり、急速に事業規模を拡⼤させており、運営している農園は関東を中心に愛知県、大阪府に28農園運営しています。

Why we do

  • 中途採用でフィールドセールスとして入社し、東海地域で活躍中。
  • 障がいのある方向け体験会の様子。就労コーディネーターの重要な業務のひとつ。

障がい者がごく普通に暮らし、地域の一員として生活できる「ノーマライゼーション」を実現するため、日本の企業には、障害者雇用促進法で定められた一定数の障がい者を雇用することが義務づけられています。このような中、CSR(企業の社会的責任)の高まりなどにより、障がい者雇用に積極的に取り組む企業は増加していますが、採用は身体障がい者に集中しており、社内に適した業務が少ない知的障がい者や精神障がい者の雇用は依然として遅れている状況です。特に知的障がい者の就業機会は非常に少なく、経済的な自立の大きな壁となっています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

障がい者雇用促進法という法律をご存知でしょうか?

障がい者雇用促進法の基本理念として、
1.ノーマライゼーションの理念
2.障害者の職業人としての自立への努力
3.事業主の責務
4.国及び地方公共団体の責務
障がいのある方が他の一般市民と同様に社会の一員として、
障がいのある方自身の職業的自立に向けた努力が必要ですが、
それに伴い国民、特に事業主の理解、協力は不可欠です。

そして、国及び地方公共団体は社会一般への啓発活動、事業主や障がい者雇用に対する援助措置を行い雇用の安定を図るために必要な施策を総合的かつ効果的に推進しなければならない、とあります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

【企業の障がい者雇用の課題解決】
現在、障がい者雇用の民間の法定雇用率は2.3%。従業員43.5人以上の企業は1人以上の雇用義務があります。
しかしながら、現状、雇用義務がある企業は約10万社、そのうち法定雇用率を達成できているのは48.6%(令和2年度厚生労働省資料)、約50%の企業が障がい者雇用に関するお悩みや問題をお持ちなのです。

【障がいのある方の働きたい!を解決】
一方で、日本の障がい者数は約964万人、実際に働いている人は48万人、障がい者全体のわずか4.9%です。(※障害者白書2020年度版)
障がいのある方も働きたいのに働く場がない、どのように探したらいいのかわからない、という方々のために、働く場所という裾野を広げる必要があるのです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2020年度の民間企業における障がい者の雇用状況
身体障がい者:35.6万人
知的障がい者:13.4万人
精神障がい者:8.8万人
※厚生労働省発表の雇用障がい者約57万人は、
ダブルカウントを含んでおり、純粋な人数は48万人。

How we do

  • 農園で収穫したお野菜は、参画企業の福利厚生として利用されていることも多いです。

そうした企業の障がい者雇用課題を解決、また障がいのある方の働きたい!を結び、
私達の運営する農園で働いて頂くというオリジナルのスキームを11年前に打ち出しました。
現在では9つの市町村と行政連携をし、ともに就労の機会の拡大に貢献しています。

また、昨今のSDGsやESG投資への関心の高まりとともに、参画企業の大幅に増加しており、
現在、参画企業は約380社、28農園を運営、障がい者スタッフは2300名を超えました。

働く障がい者スタッフの95%が知的やと精神に障がいがある方です。
そして、なんと1年以上の定着率は92%。オフィスワークなどで働くことが
難しい方々も、誰かのためにお野菜を作り、喜んでもらうことがやりがいにつながっているのですね。
もちろん、私達も継続した安定雇用の継続のために最善を尽くします。
参画企業と連携を取り、障がい者スタッフの健康状態に配慮したり、安全に仕事ができるようサポートもします。

今後は障がいのある方の雇用だけでなく【障がいのある方に寄り添い、社会との架け橋になる】ことを目標に事業を拡大してまいります。

-

As a new team member

障がいのある方が働く「わーくはぴねす農園(企業向け貸し農園)」の運営・管理、企業様が雇用された障がい者スタッフの雇用継続のサポートをします。

具体的には
【農園運営・管理責任者】
・農園全体の運営・管理
・既存顧客への営業・フォロー
・顧客企業の障がいのある社員・運営スタッフのサポート

働きたくても、働く場所がない障がい者の雇用を創出し、
楽しく、やりがいを持って農園で働いて頂くサポート、雇用を継続するサポートする仕事。

企業に直接雇用されている障がいのある方が、安全に働いて頂けるように
農園のハード面を管理して頂くのも、大切な役目です。
障がいのある方が、毎日元気に出勤し、目を輝かせて野菜を栽培している姿を
見ることができるのは、この職種の楽しさかもしれません。
「おはようございます!」
「おつかれさまでした!」
「こんな野菜ができました!」
「えー!美味しそうな野菜だね」
これが日常のやり取りです。

もちろん、農園の責任者ですのでは障がいのある方だけでなく、障がいのある方をサポートするスタッフ、参画企業のご担当者、農園ハード面管理の専門スタッフなど、ステークホルダーがとても多く、また農園運営の責任者ですので、人の採用や、経理的な業務など、お願いする業務は多岐に渡ります。

Highlighted stories

すべての人が活躍できる社会を目指して。新卒4年目の梶原が挑戦する世界とは。
困難の先で成果を出してきた事業本部リーダーが感じた、誰かの力になれるやりがい
障がい者福祉への果てなき挑戦 ──走り続ける中で見つけたやりがいとは
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社エスプールプラス
  • Founded on 2010/06
  • 220 members
  • 東京都千代田区神田須田町1-25 JR神田万世橋ビル17階
  • 障がいのある方が働く、わーくはぴねす農園マネージャーを募集!
    株式会社エスプールプラス