1
/
5
植物の解析 数値分析 メソッド
Mid-career
on 2021-09-11 111 views

職人的?栽培はロジカルです。大量の数字を使いながら、植物の神秘を読み解くの

(株)淡路の島菜園

(株)淡路の島菜園 members View more

  • 大学卒業後、某大手人材派遣会社新規事業開発→淡路の島菜園入社
    法人化のきっかけを作る。入社6年目にして、専務取締役
    栽培技術の核であり、関西最大級のイチゴ生産、50aのトマト生産を引っ張る。

  • 女子プロ野球マネージャーで淡路島に移住
    その後淡路の島菜園に入社
    GREENARIUM事業の立ち上げに参画。
    エンタメ部部長(仮)として、レストラン、CAFE、BBQ 、イチゴピクニックを統括する。

  • 2001年~東京、神奈川、埼玉のWATAMIグループ店舗において、店長、新規事業部新店舗立ち上げを経験。
    2004年~ ワタミファーム農場長として勤務。千葉3ha、群馬10haのオーガニック農場で年間30品目以上栽培出荷。
    2006年~ 川合肥料株式会社入社 高品質野菜生産事業、うま野菜事業部立ち上げ、豊田うま野菜事業部立ち上げ。
    2008年~淡路島にて独立就農、淡路の島菜園創業
    2014年~法人化、(株)淡路の島菜園に。

    飲食、農業の仕事をしてきましたが、両親はデザイン事務所を経営していたり。つまるところ好奇心とチャレンジ精神の家系であって、それがたまたま農業に興味をもって取り組んで...

  • 人の知らないこと、分からないことを自分のものにする。オンリーワンの農家へ。オンリーワンの人生

What we do

  • 間違いなく去年より今年、毎年成長が求められて、成長を感じられる。
  • この景色の裏にある、データに裏付けされた栽培管理

栽培の話を少しまじめに。
おいしいものをいっぱい作る。お客様に届ける。シンプルですが、奥深い。
代表大森は農業界でもう20年以上オーガニックの農場立ち上げや、トマト農場の立ち上げにかかわってきたのちに淡路の島菜園を立ち上げましたが、本格的にロジカルに農業を始めたのは法人化した7年くらいの間です。

それまでは、なんとなく植物と向き合う中で、自分なりのロジックでおいしいトマトを創ることができていました。そう、日本人は優秀だし、日本の農家も世界に名だたる、匠がそろっているのだから。なんて。
1m×1mの面積でトマトを作ると、1年間で何キロトマトができるか知ってますか?
日本でミニトマトだと10~12kg、大玉だと15kg~20kg
20kgも取れたら、匠だよねー。よ!名人!
なんて言われるわけですが、海外に目を向けると、一番進んでいるといわれているオランダで何キロ取れますかね。
そりゃー匠の日本人様が20kgなら、まぁおいしくない品種でいっぱい取れたりするのもあるだろうから、30kgくらい?なんて思いませんか?

これが、実は、100kgを超えたりします。
いやいや。。。。え??
20kgと100kg?

ここからすべてが始まりました。農業の「栽培」にフォーカスして、もっとおいしいもの、もっとたくさん取れる世界があることを知ってしまったからにはその先に。じゃぁどうするのか。
①環境データを数値化する 日射量、温度、湿度、co2
②オペレーションを数値化する 灌水量、あげる肥料の量、排液の肥料の量etc
③生育を数値化する ①、②が植物にどんな変化を起こしたのか、毎週身体測定します。
ここから、仮説を立てて、次の週の②。どんな方針にするか。植物の中で何が起こっているのか、検証を繰り返す。
用はそういうことなんです。そういうことなんですが、難しいのは、天気が制御不能だということ。だから結局、天候に振り回されながら、対応し続けることになるわけです。植物の中で起こっていることを理解して「一番ましな選択」を続ける。ハウスの制御は「設定」した通りに天窓が開閉したり、ボイラーが動いたりしますが、この「設定」が深い。

今週と先週、今日と明日、朝と昼。あるべき正しさがどんどん変わっていく。すぐに目には見えない変化にどう対応していくか。

ロジカルに話をすればするほど、最後の最後は「愛」の話になったりします。どこまで細かいところが気になるのか。そして、あるべき状況を保つためにはハウスのメンテナンス、一緒に働くスタッフのモチベーション管理、マネジメントも必要です。
そういう、がちで現場を作れる力は、ものすごく価値がある。
たまたまやっているのが農業であって、こういう仕事への取り組み方は全業種で共有するものだと思っています。なので、異業種でも活躍できる人でないと、農業で活躍することは簡単じゃない。だからこそ面白いんです。

そして、僕たちが作った世界が
https://www.jalan.net/activity/g2_I4/?fromPage=top_pickup&ccnt=asb_h243&dspn=fC_OVb_Q6UY5Ijr3q05JdfMUYcBDoG02juj4tmGDx9Qux8g7yBOmTCdSKrRF5pB6qe7jhfghz1rJvoiXNo-8NP_vQbvBrzMu-CEoyJb2Hus

Why we do

  • まじめに栽培管理。
  • サインも超おしゃれ。GREENARIUM

仕事を楽しむ。

新しいことをする。

自分たちしか作れないものを作る。

若いからこそ挑戦できる。

たまたま、淡路島で、農業ベースで、いろんな事業をしてるけど、このメンバーなら農業じゃなくても全然戦える。そんな、自立した強い「個」が集まって作るチーム。

20代前半~40代前半。
農業を主とする会社としては相当若い。
若い人には若い人の役割があって、楽しみがあって。
その楽しみを最大化させることがお客さんのおいしいにつながるような仕事の作り方をしていきたいです。

残念ながら、農業の平均所得は、他産業よりもかなり低い。でも、仕事としては相当面白いし、わかっていないテーマが山のように。そして、チャレンジングなこともものすごくあります。若い、異業種から集まった集団の強みを最大限生かしながら、農業の新しい楽しみ方、在り方自体を定義していけるような事業展開を目指しています。

農業で、サラリーマンで、年収1000万をちゃんと目指せる世界。ありだとおもう。

How we do

  • 周りの農家との連携も。共感、連携。
  • この景色は自分たちにしか作れない。

社長、事務長、社員が11人、パートさんが20人・・・みんながみんななぜか楽しそうに働いています。
楽しいことをやっているときに楽しいのは当たり前だけれど、大変な時もなぜか楽しそう。それは大変な今を乗り越えた先に、見たこともない世界が待っているから。

最近では、50aのスペイン製ハウスでのトマト栽培。豪雨があったり、海外との連絡がうまくいかなくて予定が変更にななってしまったり、過去最高級に暑かったり、とても大変な環境でした。そんな環境でも楽しそうに働ける島菜園のメンバーたち。

その源はやっぱり、頑張った先に見たこともない景色が待っているのがわかるからです。人生でこんなにわくわくできる経験は中々できるものではないなと思います。
そんなオンリーワンの経験が島菜園ではたくさんできると思います。

今は淡路島で一番おいしいトマトとイチゴを提供するためのレストランとイチゴを下から見上げられるイチゴハウス完成!どちらもみなさんが今まで見たことがない景色だと思います。

そんなワクワクな仕事を、島菜園メンバーの一員になって、作っていきませんか^^?

As a new team member

誇り高き栽培のスペシャリストになりたい人

農業経験は不問です。
学ぶこと、知的好奇心が強い、仮説を検証せずにはいられない人
チームで結果にたいして向かっていくことが好きな人
現場が好きだけど、現場だけじゃいやな人

イチゴピクニックの価値の核は栽培です。イチゴのポテンシャルを最大に引き出してお客様に届ける。イチゴがおいしくないと、この空間が全くばえるだけの薄っぺらいものになってしまう。
GREENARIUM、淡路の島菜園はぱっと見、おしゃれでばえる系農家に見られますが、中身はゴリゴリの理系栽培集団がベースです。
栽培ができるから、栽培で作った価値を高めるためにエンタメが特殊化できる。他の人がやらない、出来ないことをできる人に、チームに!なる。

自社だけでなく、他社とのコラボ案件もかなり増えてきましたが、すべて「栽培」を特化できるからこそのポジションです。逆に、「栽培チーム」が強くなると、農業の価値をいろんな形でいろんな人たちと世の中に生み出すことができます。今、もろにそういうフェイズになってきました。

現職の経験○○×栽培スペシャリスト。だからこそ生み出せる事業。ありだと思う。

Highlighted stories

「夢」はずっと追いかけ続けられるもの
就活とは、幸せについて考えることかも
当たり前って本当に当たり前?ー「感性と数字」
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
(株)淡路の島菜園
  • Founded on 2008/08
  • 40 members
  • Expanding business abroad /
    Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 兵庫県淡路市野島常盤1550-1
  • 職人的?栽培はロジカルです。大量の数字を使いながら、植物の神秘を読み解くの
    (株)淡路の島菜園