1
/
5
Open Position
Mid-career
on 2021-07-19 667 views

次の経済を創る新しい金融インフラとは?自律駆動型エンジニアWanted!

UPSIDER, Inc.

UPSIDER, Inc. members View more

  • 株式会社ユーザベース、株式会社ビズリーチ(現VISIONAL)出身。
    新規事業立ち上げ、本番運用チームの構築、エンジニア採用など多岐にわたる業務を経験し、UPSIDERに参画。
    当時はまだ事例の少なかったServer-Side Kotlinを採用。Webシステムの構築を主導し、その取組みをKotlin Festにて発表した。
    現在はVPoEとして自身の手で開発も進めながらエンジニアの組織構築も同時に担っている。

  • UPSIDER Co-Founder/CEO

  • 株式会社UPSIDERでリードエンジニアをやっております。
    創業期から参画し、カードの決済システムを立ち上げ期からリードしております。複雑な決済の仕様を紐解いてチーム組成してリリースまでリードをしました。今はそのまま決済関連のチームのマネージャーをやっています。
    Goが大好きでGo Conferenceに登壇したりOSSにContributionしたりしています。社内でも、Goの開発のリードをしています。
    以前は、ベンチャーでインターンしたり、IBMでSEをやっていたりしました。

  • 慶應義塾大学卒業後、新卒で大手・不動産投資企業に入社。主にtoC向けの不動産投資コンサルタントとして従事する。しかしながら、入社後のギャップが原因となり8ヶ月で退職。自身の体験から日本の就活事情に課題を感じ、『HR領域の課題解決』に携わってみたいと2017年12月に第2新卒としてウォンテッドリーに転職。

    ウォンテッドリーでは、組織体制が整っていないカオスな状態から参画し、インサイドセールス、マーケティング(SDR立ち上げ)、カスタマーサクセス(Onboarding)、中小企業セールス(SMB)、大企業セールス(Enterprise)と4年間に渡り、主力事業のビジネス全領域を経験。在籍4...

What we do

  • 成長企業向けの法人カード『UPSIDERカード』。従来の法人カードにはなかった「新しい解決策」を持って、成長に歯止めがかかっている企業の課題解決を支援している。
  • 圧倒的使いやすさ・わかりやすさを重視したシンプルなデザインの管理画面。ユーザーファーストな開発で、99%以上の利用継続率を誇る。

Question1:UPSIDERってどんな会社だと思いますか?

『金融業界』『金融サービス』『Fintech』と聞いて、皆さんはどのような印象を思い浮かべますか?
「堅そう」、「難しそう」、「専門知識が必要そう」等々、そんな想像をされる方が多いのではないでしょうか。

もちろんUPSIDERはしっかりとした金融機関です。一方であくまでも『金融』は手段であり、我々が目指すゴールは『挑戦する人に寄り添い、挑戦者が活躍しやすい社会を創ること』。

世の中に新しい価値を創造していきたいと貪欲に挑戦するスタートアップ・ベンチャー企業を『新しい金融の仕組み』を提供することで挑戦者を応援している、そのような会社だとイメージして頂けますと幸いです。

そのために「専門的な知識やスキル」は最初から必要ございません。挑戦する方々と同じ目線に立ち全力で応援したい、そのような気持ちが大切だと我々は考えています。※現に直近入社したメンバーで金融業界出身のメンバーは3割程度、残りの7割はそれ以外の業界からUPSIDERに入社しています。

Question2:法人カードって、正直ニーズあるの?

UPSIDERは現在、成長中のスタートアップ・ベンチャー企業に対して『上場のための法人カード(=UPISDERカード)』を自社サービスとして提供しています。

そもそも「法人カードって何?あまりよく分からないのだけど・・・。」と思われた方、もう少しお付き合い下さい。実は、皆さんがごく当たり前に持たれているクレジットカード同様、皆さんが所属されている企業様も、銀行口座と一緒に、必ずと言って良いほど「会社用のクレジットカード」つまり「法人カード」をつくっています。

一方で現存の金融ルールや判断基準は、挑戦者にとって優しい設計になっていません。クレジットカードをつくりたくても起業したばかりで信頼がないからつくれない。つくれたとしても与信額が最低額なので事業投資出来ない。このような悩みをもつ起業家(挑戦者)がたくさんいます。

多くの挑戦者が、この『法人カードによるお金の悩み』を抱えているなか、UPSIDERでは最短即日で数億の与信額が上限のカードを発行する、そのような革新的なサービスを提供しています(どのようにして実現しているかは企業秘密なので、是非面談時にお話させてください)

今までになかった新しい解決策・金融サービスとして、成長企業に対して『UPSIDERカード』を提供し、利用継続率99%・年間成長率1500%と物凄いスピードで急成長を遂げている。それがUPSIDERなんです。

Why we do

  • 短期間での成長投資を実現し、組織拡大を狙うUPSIDERを支えているメンバーは『自由なワークスタイル』のもと、各分野で専門性を発揮することができる。
  • 現在では大手からベンチャー企業で活躍してきた20代メンバーも多く在籍しており、ビジネスからエンジニアまで、雇用形態・年齢問わず幅広い経験を持ったメンバーが強みを発揮している。

「UPSIDERなしでは、こんな成長できなかった!」

私たちは、そのような声がもっと集まる場所を生み出し、未来の日本では『挑戦者(スタートアップ・ベンチャー企業)』によって新しい価値あるサービスが量産されるような、ワクワクする未来の実現を目指しています。『次の日本経済を創る新たなインフラサービス』を本気で創ろうとしているのがUPSIDERです。

大切にしている考え方があるので、紹介させて下さい。私たちUPSIDERは、テーブルの向こう側から人や会社を評価するというやり方ではなく、常にテーブルの同じ側に座り、想いや目標を共有し合い、技術・テクノロジーを持って、課題を発見・解決する、そんな『全く新しい金融サービス』を創り、より多くの挑戦者たちに提供していきたいと考えています。

「誰かを応援することが好き」「誰かの成長を一緒になって喜びたい」「世の中に大きなインパクトを与えるシゴトを仲間と共に実現したい」。UPSIDERにはこのような想いを持ったメンバーが集まっています。「あっ、私と同じだ!」と思っていただいた方は、是非一度カジュアルにお話さあせてください。

How we do

  • UPSIDERのオフィスは、2022年1月より霞ヶ関にある『WeWork 日比谷FORT TOWER』にオフィスを構える。出社義務はなく、メンバーに取って最高の条件のもと働いてもらうことを大切にしている。
  • ブース・会議室・フリースペース・オフィススペースを完備した『WeWork 日比谷FORT TOWER』。リモートワーク体制をとっている中でも、行けば誰かしらいるという、仲間意識が強いこともUPSIDERの良さ。

Question3:どんな環境で、どんなメンバーが働いているの?

弊社は現在、正社員だと30〜40名程(内エンジニアが半数以上)、業務委託を含めると60名程のまだまだスタートアップフェーズの組織です。創業初期からフルリモート・フルフレックスの自律駆動型の体制を取っていることもありますので、非常に自由度が高く、かつ圧倒的な裁量権のもと、働くことが可能な環境であると思います。

所属メンバーは、マッキンゼー出身のCEO宮城、ユーザーベース出身のCOO水野(元マーケ責任者・News picks立ち上げメンバー)、モルガン・スタンレー出身のCTO澤田(トレーディングシステムの開発者)、あずさ監査法人出身の執行役員石神(上場支援を担当)、ビズリーチ出身でVPoEの清水を筆頭に、DeNA、EY、KPMG、GMO、Indeed、プルデンシャル生命、FiNC、Wantedly、大手金融機関と幅広い業界から、UPSIDERのミッション・ビジョンに共感した精鋭たちが集まってきています。

Question4:やっぱり能力・スキルベースの採用をしているんですか?

私たちは『価値観』を重視した採用をしています。UPSIDERが現在、求めている人物像は、クライアント様・社内メンバーを含む『仲間』のUPSIDE(成長可能性)を信じて応援し続けられる人だと考えています。また、自分自身のUPSIDEを信じて、柔軟にかつスピード感を持って変化を楽しみ続けられる、そんな強いマインドを持つ方にも、きっとご活躍頂ける環境であると思っています。

「金融知識が全くない状態なのですが大丈夫でしょうか?」「前職金融業界じゃないんですけど大丈夫ですか?」こう言ったご質問を頂くことが多いのですが、結論どちらも問題ありません。重要なのは、『強み(個性や拘り)』をしっかり持たれていて、それを自分自身で自信を持っていられているかどうか、そしてよりよい社会を創るために、目の前で困っている方を支援するために全力でコミット出来るかどうか。それが大切だと考えています。

また、UPSIDERは社内の仲間だけでなく『仲間の家族』も同じ仲間だと考え、大切にしています。「どうしても仕事よりも優先しなければいけない事象」というのは誰しも起こるはずです。そんな時、UPSIDERのメンバーは全力でフォローし、助け合うメンバーが揃っています。「こういう文化・価値観は、UPSIDERらしさで良いよね!」、そんな会話が社内で沢山生まれていく、そんな会社をUPSIDERは目指しています。

ここまで読んで頂きありがとうございました。UPSIDERに対する先入観を良い意味で変えていければと思い、本気で書かせて頂きましたので、もしここまで読んでみて「UPSIDER面白そう!」「自分も挑戦したい!」何より「このシゴト、テンション上がりそう!」と思った方。是非話を聞きに来てみて下さい!

As a new team member

【業務内容・職種のミッション】
本ポジション(エンジニア・オープンポジション)は、VPoEの清水を始めとしたリードエンジニアの直属メンバーとして、成長企業のための『法人カード事業』を始めとした、今までになかった金融SaaSの開発〜運用に携わって頂くことが可能です。

皆さんの持つ「得意・強み」を存分に発揮して頂けることを前提としており、リードエンジニアが大量に抱えている裁量権のあるタスクを引き剥がし、チーム全体の生産性を上げていく働きを期待しています。チーム内で滞留してしまっている課題を素早く拾い、遊軍的にご対応いただくようなイメージです。

【実現できるキャリア】
ビズリーチ(現ビジョナル)・ユーザベース出身のVPoE清水をはじめ、テックリードと直にやりとりを行うポジションですので、「なんでも吸収してエンジニアとして他の人よりも高速に成長していきたい」「プロダクトを1→10にグロースさせる過程を間近で感じたい」という方には、まさに『うってつけのポジション』です。

また、ご自身の「なりたいエンジニア像」を目指せる、従業員ファーストな組織文化があるので、色んな技術にも携われますし、スタートアップならではのご経験を得ることが可能です。技術スキルを上げていく、幅を広げていく、マネジメントをしていく等々、UPSIDERでは目指せるキャリア選択肢が多数ございますので、存分に環境を活かして頂ければと考えております。

【Tech Stack】
◯Webシステム
- Server-Side: Kotlin / Ktor
- Frontend: TypeScript / Nuxt.js
- Clean Architecture
- DB: MySQL

◯決済システム
- Go
- Microservices / TDD
- DB: Cloud Spanner

◯Platform
- Kubernetes / Istio

【必須(MUST)】
- ユーザーにより価値のあるプロダクトを届けるために、幅広く業務を遂行できるフットワークとチームファーストの精神がある方

- 商用プロダクトの開発経験(インターンでの経験などでも可)

- Java/Kotlin/Goなど、静的型付け言語での開発経験

【歓迎(WANT)】
- Clean Architecture/DDD/TDD/Micro Services等、ソフトウェアアーキテクチャや開発手法についての知識

- プロジェクトマネジメントやプロダクトマネジメントなどの経験

- 英語コミュニケーション(テキストベース)への抵抗がないこと

【求める人物像】
①挑戦心があり、変化を楽しめる方

②新しいサービスや事業に対する興味を持てる方

③仲間を大切にし、お客様・メンバーに対して誠実な方

Highlighted stories

『人生を賭けた勝負をしたい』。Growth Partner Teamを牽引する、DeNA出身の20代メンバーがUPSIDERを選んだ理由。
『終わりのないSaaS領域で、常に一歩先の提案をし続けていきたい』1人目のカスタマーサクセス。5年間宿泊業界に従事してきた私が今、UPISDERを選択する理由。
『今までになかったモノを創っていく。この先、ぶっちゃけ、どうなるかわからないからこそ面白い!』。創業初期に入社した元IBMエンジニアが、UPSIDERを推し続ける理由。
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About UPSIDER, Inc.
UPSIDER, Inc.
  • Founded on 2018/05
  • 30 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都港区六本木7-15-7 新六本木ビル8階
  • About UPSIDER, Inc.
    次の経済を創る新しい金融インフラとは?自律駆動型エンジニアWanted!
    UPSIDER, Inc.