1
/
5
Business Development
Mid-career
on 2021-06-13 231 views

医療×AI×グローバル!デジタルヘルスで活躍したい医療IT経験者を募集中

H2 株式会社

H2 株式会社 members View more

  • University of Virginia 卒業後、リーマンブラザーズ社に入社。投資銀行部門にて, TMT を担当。その後中国と台湾で 2 社を創業した後、2013 年に H2 Inc を起業。

    祖父母全員が糖尿病で、一人の祖母を除きすでに他界。現在も存命の祖母は、血糖値の記録をこまめに行い、食事への配慮も欠かさず、医師と測定値の記録を共有しそれを習慣化することで、適切な治療を継続的に受けていることから、合併症を発症せず健康を維持。

    そこで『 ITを活用し、自身の祖母のような自己管理を誰もが続けられるようにできないか?』という想いから、H2.Incを起業。

  • 一橋大学卒業後、日本オラクルに入社。上司から、本当に営業で飯を食っていきたければ、ブランドのない会社で、自分を売ることで、商品やサービスを売る経験を積みなさい、という言葉に感動し、同期で一番最初に転職。2 社目のwebMethods では、2 年目に、世界 No.1 の売上達成率を実現。その後、グローバルリーダーシップの強化を目的に、Duke Fuqua MBA 取得。

    帰国後、Medtronic 社に入社し、事業部の財務・企画マネージャー、リージョンマネージャーを歴任。直近はベンチャー企業の COO として、Saas 事業を立ち上げし、3 年目に、単月黒字化を実現。

  • 内資製薬メーカーにて糖尿病を中心にMRとして6年間従事したのち、デジタルヘルス業界へ転職。

    現在はモバイル/デジタル医療とクラウドサービスを結合したヘルスケアプラットフォームの日本における事業開発に従事。

  • 早稲田大学社会科学部卒業後、証券会社での新規開拓営業、製薬会社でのMRなどを経て香港中文大学MBA卒業。同時に北京大学MBAに交換留学、そして北京語言大学にて漢語修習生として学ぶ。

    帰国後、Webマーケティングのコンサルティング会社を経て、デジタルと医療の融合が患者への新しい価値提供ができると感じ、H2株式会社に入社。

What we do

  • シンクヘルスプラットフォーム
  • 糖尿病管理アプリ「シンクヘルス」

モバイル/デジタル医療とクラウドサービスを結合したヘルスケアプラットフォームの構築に、2013年に台湾で創業以来、取り組んでおります。第一弾製品として糖尿病の自己管理支援を目的にモバイルアプリ「シンクヘルス」を誕生させました。

糖尿病患者の皆様にとって、日々の闘病は苦労・面倒が多いものです。私たちは、簡単に操作できるツールとロボットによる自己学習サービスにより、血糖値を含むバイタルデータの自己管理をサポートし、適宜家族や医療機関からケアを得られるにようにすることで、患者の負担を軽減していき、セルフケア力の向上を支援し続ける存在になれればと考えております。

2018年6月に日本法人がスタートし、現在は製薬メーカー、食品メーカー、マンション管理会社、保険会社などを筆頭に、健康に関心の高い企業様から多くの商談がきており、急ピッチで組織構築をしております。

そして台湾が本社でありながらもSOMPOホールディングスから出資を受け、日本に根ざしたビジネス展開を進めている最中です。

また、今年よりオンライン診療のサービスをスタートさせるのと、慢性疾患におけるオウンドメディア(ブログ)のアクセスも月間250万PVを超えているため、新領域でのビジネスチャンスも生まれる予定です。

デジタルヘルス業界の黎明期に、誰もが経験したことがない領域で、チャンピオンになるまたとない機会といえるでしょう。

※私たちのサービスの紹介動画です: https://www.youtube.com/watch?v=xX0WKfNuKvA&t=13s

Why we do

  • 世界の糖尿病人口
  • 健康管理を支援

現在、糖尿病患者は世界の人口の約10%に達し、その半分以上がアジアに集中しています。しかしながら医療資源の不足により、適切なケアを受けられる糖尿病患者は30%にも満たないほどです。このような環境において、私たちは患者の自己管理をいかに簡素化することができるか。

さらに簡素化するだけでなく患者の様々なデータからAI等を活用し、いかに価値のあるFeedbackを継続的に提供し、自己管理による健康維持を促進することができるか。これらが非常に重要になってくると確信しています。

私たちはエンゲージメントレベルの高い様々な血糖値管理ソリューションを提供し、患者が使いたいと強く思って頂けるようなサービスを通じて、一人でも多くの患者の健康管理に貢献していきたく思っております。

How we do

  • 台湾チームとの交流

糖尿病管理の自動化を進め、AI等を活用することで日々の行動に気づきを与えることで、利用者のエンゲージメントレベルを高めます。また、ビジネスパートナーが様々な意思決定を行うための分析結果を提供します。患者中心のプラットフォームを構築することにより、患者の糖尿病管理を効率的かつ生産的にサポートする革新的サービスを提供しております。

またアプリは日本と台湾両方で、高い評価を頂いております。(Android 4.6/iOS 4.2 *2021年8月現在)。

台湾では既に150以上の病院/クリニックが、Health2Syncのサービスを患者に推奨しています。日本においても数十施設で、病院/クリニックにて利用を開始いただき、今後もサービス拡大予定です。

As a new team member

【仕事内容】
医療業界、製薬業界、医療機器業界におけるDXをリードしていく新規事業開発をご担当いただきます。日本の医療・介護・健康領域におけるICT推進事業のひとつである、PHR(パーソナルヘルスレコード)を活用し社会課題を解決したい、患者さんへ価値を提供したい人を募集します。

業務内容は下記を中心に担っていただきます。

・製薬企業、医療機器企業を中心としたクライアントのDXプロジェクトの戦略構築、KPI策定、企画立案、プロジェクトマネジメント
・自社サービス「シンクヘルス」の医療機関への導入のための戦略立案・実行、エビデンス構築、KOL育成・対応、各種学会の年次学術総会でのPR戦略立案・実行

【仕事の魅力】
・自らがリードして事業を作っていける企業であり、ポジションであること
・デジタルヘルス領域は、医療・ヘルスケア市場の中で最も成長性が期待されている領域であること
・社会貢献性が非常に大きい事業であること

【必須(MUST)】
・新しい事業をこれから作り上げる「0⇒1」の仕事を面白いと思える方
・医療IT業界の経験者
・医師を対象として営業または折衝を行った経験
・英語でのコミュニケーション
(業務上、日常的にチャットベースの英語でのコミュニケーションが必要になります)

【歓迎(WANT)】
・英語でのコミュニケーション
(ビジネス会話レベル尚可)
・糖尿病領域における知見
(SGLT2阻害薬、インスリン製剤、GLP1受容体作動薬などの薬剤に関する知識の深い方)

Highlighted stories

健康アプリを介したビデオ通話の機能を本格リリース
第64回日本糖尿病学会年次学術集会にて弊社のアプリが発表されました
デイリー新潮に弊社の取り組みが紹介されました
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
H2 株式会社
  • Founded on 2013/06
  • 30 members
  • 東京都台東区上野3-2-2 アイオス秋葉原ビル604
  • 医療×AI×グローバル!デジタルヘルスで活躍したい医療IT経験者を募集中
    H2 株式会社