1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
Mid-career
エンジニア
on 2021-04-09 1,720 views

フルスタックでマーケティング志向のエンジニアになるチャンス

株式会社mtc.

株式会社mtc. members View more

  • ▼私立志學館高等学校(鹿児島県)/立教大学を卒業後、SIerに入社。汎用機を中心としたシステムのエンジニアとして従事。
    その後、ZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイに入社。入社後4年間はサーバーサイド・クライアントサイド両方をSEとして、BtoBの立ち上げや倉庫の立ち上げ、サイトリニューアル等を中心となって担当。CRM部署立ち上げに伴ってマーケティング部署に異動。マーケティング部長としてCFMという独自のCRM理論を展開し、ZOZOTOWNの売り上げの3分の1を持つ、世に類をみないCFMシステムをスクラッチで創りあげた。
    日本のCRMを世界に発信することを使命に2017年3...

  • 武蔵野美術大学卒業後、DADWAYに入社。ベビーグッズの企画、開発をはじめ、店舗デザイン、CIリニューアルなどを推進。2010年より、WEB部門にてECサイトの運営、ブランドサイト、アプリ開発など、WEBマーケティング全般業務に従事。
    2015年には自身でブランドを立ち上げ、デザインコンセプト、ブランドガイドライン、キービジュアルの開発、ロゴなどのグラフィックエレメントなど全体のアートディレクションから、製品開発、販売戦略まで幅広い領域でのブランドディレクションを担当。
    その後、商品本部長として30を超える国内外のブランドディレクションを担当する他、EC部門の戦略策定、MA導入を推進。2...

  • 2014年 法政大学を卒業後、株式会社アイ・エム・ジェイに入社。
    クライアントに対し、人間中心のプロセスを遵守したデジタルマーケティング支援を幅広く担当。(Webサイト・PDCA・メール・SNS運用支援)2018年 サービスデザイン専門チームへ異動。
    リードリサーチャーとしてユーザーの本質的欲求調査を起点に、クライアントの新規事業創出プロジェクトを複数担当。(ペルソナ・CJM・新規事業創出支援)2018年 NPO法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net)認定 人間中心設計スペシャリスト資格取得。
    ユーザーが本当に求めているものを探検するように発掘し、ビジネスに接続し実現させる「ディスカ...

  • 東京都立工業高等専門学校を卒業後、株式会社京セラコミュニケーションシステムにてプログラマからキャリアをスタートし、その後はシステム開発の上流工程部分を担当。
    顧客である大手通信キャリアが提供していたブログサービスやフォトアルバムサービス、アンドロイドアプリ配信システムの立ち上げに従事。

    SIerでの経験を通じ、より広くの開発工程(特にコーディング)を自分で担当できるエンジニアに成長したいと思い、株式会社キャタルに転職し社内で利用している教育管理システムの企画から設計・開発(Ruby and Rails)・デザイン(イラストレーター、フォトショップ)・運用を担当。
    その後、マーケ...

What we do

  • 独自のCRM 8 STEP
  • コミュニケーションメディアロールとコミュニケーションマップ

<マーケティングコンサルティングに取り組む会社です>

mtc.では、”顧客の感情を満たし売上を上げる”という明確な目的達成のため、定性/定量データからの課題発見から、欲求ベースで顧客に何をアプローチすべきかを見つけ、実際の施策に落とし運用するところまで、一連のコミュニケーション構築を行っています。

解決したい課題や成果のためには、既存の手段や手法に関わらず、必要とあれば新しい方法論を作り出してコミットすることを大事にしています。
「 mtc.」という社名の由来である -Methodology Creators-「方法論の創造者たち」に込められた思いです。

【主な事業内容】
・CRM及び、サービスデザインを軸とした独自手法を用いたマーケティングコンサルティング
・自社サービス

【ユニークな特徵】
◎ZOZOのCRM(CFM)のスキームやシステムを創り上げた代表がいる会社
創業者の岡崎はZOZOTOWNで新規事業・マーケティング部長などを歴任。
もともとはエンジニアとして活躍していましたので、サーバーサイド・クライアントサイド両方を理解しそれをマーケティングに存分に活かして独自のメソッドを確立してきました。

▼ZOZOTOWNを辞めて独立した社長の話 | 株式会社mtc. https://www.wantedly.com/companies/mat-c/post_articles/229961

◎とにかく、ユーザーの欲求/本質的課題の発見を大事にする会社
本質的に解決すべき問題は何なのか、人間中心設計のプロセスやサービスデザインの手技法を用いて企画を構築していくのが特徴です。
以下は、当社で活用している一例です。

▼人間中心設計なくしてCX改善の成功なし|WD ONLINE https://book.mynavi.jp/wdonline/detail_summary/id=116188

【これからの展望やビジョン】
日本のマーケティングやCRMの技術が海外でも評価されるような状態をつくり、そのトップランナー企業を目指します。日本の取り組みが先進的だと認識され、技術や思想を評価される存在になります。

Why we do

”日本のもてなしの心を、
世界基準のマーケティングに”

古くから日本人の心根(こころね)にある「相手のことを思いやる、おもてなしの心」は、Webマーケティングを考える際にとても有用で、顧客にとても良い体験を与えてくれるものだと私たちは考えています。

しかし、日本のマーケティング・CRMの技術や思想は、この数十年で海外から大きく遅れを取っている状態です。

ZOZOTOWNのマーケティング部長を担っていた創業者の岡崎は、この日本人独特の「もてなしの心」をWebマーケティングにおける独自のメソッドとして確立し、日本のマーケティング・CRM技術を高めて世界へ発信したいという想いから、mtc.を起業しました。

_mtc. の最初にある「_(アンダーバー)」は、 茶室の小上がりを表現しています。 小上がりの先にある茶室で、主従やポジションにとらわれることなく、感動を生み出すのがmtc. の使命です。

茶室で生まれた「もてなす」という日本独特の心の機微は、ときに相手の心に触れて、 感動を生み出すことができると私たちは信じています。 日本のもてなしの心でつくる、世界で通用するマーケティングを、 mtc. とご一緒に。

How we do

  • 顧客欲求を発見し、アイデアへの展開のために日々ユーザーのリアルな声に向き合っています。
  • 弊社オフィスの様子。居心地の良い空間作りのために日々アップデートを加えています。

【私たちの特徴やキャラクター】
・在籍は10名で、男女比は3:2
・全員が自分の肩書きをもち、プロフェッショナルとして活動
・全員の成長意欲が高く、各々が独立志向を持っている

会社を大きくスケールさせるつもりはなく、最大でも20人くらいを目指しています。
イメージとしては、自分の名前で仕事が来るような海外の法律事務所。
案件によっては、同じ社内でも毎回別のチーム編成で動くなど、柔軟な組織であり、自立したプロフェッショナルとして一定以上のパフォーマンスを発揮できるメンバーが揃っています。

【仕事の進め方やカルチャー】
・アウトプットのコミットをきちんとする、という前提で、フルリモートワークとフルフレックス制を創業当初からずっと続けている
・それでも、みんなが集まりやすく居心地がいいようにつくったオフィスがある

みんながプロとして仕事をしているため、労働時間での縛りはなく、成果にコミットさえしてくれればいいとの考え方をし、いい意味でプライベートと仕事の境界がないです。

ためらわず即席で話し合うカルチャーがあり、不意にワークショップが始まることも。
たとえば顧客のインサイトを探る際は、どこでこれを買ったのか、なぜそれを選んだのか、どこでどう情報を収集して買ったのか? 事前にどういうことを期待したか? 使ってどうだったか? 誰かに話したか? ……買い物を開始する前から、購入して使用するまでの感情曲線を丸裸にしていきます。

そしてみんなが優れたマーケティング視点を持っているチームです。
あるとき社内でソーシャルゲームのディズニーツムツムが流行った際も「時間の設定が絶妙」「フックモデルのすばらしい例だ」など、設計の秀逸さについて盛り上がっていました。

代表・岡崎のスタンスは「全ての経験をインプットにしていけ」です。
たとえばマクドナルドでご飯を食べるのも、5万円のフレンチを食べに行くのも、どちらも自分次第で良質なインプットになると考えているのです。
「経験を自分の仕事にどう活かすかは自分次第」との考えをメンバー全員が共有しています。

As a new team member

【探しているのはこんな人】
<スキル面必須>
・DB周りに関する実務経験
・サーバーサイドの開発,保守,運用経験
・フロントサイドの開発,保守,運用経験
・SQL(言語問わず)に一つは精通している

<マインド面必須>
・ひたすらに美しいコードを書いていたいというよりは、テクノロジーの力でサービスのグロースに関わっていきたいという気持ちがある方
・ビジネスの設計段階から参画し、マーケティングの一つの手段としてテクノロジーを使っていきたい(マーケティングエンジニアになりたい)という志向性をお持ちの方

※実務未経験の方、アルバイト/インターン/副業希望の方などは今回は募集しておりません。
正社員として、フルコミットで一緒にお仕事をしていける方を探しています

【業務内容について】
今回の募集でジョインしていただく方にお願いしたいと考えている業務は以下の通りです。

・最新のMAとDMP等を用いたマーケティングに関連する開発,保守,運用業務
・クライアント企業のマーケティング施策のPDCA実施
・自社サイトの開発,保守,運用業務
・クライアントとの折衝(開発まわり)

プログラミングについての知識が全くないとか、これからがんばりたいという状態では一緒にお仕事をするのが難しいですが、ある程度の知識や経験があって、これから先の自分のエンジニアとしての道を
「技術者」としてではなく「マーケター」として考えている方に出会いたいと考えており、このような形での募集としています。

【働き方について】
mtc.は創業当初からフルフレックス・フルリモートを認めていますが、
今回の募集についてはしばらくの間オフィスに出勤してもらうことが多くなると想定しています。

オフィスはメンバー皆が居心地よく、高い集中力で業務ができるよう快適な空間を整えていますし、代表と相談しながら自分がより高いパフォーマンスを出すために改善していくこともできます。

業務に必要なマシン類についてはご希望を聞いて準備しますのでご安心ください。

【応募に際して】
まずはmtc.のコーポレートサイト、ウォンテッドリーに掲載している情報、その他世の中に落ちている弊社についての情報をご覧ください。

mtc.のことや社風などをある程度はご理解いただけるような情報をウォンテッドリー上でも発信しています。

【やりがいや醍醐味】
弊社の最大の魅力は、なんと言っても代表岡崎の技術やキャラクターです。
エンジニア出身の代表岡崎のもとで、技術だけを磨くのではなく「なんのためにその技術を学び、使うのか」を常に問いながら成長してみませんか?

最新の技術で作られていてもそうでなくても、つくりだしたサービスやプロダクトを使う人たちはそれを見ることがほとんどありません。
大切なのは、ユーザーがそのサービスやプロダクトを通して体験する全ての事柄がスムーズに心地よく、ときに感動を生み出せるものになっていたかどうか、ということではないでしょうか。

美しいコードを書くよりも、ユーザーの美しい体験をmtc.のメンバーと一緒にデザインして作り出すことに情熱をそそげるエンジニアを探しています。

「Methodology Creators」として、世界で注目されるレベルのマーケティング技術を一緒につくりだしていくことに本気でコミットしてくれるエンジニアに出会いたく、この募集を公開します。

Highlighted stories

”なんか普通”のその先へ。オフィスのこだわり空間づくり〜ベランダ編〜
mtc.って怖い会社?新卒の私が感じていた不安と入社後のギャップ
「オシャレだね」だけでは終わらせたくない、こだわりのオフィスの話
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社mtc.
  • Founded on 2017/03
  • 10 members
  • CEO can code /
  • 東京都品川区南品川6-2-16 カーサベルーデ401
  • フルスタックでマーケティング志向のエンジニアになるチャンス
    株式会社mtc.