1
/
5
Business Development
Mid-career
on 2021-02-16 454 views

事業開発職 - 成長戦略のコアポジション

株式会社ビービット

株式会社ビービット members View more

  • こんにちは!
    ビービットでのんびり楽しく仕事をしております!どうぞよろしく

What we do

  • UXチームクラウド「USERGRAM(ユーザグラム)」
  • 「ユーザ行動観察調査」などの科学的な手法を用いてユーザの体験設計を行っています

【ビービットの事業内容】
■UXデザインコンサルティング
ユーザリサーチ・カスタマージャーニー可視化・ウェブサイト/スマホアプリ成果改 善・デジタルサービス開発企画支援・ユーザロイヤルティ向上

■UXグロースハック支援サービス
USERGRAM(ユーザグラム)・UXグロースハック実践支援プログラム・並走型運用支援

ユーザ中心主義のもと、上記のサービスを通じ、デジタル化社会における「あるべきマーケティング活動」の実現を支援しています。

Why we do

  • 例えば中国の都心部では、Mobikeやofoといったレンタル自転車が、単なる一企業によるサービスをこえて、社会のインフラになっています
  • コトラーも企業のデジタルトランスフォーメションの必要性を説いています

AIやIoTといったさまざまなデジタルテクノロジーが社会・経済・生活を大きく変えようとしている現代は、「デジタルがすべてを包み込む」デジタルオーバーラッピング時代といえます。その進化は加速の一途をたどり、とどまることを知りません。

そのような環境下において、企業は自らをデジタル時代にあわせてリデザインしていく必要に迫られています(デジタルトランスフォーメション)。

すべての行動は何らかの形でデータ化され、物理制約を越えたオンラインの競争原理の中で利活用されていくことでしょう。

オンラインとオフラインを別物として考えた上でそれらをつなげようとするO2O(Online to Offline)の考え方はすでに陳腐化し、デジタルとリアルを一つのプラットフォームとして捉えるOMO(Online Merges Offline)の時代に移行しつつあるとビービットは考えています。

テクノロジーによる拡張性は人々の利便性を増加させ、体験価値を向上させます。すなわち、OMOの考え方においては、すべてのビジネスはプロダクト(製品=モノ)ベースからエクスペリエンス(体験=コト)ベースへ転換していき、より社会インフラに近づいていくことになります。

つまり企業は「自社の製品・サービス・プロモーション」を「デジタル/リアルの区別なくユーザの生活に溶け込む体験」として再定義する必要があり、私たちはその「エクスペリエンスデザイン」をサポートすることで、企業・消費者の双方にとって「より良い社会」を実現していきたいと考えています。

How we do

  • ホワイトボードが社内のいたるところに置かれ、部門を越えて常に活発な議論が行われる文化が浸透しています
  • 積極的に思考をアウトプットし、必要に応じて図示することで、認識を共有しようとするのもビービット社員の特徴です

創業以来こだわってきたユーザ中心アプローチを活かし、OMO時代のエクスペリエンスデザインに取り組みます。

「UX(User eXperience)の可視化→コンセプトの見直し→体験シナリオ・ジャーニーの改善→ビジネスインパクトの創出」 という方法論で、企業の取り組みを体験軸で再設計し、成果につなげていきます。

また、上記のようなUX中心業務を企業全体で継続性を持った活動として実現とするための支援も行っています。

As a new team member

【募集概要】
beBit はこれまで提供してきたエクスペリエンス・デザイン・コンサルティングや企画立案支援ツールである USERGRAM では解決することができないお客様のニーズに対して、新たな機能やソリューションの企画開発、外部企業との提携により新しい価値提供を行っていきたいと考えています。
今回募集する事業開発担当には、beBit のさらなる成⾧に必要不可欠となる新たなソリューションの企画開発や、外部企業との提携による新たなソリューションの設計を主導していただくことを期待しています。顧客に提供するソリューションを企画開発するにあたっては、継続的に開発が行われている USERGRAM やコンサルティングの組み合わせはもちろんのこと、それ以外のウェブメディアやナレッジソリューションの新規企画開発など、様々な可能性を検討しています。事業開発担当には市場や顧客のニーズを把握し企画アイデアを出すだけではなく、実際にソリューションを市場に出すまでの全てのプロセスをリードしていただきたいと考えています。多くのプロセスでは社内の様々な部門と協力することが必要となりますので、粘り強くチームで活動を行うことが得意な方を採用したいと考えています。

【業務内容】
● 既存のコンサルティング・サービスや USERGRAM、および社内にある人的リソースを組み合わせて新しいソリューションを企画開発する。
● 外部企業と提携をして新たなソリューションを構築する。
● 大手お客様のご要望にあわせてカスタマイズしたソリューションを開発する。
● 企画開発したソリューションを実際に顧客に提供可能なように、財務・法務と協業し詳細を定義する。
● USERGRAM の新機能開発や機能改善の資する調査を行う。
● USERGRAM の価値向上を実現する付属サービス・ソリューションの企画開発を行う。
● 2021 年以降の海外展開に向けて、市場調査や競合調査、および顧客ニーズの調査を行い、海外展開に向けたソリューションの企画を行う。

【責任範囲】
● 既存サービスを基盤として新たなソリューションの企画開発を行う。ここでいう企画に含まれる範囲はコンセプト設計や詳細設計、プライシング、提供形態、ターゲット顧客の設定などを含む。ここでいうソリューションはソフトウェアの開発(コーディングが必要となる機能開発)を除く全てが対象検討領域となる。
● 開発したソリューションを実際に市場に提供するまでに必要となる財務上の詳細定義や法的検討を財務・法務担当と協同して行う。この検討においては事業上の要請やサービス実現したいことを前提としたうえで、議論をリードし、最終的にマネタイズ可能なソリューションとして定義する。
● USERGRAM や beBit の持つコンサルティング能力と補完的な関係にある外部企業と交渉・連携し、新たな協力体制やソリューションを構築する。
● 事業推進やマーケティング部門と協同して、企画開発したソリューションを市場に出すための準備を行う。
● 既に存在するソリューションやプロダクトの改善のための調査や企画立案を行う。
● 営業やコンサルティング部門と協力して活動を行ない、全社の売り上げ目標を達成するために新たな企画開発を行う。

【必須人材要件】①は絶対必須条件。②~⑧のうちいずれか2項目は必須とします。
①B2B 領域で 3 年以上のソリューション設計や商品開発の実務経験があること、あるいはマーケティング実務経験、あるいはコンサルティングにて新サービス企画開発の経験を持つこと。コンサルティングでの経験の場合はコンセプト設計やビジネス設計だけではなく、リリースまでの経験を持っていることが望ましい。
②複数の事業部を持つ企業での業務経験があること。
③ソリューション設計や商品開発のプロセスにおいて規約の設計や法的な検討を実務で担当したことがあること。また、そのために基礎的な法的知識を持つこと。
④ソリューション設計や商品開発のプロセスにおいて会計・財務上の検討を実務で担当したことがあること。
⑤事業のプロセスや提案する内容が決まっていないという環境で自発的に活動が可能なこと。
⑥新しい企業文化を構築することに興味を持ち、積極的に組織に働きかけを行うことができること。
⑦既存の社員や従業員と良好な協力関係を築くとともに、粘り強く変革を実現できること。
⑧複数の部門と協力してプロジェクトをリードしたことがあること。

Highlighted stories

【社員紹介_vol.5】エンジニアリングにも顧客にも精通した、プロダクトを支えるテクニカルサポート
【社員紹介_vol.4】マニュアル通りに教えるだけなんてつまらない。「正解がないから面白い」カスタマーサクセスの醍醐味
【社員紹介_vol.3】ディスカッションする文化が、風通しの良さをつくる。“自然体”のメンバーから学んだカスタマーサクセスの心得
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社ビービット
  • Founded on 2000/03
  • 125 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Expanding business abroad /
  • 東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル10F
  • 事業開発職 - 成長戦略のコアポジション
    株式会社ビービット