1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
Mid-career
Webエンジニア
on 2021-01-19 340 views

春、エンジニアになる!実務経験よりも、本気の人を歓迎するタンバリンスクール

株式会社タンバリン

株式会社タンバリン members View more

  • タンバリン(tambourine.inc)代表でウェブサービス開発のディレクションやテクニカルディレクター、ソリューションアーキテクトをやっています。SalesforceやHerokuなどなどクラウドプラットフォームでの開発やマーテクを活用したプロジェクトが好きです。

    仕事以外ではデジタルアート・電子音楽・デザイン全般に興味があり。最近始めたフットサルがはやく(小学生レベルまで)うまくなりたい。

  • HTML・CSSの制作からFlashによるインタラクティブなコンテンツ制作に数年間関わったあと、エンジニアへジョブチェンジ。その後、Herokuを利用したPHP・Laravelのアプリ開発、Salesforceを利用したAPI・システムの開発など、バックエンド全般に携わりました。
    現在は、CTO 兼 クラウドインテグレーション部 大阪マネージャーとして、エンジニアメンバーの開発環境を良くし、会社の生産性を向上させるために日々奮闘しています。

  • 未経験からWEBやCG/映像業界へのキャリアチェンジを支援するクリエティブ系スクールで20年近く勤務。
    スクールのマネジメントや全業務(入学案内・授業運営・カリキュラム開発・就転職支援)、法人向け社員研修や制作請負も担当。
    タンバリンでは、実務未経験者でもプロとして活躍できるような仕組み作りと運用を行っており、個人のやる気とポテンシャルを企業の成長に繋げ、全員が幸せになれることを支援しています。

What we do

  • 先輩が丁寧に指導してくれるので安心です
  • 顧客のための「ものづくり」が大好きな人たちが集まっています

タンバリンは、クライアントのビジネスの「デジタルシフト」をサポートしている会社です。具体的には、Salesforceなどのクラウドサービスを活用したWebサービス、Eコマース、モバイルアプリの開発を手掛けています。

何をやっているのか
・<写真入れる>入社後に分からないことは先輩が教えてくれますので、なんでも聞いてください。
・<写真入れる>クライアントのパートナーとして一緒に考え、課題を解決します。。

【Let’s PARTY!最高のチームになろう】
社内メンバーはもちろん、クライアントや外部パートナーも一緒に課題を解決するチームであると考えている私たち。この想いを集約したメッセージが「Let’s PARTY!」です。パーティ=仲間で『仲間になろう!』という呼びかけと、プロジェクトが成功したときはハイタッチでもするくらいパーティみたいに盛り上がって一緒に達成感を味わおうという想いのダブルミーニングです。1つのチームとして仕事をしているからこそ、単に依頼された開発をするだけではなく、本質的な課題解決をゴールとしてプロジェクトに取り組んでいます。

【妥協なく「つくる」ことで、メンバーの「できる」を増やす】
IT業界はフリーランスとしても生きていける時代。それでもあえて会社に所属して仕事をする理由は、チームとしてプロジェクトにチャレンジすることで、より大きな達成感や成長のチャンスを掴めるからだと思います。タンバリンは、最良のプロダクトやサービスを妥協なく「つくる」ことで、さまざまな要件に紐づいたプロジェクトで、メンバーの「できる」を増やします。

【業界未経験向けの新しいプロジェクト「タンバリンスクール」】
タンバリンは、「Let’s PARTY!」=『仲間になろう!』という文化をとても大切にしています。クライアントのビジネスをサポートするために、社内メンバーはもちろん、クライアントや外部パートナーも一緒になって1つのチームとなり、課題を解決していきます。
そのため、チームで、そして多くの人に参加して欲しいのでフルリモートで、新しい技術に挑戦して人の役に立つものづくりを追求したい、そんな志を持った「実務未経験者をプロのエンジニアに育成する」ことを目標とした業界未経験向けの新しいプロジェクト「タンバリンスクール」を立ち上げました。
実務経験はないが、これからエンジニアの仕事がしたいと本気で思っている方で、タンバリンの「Let’s PARTY!」に興味のある方はぜひタンバリンスクール説明会にご参加ください。
(タンバリンでは通常は業界経験者を採用していますが、タンバリンスクールでは、業界未経験者を対象としています)

Why we do

  • 「個人を成長させるためには組織の成長が大事」
  • 気軽にアイデアを出し合ったり、アドバイスをもらったりできるアットホームな雰囲気です。

【個人を成長させるためには組織の成長が大事】
タンバリンは、個人を成長させるためには組織の成長が大事という考えを根幹に持っています。昨年の仕事が「簡単だったな」と思えるように、昨年やっていた仕事は後輩に任せ、今年は新たな挑戦ができるという環境を常に用意したいと思っています。そのためにはある一定の規模感が必要です。だから会社を成長させたいと思っています。

【社会の変化】
今、世の中は少子高齢化もあり、労働人口は減っていっています。社会がデジタルシフトすることで、エンジニアと呼ばれる人達は今まで以上に必要になりますが、エンジニア人口も同様に減少しています。
そんな中、COVID-19という人々の生活に大きな影響を及ぼす問題が発生しました。リモートワークをせざるを得ない状況が生まれましたが、リモートワークであっても今まで変わらず仕事ができることも証明され、一部の大都市中心だったIT業界の仕事が場所を問わず対応できるようになり、家庭の事情や居住地などが原因で働きたくても働けなかった人達にチャンスが生まれました。

【多くの人がチャレンジできる場を作る】
「Let’s PARTY!」=『仲間になろう!」と「個人を成長させるためには組織の成長が大事」のこの2つを叶えていくには、多くの人がチャレンジできる場を、タンバリン自身で作ることが重要だと考え、社会が大きく変化した今だからこそ、タンバリンスクールをスタートさせることにしました。
参加者に求めることは、チームで仕事したい、本気でこの業界で仕事がしたい、大都市に住んでいないけど仕事したい、育児や介護などの事情があっても仕事がしたい、キャリアを自ら作りたい、と言う気持ち、自分の理想を仕事を通じて実現したい、という強い自己実現の気持ちです。
そして、タンバリンも自己実現を叶えることができる会社として、より良い仲間が集い、成長し続ける会社になりたいと思っています。

How we do

  • 今はリモート勤務ですが、オンラインで勉強会も実施しています
  • 顧客の課題解決のためにみんなで意見を出し合います

【チームで仕事をする方法とマインドを身につける】
プロジェクトに応じて毎回解決すべき課題が違うため、チームに求められるスキルやメンバー構成は、チームを作るたびに変わります。そのため、その時に求められるスタイルに合わせて仕事ができることが、チームで仕事をする上で非常に大切です。
エンジニアリングのスキルも求めますが、何が課題で、どうすればその課題を解決できるか、考え、調べ、チャレンジすることと、プロジェクトを成功させるための想いとコミュニケーションが実はとても重要視されます。
このチームで仕事する方法を理解し実行できるようになれば、どのようなメンバーとも、どのようなスタイルでも対応できるようになります。
タンバリンはチームで仕事することを重視していますので、この考え方と仕事の進め方を実践できれば、業界未経験者でもプロとしての第一歩を踏み出せるようになれると考えています。

【一人一人をサポート】
タンバリンスクールでは、座学形式で手取り足取り教えることは行いません。指導のスタイルは、現場を想定した自学習型です。与えられた高度な課題に対して、期限内に終えられるようにチャレンジします。課題の進捗や結果をについて、どうすればより良い方法、より良い制作になるか、デイリーや週次ミーティングを通してメンターと話し合い、ゴールを目指します。
その人それぞれの個性や適性を見ながらサポートすることで、参加者の皆さんそれぞれをプロに育てていきます。

【フルリモートで教育】
タンバリンの仲間になった後は、フルリモートで仕事を行います。そのため、タンバリンスクールではzoomやSlackを用います。仕事は質問の仕方を変えるだけで、スムーズに進めることができるようになるため、フルリモートでのコミュニケーションの取り方、仕事の進め方を伝えます。なお、タンバリの仲間になった後は、ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を支援します(正社員、アルバイトなど)。

As a new team member

多くの人にチャレンジできる場を提供したいと考えているタンバリンでは、新しい技術に挑戦して人の役に立つものづくりを追求したい、WEB業界に興味がありエンジニアを目指している、フルリモートで仕事をしたいと本気で考える方に向けた、タンバリンスクール説明会をオンライン上で開催します。
(タンバリンスクールでは、業界未経験者を対象としています)

<タンバリンスクール説明会の内容>
・タンバリンとは
・タンバリンが大切している価値観とは
・タンバリンスクールとは
・タンバリンスクールへの参加方法
など

〈タンバリンスクールに求めるマインド〉
・チームで仕事をするのが好き
・チームのパフォーマンスを最大化させたい
・自分の理想を仕事を通じて実現したい
・強い制作意欲
・WebサービスやWebマーケティング、IoTが好き
・主体性を持って行動できる

〈タンバリンスクールに求めるスキル〉
・コードを書いたことがある
(例:Progateはある程度修了している/実務経験はないが基本的なコードは理解している)
・一般的な英語の理解力(中学校卒業レベル)
・技術を自発的に学ぶ姿勢(技術知識よりも学ぶ姿勢を重視)

〈その他〉
・エンジニアとして働きたいが実務経験がないため働けなかった
・エンジニアとして働きたかったが地理的制約で諦めた
・エンジニアとして過去勤務していたが様々な事情で諦めざるを得なかった
・フルリモートで働ける環境がある
※雇用形態は、双方の希望や状況に応じて調整します(正社員、アルバイトなど)

■開催日時
毎週月曜日 18:00-19:30
毎週水曜日 14:00-15:30
*上記の日時で参加が難しい場合は、ご相談ください

■説明会予約方法
Wantedlyでエントリーいただいた後、メッセージにて詳細をご連絡します。
(当日はオンラインミーティングツール「Zoom」を利用します)

少しでもご興味を持って頂けた方は、ぜひお気軽にご参加ください。
あなたからのエントリーをお待ちしています!

▼私たちが一番大切にしていること「Let’s PARTY!最高のチームになろう。」https://note.mu/8120001123887/n/n26dc3a117942

▼タンバリン開発ブログ/技術はもちろん、組織・チーム、ツール、プロジェクなど幅広いテーマで更新中
https://developers.tam-bourine.co.jp/

▼【tambourine magazineまとめ記事】のまとめ
https://note.com/8120001123887/n/n158acfac0ea9

【主なクライアント】
日本経済新聞社、OCS(ANAグループ)、セールスフォース・ドットコム、株式会社JTB、株式会社ソフマップ、ロート製薬株式会社、デサントジャパン株式会社、株式会社リボルブ・シス、ライオンハイジーン株式会社、ヤンマー株式会社(順不同敬称略)

【受賞歴】
・第4回Webグランプリ「企業グランプリ部門」企業 BtoC サイト賞 優秀賞
 株式会社資生堂様『日本の美しいものづくり』http://www.shiseidogroup.jp/artsandcrafts/
・Salesforce Partner Summit 2020 Partner Award “Innovation Partner of the Year”
[プレスリリース]https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000031445.html

Highlighted stories

目指すは、大阪No.1のエンジニアパラダイス。僕らと一緒に大阪オフィスを構築してほしい/代表 中尾達也&CTO 狩野裕介
キーワードは“相互理解”【タンバリン式全社総会を開催しました】
いま、組織のカギを握るPM。受託事業でアジャイル開発を推進する意義とは/馬場大輔&濁沼貴志
Other users cannot see whether or not you're interested.
3 recommendations
Company info
株式会社タンバリン
  • Founded on 2015/09
  • 70 members
  • Funded more than $300,000 /
  • 東京都千代田区神田小川町3-28-9 三東ビル8F(総合受付)
  • 春、エンジニアになる!実務経験よりも、本気の人を歓迎するタンバリンスクール
    株式会社タンバリン