1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
New grad/entry level
九州のマッチョさんいらっしゃい
on 2020-12-23 400 views

ズバリ言います。必要なのは筋肉とトレーニングの知識。

社会福祉法人 櫟会

社会福祉法人 櫟会 members View more

  • 社会福祉法人櫟会で課長代理をしています。
    介護に興味がある方、施設に興味がある方、お気軽にご連絡下さい🙋‍♂️

  • 山下愛
    Other

  • Yumiko Yamaguchi
    Other engineer

  • くぬぎ苑は、設立されて15年の、
    社会福祉法人「櫟会」の特別養護老人ホームです。

    私たちが重視するのは、
    ・利用者の生活リズム、できることを尊重し、真心こもったケアをすること
    ・共に一日、一分、一秒を大切にできる家にすること
    ・日々、笑顔のふれあいで元気や輝きを作ること
    ・地域住民の方々と、笑顔や暮らしが共有できるような家にすること
    という点です。

    このような考え方を共有することで、
    リビング・オブ・ザ・イヤー2015の「大賞」を受賞しました!
    最も優れた取り組みをしている高齢者住宅として全国から選ばれています!

What we do

くぬぎ苑は、設立されて15年の、
社会福祉法人「櫟会」の特別養護老人ホームです。

私たちが重視するのは、
・利用者の生活リズム、できることを尊重し、真心こもったケアをすること
・共に一日、一分、一秒を大切にできる家にすること
・日々、笑顔のふれあいで元気や輝きを作ること
・地域住民の方々と、笑顔や暮らしが共有できるような家にすること
という点です。

このような考え方を共有することで、
リビング・オブ・ザ・イヤー2015の「大賞」を受賞しました!
最も優れた取り組みをしている高齢者住宅として全国から選ばれています!

Why we do

「0歳児から高齢者までが一緒に暮らせる社会を目指す」
これが私たちの想いです。

高齢者は高齢者、子供は子供といった縦割りではなく
全員が交流し合えることが本来の姿だと考えています。
このような点から介護という仕事は、
社会の一端を担うために必要不可欠なものなのです。

2018年10 月には企業主導型の「くぬぎ保育園」を開園しました。
また、重度障がい者のための施設を開設することも予定しており、

「0歳児から高齢者までが一緒に暮らせる」共生型の社会を
実現させるためにくぬぎ苑は存在しています。

How we do

職員全員が笑顔になることで利用者も笑顔になります。
そして利用者自身の主体性や考え、生活リズムを尊重します。

一律一斉ではなく個人に合わせて行動を共にすることで、
一人一人が120%満足いく介護を私たちはしています。

①データに基づいた介護
私たちは、利用者一律や行き当たりばったりの介護はしません。
「24時間シート」で利用者の行動を日々記録、更新してこれをもとに介護をします。
そのため、
・データに基づいて柔軟に分析し対応する力
・物事を先取り、予測するスキル
を身につけることができるのです!

②ユニットケア
私たちは「ユニットケア」という介護手法をとっており、
利用者約10名と職員約5名のチームで常に動きます。
チームには上司が必ずいるので、わからないことはすぐに相談できる環境があります。
また3ヶ月ごとに全職員にフォローアップが入り、
そこでも疑問や業務上の不安を解消できる仕組みが整っています。

③自分が考える介護
私たちは、利用者も職員もやりたいことを尊重します。
一律の介護ではないため、自分が思いえがく介護をすることができます。

また、私たちは多くの共通の理念を共有しています。
「利用者の価値観・個性を大切にする」
「利用者の生活リズム・できることを尊重する」
「笑顔を引き出せる家族の関係を引き出す」
共通の理念をもとに、それぞれの思う介護をすることで、
利用者の笑顔につながっています。

As a new team member

「筋肉がNOと言ったら、私はYESと答える」
−アーノルド・シュワルツネッガー

「私の心はトレーニングをやめない」
−ロビー・ロビンソン

このような言葉に親しみを感じたそこのあなたへ!
この記事は必見です。

なぜ、あなたの筋肉とトレーニングの知識が必要なのか。
見ていきましょう!

実は私たち、くぬぎ苑という老人ホームです。
筋肉関係ないじゃん!と思っても、
まあ実は深い関わりがあるんですよ!

▶︎臨機応変に対応する力がを活かし、進化させる◀︎

私たちは高齢の利用者に対して、
セラピストとともに運動や生活の面からリハビリのお手伝いをしています。

運動マシンを使ったり、歩行訓練をしたり。
公園に散歩に行ったりもします。

しかし、
利用者全員が同じリハビリや行動をするわけではありません。
人の数だけ、訓練の様々な形があります。

だから、これを支えていくには、
あなたのその豊富な筋肉トレーニングの知識が必要不可欠なのです!

▶︎ゴールを設定して、それに向かって支えていく◀︎

もう一つ、アーノルド・シュワルツネッガーの言葉を。
「一生懸命なだけではダメだ。必要なのは、賢くトレーニングすること」

私たちも似ているところがあります。
ただ訓練をするだけではなく、「目的を持って」
利用者の運動ニーズを引き出します。

例えば、
「自宅に一時帰宅したいから、座位が自分で取れるようにする」
などです。

私たちは、利用者の目線から行動することを、
常に心がけているのです!

いろんな人に適切なトレーニングのアドバイスができるあなたへ。

あなたの筋肉が、
利用者の日常を支えます!

まずはお話でも聞きに来てください!

Highlighted stories

くぬぎ苑主任が語る「介護に対する思い」とは。~vol.3~
くぬぎ苑主任が語る「介護に対する思い」とは。~vol.2~
くぬぎ苑主任が語る「介護に対する思い」とは。~vol.1~
Other users cannot see whether or not you're interested.
21 recommendations
Company info
社会福祉法人 櫟会
  • Founded on 2004/09
  • 〒820-0052 飯塚市相田114-1
  • ズバリ言います。必要なのは筋肉とトレーニングの知識。
    社会福祉法人 櫟会