1
/
5
リードディレクター
Mid-career
on 2020-12-02 3,078 views

広報PRの第1メディアを目指す!企画・編集を担うリードディレクター募集

株式会社PR TIMES

株式会社PR TIMES members View more

  • 求職者・就業者のことを考えるお仕事から、行動者のことを考えるお仕事に。
    株式会社PR TIMESにて、広報PRの方をはじめとする情報を届けたいと行動する皆さま向けの「PR TIMES MAGAZINE」を運営しております。

    =====これまでの職歴=====
    新卒にディップ株式会社に入社し、採用コンサルタント、マネージャー・課長として法人営業を約10年経験。
    「もっとより多くの採用企業様のためになることができないか」と考え、ディップ総合研究所立ち上げの際に異動し、企画、調査・分析に携わり、3年以上。
    間に広報業務を1年経験し、メディアリレーションを主に行っていました。

    そこで感じたの...

  • 1994年5月生まれ。17年に明治大学法学部を卒業後、新卒でPR TIMESに入社。マーケティング本部営業戦略グループで営業などの仕事を経て、18年2月に「PR TIMES TV/LIVE」の責任者となり、19年6月からは新設されたPR TV事業部の部長に。動画サービスの事業成長にフルコミットする。20年11月に営業本部へ異動後、21年1月よりカスタマーリレーションズ本部アクティブサポート担当マネージャー、2021年4月よりカスタマーリレーションズ本部長代行兼カスタマーサポートチームマネージャー。

  • 早稲田大学文学部卒。
    新卒で広告代理店に入社し、広告提案やイベント運営を経験。その後2016年1月にPR TIMESにジョインしました。マーケティング本部 営業戦略グループ(現 営業本部)でセールスをはじめ地域の情報流通活性化に向けたアライアンス促進を経験。現在はカスタマーリレーションズ本部でサポート体制の構築、カスタマーサクセスの推進などを中心に業務の幅を広げ活動しています。

    趣味はふらっと旅行に行くことと60年代の洋楽です。
    香港に小学校~中学校の約6年間住んでいたこともあり、香港はじめ東南アジアが特に好きです。

    子どものころから学校の先生や近所のおじいちゃんなど年齢やバックボー...

  • PR TIMES 人事本部長

    20年11年より人事本部。PR TIMESのミッション「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」の実現に向けて、事業への強いコミットメントと揺るぎないパブリックファーストをひとりひとりが体現する組織づくりを使命としています。

    私たちの組織は現在正社員数が約70名、PR TIMESに関わる全メンバー数はまもなく200名になろうというところです。直近の決算でも開示している通り、事業は膨張状態にありながらも、それに見合う組織の成長が追いついておらず、採用も組織も課題山積です。一方で、会社設立から15年、一貫して少数精鋭の組織を保ち、一人ひとりが裁量をもって自...

What we do

  • 利用企業社数5万社を超え、2025年には15万社を目指す
  • 半期に一度、その時のベストを追求する組織変更を実施

私たちは「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」のミッション実現に向けて、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」のプロダクト開発・事業運営をおこなっています。また、「PR TIMES」を超える事業の実現を目指し、複数の事業を展開しています。

▶ プレスリリース配信サービス「PR TIMES(ピーアールタイムズ)」https://prtimes.jp/
ニュースを民主化し、PRを民主化する。揺るぎない真実は、何を言ったかではなく、何をしたか。行動者が発するポジティブなニュースを届け、前向きに努力する人たちを勇気づけたい。「PR TIMES」は社会的な情報インフラを目指しています。

▶ 広報PRのナレッジを発信するオウンドメディア「PR TIMES MAGAZINE」https://prtimes.jp/magazine/
広報PRには、絶対解がない。 だけどそれは、誰もが「自分らしさ」や「自社らしさ」を大切にしながら一歩一歩前進し、新たな挑戦ができるということ。PR TIMES MAGAZINEは、すべての情報発信者に寄り添い、使えば使うほど“自分のもの”になっていく「教科書」のようなメディアを目指しています。

Why we do

  • 2016年のマザーズ上場後に策定したMission
  • 2022年2月に赤坂インターシティへ本社移転予定

「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」 
PR TIMESは、このミッションを実現するために存在します。
https://prtimes.co.jp/mission/

2016年に発表した2020年度中期経営目標を達成し、持続的成長と利益拡大の両方を実現。2025年に向けて、次なる目標を発表しました。
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3922/ir_material_for_fiscal_ym/98642/00.pdf

- PR TIMESを社会的な情報インフラと呼ぶに相応しい存在にする
- PR TIMESを世界で有数のインターネットサービスにする
- PR TIMESを超える事業を生み出す人材が台頭する組織になる

これら3つの指針に対し、具体的な目標をもって取り組んでいきます。そして、PR(Public Relations)の力とその可能性を信じ、PRを世の中へ広げ、社会へ根付かせていきます。

▶ PRとは(Milestone2025より一部引用)
PRとは、企業がプレスリリースやメディアを通じた情報発信により、自らの何かしらを広く知らせる活動に限りません。企業とそこに所属する個人にとって大切な存在との間でなされる、お互いに有意義な関係を築くためのコミュニケーションを起点としたあらゆるプロセスです。社会の声に耳を傾けて、自らを取り巻く環境や社会における自らの存在を把握し、それらに応えるように行動し、自ら変化した結果を伝えていく絶え間ない実践の積み重ねです。

How we do

  • 経営メンバーは現在4名。早期に6名にし、さらに8名体制を目指しています。
  • 「To Work Great」 PR TIMESで働くすべての人が、楽しく快適に働くために、守っていきたい13のルールを定めています。

▶ 組織について
わたしたちは、少数精鋭の組織です。正社員は65名(2021年2月末時点)、Missionという共通の目標を本気で信じ、ValueとRuleをチームの仲間として体現する。新卒採用・中途採用において、経験やスキル以上に大事にしている点です。組織変更は半年に1度実施し、昇格もあれば降格もある。一人ひとりのキャリアの可能性を信じ、「この会社で過ごしてきて良かった」とみんなが思えるように。経営も、一人ひとりの社員も覚悟をもって、仕事に向いていくチームです。

▶ Valueについて
Valueは、2018年に策定しました。Missionの実現に向けて、Most Valuable Teamであるために全力最善で相互に協力し合うことを、共に約束しています。 https://prtimes.co.jp/mission/
- Act now, Think big
- Open and Flat for breakthrough
- One's commitment, Public first

▶Ruleについて
Valueが憲法だとしたら、Ruleは法律。個々の希望は利益相反することが常であり、無用なトラブルを未然に防ぐのは、組織全体の土台となる価値観に基づく具体的な「行動ルール」です。ルールの徹底に必要なのは「スキル」であり、これは誰でも磨くことができると考えます。
- [Go first]最初の行動起点を、自分にする。
- [Get advice in a gray zone]判断に迷うときは、必ず責任者にエスカレーションする。
- [Never hurt anyone]他社批判をしない。 他全13つのルールです。

▶コーポレートサイト等
社員インタビュー   :https://prtimes.co.jp/interview/culture/
プレスリリース一覧  :https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/112
PR TIMES開発者ブログ :https://developers.prtimes.jp/

As a new team member

PR TIMESが運営するオウンドメディア「PR TIMES MAGAZINE( https://prtimes.jp/magazine/ )」のディレクター 兼 編集長補佐としてご活躍いただける方を募集します。
「PR TIMES MAGAZINE」は、PR TIMESをご利用をいただくお客さまをはじめ、広報PRに携わる皆さまの‟参考になるノウハウ”など新たな気づきとなるコンテンツを提供するメディアです。

▶ 仕事内容
「PR TIMES MAGAZINE」の企画ディレクションおよび編集業務
・記事コンテンツの品質管理(月20本~)
 構成確認、編集業務、スケジュール管理
・新規コンテンツの企画立案
・公式SNSの運用
・チームマネジメント(ご経験に応じて)

▶ 採用背景
現在、編集長の丸花を筆頭に、PR TIMES社員、ディレクター、外部ライターおよそ20名の編集チームですが、9月以降さらに10名以上の参画が決定。組織体制を強化しています。
営業の業務支援という役割も担う重要なメディアだからこそ、真に顧客のロイヤリティを高める事業に育むべく、編集長と共にフルコミットいただける人材を求めています。

▶ 募集ポジションの特長
21年7月に丸花が編集長に着任し、新たな体制で再始動しています。足元の課題を着実に前進させ、PR TIMESの事業基盤を活かしながら、メディアとしての価値を創っていくフェーズです。顧客のロイヤリティを高めるという意味ではカスタマーサクセスであり、サービスブランディングであり、当社が目指す「PRの民主化」の重要な要のひとつでもあります。
ディレクター兼編集長補佐としてスタートしていただきながら、既存の役割にとどまらず、パブリック・リレーションズを日本に浸透させるような活躍を期待します。

▶ 必須スキル・経験
- Webメディアでの編集業務
- Webディレクション業務

▶ 歓迎スキル・経験
- オウンドメディアの運営
- 広報/PR業務、人事/採用業務、マーケティング業務
- 企業SNSの運用業務
- 10名以上のマネジメント業務

▶ 求める人物像
- PR TIMESのミッションやバリュー( https://prtimes.co.jp/mission/)に共感する方
- 慣習にとらわれず、自身で変化点を作りにいける方
- 成果志向の方

▶ PR TIMES MAGAZINEの位置付け
「PR TIMES MAGAZINE」は、広報PRの教科書としてのメディアを目指し、スタートしました。それは、‟ネタがない”‟ノウハウがない”などの理由で、自社らしい広報ができない広報PR担当者の方の課題を解決し、一歩後押しすることで、プレスリリースの情報価値を高めたいという想いから。
そして、PR TIMESのミッション「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」の実現に向け、広報PR担当者の方向けのコンテンツに留まらず、人事・採用、マーケティングの領域も強化していきます。

---

(丸花より)
少しでもご興味がある方は「話を聞きに行きたい」ボタンを押してください。
まずは、カジュアル面談でご経験やご希望、お互いのこれからをお話できたら嬉しいです。

Highlighted stories

インターン生だった私が、PR TIMESの13のルールを見える化するまで #PR TIMESなひとたち
前回受賞者としての自覚をもって一日一日を大切にしてきた半年間。役割を広げる行動の原動力とは #PR TIMESな人たち
Tayoriを誰もが知っているサービスにしたい。「やってみよう」を合言葉に地道な改善を続けた1年間 #PR TIMESなひとたち
Other users cannot see whether or not you're interested.
3 recommendations
Company info
株式会社PR TIMES
  • Founded on 2005/12
  • 65 members
  • Expanding business abroad /
    CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
    Featured on TechCrunch /
  • 東京都港区南青山2-27-25 ​ヒューリック南青山ビル3階
  • 広報PRの第1メディアを目指す!企画・編集を担うリードディレクター募集
    株式会社PR TIMES