1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
HR営業
on 2020-12-30 223 views

冷め切った日本社会を採用から沸騰させる!おダシ屋の助っ人求む

インビジョン株式会社

インビジョン株式会社 members View more

  • 新卒4年目。

    5年前の就活時代、学生ながら理想の企業は、「浮利を追わず、ヒトの繋がりを大事にし、ビジネスでガンガン上を行く」 理想でした。
    そんな時出会ったのがインビジョン。”想いをカタチに”という理念の輪を広げ、目先の利益にとらわれないビジネスで、100年続く会社を目指す。” この空気を肌で感じられたんですよね。
    今ではスタッフも数は当時の倍以上に。チーム超えてハイタッチする瞬間がめっちゃすきです(夏はみんな汗ばんでるし、時々断られるけどめげない。笑)
    仕事力云々以前に人間力もあがる会社だと思いますね。
    個人的に(勝手に)会社の合言葉にしてるのは#働くかっこいい大人か...

  • インビジョンをわかりやすく例えると「ラジオ番組のような会社」かもしれません。

    ラジオ番組のような会社ってどういうことかと言うと…
    あくまでも個人的なイメージですが、ラジオ番組って
    「相当コアなファンがリスナーになっている」
    「形式的な情報発信ではなく、自然体でリスナーとの距離が近い」
    そんな会社でありたいし、そうなりたいと思ってこの言葉を使っています。

    インビジョンは万人うけする会社ではなく
    熱狂的ファンがいる会社でいたいと思っています。

    そんな熱狂的なファンをつくるためにはあなたの持っている力が必要です。
    ぜひ私たちと「想いをカタチに」す...

  • インビジョンが目指すもの「働くカッコイイ大人を増やす」
    このビジョンが達成できたらどんな世界になるだろう?

    ある調査によると、やりたい事とやりたくない事の生産性の差は756倍もあるらしい。それなのに、日本で仕事を楽しいと感じている大人は、わずか15%程度しかいない。
    つまり、働く大人の約8割、4000万人は仕事を楽しんでいないことになる。
    もし、この人達全員がやりたい仕事に就き、仕事を楽しめるようになったら…
    GDP比で今の5倍、日本は豊かになるかもしれない。

    そんな未来を目指して、自分自身も楽しみながら仕事していこう。

  • インビジョンが掲げる「想いをカタチにする」という理念。 想いの架け橋となり、志の高い雇用を生み出す。そんな情熱的なつながりを作っていくことで社会貢献をしていきたいというもの。物静かな自分では一歩引いてしまうくらいに他社にはないアツイ会社。 自分が想ってること、やっていきたいことを初めて全部ぶちまけられた会社。 フルスロットルで止まらない自分の話を会社の代表である社長が嫌な顔せず、全部受け止めてくれたこと。 嘘偽りのない「想いをカタチにする」という想いの強さが大好きです。 僕は、「関わる人たちに幸せを振りまける人間でありたい」です。

What we do

  • 代表の吉田です。ONもOFFもアソビゴコロを忘れない。
  • 社員数は50名。うち30%がリモートワーク。

invisionは、企業や地域のおダシ屋です。

おダシ、それは自然と出てしまう魅力。
いいおダシが出てはじめて、顔が見える。
いいおダシが出てはじめて、人が集まる。
あなたの行き場のない熱意こそ、おダシを出す火種。
その火をあおいで、アク取って、いいダシ出すのが私たち。

***インビジョンの提供価値***

《ダシ活メソッド》
HRテックや仕組み化で無駄な時間やコストを引き算(=アク取り)し、その企業・地域ならではのおダシ溢れるコンテンツの中身を強化する「ダシ活メソッド」で、ついつい人が集まってくる唯一無二のおダシの完成に伴走します。採用成功というより、志の実現が目的。

***主軸事業は2つ***

■採用マーケティング事業

お金をかけて求人広告を掲載すれば人が集まるのが当たり前だった10年前までと変わり、インターネットの普及とともに個々の価値観重視になっていくこのご時世。
採用マーケティングとは、従来のやり方(=アク)に縛られず、本当に出会いたかった企業と求職者が出会うためにおダシ溢れる仕掛けをつくることだと考えています。すなわち、「両想い採用のキューピット」なんてね。

【取り扱っているサービス】
①お客さんにノウハウを届ける
・自社開発のHRテック「HRハッカー」
・求人情報検索エンジン「Indeed」
・求人広告「全国100種類以上」
・採用ツール「採用パンフレット」「採用ページ」「企業ページ」「動画」etc.
・WEBマーケティング「WEB広告」「SNS広告・運用」「インフルエンサー」「動画」
・オフライン施策「イベント企画立案」
・プレスリリース配信

②世の中に採用のノウハウを届ける
・世の中の人事・経営者のお悩み解決情報発信メディア「採用ハック」
・その他、世の中の変化に合わせて随時アップデートしています。

■地方創生事業

Uターン・Iターンなど地方での働き方が注目されるなかで、魅力発信の仕方に悩む地方の方が多くいます。
その多くが、自分が住む地域を盛り上げたいという熱い気持ちがありながら、既存のやり方や決まりから抜け出せず、新しい挑戦ができずくすぶっている人たち。
インビジョンは地方自治体や地方の有力メディア企業を巻き込み、機能していないアクを取り除き、地方のおダシを発信するメディア運営やプロモーション企画を行っています。目指すは、雇用促進で天下統一!

Why we do

  • 畑とか海に行って対談したり。商談場所は全国。
  • マネージャー合宿はキャンプ場だったり。最近はオフィスもキャンプ化してます。

《インビジョンの志》
『働く幸せを感じる、かっこいい大人を増やす』
invisionは、「働くって面白い!」と感じる大人あふれる未来を目指し、行動する人の集まり。「ちゃんとしなさい」ばかりで塗り固められてしまった大人の「今」と、それで育ってしまう子どもの「未来」をもっと明るく照らしたくて、毎日もがきながらおダシ出してます。

How we do

  • 習字だけでイベントでちゃったり
  • みんなでアイス食べたり

《おダシ十ヶ条》
1.ミッションに沸騰せよ
2.他責というアクを取れ
3.仕事そのもので味を出せ
4.ほっこりする、おまけ付けろ
5.今の味に満足するな、挑戦せよ
6.失敗は成功の合わせダシ
7.大事なことは直火で話せ
8.旨いダシは当然分け合え
9.たまには火を止めてみろ
10.己のおダシを探求せよ

すみません、ここでは補足説明するなと言われています。笑
ピンと来た方、ご応募お待ちしてます!
(気になる方はインビジョンHPへGO!)

As a new team member

「冷め切った 日本社会に 沸騰屋 おダシ出すため いざ出陣」

スーツより法被を着ることが増えました、シミです。
この前法被で新幹線に乗ってたら変な目で見られました。でもいいんです。営業ではなく「沸騰」させるのが仕事なので。

【義憤の学生時代】
小学生の時から足が速く、中学は陸上部に入部。熱量高く入部したものの、先輩も顧問もやる気がなくなんとも緩い雰囲気。強豪でもない中学だったので、仕方ないとも感じていました。

ただ同期に実力のあるメンバーも数名いて「自分の代でなんとかなる」と思ったんです。時が経ち、先輩たちが引退して僕が部長を任されました。

そのタイミングで顧問も変わり。その先生は「全国目指すぞ」と熱意があり、「お!これは今までと違う部活になるぞ」と期待を持つことができました。
それだけに、やる気のない部員たちのことが気になりました。努力している同期もいて、力のある後輩も入ってきた状況。にも関わらず上級生の僕らの代がやる気がなく、「とりあえず入部」で練習もやらないなんて許せず。

そこで僕は、やる気のない部員を退部させるという判断をした。「やる気がないなら辞めてもらって構わない」と伝え、30人ほどの部員のうち20人くらいが辞めました。もう少し大人な方法もあったなとも思いますが...
周りに流され、こんなもんでいいか、というのが耐えられない人間なんだと気付いた瞬間でした。高校大学でも陸上を続けるのですが、ずっと同じ理由でキレてましたね(笑)

【誠吾さんとの出会い】
就活時、内定をもらうために大人たちに合わせることに違和感を持っていました。会社側も同じような話ばかり。一般的なレールの上で就活をするのが嫌だったんです。

そんな時Wantedlyでインビジョンと出会い。
当初は運命的な会社に出会ったとか、熱い気持ちは持ってなくて。WEBでの面談を経てオフィスに遊びに行くことになり、そこでの誠吾さんの話が今まで他社で聞いてきた話とは全く違ったんです。

初めて会う若造に、かっこいい大人とは?や社会に対する義憤を本音で語る誠吾さん。なるほど、そうだよなって共感できたんです。

結局2時間くらい話し、「清水くんのスタンスとかマインドもわかったけど、まだ甘い部分があるからうちでインターンすれば?」と。「じゃ、やります」と伝えてインターンが始まりました。

インターンでは目標を持ってどういう風に進めていくかを考えることが多く、やらされている感がなくて楽しかったですね。インターンだからここまでとかではなく、チームで動く。仕事って楽しいんだと感じられました。

【何ひとつ無駄ではなかったと感じた入社後】
数ヶ月後、内定をもらい営業に配属になりました。ついに世の中を変える時がきたと。働くかっこいい大人になる準備は万端でした。

入社3ヶ月後、会社の目標に対する戦略を考える合宿が開催されました。参加は立候補制。「3年後のインビジョンでどんなバリューを発揮するか?」というテーマのプレゼンに合格するのが参加条件でした。
新卒だろうと、3年後について考えてないはずがない。真っ先に立候補しました。
プレゼンの中で、もし今、誠吾さんが死んだら…みたいな話をしたんです。今は誠吾さんがいるから会社の方向性も定まっていくし事業も動くけど、明日もし誠吾さんが…ってなった時に、どうにかなる気がしなくて。僕自身もインビジョンを体現できるようなメンバーでありたいし、そういう責任を感じながら働いています、という想いを伝えました。

結果合宿に参加でき、僕がインバウンドチームの責任者を任されて。
一人でお客さんの経営会議に乗り込むこともありました。

色々なやり取りを進める中で、そのお客さんが全社的にインビジョンへの期待値が高まっているのを知って。だったら僕が直接、現状の課題や今後やるべきことを直接お伝えできませんか?という話をして、翌月の経営会議でプレゼンし受注。
その結果、初めてチーム目標達成できました。

学生時代に培った度胸がいい方向に活きたなと感じた瞬間。
どんな経験も、意味があったんだなと思うことができたんです。

【組織を成長させる、働くかっこいい大人に】
今後、インビジョンの世界観をより広く知ってもらうには、まず社内にその世界観を浸透させないとと思っています。僕が動くことで影響を与え、メンバーたちを鼓舞していかなきゃいけないポジションだと。
昔から、自分だけが成長できればいいとかではなく、周りも気になってしまうというか。自分だけが結果を出すとか、そういうことにはあまり興味がないんです。組織の中に元気がないメンバーがいたら気になっちゃいますしね。

僕自身が働くかっこいい大人になる。
僕がそういう存在にならなければと思いながら、日々働いてます。

Highlighted stories

「想いをカタチに」という”理念”の体現
インビジョン 出会いの初めは 世界旅 染み渡ってゆく 人の繋がり
どんな人にもある”生い立ち”という「極ダシ(キワダシ)」
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
インビジョン株式会社
  • Founded on 2008/07
  • 50 members
  • 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1丁目3−7 VORT代官山3階
  • 冷め切った日本社会を採用から沸騰させる!おダシ屋の助っ人求む
    インビジョン株式会社