1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
くまもと災害支援スタッフ
on 2020-07-10 170 views

熊本豪雨緊急支援:避難所で子どもの居場所と遊び場を提供する災害支援スタッフ

認定NPO法人カタリバ

認定NPO法人カタリバ members View more

  • NPOカタリバの採用担当です。

    1983年名古屋市生まれ。南山大学外国語学部卒。
    新卒で大日本印刷株式会社に入社し、法人営業、事業開発に携わる。
    社内でキャリア研修などを企画・実施したことをきっかけに若者へのキャリア教育の必要性を実感、2013年カタリバに転職。
    広報・ファンドレイジング部責任者を経て2017年に採用部署を立ち上げ、職員・インターンの募集や採用を担当。
    JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。

    趣味はライブ参戦。地下のライブハウスによく出没します。

What we do

  • 課題先進地から未来の教育の当たり前をつくる、“雲南市高校魅力化プロジェクト”。高校のカリキュラム設計やプロジェクト型学習の授業開発や実施などに取り組んでいます。
  • 被災地の放課後学校”コラボ・スクール”

====================
本募集は、熊本県内にお住まいで、
且つ人吉市にある活動拠点まで自力で通勤可能な方を対象としております。
新型コロナウイルス感染症の流行下での災害支援であるため、
ご理解の程、よろしくお願いいたします。
もしお知り合いの方で熊本県内にお住まいの方がおられましたら、
是非ともご共有いただけますと幸いです。
====================

私たち「認定NPO法人カタリバ」は、学校・放課後・地域・行政など、10代を取り巻く様々な環境に、新しい手法で働きかける団体です。開発したサービスを組み合わせてプロジェクトを立ち上げ、教育プログラム提供、居場所施設の運営、高校や行政へのハンズオン支援など様々な手法で、10代の可能性を広げる活動に全国で取り組んでいます。

 ・ ・ ・

<カタリバの理念>
どのような環境に生まれ育っても未来をつくりだす力を育むことができる社会を目指し、すべての10代が意欲と創造性を手にできる未来を実現しようと活動しています。
私たちの使命は、「意欲と創造性をすべての10代へ」。
そして私たちが実現したいのは、「どんな環境に生まれ育っても、未来をつくり出す力を育むことができる社会」です。

 ・ ・ ・

<カタリバの事業>
● キャリア学習/探究学習プログラム提供
● 被災地や困難を抱えた子どもへの居場所提供・学習支援
● 高校や行政と協働した教育魅力化コーディネート など

 ・ ・ ・

<カタリバの強み>
●少し年上の先輩と本音で対話することで10代のココロに火を灯す「ナナメの関係という共成長モデル」
●複雑で繊細な世代特性を踏まえた「10代に伴走する技術と仕組み」
●成長を問い続け、組織もまたその成長と個人の働きがいを支える「個人の進化を支える強い組織文化」

Why we do

  • 2019年の台風19号の際、長野県長野市の避難所でカタリバが開設した遊び場

7月4日の集中豪雨で甚大な被害が発生した熊本県の球磨川流域。NPOカタリバでは7月6日からスタッフが現地の避難所等で被災実態や支援ニーズの調査を開始しました。

「自宅は被災しているが、子どもを一人で避難所に残すわけにも行かず、家の片付けに連れて行くわけにもいかず、困っている」
「子どもも被災した自宅に行きたいと言っているが、一緒に泥かきに行くより、遊ばせてやってほしい」
「子どもの制服も流された。そういったことを誰に連絡すればいいかも分からないし、親として何をしたらいいかも分からない・・」

このような声や実態調査の結果から、過去にカタリバが支援活動に入った被災地の状況と同等もしくはそれ以上の状況が起きていると判断。被災者数が最大規模の避難所をベースに関係各所と協議を行い、子どもの居場所と遊び場支援「カタリバパーク」を開始することを決定しました。

そこで、熊本県内に在住の方を対象に、現場を一緒に運営していただけるスタッフを募集します。まず1か月程度、子ども支援を通して被災家庭の支援にご協力いただける方をお待ちしています。

How we do

———————————————
【みんなの遊び場 カタリバパーク@人吉スポーツパレス】
◯開催場所
人吉スポーツパレス(被災者約700人が避難中)
◯支援内容
子どもたちが遊べる居場所と見守る人員の提供を通じた、人命救助や自宅の復旧作業などをする被災家族の支援
◯スタッフ体制(予定)
・現場(熊本県内スタッフを中心に運営)
  運営スタッフ:常時1~2名
  保育スタッフ:常時2~3名
  ボランティア:熊本県内で募集、人吉高校の高校生ボランティア
・バックオフィス:東京本部の職員数名で臨時チーム組成
———————————————

 ・ ・ ・

●災害時子ども支援アライアンス「sonaeru」について
https://www.katariba.or.jp/activity/project/sonaeru/
● 事業一覧はこちらをご覧ください
https://www.katariba.or.jp/activity/
● カタリバの採用への想いや社風、職員インタビューはこちらをご覧ください
https://www.katariba.or.jp/recruit/

 ・ ・ ・

As a new team member

熊本豪雨の避難所での緊急子ども支援「カタリバパーク」の運営に関する業務をご担当いただきます。
①運営スタッフ
・ボランティアコーディネート
・避難所や行政の担当者と折衝
・保護者対応、支援のお申し出やお問い合わせへの対応 など
②保育スタッフ
・パーク内での子どもの保育
・ボランティアへの活動内容の指示 など

<求める人物像>
☑ 子どもたちや被災家庭の緊急支援のために、ご経験を活かして貢献したい方
☑ 変化の激しい状況に、臨機応変に対応できる方
☑ ストレスのかかる状況でも、セルフコントロールできる方

<稼働時間の目安>
1日6~8時間勤務、週3日以上(応相談)

<稼働期間>
まず1か月を予定しています。現地の状況によって、延長についてご相談させてください。

<応募資格>
①運営スタッフ
・社会人経験3年以上
・基本的なビジネススキル
・Word、Excel、Power Pointをビジネスレベルで使用できること
・熊本県内にお住まいで、活動拠点まで自力で通勤が可能であること
②保育スタッフ
・保育士、幼稚園教諭、小学校教員、学童指導員など、保育・教育現場でのご経験
・熊本県内にお住まいで、活動拠点まで自力で通勤が可能であること

<募集人数>
①運営スタッフ 2名
②保育スタッフ 3名

Highlighted stories

「青春は、密である。」コロナに負けないユースセンターの取組みと挑戦。
どんな環境にいる子どもたちにも届けたい、オンラインの居場所サービス「カタリバオンライン」
「学びたい」と願う子どもに機会を創ることができる大人でありたい
Other users cannot see whether or not you're interested.
4 recommendations
Company info
認定NPO法人カタリバ
  • Founded on 2001/11
  • 120 members
  • Funded more than $1,000,000 /
  • 熊本県人吉市下城本町1566-1 人吉スポーツパレス(避難所)内
  • 熊本豪雨緊急支援:避難所で子どもの居場所と遊び場を提供する災害支援スタッフ
    認定NPO法人カタリバ