Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
Mid-career
学校支援・教育コーディネーター
on 2019-11-14 529 views

福島の復興を牽引するイノベーターを育てる 学校支援・教育コーディネーター

認定NPO法人カタリバ

認定NPO法人カタリバ members View more

  • はじめまして。コラボ・スクール大槌臨学舎の横山和毅です!
    新卒でNPOカタリバへ入社後、2016年4月から大槌臨学舎へ転勤し、現在に至ります。
    子どもたちや保護者、地域の方々と触れ合う中で「震災から5年目の課題」を学び取りながら刺激的な毎日を過ごしています。
    一緒に仕事をできるのを楽しみにしています!

  • 広島生まれ山口育ち。
    現在は福島県いわき市と東京の二拠点生活。
    居住地は、順調に北上中。

    地方で育った背景もあり、学生時代から
    地域の魅力や課題を教育に繋げる取り組みに関心を持っていました。
    2018年4月に、5年間の東京での社会人生活に別れを告げ、カタリバに転職。
    福島にやってきました。

    趣味は旅行と電車。
    特にローカル電車と海外の電車に乗ると、かなりテンションが上がります。

    #田舎育ち #理系 #細胞膜 #元DM営業 #元広告プランナー
    #食いしんぼう #お酒好き #広島お好み焼き #散歩好き

  • 佐々木 啓治

  • NPOカタリバの採用担当です。

    1983年名古屋市生まれ。南山大学外国語学部卒。
    新卒で大日本印刷株式会社に入社し、法人営業、事業開発に携わる。
    社内でキャリア研修などを企画・実施したことをきっかけに若者へのキャリア教育の必要性を実感、2013年カタリバに転職。
    広報・ファンドレイジング部責任者を経て2017年に採用部署を立ち上げ、職員・インターンの募集・採用を担当。
    JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。

    趣味はライブ参戦。地下のライブハウスによく出没します。

What we do

  • 課題先進地から未来の教育の当たり前をつくる、“雲南市高校魅力化プロジェクト”。高校のカリキュラム設計やプロジェクト型学習の授業開発や実施などに取り組んでいます。
  • 被災地の放課後学校”コラボ・スクール”

私たちは、信じています。

繊細で多感な思春期に、多様な人と出会い・語り・悩み・学ぶこと。
「こんな風になりたい」という憧れを見つけること。
そのすべてが、未来をつくりだす意欲と創造性になることを。

しかし、社会の分断が進み、生まれ育った環境や受けた教育によって、「きっかけ格差」が広がっています。

たくさんのものを失った被災地の子も、貧しい家庭環境の中で夢を諦めた子も、日々ただボンヤリと過ごす子も。
どんな環境に生まれ育っても、未来をつくりだす意欲と創造性を育めるように。

NPOカタリバは以下の4つのテーマを掲げてサービスを開発しながら、学校に多様な出会いと学びの機会を届け、社会に10代の居場所と出番をつくることを目指した教育活動に、全国で取り組んでいます。

具体的には、高校生との対話型のキャリア学習プログラム出張授業「カタリ場」、東日本大震災の被災地の放課後学校「コラボ・スクール」、高校の探究学習のサポートや学校と地域を繋いだ学習をコーディネートする「雲南市高校魅力化プロジェクト」「ふたば未来学園高校支援」などの活動を展開しています。

■4つの活動テーマ

1.DISCOVER -10代の日常を探究に-

やりたいこと・知りたいことに溢れた毎日を、10代が過ごせるように。
自分が探究したいテーマとの出会いやヒントとなるきっかけを、学校・放課後・地域に仕掛けるサービスを開発しています。

2.RESILIENCE -逆境から未来をつくる-

心の安心安全基地が、前に進むための土台となる。
家庭環境など何らかの課題や事情を抱える10代に、心の安心を届けるための居場所づくりやプログラムなどのサービスを開発しています。

3.GLOCAL -未来の学力をいなかから-

田舎で生まれ育つからこそ、意欲と創造性を育むチャンスがある。
田舎ならではの豊かな人間関係や文化や美しい自然を、教育資源として活かしながら、世界とつながる新しい教育環境をつくろうと、地域オリジナルの教育サービスを開発しています。

4.POST TRAUMATIC GROWTH -災害の悲しみを強さへ-

災害によって夢を諦める子どもたちを生まないために。
起こった場所・災害の規模や状況によって、必要な支援のあり方と期間を、教育行政や学校と協議を行いながら決定し、リソースを集めて被災地の教育支援活動に取り組みます。

Why we do

  • 困難な環境を抱える生徒たちに居場所をつくることで、心の安全基地を届ける“アダチベース”
  • 自ら未来を切り拓く力を育む探究学習を、ともに創る“ふたば未来学園高校支援”。探究学習の授業サポートと、学内での放課後の居場所支援を行っています。

私たちは、自分にラベルを貼り、自信が持てず、意欲を持てずに毎日を過ごす10代にたくさん出会ってきました。

彼らは、ほんの些細な「きっかけ」で前向きになり、努力できる自分に変化できる、可能性に満ちた存在です。
多様な人と出会い、語り、悩み、学ぶ機会さえあれば。「こんな風になりたい」という憧れを見つけることさえできれば。
誰もが未来をつくりだす意欲と創造性を持つことができるはずです。

しかし、その「きっかけ」に出会えずに過ごす10代がたくさんいます。
たまたま出会った環境や受けられた教育に左右されずに、どうすれば、すべての10代が意欲と創造性を育むことができるでしょうか?

■私たちが捉える社会背景

1.すべての子どもたちに未来をつくりだす意欲と創造性が必要

予測不能な変化が起きる時代を100歳まで生きるかもしれない、今の子どもたち。
テクノロジーが急速に進歩する中、10~20年後に今はない新しい職業に就く人の割合は65%とも言われています。
自ら人生を切り拓き、豊かに生きていくためには、生涯学び続ける「意欲」と変化の激しい時代を楽しみチャンスに変える「創造性」が必要です。

2.自己肯定感が低く意欲を持てない10代

しかし、日本の10代は自己肯定感が低く自信がなく、意欲を持てていないと言われています。
2人に1人は「自分は価値のある人間だ」と思えない。
3人に2人は「自分ががんばっても、社会を変えることはできない」と思っている。
これが日本の高校生の現状です。

どんなに何もやる気がでないと言っていた子も、自分が嫌いだと言っていた子も、自分の持つ可能性のイメージが変われば、身の回りの出来事の捉え方が変わり、日常の機会をチャンスに意欲と創造性を伸ばしていくことができます。
心に火を灯す「きっかけ」さえあれば・・・

3.「きっかけ格差」が広がる日本社会

教育機会が平等に行き届いていると言われる日本ですが、生まれ育った環境や受けた教育によって、意欲と創造性を育む「きっかけ格差」は広がっていると感じています。
その背景には、地域特性や家庭環境、災害など、様々な事情があります。

例えば家庭の収入によって学習にかけられる費用には大きな差がある一方で、日本の子どもの貧困率は先進国でも高く、7人に1人が貧困状態にあります。

4.10代を育むことを親と学校だけが背負う限界

身体の発達と心の発達にギャップが起こり、アンバランスになる思春期世代。
ヨコの関係にある友だちとは自他ともにラベリングしあい、傷つきやすく、タテの関係にある親や教員に対しては、依存心と自立心の間で揺れ動き、重要なことは話さない。
そんな複雑な思春期世代を支えるにも、家庭は共働き夫婦やひとり親家庭が増え忙しく、学校教育に求められることは増える一方で教員の負担も増すばかり…。

10代の意欲と創造性を育むことを、親と学校だけが背負うことは、限界が訪れています。

10代の意欲と創造性を育むことを、自己責任論で片付けず、親と学校に丸投げしない。
きっかけ格差を超えて、社会全体で育む新しい当たり前が必要です。

■NPOカタリバ設立のきっかけ

NPOカタリバ設立のきっかけは、代表の今村久美が大学生の時に高校時代の友人たちの言葉にショックを受けたことに始まります。
岐阜県・飛騨高山で高校時代までを過ごした今村は、「自分もこんな大学生になりたい!」と強く思える先輩に出会ったことがきっかけで、受験に向き合い志望校に合格。東京での自由で憧れの先輩たちに囲まれた大学生活を心から楽しんでいました。

しかし、成人式で帰省した時に久しぶりに会った友人たちは「大学なんてつまらない」「刺激がない」「毎日がヒマ」と口を揃えて言います。
「私と友人たちとは、一体何が違ってしまったのだろうか…?」そう思い悩むことになった彼女が至ったのは、「同じバックグラウンドを持っていても、たまたま出会う家庭環境や教育機会によって、価値観が違ってしまう」という考えでした。

「こんな大人になりたい」という憧れや目標を持てるか否かで、描き出せる未来のイメージさえも違ってしまう・・・どうすれば、機会や環境の差を解消できるのか?
その答えの1つとして、三箇山優花とともに2001年にNPOカタリバを設立。高校への出張授業カタリ場プログラムをスタートしました。

How we do

  • 東京・高円寺のNPOカタリバ本部。ボランティア・インターンも多数活動に参画し、10代との”ナナメの関係”を築いています。
  • 島根県雲南市の“おんせんキャンパス”での全社会議の風景。年に1度全職員が集まり、カタリバの提供価値や今後の事業に関して意見を交わします。

NPOカタリバは、学校・放課後・地域・行政など、10代を取り巻く様々な環境に、新しい手法で働きかける団体です。
4つのテーマを軸に開発されたサービスを組み合わせてプロジェクトを立ち上げ、教育プログラム提供、居場所施設の運営、高校や行政へのハンズオン支援など様々な手法で、10代の可能性を広げる活動に全国で取り組んでいます。

高校生の探究心に火を灯す“出張授業カタリ場”
https://www.katariba.or.jp/activity/project/katariba/

課題先進地から未来の教育の当たり前をつくる、“雲南市高校魅力化プロジェクト”
https://www.katariba.or.jp/activity/project/unnan_school/

自ら未来を切り拓く力を育む探究学習を、ともに創る“ふたば未来学園高校支援”
https://www.katariba.or.jp/activity/project/futaba_school/

東日本大震災の被災地の放課後学校“コラボ・スクール”
https://www.katariba.or.jp/activity/project/onagawa/
https://www.katariba.or.jp/activity/project/otsuchi/

その他事業一覧は、こちらをご覧ください。
https://www.katariba.or.jp/activity/

★カタリバの採用への想いや社風、働いているメンバーのインタビューはこちらをご覧ください!
https://www.katariba.or.jp/recruit/

As a new team member

■募集の背景

東日本大震災により、福島県双葉郡の子どもたちの多くが県外に避難しました。震災から4年が経った2015年、福島の復興のため、そして故郷に戻って学びたいと願う子どもたちのために、福島県立ふたば未来学園高校が設立されました。NPOカタリバは未来のイノベーターを輩出するため、ふたば未来学園で探究的な学びのサポートと「コラボ・スクール双葉みらいラボ」での居場所提供を行っています。

自分のふるさとで、自分の夢・未来を描いていこうとしている生徒がいます。答えのない難しい地域にいるからこそ、身につけられる力があります。一方、震災・原発事故の影響で、喪失感から抜け出せない生徒もいます。震災から8年を迎えた今。コラボ・スクール双葉みらいラボは、多様な生徒たちに創造的な学習機会を届け、大きな課題に真正面から向き合い乗り越える力を育みます。イノベーティブな取り組みに挑戦する仲間を募集しています。ぜひご応募ください!

活動の詳細に関してはこちらをご覧ください
 ふたば未来学園高校支援
 https://www.katariba.or.jp/activity/project/futaba_school/
 双葉みらいラボ
 https://www.katariba.or.jp/activity/project/futaba/

■仕事内容

1)高校内外のプロジェクト型学習の実施および授業サポート
ふたば未来学園が目玉カリキュラムとする「探究学習」の授業サポートを行います。先生方と協働し、「防災」「メディア」「福祉」など計6つある探究学習コースの授業サポートを行い、生徒たちの主体的な学びを応援します。

2)高校内の放課後の居場所運営
在校生の半数は親元を離れ、寮生活を送っています。生徒たちが自由に過ごせる環境づくりの一環として、放課後の居場所を用意。学習支援・進路支援・メンタリングを行います。また、大学生ボランティアの募集・育成・コーディネートも担います。

3)学校コーディネート業務
大学と連携しての自習室運営、県外企業との連携プログラム、地域の協議会への参加など、学校での学びを町づくりにつなげるコーディネートをします。

【将来的に担っていただきたい業務】
●拠点・事業運営責任者
●新規事業の企画開発

■仕事のやりがい
私たちは福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校に駐在し、活動しています。
2015年の開校以来、「総合的な探究の時間」において、原子力災害からの復興をテーマに「未来創造探究」に取り組んでいます。私たちコーディネーターは、カリキュラムや、日々の授業設計などを、先生ではない立場でありながら、先生方と作っていくという役割を担っています。次の時代の当たり前を、明確な答えのない中で先生方や地域の方々と協働しながら生み出していることは、私たちのやりがいの一つでもあります。
また、ふたば未来学園で培ってきた知見を、他の高校も含め、地域全体に広げていくことにも挑戦していこうとしています。

■スタッフの一日
ふたば未来学園の校舎内にある「地域協働スペース双葉みらいラボ」が私たちの活動拠点です。スタッフは基本的に、この場所で打ち合わせや事務作業を行います。また、先生方との打ち合わせは、職員室などで行います。

「地域協働スペース双葉みらいラボ」は、放課後にはふたば未来学園に通う全生徒を対象に「コラボ・スクール双葉みらいラボ」(以下、みらいラボ)として、オープンします。みらいラボでは、大学生をはじめとしたユースワーカーたちが、生徒の進路や日常の悩みの相談に応じたり、未来創造探究の内容をより深めるために利用する生徒の支援に当たったりしています。

1日のスケジュールは、未来創造探究の授業やイベントがある場合などは大きく異なり、毎日変動的ですが、一例をご紹介します。

●ある日のスタッフの1日
11:30 出勤ののち、朝礼・掃除
12:00 お昼
13:00 未来創造探究の事前確認ミーティング
13:55 未来創造探究(授業)
15:45 みらいラボオープン
16:00 先生方と次回の未来創造探究の授業について打ち合わせ
17:30 未来創造探究について相談に訪れた生徒への対応
18:30 資料作成などの事務作業
20:30 終礼ののち、退勤

■求める人物像

・東北で、新しい教育モデルを開発したい方
・学校・地域・大学・企業の連携をコーディネートすることに興味がある方
・ビジネススキルをNPOで生かしたい方
・福島県の復興に意欲のある方

■求めるスキル・経験

・「営業」や「広報」や「研修企画」などの実務経験がある方
・社会人経験1年以上

Highlighted posts

「学びたい」と願う子どもに機会を創ることができる大人でありたい
カタリバの活動が高校生の家庭科用教科書に!
Other users cannot see whether or not you're interested.
6 recommendations
Company info
認定NPO法人カタリバ
  • Founded on 2001/11
  • 120 members
  • Funded more than $1,000,000 /
  • オンラインまたは東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ
  • 福島の復興を牽引するイノベーターを育てる 学校支援・教育コーディネーター
    認定NPO法人カタリバ