Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
Mid-career
事業開発
on 2019-11-22 766 views

製造業の課題をデータを駆使して解決。営業部門の立ち上げ幹部候補者を募集

株式会社KOSKA

株式会社KOSKA members View more

  • 一橋大学在学中に単身でシリコンバレーに渡り、Tranceの専属エンジニアとしてアプケーションをリリース。帰国後は一橋大学博士課程に進学し日本原価計算研究学会とIVIに所属し、武州様、丸和電子様の現場に通いつめ実証実験を2年間行い、GenKanのα版を作成。実験、勉学に励む傍、国内スタートアップ複数社(WOTA、Hokan)のメインエンジニアとして開発経験を積み、CTO大森と共に国内主要ハッカソンでは優秀賞を総なめした。

  • 東京大学大学院在学中に、ナビタスビジョンソリューションズ(株)にてエンジニア契約を締結し検査機器ソフトの高速化を担当し、検査アルゴリズムを数十倍高速にさせ、事業成長に大きく貢献した。また、日本機械学会関東学生会にて「ニューラルネットワークを用いた動的システムの同定」の研究においてBest Presentation Awardを受賞した。

  • 一橋大学在学中に日本原価計算研究学会から論文投稿自動化アプリケーション作成案件を受注し、現役学生としては初の開発から運用までの請負関係を締結する。その後、(株)YOKOITOのCRMシステムの開発運用やプロジェクトの進行管理、新会社の立ち上げ業務に携わる。また、(株)YOKOITOは当時イグジットのデューデリジェンス最中であったため、エンジニアチームとしてバリエーション算定に貢献した。

  • 米ジョンズ・ホプキンス大学ポール・H・ニッツェ高等国際関係大学院 卒業後、新卒で来日。日系通信キャリアの法人営業部門で日系製造業企業のグローバル事業を3年間担当。その後、外資系通信キャリア日本法人の創業メンバーとしてジョインし、営業チームの立ち上げ、及び顧客基盤の構築を実現した。

What we do

私たち株式会社KOSKAは、「製造業の原価管理を自動化する」の使命のもと、
「GenKan」β版を2019年2月にリリースしたITスタートアップです。

【主な事業内容】
■製造現場の実態を金額で見える化する「GenKan」
GenKanは、原価計算で手間のかかる実績データの取得、実際原価計算と分析を自動で行うサービスです。
これまでの原価計算はデータの粒度が粗く、正確な値を得るために手入力を現場に強いる状況が多くありました。

GenKanではデータを集めて原価情報を可視化し、経営者や生産管理者などが製造工程の原価分析や改善活動をかんたんに行えるようにします。データは、既存の生産・製造設備にセンサーやカメラを外付けする、あるいは既存のIoT機器で取得できるものを利用します。

武州工業株式会社様、三幸電機株式会社様など複数の企業での運用の結果、原価管理の自動化による正確な利益管理、および生産効率向上などの効果が実証されました。

【ユニークな特徵】
単なる工場の自動化やIoTの導入ではなく、現場や経営の課題にアプローチし、解決を目指す点が私たちの特徴です。

【これからの展望やビジョン】
数年後には、中国やアメリカなど製造業の強い国を中心に海外展開を視野に入れています。中小の製造業に対して私たちのサービスを提供することで経営改善や経費削減などに貢献し、企業の成長を支援していきます。

Why we do

  • スマートファクトリーJapan(2019年6月)のKOSKA講演

■日本の製造業の生産性や競争力を高める
製造業界は日本を支える基幹産業です。地道な「勘・根性・経験」に即した仕事の進め方で、世界市場を勝ち続けていました。近年はIoTやAI、ビッグデータなどのIT技術を取り入れ、生産性向上を目指しています。しかし、高額なデバイスやシステムで膨大なデータを収集するようになったものの、現場の改善にデータを活かす方法がまだ確立されていません。製造業で最大の課題となっています。

そこで、現場で長く使われている原価管理の手法とテクノロジーを融合したワンストップ・ソリューションをGenKanが提供します。

これまでの原価計算の仕組みは、営業費用など間接コストを管理するものが多く、製造現場を見ているものは多くありませんでした。

GenKanは「製造業の実態を金額で見える化」することで、製造業の生産性や競争力を高めることを目標に、日本の経済界を支える大小のモノづくり企業の変革をお手伝いすることを目指しています。

■創業のきっかけ
当社代表・曽根健一朗は一橋大学で管理会計の博士過程に在籍中、製造業産業協会から声を掛けられ、研究だけではなく現場へ出て管理会計とIoTの実証実験を行いました。その結果、協会と大学の協働もあって一定の成果を獲得。日本原価計算研究学会常任理事(前会長)、一橋大学尾畑裕教授からサポートを受けながら、起業に至りました。

How we do

■私たちのミッション
行動の価値を、誰でも認識できるように

「自分の行動の正しさを純粋に知りたい」「周囲からの評価によってモチベーションを得たい」「個人の将来と直結することに集中したい」「企業と産業の長期的経済発展に貢献したい」などのビジョンは、人それぞれ持っていますし、持つべきだと考えています。

それぞれのビジョンに到達するために、「行動の価値が認識されていない」という課題が存在しています。 KOSKAの存在意義はこれを解決していくことです。

■私たちの行動指針
常識を持ち込まず、常識を作るな
今日の成果よりも明日の成長
依頼主への依頼を解決する
個人を責めず、組織で解決せよ
行動の価値を認識せよ
尊重しあい、徹底的な議論

【私たちの特徴やキャラクター】
・25名
・平均年齢は20代前半
・代表も20代 でプログラミングもできる 
・みんな成長意識が高く、スキルアップの勉強や議論を常に行っています 

【仕事の進め方やカルチャー】
・上下関係はなく、オープンに、納得するまで議論する
・エンジニアの割合が最も多く8割ほど。コンサル、営業、マーケは初期メンバーを募集中
・プロダクトはアジャイル開発
・エンジニアにはペアプログラミングを導入して教育にも力を入れている
・まだまだ社内制度は整っていないが、1つの仕組みを作ると効果が大きいのが魅力

As a new team member

日本のモノづくり現場を支えるSaaSシステムのスタートアップで、一人目の事業開発・営業職を募集しています!

【募集概要】
IoT×原価管理で製造業の生産性向上を支えるITスタートアップで、一人目の事業開発担当者となります

開発企画業務:
・MA/CRM業務フローの確立
・マーケティング担当者とリードの獲得チャネル構築

セールス業務:
・営業チームの構築
・製造業経営層への企画提案
・提案、導入、製品開発に向けた社内エンジニアチームとお客様間のコミュニケーションとの調整

【ポジションの魅力】
・セールス部門の幹部候補として、営業部門の立ち上げ期(組織づくり)を経験できる
・マーケティング・インサイドセールス・フィールドセールスなど一連の役割を一人称で経験でき、組織拡大に伴い専門領域選択が可能
・IT技術と管理会計理論を融合した新たなアプローチで、日本の生産性低下問題を本格的に解決できる
・お客様の声をサービス開発側と議論することによって、サービス開発にも携わることができる

【必須経験(MUST)】
・B2B新規開拓営業経験
・経営層や業務部門向けのソリューション提案経験

【歓迎経験(WANT)】
・製造業向けの提案経験
・SaaS、ソフトウェアの提案経験
・リード獲得からクロージング、カスタマーサクセスまでの営業経験

【人物像(Character)】
・具体的な何か(数字、ビジョン、キャリアアップなど)を達成する強い執念と行動力
・行動目標とアクションプランの設定、実行、及びその改善を自主的に実行できる動き方
・製品関連の必要知識(管理会計、生産管理等)を積極的に学ぶ意欲

Other users cannot see whether or not you're interested.
5 recommendations
Company info
株式会社KOSKA
  • Founded on 2018/10
  • 25 members
  • Featured on TechCrunch /
    Average age of employees in 20s /
    CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都千代田区外神田6-1-4 神田ノーザンビル
  • 製造業の課題をデータを駆使して解決。営業部門の立ち上げ幹部候補者を募集
    株式会社KOSKA