Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
アドベンチャー施設ディレクター
on 2019-10-15 284 views

地方創生 中京最大規模アドベンチャー施設ディレクター募集!

株式会社プロジェクトアドベンチャージャパン

株式会社プロジェクトアドベンチャージャパン members View more

  • 2019年3月入社
    PANZAぎふ清流里山公園運営スタッフ

    初めてPAJのことを知った時、「アドベンチャー」×「教育」 ??? と思い、私の中で今まで全く結びつかなかったもので知らない世界の話に興味を持ちました。
    私はもともとアウトドアが好きで山、川、海でよく遊んでいます。その中で自然に体験していたワクワク感、危険な所に一歩踏み出す勇気、仲間との協力プレイなどが、その人を成長させる要素になっていたんだと改めて知りました。
    最近では小さい頃にそういった体験をしてない子どもや、都会育ちで自然にあまり触れ合ってない大人が増えているように思います。そういう人たちに言葉では伝えられないドキドキワ...

  • 京都府出身。
    2002年株式会社ユー・エス・ジェイに入社。アトラクションオペレーションを主に担い、アトラクション新規立ち上げなどを務める。
    2015年アウトドアに関わる仕事に挑戦したく、単身西表島へ飛び込みネイチャーガイドとなり、大自然の魅力に引き込まれる。
    2016年LEGOLANDjapan株式会社に入社。オペレーションマネージャーとしてテーマパーク立ち上げに携わる。

  • 1979年生まれ、東京都出身。

    2001年 東海大学工学部土木工学科卒、同年 日本鋼管工事株式会社(現JFEエンジニアリング株式会社)入社。東日本を中心に橋梁、特殊鋼構造物の新設及び補修工事の現場代理人・現場施工管理監督者として従事。

    2007年「もっと消費者に近くでモノづくりを通して人の為に貢献したい」と転職を決意。自分の能力、社会価値を試すべく、他業種であるバンダイナムコグループの乳幼児玩具メーカー ピープル株式会社入社。自身の子供の誕生も重なり、「子どもたちの為になる新しいもの」をコンセプトに、縮小する玩具事業に代わる新規事業メンバーとして参画し、自転車事業、新規素材、家具や文...

  • 【略歴】
    2014年 株式会社帝国データバンク   :システムエンジニア・調査営業職
    2018年 株式会社ワールドパーク    :大規模公園オペレーションマネージャー
    2019年 株式会社Project Adventure Japan:PANZA宮沢湖ディレクター
    ムーミンバレーパークがあるメッツァビレッジ内に、漁網ネットを使ったネットアドベンチャー施設をOPEN。フランスの会社ChienNoir社と共に創り上げた「ファンモック(別名パカブ)」の施設責任者として従事。
    0→1事業を立上げており、従業員の雇用、オペレーション手順作成、マーケティング全般の業務を担当。当初は1人で始まった事業...

What we do

  • 教育プログラムが私たちのルーツです。
  • アドベンチャー施設を施工しています。

「アドベンチャーをベースとした安全で質の高い学びを提供することにより、人の成長に貢献する」が私達のミッションです。

このミッションを達成するために、アドベンチャーに関わる、教育、施工、施設運営の3事業を展開しています。
①教育事業:アドベンチャー体験を基にした体験学習プログラムの普及(企業、学校、一般向けプログラム)
②施工事業:アドベンチャー施設の施工・運営
③施設運営事業:PANZAの運営

私達は、一人ひとりの挑戦と成長を大切にしています。チームをつくることが目的ではなく、チームのちからをつかって、一人ひとりが成長していくことを支え合います。
プログラム提供や施工、運営でもこの考え方を大切にしていますが、組織づくりの中でも成長と支え合いを軸としています。
アドベンチャー分野は日本ではまだまだ未発展の分野です。私達はアドベンチャーのちからを信じ、よいよい社会をつくっていくために、誰もがアドベンチャーを通して成長できる社会を実現していきます。

Why we do

  • リスクのある活動だからこそお互いを信じる瞬間が生まれます。
  • 命綱を握ります。真剣そのものです。

プロジェクトアドベンチャージャパンは、「アドベンチャーをベースとした安全で質の高い学びを提供することにより、人の成長に貢献します」をミッションに掲げています。私たちがアドベンチャーにこだわるには理由があります。

近年、アドベンチャーの持つ不思議な力が注目されています。みんなでアドベンチャーをすると仲良くなります。これまではアドベンチャーというものは危険なものとして日常生活からは排除されてきました。

しかし、人は自分が危険にさらされていると感じた時に本能が動き出すようです。生きようという強い意志が働くからです。かつて、人はお互いに助け合って生きてきました。それも本能だったのではないでしょうか。日常生活が危険と隣り合わせだったからです。しかし、現代の世の中は安全に作られすぎてしまっているのでお互いに助け合わなくても生きていけます。ただし、残念なことにそれと同時に助け合ったときの喜びを体験する機会も激減してしまったように感じます。

アドベンチャーを安全に体験することにより本能を揺さぶる。アドベンチャーは人が成長する上で重要な役割を果たすと考えます。

こうしたアドベンチャー体験の性質を身近に、かつ、最大限利用出来るように、プロジェクトアドベンチャージャパンは、プログラムの設計、ファシリテーターの育成、プログラムの実施というソフト面と、アドベンチャー教育施設やアドベンチャー遊戯施設の設計や施工などのハード面を同時に手掛けてきました。アドベンチャー体験のプラットフォームを構築することにより、より多くの人にアドベンチャー体験から成長する実感を得て欲しいと思っているからです。

How we do

  • 東京オフィスのメンバーです。
  • PANZAチーム。

プロジェクトアドベンチャージャパンは、やりたいことを考えて、自ら社内外の人を巻き込んでリードしながらどんどん進められる環境です。20代から40代までを中心に年齢に関係なく、それぞれの仕事をリードしています。若いから、社歴が浅いからという理由で仕事を任されないことはありません。本人の意思と能力次第で無限の可能性があります。

プロジェクトアドベンチャージャパンは、教育事業を主な柱として長年運営されてきました。企業文化として、個人としても組織としても「成長すること」を大切にしています。従い、成長できるような環境づくりを意識しています。また、成長の源泉にはイノベーションがあり、イノベーションの源泉には、他者とのコラボレーションや関係性があると考えています。このため、以下の要素を大切にしています。

関係性:
コラボレーションの前提に人間関係があると考えます。年齢や役職に関係なくニックネームで呼び合うだけでなく、お互いの価値観の出来るだけ尊重するように意識したり、お互いの成長を出来るだけ考えて関わります。プロジェクトアドベンチャージャパンが教育プログラムで大事にしてきた価値観を社内でも大事にしています。

コラボレーション:
社内では、他者のスケジュールに空いている時間があれば、その人を自由にミーティングに招待して良いルールになっています。招待された人は応じなければなりません。他者にいちいち許可を取る必要はありません。こうしたルールによって、上下関係や部門の違いを気兼ねすることなく、社内の人を巻き込むことができます。また、社外の人を招いて打ち合わせすることも多く、社内外の人とのコラボレーションが活発に行われています。

時間:
勤務時間に縛りはありません。コアタイムの無いフレックス制です。クライアントや社内外のコラボレーターと調整しながら、働く時間を自分で決めます。ただし、9:30から18:30まではコラボレーションタイムとしています。他者に招待されたミーティング等があれば、その時間は出勤することになります。もし、そのような予定がなければ、出退勤の時間は自由です。

場所:
オフィスは、イノベーションが起こりやすい環境でありたいと願っています。したがって、一部の人を除いてフリーアドレスです。自分が座る場所を自分で決めます。在宅勤務は許可制です。オフィス等で顔と顔を合わせて話し合う方がイノベーションを起こしやすいと考えるからです。でも、翻訳作業などひたすら集中力が求められる作業は、自宅で行うことが出来ます。

BYOD:
自分が作業する端末は、原則として自分のものを使います。スマートフォン、タブレット、パソコンは自分の使い慣れたものを使うと効率が高まると考えています。どんな端末を使うかは、好きなだけこだわって欲しいです。しかし、ノートパソコンのみ、希望者には会社から貸与します。ノートパソコンは会社が指定するMac OSの端末。初めて使う人にも分かりやすいですインターフェースが特徴です。

服装:
基本的に自由です。しかしながら、お客様や事業環境に合わせて、最適なものを選ぶことが求められます。また、運営事業などでは、会社からユニフォームが支給される場合があります。

個人の成長と組織の成長のバランスを取りながら、個人の意思をできるだけ尊重した働く環境づくりを目指しています。

Description

「アドベンチャー体験を全ての人に」

PANZAは私たちプロジェクトアドベンチャージャパンが直営するアドベンチャー施設のこと。2017年にPANZA第1号の「PANZA沖縄(沖縄県恩納村)」をオープンし、2019年4月に「PANZAぎふ清流里山公園(岐阜県美濃加茂市)」と「PANZA宮沢湖(埼玉県飯能市)」をオープンしました。11月には大阪にも4施設目がオープンします。

パークPFI事業としての注目を浴びる県営公園での民間事業。まだオープン半年後ですが、地元や名古屋都市部のお客様を中心に来場され、また多くのメディアにも登場しています。まだ立ち上げ間もない「PANZAぎふ清流里山公園」の今後の運営を担う、施設最高責任者であるディレクターを募集します!新しいアドベンチャー施設をディレクションしていく、この時にしか出来ないたった一度きりの経験をご自身の「アドベンチャー体験」として、経験を積んでいただきます。アドベンチャーパークの運営だけでなく、公園や地域のイベントの実施や様々なアイデアを形にできる場です。マーケティングも組織文化も一から作り上げる、こんな経験にワクワクしませんか!?きっと、やりがいだけでなく、組織の成長とご自身の成長を実感できる場になるはずです。

ディレクターの仕事のイメージは、施設運営のリーダー。日本全国、そして世界を見据えたマーケティング、スタッフの採用と育成、日々のお客様への対応など、事業全体を統括していただきます。一つの事業の全体観を持つと同時に、中長期を見据えた成長戦略も描いていきます。チャレンジング、かつ、ご自身の業務の幅や見据える時間軸の拡がりが得られる仕事です。

また、アドベンチャー施設というお客様にこの瞬間でしか得られないワクワク・ドキドキを感じてもらう場ですので、ディレクターやスタッフなど関わる人たち全員がその感動に立ち会うことができます。

▼仕事内容
・PANZAぎふ清流里山公園の施設最高責任者
・プロジェクトアドベンチャージャパンの持つカルチャーの体現
・事業戦略の立案と実行
・人材の採用と育成
・マーケティングとオペレーション戦略の立案と実行
・プロジェクトアドベンチャージャパン内外のリソースを巻き込んだ上記戦略の立案と実行

▼求める人物像
・プロジェクトアドベンチャージャパンの理念に共感すること。
・施設をディレクションしていくことに興味があること。
・主体的に社内外のリソースを巻き込みながら業務を推進できること。
・頭だけでなく手も足も動かしてトライアル&エラーから学べること。
・現状の枠にとらわれずに、自分自身も周囲も変化させていくことができること。
・自分自身の成長と周囲の成長を同時に促すことができること。
・既知の手段や既存のルールを超えて発想し、やりたいことを実現していくこと。
・互いに他者を尊重し、そして、柔軟であること。
・一見、自分の担当範囲外に見えることでも積極的に関わりを持ち、そこからイノベーションをアウトプットできるフットワーク。
・どんな状況でも、自分の置かれた状況を存分に楽しめること。

▼歓迎するスキル・経験(必須ではありませんが大歓迎です)
・店舗開発、店舗運営のマネジメント経験、もしくはコンサルティング経験
・アドベンチャー施設、テーマパーク施設のマネジメント経験、もしくはコンサルティング経験
・英語でお客様とコミュニケーションできること

【最後に】
この募集に少しでも興味があれば、是非ご応募ください!このページでは語りつくせなかったことがいっぱいあります。お会いしてお伝えしたいです。
私たちプロジェクトアドベンチャージャパンは、アドベンチャー業界のイノベーションをリードすべく日々色々なことにトライしています。施設運営という枠にとどまらず、業界も含めてリードしていきたい方の応募を期待しています!

PANZAについては以下のホームページをご覧ください。
- PANZAへのリンク https://www.panza.co.jp/

株式会社プロジェクトアドベンチャージャパンに関する詳しい情報はホームページをご覧ください。
- ホームページへのリンク http://www.pajapan.com/

私たちが大切にしている「あり方」をもっと深く理解されたい場合には、「あり方を探求するメディア - Being」をご覧ください。
- あり方を探求するメディア Being http://pajapan.jp/

Highlighted posts

PAJレポート「アドベンチャープログラムコーディネーター奮闘記」(前編)
スタッフインタビューvol.81 「一緒に走っていくコーディネーターに」
相対の壁を越えていくために:プロジェクトアドベンチャージャパンの360度フィードバックをつくる#02
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
株式会社プロジェクトアドベンチャージャパン
  • Founded on 1995/06
  • 40 members
  • 東京都品川区西五反田7-8-11
  • 地方創生 中京最大規模アドベンチャー施設ディレクター募集!
    株式会社プロジェクトアドベンチャージャパン