Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

自社開発プロダクトオーナー募集

日本データサイエンス研究所

日本データサイエンス研究所 members

View all (15)
  • 東京やハンガリー、ベルリンでトレーディングシステムやレコメンドエンジン、FBメッセンジャーマーケティングボット作成サービスなどの開発をやっていました。

  • 教育、輸送、エネルギーといった生活を支える領域を、技術でアップグレードすること。そして、それをプロとして尊敬できるメンバーと取り組める組織を作ること。この2つが私の仕事です。

    一緒に日本をアップグレードできる方、是非ご応募ください。

  • グルメとダイビングをこよなく愛するCOO。
    どうせやるなら、日本を変えたいし、変えられると心から信じている人達と一緒に働きたいと熱望する日々。

  • 日本データサイエンス研究所でCEO加藤とCOO淵とともにVPoP の立場で、システム構築、データエンジニアリングなどなど担当しています。

    弊社にて、CTO, データサイエンティスト, エンジニア, デベロッパーの皆様を募集しています。われこそは...という皆様なにとぞよしなに。

    築地市場と豊洲市場が近くで仲卸に知人がいる都合で、魚の目利きとか三枚おろしとか五枚おろしとかができます。Splatoon2 がウデマエX (底辺)のへなちょこゲーマーなときもあります。

What we do

◆「利益に直結」したAI活用サービスの提供◆

デジタル化、AI構築に多額の費用を投資しても、 収益が上がらなければ意味がありません。
JDSCは従来の人月単価に基づいた請求から決別し、 成果に基づいたコミッション請求により、クライアント企業の利益貢献にコミットするプロフェッショナル集団です。
アプリケーション開発を通して、需要予測・異常検知・物流最適化・教育・在庫最適化・与信評価・言語/画像認識など多岐にわたる課題に取り組んでいます。

◆これまでの事業実績例とメディア掲載◆

◇需要予測
商品の売上を正確に予測することで、欠品による売上機会損失を防ぎ、過剰生産による廃棄費用・保管費用を削減することを行いました。自社データからだけでは正確な予測ができない場合でも、JDSCが保有する景気情報・消費情報や、SNS上のビッグデータ解析を組み合わせることで人力での予測を超える予測精度を実現しています。
事例:大手消費財企業で、予測のブレを人力予測の7割に抑えることに成功

◇不在配送の削減
不在配送は全配送の2割近くを占め、数千億円のコストを生んでいます。2020年までに全戸配備されるスマートメータから得られる電力データを元に、人工知能が配達先の現在~将来の在不在を予測することで、不在を回避し、在宅と配達時間をつなげています。開発アルゴリズムを用いた実際の配送実験で不在配送が9割近く減少しています。

現在、東京大学とNextDrive株式会社と取り組んでいるプロジェクトはこちら https://www.prototekton-web.com/home

◇日経新聞 1面にて、大きく取り上げられました。
宅配時不在なくせ 東大発など2社、AIで商用化 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39181040Q8A221C1FFR000/

Why we do

「UPGRADE JAPAN」
◆わたしたちは、日本をアップグレードする会社です◆

JDSCは日本の産業をアップグレードすることを使命とした、東大発のAI企業です。

今私たちが生きるのは、かつての高度成長時代ではありません。より少ない労働人口で、より多くのリタイア世代を支えなければかつての豊かさを維持できません。また、国外のマーケットに目を向ければ、デジタル化とグローバル化が急速に進行し、かつての日本の製造業が謳歌した海外成功モデルの転換なくして、生き残ることができない状況にあります。

こうした中で、大学で培われた知がより直接的な形で社会に貢献することが求められます。JDSCはこうした知の還元をリードし、社会が今の時代にあわせてアップグレードすることを使命としています。わたしたちはAI技術を通じて、企業を、産業を、ひいては日本をアップグレードしていきます。

◆東京大学の知を社会に還元する◆

ビッグデータ、機械学習、IoT、ロボティックスなど、デジタル領域で東京大学は膨大な知見を有しています。これらの領域での技術革新と活用推進のため、東京大学の複数の研究室と協力し、JDSCは知の社会還元と実装をリードします。
また東京大学エッジキャピタルを株主に加え、大学とのより強力なパートナーシップを推進していきます。

How we do

◆メンバー
優秀な経営陣( https://jdsc.ai/team/ )と経験豊富で頭の回転が速いメンバーが揃う少数精鋭のチームです。多種多様なアイデアと地に足ついた実現方法の提案、また高い技術力によるその具現化が可能であり、アイデアとロジックの両立ができる非常に優秀なチームだと自負しています。
それぞれの分野でのプロフェッショナルがチームを作り、切磋琢磨しながら迅速に業務を行うことで、高度なソリューション提供のみならず、自身の成長をも可能な環境を作り出しています。

◆カルチャー
メンバーが能力を発揮することに非常にポジティブで、社外社内ともにパフォーマンスのためならそのための環境を用意する文化があります。
企業の成長と個人の成長をリンクさせる制度のほか、外部トレーニング出席や書籍購入等、必要だと認められるものは、かなり幅広い分野で会社から提供しています。

◆働く環境
事業内容や東大発ベンチャーということで堅く見られがちですが、上下関係のない雰囲気のなかで楽しく働いています!月2回のフライデーナイトなど、オフィス内外の関係者と広くカジュアルに交流する時間も設けています。
またフレックスやリモート勤務の導入もしており、個人の成果を最大限にするための制度にも意欲的に取り組んでいます。

Description

日本データサイエンス研究所(JDSC)は日本の産業をアップグレードすることを使命とした東大発のAI企業です。今私たちが生きているのは、かつての高度成長時代ではありません。労働人口が減る中で、労働生産性を高め、豊かさを享受するため、AIを通じて企業を、産業を、ひいては日本をアップグレードしてまいります。

本求人では、 弊社の自社プロダクト開発を加速するために、新規/既存のプロダクト企画や仕様策定などをリードしていただくプロダクトオーナーを募集致します。

▼具体的な業務内容
・新規/既存プロダクトの企画、仕様策定、ロードマップ策定
・プロダクト開発マネージメント(アジャイル)
・エンジニア、データサイエンティストとチームを組みプロジェクトを推進する

▼必須スキル
・能動的に課題を発見し、プロダクト設計へ落とし込める能力
・SaaSやWebサービスの仕様策定、ディレクションの経験

▼歓迎スキル
・アジャイルでの開発経験
・新規プロダクトをゼロから作り上げた経験
・メンバーマネジメント経験

▼求める人物像
・リーダーシップを持って、自分の考えを発信し、率先して行動できる方
・ゼロの状態から物事を切り開いていく胆力のある方

Highlighted posts

Basic info
Looking for プロダクトオーナー
Job type Mid-career
Special features Free snacks/lunch
Company info
Founder 加藤エルテス聡志
Founded on July, 2018
Headcount 20 members
Industries Consulting / Survey / IT (Telecom/SI/Software)

Recommendations (4)

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Recommendations (4)

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Location

東京都文京区本郷二丁目38番16号 JEI本郷ビル8階