Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

新郎新婦の相談から一緒に映像を創る!結婚式で流す映像をディレクションする

株式会社シンシア

株式会社シンシア members

View all (5)
  • 株式会社シンシアの代表取締役です。24才の時に創業し、25才で株式会社シンシアを設立しました。映像を中心に様々な事業を行ってきました。26才でウェディング事業AMOを立ち上げ、結婚業界に参入し設立してから14年目(2018年現在)を迎える。
    お客様の【笑顔の質×量=売上】と考えています。【売り上げをあげられる事業を考える】という事より、お客様を友人と考え、その【友人の笑顔を増やす事=売上】と考えた方が自分はモチベーションをあげることが出来ます。
    ほんの少しの考え方で、辛かったことがやりがいになったり、しんどいことが楽しくなったりします。そんな考え方を会社でも共有しています!

  • 東京銀座店での新郎新婦へのサポートをしています。結婚式のことは初めてのことばかりで「分からないことがわからない」お客様が多いので、わかりやすく結婚式全体の説明をさせてもらっています。

  • EmiS
    Sales

  • ShogoO
    Other designer

What we do

  • 東京銀座店、結婚式アイテムがたくさんそろっています
  • 映像クリエイターとお客様のお打合せ

株式会社シンシアのウェディング事業【AMOウェディング】について。AMOウェディングでは結婚式で上映するプロフィールムービーなどの映像制作を主に、ペーパーアイテムや、結婚式当日の撮影など結婚式に関する業務を行っています。
直接エンドユーザー(新郎新婦または幹事様)と打ち合わせをして映像、ペーパーアイテムの制作をしています。そこでは、お褒めの言葉をいただいたり、たまにはお叱りの言葉もいただきます。頻繁にではありませんが、結婚式が終わった後に、担当したクリエイターに会いに、菓子折りをもって私どもがいる店舗に遊びに来て下さる心優しいお客様もいらっしゃいます。
AMOウェディングの店舗は東京銀座と、大阪梅田の2店舗があります。制作を行うのは主に東京銀座の店舗になります。

Why we do

  • お客様=親友 手伝いもしながら仲良くなれる
  • お客様=親友 笑顔で楽しいお打合せにする

AMOウェディングでの映像クリエイターの特徴は、直接お客様とやり取りをすることです。世の中のほとんどの会社は、お客様と映像クリエイターの間に、営業やプランナーが入ります。この場合は映像クリエイターは誰に評価されるのでしょう?
AMOでは映像クリエイターがもっとお客様と近いところにいて、評価を受けるべきだと思っています。
お客様(特に新郎新婦)が喜んでくれたら、そのままダイレクトに映像クリエイターが受け取ってほしいという思いがあり、お客様との間にプランナーや営業が入らないようにしています。
また、お客様のことを神様と呼ぶ会社もあれば、仲間と呼ぶ会社もあります。AMOではお客様のことを【親友】と呼びます。仕事上での会話で「お客様」を【親友】に変えてください。「お客様が店舗にくる」のではなく、「親友が自分の家に来るのです」なぜかと言うと、困っているからです。結婚式でちゃんとゲストに、おもてなしできるか?準備は万全か?ゲストは楽しんでくれるか?というのがほとんどの新郎新婦の気持ちです。
そんな気持ちの親友がいたら、力になるのは当然です。自分が知っている知識と持っている技術を全て使って助けたいと思います。これがAMOの思う最高のサービスだと思っています!
時には、自分の知識や技術不足で、【親友】を助けられないときもあります。そういう【親友】がいるからこそ、向上心をもって、さらに自分を高めるために技術や知識を身につけようとします。これがビジネスの中でいう成長ですよね。

How we do

  • お客様=親友 のためにオリジナルムービーを制作中
  • お客様=親友 のために結婚式セミナーを開催

チーム全体で10名程度の小さい会社です。だからこそみんなが役割が決まっていて、助け合いながら全員で力を合わせて頑張っています!
会社の成長は、個人の成長の集合体だと考えています。ですので個人が成長できる会社というのが当面の目標です。では個人の成長はどうしたらいいのかというのが、それぞれの会社で異なることだと思います。こういう事をしたらダメとかこういう事が出来るようになったらと、成長過程を作っていく事ももちろんありますが、AMOウェディングでの根本的な考え方は、やっぱりお客様=親友をどうやって助けて、どうやって笑わせて、どうやって喜んでもらって、それを何人にできるか?
だと考えています!

Description

結婚式で映像を流すのは、現在では当たり前になっています。披露宴をする新郎新婦の95%以上は何かしらの映像を披露宴会場で上映しています。

では、、、
どんな映像を流すの?

となってきます。一昔前は、映像の構成はほぼみんな一緒だったのですが、現在では、ニーズは多様化し、様々な映像が作られています。

そんな中、新郎新婦の意見を取り入れて、構成を一緒にして上げれる映像ディレクターの仕事が増えてきています。

映像のスキルはあった方がいいですが、絶対ではありません。それよりも新郎新婦の意見をくみ取ったり、世の中の流行りが分かっていたり、逆に新郎新婦に提案出来たり出来ることが大事です。

新郎新婦との打ち合わせが多いから、平日に休んで土日祝日に出勤します。

たくさんの新郎新婦をあなたのアイデアで今以上に幸せにしてあげてください。

結婚式が終わってからもお礼を言われることがたくさんあります。そんな映像ディレクションの仕事を一緒にしていきませんか?

Highlighted posts

Basic info
Looking for Director/manager
Job type New grad/entry level / Mid-career
Company info
Founder 梶賀裕司
Founded on October, 2004
Headcount 10 members
Industries Circulation / Retail Sales / IT (Internet/Mobile) / Leisure

Recommendations (0)

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Recommendations (0)

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Location

東京都中央区銀座1-14-5 銀座ウイングビル北ウイング9F