Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ヘルスケア領域でクライアントと社会の課題解決を目指すPRコンサルタント募集

株式会社オズマピーアール

株式会社オズマピーアール members

View all (3)
  • 人事部長

  • マネジメントプラナー

  • マネジメントプラナー

What we do

  • カンヌライオンズ2018の Health & Wellness部門 にてロコモ チャレンジ!推進協議会の「 LOCOMO CHALLENGE 」がショートリストに選出
  • 「2014年度 PRアワードグランプリ」にて「産学共同プロジェクト『オノマトペラボ』」が最高賞のグランプリを受賞

株式会社オズマピーアールは、PRをコアにクライアントのビジネス推進をサポートする会社です。PRビジネスが欧米より日本にやって来たのは1960年代。1963年に創業した当社は、日本におけるPRの歴史とともに情報戦略のプロフェッショナル集団として歩んで参りました。50年以上培った土台のもと、この先もずっとクライアントから指名される強みを持ったPR会社として、日々チャレンジを続けています。

=======================================================================
★オズマgroup リクルートミーティング『crossing 2019』開催情報
 ~オズマピーアールをのぞきに来ませんか?~

ヘルスケアコミュニケーションをテーマに、リクルートミーティングを開催いたします。当日は、ヘルスケアチームの現役社員も参加し、対話の機会をご用意しています。選考はございませんので、お気軽にご参加ください!

【リクルートミーティング『crossing 2019』開催スケジュール】
●8/2(金)19:00~21:00
※応募締切:7/31(水)
※書類選考(応募フォーム送信事項)を通過した方のご参加となります。

イベントの詳細・応募は、「話を聞きたい」ボタンからご連絡いただくか、当社採用ページをご確認ください。

=========================
【ヘルスケアチーム INTERVIEW】
●関心ゼロ地点から社会を動かす――ヘルスケアコミュニケーションこそPRの真骨頂
https://hrmos.co/pages/ozma/jobs/0000116
=========================

=======================================================================

▼そもそもPRとは?

日本ではPR(Public Relations)の同義語として、「広報」という言葉があります。国語辞典の大辞泉では、その意味を「官公庁・企業・各種団体などが、施策や業務内容などを広く一般の人に知らせること」と記されています。

日本で多くの人が抱くPRの印象は、この「広報」をイメージしており、一方的な情報伝達活動と捉えられがちです。しかし、本来PRは、企業・組織と社会・生活者が双方向のコミュニケーションを構築し、良好な関係を築くことを目的とした活動です。

【業務領域例】
医療・ヘルスケア、地域ブランディング、商業施設、ツーリズム、スポーツ、オートモーティブ、IT、大学・教育機関、食品・飲食、日用品・消費財など総合領域に対応

【業務機能例】
デジタル・コミュニケーション、コーポレート・コミュニケーション、リスク・クライシスコミュニケーション、メディアトレーニング、テレビPR、グローバルコミュニケーション、コミュニティリレーションズ、オウンドメディア開発など

●各種事例を当社HPにて紹介しています。
https://ozma.co.jp/casestudy/

●主な受賞歴
https://ozma.co.jp/about/awards/

Why we do

PRの醍醐味は、ご自身の専門性を活かしながら、特定のソリューションにとらわれることなく、クライアント企業の課題解決や企業価値向上のために最適なコミュニケーション戦略を提案・実行できることです。

PRに対する企業や社会からのニーズは多様化しており、幅広いコミュニケーション戦略の構築・実行が求められています。当社で活躍している人材には、広告会社・制作会社・SP会社といった、近隣業界の経験者をはじめ、医療・製薬関連リサーチャー、NGO出身者、IT企業の法人営業経験者など、様々なバックグラウンドを持つスタッフが多く在籍しています。

こうした経験・スキルが、これからの統合的なコミュニケーションの実現に必要だと考え、新たな仲間を募集することにしました。

How we do

クライアントのニーズに応え、戦略的なコミュニケーションプランを提案します。また、医療・ヘルスケア関係者からの多様化するコミュニケーションニーズに対応し、生活者(患者)および各種コミュニティ、KOL、メディアへの疾患啓発や製品広報、ドクター・オピニオンリレーションズ、エリアマーケティング支援など、最適なプログラムを提案・実行しています。


<戦略プランニング>

調査・分析
クライアントのニーズに応じて、生活者(患者)調査や報道調査、Web調査、エビデンス調査および記者や患者会・学会、専門家へのヒアリングを行い、仮説プランニングを設計します。

メッセージ設計
生活者(患者)へのインタビューやヘルスケアメディアへのスクリーニングにより、仮説プランを検証し、統一メッセージによる一貫したコミュニケーションプランを構築します。

<エグゼキューション>

メディア戦略/コンテンツ開発
構築したコミュニケーションプランをもとに、メディア戦略・施策を設計します。あわせて、PRイベントやセミナーの企画、メディアトレーニング、WEBサイト制作、意識・実態調査によるエビデンス開発など、コンテンツ開発を行います。

発信・拡散
メディアセミナーや一般向け疾患啓発イベントの運営、疾患啓発サイトの立ち上げなどの施策を通して、クライアントのメッセージが浸透しやすい空気をつくるとともに、更なるメッセージの発信をサポートします。また、ドクター・オピニオン・コミュニティリレーションズおよび、エリアマーケティングによる、全国各地域へのメッセージ拡散も支援します。


▼例えばこんなコトを仕掛けています

事例:『ニコチン依存症』、この言葉はいつから当たり前のものになったのか?

ヘルスケア領域のPRにおいて、代表的な業務の一つに疾患啓発という業務が有ります。この業務は未だ知られていない病気を知ってもらうきっかけをつくり、適切な対処や治療をしてもらうために行うコミュニケーション活動です。弊社が手がけた分かりやすい事例に『ニコチン依存症』の認知向上活動が有ります。今では知られているこの言葉も、数年前まで禁煙は意思によって行うものであり、禁煙出来ない喫煙者は意思が弱いということが社会常識でした。そんな中、さまざまなコミュニケーション活動を通じて、実は、喫煙者の多くが『ニコチン依存症』という病気であり、医療機関での適切な治療が必要なものということを浸透させ、受診率を向上させました。

【「喫煙者の禁煙意識向上とニコチン依存症の疾患啓発活動」受賞歴】
-「2006年度 PRアワードグランプリ」 グランプリ

事例:言葉にするのが難しい『痛みの共通言語』を“オノマトペ”で作る!

我慢は美徳の日本人、「痛みに耐えてよく頑張った」は、かつての総理の名言としても有名です。この言葉の通り、日本人は多少痛みがあってもそれを訴えたり、通院せずに我慢してしまう傾向があります。ところが実は、痛みには種類があり、打撲や切り傷とは異なり、神経が傷つき放っておいては治らない痛みがあります。オズマピーアールではクライアントの依頼を受け、この痛みの存在に気づいてもらい、自分の痛みがこの神経の痛みであることを医師に伝えることが出来るようにするためのコミュニケーション活動を設計しました。先ず、痛みの専門医の先生と言語の専門機関である国立国語研究所と協力。打撲や切り傷による痛みと神経の痛みでは、痛みの比喩表現=オノマトペが異なることに目をつけ、「ピリピリ」「ジンジン」は神経の痛みを持つ人特有の表現であることを調査・研究しました。そして、その結果を、メディアや医療関係者を通じて、痛みを抱える人達に広く伝えることで、痛み治療の通院率を高め、適切な受診に導くことにつなげました。

【「産学共同プロジェクト『オノマトペラボ』」受賞歴】
-「スパイクス・アジア2015」 ヘルスケア部門 銀賞
-「第62回カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」 Lions Health ショートリスト
-「2014年度 PRアワードグランプリ」 グランプリ

●事例紹介:「医療と言語をPRで繋いだオノマトペラボとは?」
https://ozma.co.jp/healthcare/case-strategic-pr_onomatopelabo/

Description

▼今、ヘルスケア(医療/福祉)PRチームではこんなヒトが働いています

大手製薬会社のMR経験をもつスタッフや医療系メディアの記者経験を持つスタッフ、薬剤師や理学療法士、管理栄養士資格を持つスタッフ、医療福祉系NPOでの経験を有するスタッフなど、医療福祉分野のコミュニケーションニーズに精通したスタッフが働いています。各スタッフとも、少子高齢化社会の下、ますますニーズの高まるヘルスケア領域において、多くの患者さんやそのご家族、医療関係者の方々が抱える不安や期待に接してきました。その中で、ヘルスケア領域におけるコミュニケーションにはたくさんのニーズがあることを実感し、その課題解決を目指して日々プロジェクトに取り組んでいます。

▼ヘルスケア(医療/福祉)PRチームではこんなヒトを歓迎します

現在、オズマピーアールの専門領域の中でヘルスケア領域の売上は最も大きな比率を占めており、そのニーズは年々高まっています。クライアントも製薬会社、医療機器メーカー、公共機関、学会、業界団体、NPOなど多岐にわたり、ご依頼いただく内容も多様化しています。そんなニーズの多様化する中で、一緒にヘルスケア領域の社会・コミュニケーション課題に興味・関心を抱き、その課題解決に取り組みたいという想いを持った方を募っております。これまでに医療/福祉に関連する何らかの業務経験を持った方はもちろん、未経験でも強い想いを持った方は大歓迎です。


▼特に歓迎するスキル・マインドは以下の通りです。一つでも思いあたる方はお問合せください。

・広告会社、広告制作会社、SP会社、デジタルエージェンシー、リサーチ会社などのコミュニケーション業界でのご経験を3年以上有する方
・医療系・製薬系のクライアントのコミュニケーション活動支援経験を有する方
・法人相手の企画提案型営業の経験を3年以上有する方
・MR(医薬情報担当者)
・事業会社でCSR、SDGs、ソーシャルグッド関連業務のご経験を有する方
・NPO・NGOでの広報またはファンドレイジングのご経験を有する方
・クライアントや社内チーム、さまざまなステークホルダーとの対話を通じて、最適なパートナーシップを創る力を有していること
・コミュニケーションの仕事に対して情熱を持ち、困難な課題解決に喜びを感じること
・プランニングに社会的視点を入れることで、組織と生活者の相互理解・合意形成を図る力を有していること
・あらゆることに興味を有し、積極的に学ぶ姿勢を持っていること
・業務に必要となるPCのスキル(ワード、エクセル、パワーポイント等)を持ち、活用できること

少しでもご興味をお持ちいただけた方は、まずは8月2日(金)に開催するリクルートミーティング『crossing 2019にご参加ください!

【リクルートミーティング『crossing 2019』開催スケジュール】
●8/2(金)19:00~21:00
※応募締切:7/31(水)
※書類選考(応募フォーム送信事項)を通過した方のご参加となります。

【プログラム】
・会社概要、PRについて、ヘルスケア領域事例紹介
・社員との対話型セッション
・面接(希望者のみ)

イベントの詳細・お申し込みは、「話を聞きたい」ボタンからご連絡いただくか、当社採用ページをご確認ください。

Highlighted posts

Basic info
Looking for PRコンサルタント
Job type Mid-career
Company info
Founded on October, 1963
Headcount 171 members
Industries Consulting / Survey / Media / Publishing / Advertising

Recommendations (0)

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Recommendations (0)

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Location

東京都千代田区紀尾井町3−23 文藝春秋 新館