Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
Railsエンジニア

Rails x リーンな開発チームで仕事したいエンジニア

株式会社mofmof

株式会社mofmof members

View all (7)
  • エンジニア兼代表取締役。新しい技術を使って、今まで出来なかったことを出来るようにするということが大好き。「新しいテクノロジーを使って新しい価値を創造し、より一般的なものに変えること」というミッションを掲げて仕事をしています。ビジネスでお金を稼ぐことは、おもいっきりものづくりを楽しむための手段。

  • 作るのとパソコンをいじるのが大好きなエンジニア。
    Webで誰もが気軽にお金や価値を生み出す世界を夢見ている。

    システムは使ってなんぼ。
    使う人誰もが最大の価値を生み出し、気持ち良く使ってもらえるシステムを常に目指していきます。

  • アフィリエイター→釣り人→エンジニア(イマココ)

    釣りの傍らWEBの開発やってます

  • Web系のエンジニア兼スクラムマスターです。
    Rubyを使ってスタートアップのサービス開発を行っています。

What we do

  • 5b850772 600c 4b51 807a 4431e8fe17aa?1516581389 月額制開発サービスの「開発チームレンタル」
  • 5907f72b af3c 457c b43e 994757ace569?1516581389 エンジニア兼代表の原田敦

mofmof inc.では正社員・フリーランス問わず、週2.5日〜働くことが出来ます。そのため、1日4時間ワークで週5日働いて、それ以外の時間を自分のやりたいことなどに使うような働き方も出来ます。

受託開発の会社は残業が多いのが一般的ですが、弊社では通常の受託開発とは一線を画すプロセスをとっており、残業が発生することがあまりありません。なので、日々時間通りに帰宅して、家族との時間を持ったり、自身の学習の時間に当てたりと、ワークライフバランスを重視した働き方が出来ます。

mofmof inc.は渋谷区南平台にある会社です。メンバーは約10名、8割がエンジニアで、現在3期目の会社です。代表取締役の原田は現役エンジニアです。

1期目は受託開発の体制をつくりキャッシュフローを安定させて、2期目からは受託体制を強化して体力をつけつつ、新規事業立ち上げの投資をするという計画で取り組んで来ました。外部資本は入れておりませんので、ベンチャーだけどピリピリした雰囲気のなく、エンジニアにとって居心地のいい会社だと思います。

また代表の原田はコードを書くのが非常に好きで、趣味で個人WEBサービスを運営したりしています。同じくものづくりに情熱を持つエンジニア向けにイベントでの発表を積極的に行っております。

エンジニア向け絶対に挫折しない個人サービスの作り方@Co-Edo
https://www.slideshare.net/haradaatsea4/coedo-80784441

普通のwebエンジニアでも出来る、ド素人からの機械学習のはじめ方
https://www.slideshare.net/haradaatsea4/web-66507955

○○したら受託開発が180°変わった
https://www.slideshare.net/haradaatsea4/18010

原田個人の活動として「アジャイルひよこクラブ」というビギナー向けコミュニティーを代表として運営しており、これからアジャイルに取り組もうとしている人や、実践してみたけどうまく出来なかった方をフォロー出来るような活動をしています。

connpass
https://agile-hiyoko-club.connpass.com/

活動レポート
https://medium.com/agile-hiyoko

Why we do

  • E6d4f547 668b 4227 b789 a5a42ee7cc07?1516581389 各自が好きなものをディスプレイしている棚
  • 856ad80b e7b9 4a1b bfe2 71261f8fd1ba?1516581389 機械学習やVue.jsなど社内勉強会で技術を研鑽しています

mofmof inc.という組織が取り組み続けたいことは、新しいテクノロジーを使って今までにない製品を作り、ユーザーにその価値を届けることです。

世界を変えたいとか、ビックになりたいとか、誰かが抱えている深刻な問題を解決したい、というのはとても素敵なビジョンだと思っています。

だけど、ぼくにとっての強い欲求は「つくる」ことでした。新しいテクノロジーを使って、他の誰もやっていないようなユニークな製品を作り、ぼく達の力で使う人をハッピーにする体験こそが原点であり、それに取り組み続けている組織ってめっちゃカッコいい、そう考えています。その活動こそが目的であり、ビジネスで収益を得ることあくまでもその活動を続けるための手段だと思っています。

ここにおもしろい技術がある。だからこの技術を使って、おもしろい事業を作りたい。ただシンプルにそれを追求したいです。これをmofmof inc.のミッション「新しいテクノロジーを使って新しい価値を創造し、より一般的なものにする」という言葉で表現しています。

「技術が目的で、ビジネスが手段」という言葉で表されている通り、技術を中心として事業が展開されていくのがmofmof inc.の文化です。

mofmof inc.入社ガイド。これから入社するあなたへ。
http://everyday.mof-mof.co.jp/entry/2017/01/25/141201

How we do

  • 0b35d0a9 b9d6 4b4d 8a92 1a0d10149e9c?1516581389 夏は海で仕事をすることも!?
  • Fd0d0ca1 66ff 4bbc 983b 10d805b42d25?1516581389 社員旅行のほほんとした1シーン

【リモートワークについて】
火曜日週1日のリモートワークがあります。Dropboxなどのクラウドサービスを活用しているので、基本的にはどこの場所にいても仕事が出来るようにしております。普段からリモートワークをしていることにより、雪や嵐の日などすぐさま自宅作業に切り替えることが出来るようにしています。

弊社のリモートワークについての考え方はブログにまとめています。
http://everyday.mof-mof.co.jp/entry/2017/10/11/115733

【コードレビューについて】
全てのチームで、全てのコードを相互レビューするルールを設けています。これには以下のような目的があります。

・常に互いに技術力を高め合うため
・保守性の高いコードを維持するため

「技術力が高い」という言葉には具体的には「高速に、保守性が高くバグの少ないコードを書く能力がある」という意味があり、コードレビューはそれを高めるために最も合理的な手段だと考えています。

ある仕様を満たすコードを書こうとしたとき、書こうと思えば実に多様な書き方をすることが出来ます。そんな中、優れたコードを高速に書けるようになるには知識と経験が不可欠です。1人でコードを書いていると、自分が知っている知識と経験の中からしかコードを書くことが出来ません。他にもっと良い書き方があったとしても気付くことが難しいのです。

コードレビューをすることで他人の知識と経験の中から、良いコードの書き方を知る機会が増えます。プログラマは1人1人異なるバックグラウンドを持っていて、当然得意なことや不得意なことがあります。コードレビューは、他人から経験から知識を吸収することで自分の技術力を伸ばし、同時に自分の知識をシェアすることで他人を成長させることが出来る仕組みだと考えています。

【文化や習慣など】
新しい技術に触れるのが好きなメンバーが多いので、React.js勉強会や、初心者向け機械学習勉強会、Vue.js勉強会など、社内外向けに勉強会を積極的に開催しています。

普段からテストコードは可能な限り書くという方針(100%書くべきという考え方ではない)で、TDDを奨励しています。

mofmof inc.では機械学習に力を入れているため、社内制度で「GPU手当」というものがあります。これは機械学習初学者向けに、AWSのGPUインスタンス及び、自費で購入したGPUの費用の一部を会社で負担する制度です。技術に関して貪欲に伸ばして行きたい方が成長できる会社でありたいと思っています。

具体的で実現可能な改善のサイクルを続けてきた文化があるので、気合とか根性のような抽象的な精神論よりも合理的な考え方が好まれます。

Description

仕事内容は、弊社の事業「開発チームレンタル」の週2.5日〜週5日で月額制受託開発の担当をお願いしたいと思っています。

「開発チームレンタル」はレンタルといいつつも客先常駐ではなく、全て弊社内で開発しております。新規事業に特化した開発スタイルで、あえて3ヶ月先以内の短いスパンで計画を立て、ミニマムでのリリースをして、顧客からのフィードバックをより早く得ることに価値の重みを置いた作り方をしています。

新規事業においては、綿密な設計書や管理体制はむしろ逆効果になることがわかっているので、可能な限り保守性が高く読みやすいコードを書くように努力し、作成するドキュメントは、開発のために必要なドキュメントや、コミュニケーションのために必要なドキュメントのみに絞り、不毛なドキュメント作成が発生しないように工夫しています。

スクラムの考え方をベースにしたチーム作りをしており、決められた期間にどこまで開発出来るかにコミットする作り方ではなく、決められた期間に対して、何を優先するか、しないかを常に見直し続けながら開発します。これにより無茶でムダな作り込みを減らしています。

クライアント(プロダクトオーナー)を含めて2〜6名くらいの小規模チームで開発することが多く、週次で必ずミーティングを開催し、仕様の詳細や目的、優先順位について対話することを重要視しているため、「誰がなぜ」その機能を必要としているかがブラックボックスにならず、クライアントやエンドユーザーに近い位置で仕事をすることが出来ます。

■使用している言語・フレームワーク
・Ruby
・Ruby on Rails
・MySQL or Postgres
・Heroku
・Amazon Web Services

基本的には最新バージョンを使い、開発中のプロジェクトであれば、原則常に最新バージョンにアップグレードするという方針にしております。

オンプレによるインフラは非効率的でかつメンテナブルでないし時代遅れなので、HerokuかAWSを使用出来ない案件は受注していません。

■ツールなど
・GitHub
・Pivotal Tracker
・Slack
・Circle CI
・Wercker

■開発するサービス
詳細は個々の案件によりますが、全てRuby on Railsを用いたWEBアプリケーション開発になります。

過去の事例
・新卒学生と企業のイベントマッチングサービス
・電子書籍の販売プラットフォームサービス
・ECサービス
・クラウド上のインフラ構成管理サービス
・トレンドファッションのメディアサービス
など

■必須のスキル・経験
・Rails未経験可
・WEBアプリケーションフレームワークの実務経験(Laravel, Struts, CakePHPなどでも可)
・週2.5日以上稼働できること
・社会人経験

■歓迎のスキル・経験
・Ruby on Railsの実務経験(年数は問わない)
・スクラム開発の経験
・機械学習

Values

View more
Exceptional team members

「技術が目的、ビジネスは手段」と言い切っているだけあり、エンジニア中心の企業で、業界ベテランのエンジニアが揃っています。それぞれで得意... Show more

Work-life balance

仕事の成果はタイムボックスを小さくすることにより最適化されると考えています。決まった時間以上に働きすぎないからこそ高い生産性を出せると... Show more

Workplace for parents

保育園の送り迎えの都合で定時をずらしたり、家族の病気などで当日リモートワークに切り替えたりと柔軟な働き方が出来ます。実際に未就学児の育... Show more

Highlighted posts

Basic info
Looking for Railsエンジニア
Job type Mid-career / Contract work
Company info
Founder 原田 敦
Founded on April, 2015
Industries IT (Internet/Mobile)

Recommendations (2)

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Recommendations (2)

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Location

東京都渋谷区桜丘町14-10 渋谷コープ403

Page top icon