Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
ロボット + ソフトウェア
on 2018-01-01 2,042 views

本物の人型重機を造る精鋭エンジニア(制御ソフトウェア)を募集

株式会社人機一体

株式会社人機一体 members View more

  • 株式会社人機一体 代表取締役 社長
    兼 立命館大学 総合科学技術研究機構 ロボティクス研究センター 客員教授。

    ロボット制御工学者、発明家、起業家、武道家。ロボット研究開発の傍ら、辛口のロボット技術論を吼えることがある。マンマシンシナジーエフェクタ(人間機械相乗効果器)という概念を独自に提唱し、あまり相手にされないながら、十年来一貫してその実装技術を研究・蓄積してきた。そして今、業を煮やして、ビジネスとしての社会実装に挑戦するため「株式会社人機一体」を立ち上げた。

    好きなロボットアニメはフルメタ、グレンラガン、タイバニ(←ロボットではないか)等、好きなロボットは VF-0 ...

  • 中国生まれ、日本育ち、カナダ国籍。小学校は日本、中学から大学はカナダ。
    大学は美術か工学か迷ったがやっぱり世の中金だと思い安定の工学部を選択。
    ロボットアニメやプラモデルが好きすぎてバンダイに就職を試みるが撃沈。
    それでも日本で暮らしたかったので取り敢えず適当に就職したが、何かに導かれて今は株式会社人機一体で本物のロボットを造っている。人生何が有るか本当にわからない。
    好きなロボットアニメはトップをねらえ!、好きなロボットはゼータガンダム。

  • 特徴:ネイティブ関西人、お笑いで周りを和ませる事を得意とする反面、京都人特有の腹黒さを併せ持つ。
    職歴:新幹線パーサー → 旅行会社 → 花屋 → 税理士事務所 → 現在。
    好きな事を仕事としてきた。人機一体では、自分に何ができるか模索している毎日だが、日々楽しく仕事に励む。新しく色んなことに挑戦していきたい。
    性格:負けず嫌い。金岡博士に事あるごとに戦いを挑むが、頭脳戦に関しては今のところ惨敗中。いつか見返してやるという野心を秘めている。

  • 研究開発によって世の中の課題を解決させる「リアルテックベンチャー」の支援に特化したリアルテックファンドを運営しています。
    IPOによるリターンではなく、優れた技術の社会実装を追求したファンドです。

What we do

  • 人型重機「零一式人機」
  • 2017 年度 株式会社人機一体 10 周年記念 内覧会

株式会社人機一体 は、金岡博士の理念と先端ロボット制御工学技術をコアに、パワー増幅マスタスレーブシステムとしての「人型重機」を開発・社会実装することにより「あまねく世界からフィジカルな苦役を無用とする」ことを目指す立命館大学発ベンチャー企業です。

Why we do

  • 実環境で頑健に稼働する人型重機を造る
  • イノベーション・ジャパン 2017

かつて、未来世紀と言われた 21 世紀も、まもなく 20 年が経過しようとしています。
しかしながら、この世界では、危険な作業現場や災害現場において、未だに人が生身で、過酷な苦役に従事しています。

この機械文明の現代で、なぜ未だに、人はフィジカルな苦役を強いられるのか?
ロボット工学こそが役に立つはずなのに、我々は苦役を無くせず、ただ傍観しているしかないのか?

否、我々には技術があります。志もあります。我々は、世界を変えます。
我々が目指す世界、人機社の理想(パッション)は、

「あまねく世界からフィジカルな苦役を無用とする」

ことです。この理想の世界を実現するために、株式会社人機一体は「本物のロボット」、すなわち「巧緻な重作業と不整地二足歩行が可能な人型重機」を社会実装します。

How we do

  • 零一式人機 操作機(零一マスタ)概念図
  • 零一マスタによるマスタスレーブ操作

我々のプロダクトのベースは、金岡博士の独自技術「パワー増幅マスタスレーブシステム」です。これは、まるで人型重機のボディが自分の身体の一部であるかのような憑依感、すなわち「人機一体」を、ロボット制御工学を駆使して実現する技術です。これによって「巧緻な重作業と不整地二足歩行が可能な人型重機」を、人が直感的かつ自在に操作できるようになります。

金岡博士と「パワー増幅マスタスレーブシステム」の概要については、こちらの動画をご覧ください。

 ELIZA スペシャル
 〜 技術の力で未来を切り開く企業たち 〜
 https://youtu.be/mr-yKnerYIU?t=9m7s

見た目だけで力学的機能を持たないオモチャロボットではなく、人に役立つ力学的機能を備え、人の身体能力を拡張する「本物のロボット」としての人型重機の社会実装を実現するために、あなたの熱意と力を貸して下さい。

//////// 参考記事
//
// ▶︎それでもスーパーロボットは動くのだ
// https://www.wantedly.com/companies/jinki/post_articles/104182
//
// ▶︎2016/02/12 + QREATORS > Pepper は道化。ロボットではない!
// 金岡博士が語る「本物のロボット」がつくる未来とは
// http://qreators.jp/content/443/

//////// 必須条件
//////// 下記が満たされれば、他の属性(年齢、性別、学歴、職歴、国籍等)は問わない。
//
// 人機一体・金岡博士の志を共有できる方
// ロボットの社会実装のために地道な努力のできる方(ロボットに妙なロマンを持たない)
// 日本語でのコミュニケーションに問題がない方
// 滋賀県草津市でのフルタイム勤務可能な方
// 喫煙されない方
// 反社会的勢力との関係のない方
// 善良な方

//////// 歓迎条件
//////// 以下のいずれかのスキルを持っていることを推奨する。
//
// ロボット工学、機械工学、電気・電子工学、力学、数学
// 機械設計、製作、工業デザイン(特に自転車・自動車・航空機・船舶・ドローン等の移動体)
// 電気・電子回路設計、製作
// 制御プログラミング、物理シミュレーション
// 一般プログラミング、情報システム管理
// 財務、広報、法務、労務、税務、会計、秘書、知的財産管理
// 事務、文書作成一般
// プロジェクトマネジメント、GTD
// …
// ポジティブで快活な方
// キッチリしている方
// シッカリしている方
// ハッキリしている方

//////// 開発・業務に使用する主要ツール
//////// これらに熟練されていると、なお良し。
//
// Slack、Asana、Instagantt、OmniFocus、DocBase、freee、Wantedly
// SOLIDWORKS、Blender、Unity
// LabVIEW、MATLAB/Simulink/Symbolic Math Toolbox、C++
// HTML、JavaScript、AppleScript、ShellScript
// Macintosh、Word/Excel、Keynote、iMovie、Photoshop、Illustrator、OmniGraffle、LaTeX

As a new team member

//////// 2018/01/18(木)13:08:16 現在、本募集は依然有効です。
//
本募集は、工学部や工学研究科、あるいは高等専門学校(高専)で制御工学・ソフトウェア工学を学んだアナタ、単なる IT 系のソフトウェアではなく、物理系のプログラミングが得意という若干特殊なアナタ、LabVIEW 使い、MATLAB 使いのアナタへのラブコールです。

ご存知の通り、株式会社人機一体では人型重機の社会実装を実現するために、ロボットを日々、地道に開発しています。我々のロボットは「リアルテック」、物理的実体を持つロボットです。いわゆる「ボット」ではなくメカメカしているということです。そのような我々が今、必要とするソフトウェアは主に以下の三種類です。

1)力学ベースのロボット制御工学にもとづくロボット制御プログラム
2)力学ベースのロボット制御工学にもとづくロボット制御シミュレーション
3)画像処理、VR、AR インタフェース

本募集は、1)ロボット制御プログラム を対象とします。

私(金岡博士)のプロフィール https://www.wantedly.com/users/52136720 の「研究室・ゼミ」の項目をご覧いただければ、日本でロボット工学を学んだ方なら、私がどのような学術的バックグラウンドを持つか想像できると思います。私が師事した先生方は皆、いわゆる自称「発明家」のような小手先の工夫ではなく、力学と制御の原理原則を大切にされる大先生でした。

私にとってロボットは(主にニュートン力学の)運動方程式です。ロボットの力学と環境の力学(自然のルール)をよく理解した上で、そこに制御という人工のルールの楔を打ち込むことによって運動方程式を操り、力学的機能を思い通りに実現する。それが、私の考える力学ベースのロボット制御工学です。

我々が開発するマスタスレーブシステムとしての「人型重機」という多自由度システムにおいて、制御という人工のルールの楔を鋭くするには、高速な計算が可能で、マルチスレッドのリアルタイム制御の時間管理が容易で、かつ分散大規模システムの開発と運用が手間なく行なえる開発環境が必要でした。長らくそのような開発環境を探していましたが、2014 年ごろにやっと出会えました。

今、人機一体社では NI LabVIEW をロボット制御の標準開発環境としています。LabVIEW を使うことによって、これまでの苦労は何だったのだろうと思うほど、制御ソフトウェア開発は効率化されています。開発の具体例については、例えば以下の記事をご参照ください。

// ▶︎2015/03/30 + NI > ソリューション > ユーザインタビュー
// 「真の」マスタスレーブ式ロボットがロボットバトルに参戦、その超短期開発を可能にした NI 製品
// http://japan.ni.com/usersolutions/realrobot
//
// ▶︎2015/03/27 + NI > ソリューション > ユーザ事例
// LabVIEW/CompactRIO により、バイラテラル制御のマスタスレーブ式ロボットを超短期間で開発
// http://sine.ni.com/cs/app/doc/p/id/cs-16640#

アナタのプログラムで人型重機を思い通りに動かす。ピンと来たら、ぜひ人機社に来て LabVIEW ブロックダイアグラムを組んでみてください。

Highlighted posts

それでもスーパーロボットは動くのだ:「パワー増幅技術と不整地二足歩行技術に基づく巧緻な搭乗型重作業機械の開発」に係る質疑応答
最悪のシナリオ(2)
人機四コマ vol.14:どこでも座れる男
Other users cannot see whether or not you're interested.
11 recommendations
Company info
株式会社人機一体
  • Founded on 2007/10
  • 6 members
  • Expanding business abroad /
    CEO can code /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 滋賀県草津市野路東 1-1-1 立命館大学 BKC インキュベータ 105 号室
  • 本物の人型重機を造る精鋭エンジニア(制御ソフトウェア)を募集
    株式会社人機一体