Discover companies you will love

  • 事業開発/リモート可
  • 3 registered

累計調達額100億超!事業成長をリードする事業開発募集!

事業開発/リモート可
Mid-career

on 2024-01-23

114 views

3 requested to visit

累計調達額100億超!事業成長をリードする事業開発募集!

Mid-career
Mid-career

Seigo Hara

臨床・政策・ビジネスと視点を変えながら、医療を仕組みとしてよりよいものにしていくことを目指してきました 現在は、オンライン診療や、医療情報を活用した予防・疾病マネジメントの向上を目指したデータ事業を展開

【教えてCEO!MICIN CEO 原聖吾への12+αの質問】

Seigo Hara's story

Ryoichi Kusama

マッキンゼー東京支社・ニュージャージー支社を経て株式会社情報医療を創業。 マッキンゼーでは、ヘルスケアの領域で、日本、米国や欧州にて、民間企業や政府組織にコンサルティングサービスを提供。 IoT等デジタルツールを活用した患者エンゲージメントのプロジェクトを多数経験。 株式会社情報医療では、営業・マーケティング・サービス/オペレーション設計・事業開発・戦略等を担当。 京都大学大学院工学研究科卒。

MICIN, Inc.'s members

臨床・政策・ビジネスと視点を変えながら、医療を仕組みとしてよりよいものにしていくことを目指してきました 現在は、オンライン診療や、医療情報を活用した予防・疾病マネジメントの向上を目指したデータ事業を展開

What we do

「こんな病気になるなら、こんな生き方をしていなかったのに」という、人生の最期の後悔を、なくしたい。 代表の原は、大学卒業後、臨床現場で医師として働いていました。そこで会った少なくない数の患者様が、人生の最期に自分の生き方を後悔していました。 わたしたちは健康な時は「自分はずっと健康なまま生きていく」と思いがちです。しかし、現実には大きな病気にかかるリスクは誰にでもあり、その事実に気づくのは大抵の場合、症状が深刻な状況になってからなのです。 「情報化が進む中、様々なデータを集め、解析することで、健康なうちからリスクを知り、将来の病気の可能性を知ることができるのではないか。」「診断した病気の治療をするのではなく、医療の仕組み自体を変えることで、「すべての人が納得して最期を迎えられる」時代が作ることに貢献したい。」 MICIN創業、そしてビジョンの背景にあるのは、そんな思いです。 ▼詳細は以下会社紹介をご覧ください▼ https://speakerdeck.com/micin_hr/micin-company-introduction-hui-she-shuo-ming-zi-liao-67f2bb8a-f585-4c48-9b3b-2b7330b071d0 現段階で公表できない案件も多くありますが、面談・面接ではできるだけ最新の情報をお伝えしたいと思います。
ビジョン実現のため、既存・新規問わず、多くの事業に取り組んでいますが、やみくもに規模は追わない厳選採用をしており、少数精鋭での運営になります。自然と各メンバーへの裁量は大きくなり、指示を待つのではなく「自ら仕掛ける」ことが求められます。
出社の際に、コミュニケーションが取りやすかったり業務に集中がしやすいように設計しております。
医療、IT、ビジネス…様々な領域で濃い経験を積んだメンバーが集い、互いの考えをぶつけ合いながら切磋琢磨しています。
お互いの力を活かしながら未知の領域を切り開くため、コミュニケーションも非常に大事にしています。

What we do

ビジョン実現のため、既存・新規問わず、多くの事業に取り組んでいますが、やみくもに規模は追わない厳選採用をしており、少数精鋭での運営になります。自然と各メンバーへの裁量は大きくなり、指示を待つのではなく「自ら仕掛ける」ことが求められます。

「こんな病気になるなら、こんな生き方をしていなかったのに」という、人生の最期の後悔を、なくしたい。 代表の原は、大学卒業後、臨床現場で医師として働いていました。そこで会った少なくない数の患者様が、人生の最期に自分の生き方を後悔していました。 わたしたちは健康な時は「自分はずっと健康なまま生きていく」と思いがちです。しかし、現実には大きな病気にかかるリスクは誰にでもあり、その事実に気づくのは大抵の場合、症状が深刻な状況になってからなのです。 「情報化が進む中、様々なデータを集め、解析することで、健康なうちからリスクを知り、将来の病気の可能性を知ることができるのではないか。」「診断した病気の治療をするのではなく、医療の仕組み自体を変えることで、「すべての人が納得して最期を迎えられる」時代が作ることに貢献したい。」 MICIN創業、そしてビジョンの背景にあるのは、そんな思いです。 ▼詳細は以下会社紹介をご覧ください▼ https://speakerdeck.com/micin_hr/micin-company-introduction-hui-she-shuo-ming-zi-liao-67f2bb8a-f585-4c48-9b3b-2b7330b071d0 現段階で公表できない案件も多くありますが、面談・面接ではできるだけ最新の情報をお伝えしたいと思います。

Why we do

医療、IT、ビジネス…様々な領域で濃い経験を積んだメンバーが集い、互いの考えをぶつけ合いながら切磋琢磨しています。

お互いの力を活かしながら未知の領域を切り開くため、コミュニケーションも非常に大事にしています。

たとえば、生活習慣病は日々の健康を管理することにより防ぐことができるものですが、医療現場の多くが多忙を極めており、事前予防に関しての適切なアドバイスや、きめ細やかなケアや指導をしていくことがあまりできていないのが現状です。 また、患者の数だけ蓄積している医療情報も、いまは無秩序に散乱しています。 私たちMICINは、これまで病院にあった医療データを自分で所有できるようにしたり、AIを活用してそのデータを分析し、 自ら納得して医療を受けられるサポートをしたり、スマホのオンライン診療を通じて医療情報をデータ化していきます。 そうやって、医療をもっと身近な存在へと変えることで、これまで以上に自分のカラダを大切にするようになったり、 ふだん食べるものや生活習慣が変わり、 納得して毎日を生きられるようになる。そういう世界を実現したく思っています。

How we do

出社の際に、コミュニケーションが取りやすかったり業務に集中がしやすいように設計しております。

ビジョン実現のために5つのVALUEを大事にしています。 【VALUE】 Initiate 起点メイク 自ら仕掛け、常に変化の起点となろう。 出来ない理由より、出来る方法を考え、 まずは一歩踏み出そう。 Ownership 当事者意識 どんな時も決して他人のせいにせず、 自分ゴトとして考え、向き合おう。 その姿勢が、新たな機会を生み出す。 Persist 完遂イズム 新たな挑戦は、思い通りにいかないのが当たり前。 困難を乗り越えて、粘り強くやり切る。 やり切るからこそ、見える世界がある。 Integrity 信頼ベース 約束を守ること。誠実であること。 それらの積み重ねから生まれる信頼は、 あらゆる成果の基礎となる。 Engage チームMICIN 立場を超えて、尊重し合い、刺激し合う。 社会を進化させる大きなチャレンジは、 一人や一部門では成し得ない。 医師である代表の原をはじめ、事業開発やデータ分析、自然言語処理といった分野に強みを持つ多才なメンバーが集まっています。医療への思いを持った様々な分野のスペシャリストとの協同で業務を進めることが可能です。

As a new team member

【募集背景】 「そもそも治験とは何か?」 「どんな課題があるのか?」 「なぜMICINがこの領域で事業を行っているのか?」 まずは上記のような疑問を持たれた方はこちらの記事を御覧ください。 ・治験を変革するMiROHAとは:前編(https://note.micin.jp/n/n96a724d385de) ・治験を変革するMiROHAとは:後編(https://note.micin.jp/n/n4b4ff3b726b9) 新しいお薬を世に出すプロセスである治験、日本では年間で2,000億円以上が費やされてきました。また、その6割が人件費です。日本の治験プロセスは世界と比べてもアナログなオペレーションが多く残っており、非効率で高コストと言われています。 高コストな日本での治験は、このままだと製薬企業から見放されてしまいます。日本での治験がなくなっていき、欧米で利用できる新薬が日本では使えなくなる可能性があります。「世界で最新のお薬が日本でも使える」という当たり前の世界が無くなってしまうのです。 治験オペレーションというニッチな領域に特化し、オペレーションの効率化を狙っているVertical SaaSのプロダクトがMiROHAです。治験プロセスのデジタル化が進めば、市場の構造そのものが大きく変わります。 ニッチな領域だからこそ参入障壁も高く、深いドメイン知識を持つMICINのプロダクトチームが強みを発揮しやすい領域でもあります。 私たちは「デジタルで臨床開発をもっと簡単に、もっと身近に」を事業ミッションに掲げ、臨床試験のデジタル化と効率化を実現する”MiROHA(ミロハ)”というプロダクトを活用し、日本の治験オペレーションに変革をもたらします。 治験オペレーションの様々な「無理」や「無駄」を無くし、患者さんに価値ある医薬品が、より多く、より早く、より安く、世の中に届けば、お薬を待っている人の、納得して生きて、最期を迎えられることに繋がります。 日本でも新しいお薬が当たり前のように使えるという世界を維持するために、治験オペレーションのデジタル化を進めるDCT(分散型の臨床試験)という概念が注目されています。政府のがん研究10か年戦略(https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=75890&;ex231227e)の中でも取り上げられました。 今までの経験や専門性を超え、MiROHAを磨き込みながら普及させていき、新しい治験オペレーションのあるべき姿の実現に向け、一緒にチャレンジいただける方を募集しています。 【仕事内容】 DCT事業の売上を成長させるため、営業チームにて新規顧客開拓からクロージングまでの一連のプロセスにて高いオーナーシップを発揮いただきます。世に普及していない新しい概念を浸透させるため、DCT事業のメンバーの一人ひとりがエバンジェリストになる必要があります。まだ定型化されたサービスの売り方は無く、伴走しながら顧客の抱えている課題を一緒に解決し、結果としてそれが売上につながることになります。DCTについて「日本で一番詳しい人」となることで、製薬企業の意思決定者や、様々な疾患領域の影響力の大きな医師からも、頼られる存在となっていきます。課題解決型の営業を進めつつ営業プロセスの型化を行い、スケールしやすい営業チームづくりにも貢献いただきます。 <具体的な仕事内容> 以下に幅広く関わっていただきつつ徐々にご自身でオーナーシップを持って進めていただける領域を広げていくことになります。 ・製薬企業や医療機関からのリード獲得施策(自社ウェビナー、学会セミナー、ユーザーコミュニティ等)の企画・準備・実行 ・製薬企業からの案件獲得に向けた営業全般(社内課題の特定、面談資料の準備、提案、フォローアップ、等) ・医療機関との関係深化に向けた営業全般(医師への啓蒙のための院内勉強会の実施、個別面談を通じたDCT啓蒙、等) 【必須スキル】 以下いずれかのご経験を1~3年程度お持ちの方 ・事業会社(スタートアップ含む)にて、To Bの顧客に対するプロダクトやサービスにて、課題解決型の営業を行い、成果を出したご経験 ・事業会社(スタートアップ含む)にて、新規事業の立ち上げに関わり、顧客課題の解像度を上げ、初期顧客の獲得までに携わったご経験 ・コンサルティングファーム等にてクライアントの課題解決を自らリードし、顧客に付加価値を提供したご経験 なお、製薬企業や医療機関向けの営業の経験は不問です。 【その他】 ・オンボーディング制度や社内勉強会、月に一度の全社共有会の開催など有り ・事業や業界へのキャッチアップや、他部門に関わる情報発信などを大切にしています
0 recommendations

    0 recommendations

    What happens after you apply?

    1. ApplyClick "Want to Visit"
    2. Wait for a reply
    3. Set a date
    4. Meet up
    Job Post Features
    Online interviews OK

    Company info

    Founded on 11/2015

    130 members

    • Funded more than $1,000,000/
    • Funded more than $300,000/

    東京都千代田区大手町2-7‐1 TOKIWAブリッジ12階