1
/
5
コンサルタント/PMO
Mid-career
on 2022-12-06 30 views

キャリアチェンジからスタート、業務・ITコンサルタント職

BAMV合同会社

BAMV合同会社 members View more

  • OA機器販売→IT・人材→起業 というのが大きな流れ。
    とはいえ転職回数がめちゃ多い。
    その結果、経験範囲は下記のような事に。

    ガチ派遣会社の営業・人材紹介のキャリコン・求人広告の営業やバックオフィス・フリーランスのエージェント・ソフトハウスの営業さん(SAPコンサル・ケータイアプリ・組込み・業務システム)

    ほか、派遣で現場入ったり、元上司の起業に絡んでみたり、中小企業診断士の勉強してみたり。

  • 佑哉 今野
    Sales

  • 現在、我々はエンジニアを中心としたメンバーで構成、採用活動を行っています。
    現場の話なども実体験を基にお話しできるかと思います。

    ■中の人の直近の案件です
    〇化粧品小売店:顧客カウンセリング情報を登録する台帳アプリのバックエンド開発
    ・TypeScript (Express)

    〇大手流通小売店:ネット販売システムと運送会社をつなぐシステムの開発
    ・Java (Spring Boot)

    〇携帯キャリア:Webサービス開発用共通基盤および共通部品開発・運用
    ・Java (Apache Sling)
    ・JavaScript
    ・LESS
    ・Adobe Experience Manager
    ...

What we do

  • 株主利益や経営層の安定の為に仕事してる訳ではない
  • 自分らの為に仕事するのだ!

私たちは、変化の激しい市場環境で戦うクライアントに対して、ビジネス上の課題の特定からIT技術による解決までを、包括的・シームレスに援護する。ソリューションベンダーです。

BAMVは、
・業務・ITコンサル領域を得意とするコンサルタント・PMO
・変化に対応する機敏な開発チームとして、アジャイルチーム
のふたつを武器に、顧客の課題解決を行います。

日本のエンドユーザーは、解雇制限があるが故、高度なITスキルを持つ人材を簡単には雇用できません。この特殊性が、日本国内市場での【慢性的なエンドでのIT人材の不足】を産むことになっています。

この問題に対しての解決策が、既存のコンサルファームやSIerと言う事になりますが。
コンサルファームは自社が担ぐパッケージを。SIerはシステム開発を受注する事が優先され、ある意味、目的のための手段となりがちな面もあります。大企業向けのサービスとも言え、致し方ない面もありますが。

対して我々は、高ブランドかつ大規模な企業と言う訳ではありません。
高額・専門領域の狭いコンサルタントが必要な領域ではなく、中堅規模の事業会社をターゲットに。
その中でも特に、市場の変化が競合との競争が激しいビジネスのクライアントに対して、専門分野を狭めず幅広く支援。

市場変化・競合との競争が激しい領域では、様々な要因でシステム開発の方向や実装の優先順位が変化します。このため、『最初に作るものを全て決めてしまう』請負契約での一括発注や、パッケージの導入などが、最適な方法にならないケースが出てきてしまいます。その為、『アジャイル』と言う手札が重要になります。

特定のプロダクト導入やオフショアリソースでのシステム開発発注を目的とせず、クライアントにとって最適な手段を選択し提案。その実行を支援。 必要に応じて、変化に機敏に対応するアジャイルチームの導入。我々の手離れの為にも、エンドユーザーの一部内製化の支援も行います。

----------------------------------------

これを実行できる組織を作るには機会損失と時間投資が大きい為。実行できればほとんど競合による追撃が存在しない事業領域となるかと思います。(多くのファームが提案するのは”エンタープライズアジャイル”的なもので、本来のアジャイルとはかなり違う。)

また、ITスキル/コンサルティングスキル と言った『強み』の能力は、市場に合わせ、時代に合わせ、最新技術に合わせ、柔軟にサービス内容を変化させて行く事も可能でしょう。

Why we do

  • ふつうの会社が、ないんだよなあ・・・
  • ブランドはウチで作れる。一緒にやるのは、はみ出しモノ『が』よいのだ!

本事業部は、BAMV内でも後発の部署として、2017年の年末に設立されました。

当初の目的は、スクラム開発等における問題『エンドにおけるプロダクトオーナーの不足』を、POAとして補佐する事で解決できる人材を育成。のちの事業展開をスムーズにしていく役割の、比較的マネジメント要素が高い部署でした。(この機能はいまでも残っている)

設立後、実際にクライアントとやり取りしていくうち、開発前の段階。コンサルフェーズでの業務が増えていき、ITコンサルティング、その前の業務コンサルなどと、徐々に守備範囲を拡大。事業展開上は既存のコンサルファームとの差別化も意識しつつ、現在に至ります。

学歴・職歴面での高ブランドを持ちつつ、顧客満足をゴールとして主体性を持ち、実際にコンサルティング業務を遂行できる人材の採用というのはさすがに困難で、しかし、ブランドだけ立派で中身がスカスカと言う人材の採用をするわけにもゆかず。

主な採用ターゲットは、異職種からのスキルチェンジ希望者に。
課題解決を提案し、推進する事が割と得意だとか、やってみたら面白かったとか。
マネジメント方向性で職歴を作ろうと思ったが、いきなりマネジメントポジションで採用される事なんか普通無いから応募したとか。そういう人物像のメンバーが多く所属しています。

How we do

  • 行動指針がだいぶアジャイルに寄った。
  • べつにミクさんのファンとかではないが。

当部署は、市場理解が深まり、方向性が固まってきているのはここ2年ほどで、その後に積極増員に出ています。質より量と言う事はありませんので、いきなり大きくなったりはしませんが、現在はホントの意味での少数精鋭な、かつベンチャービジネスっぽい雰囲気の部署となっています。

当社のコンサルタントは問題解決能力に長けたスペシャリストとして、多種多様な企業様の課題を定義し、企画〜運用まで付き添い、お客様と共に実行していきます。
コンサルティングにおいての専門分野はそれぞれが異なり、社員が将来どういった存在になっていきたいかを尊重しています。

【業務内容】
まずはITコンサルタントとしてシステム開発プロジェクトを推進し、組織を動かすための必要なスキルを身につけていただきます。
<プロジェクト推進>
・会議の司会進行/議事録
・進捗確認
・データ集計
・お客様への報告/提案
・成果物レビュー/評価
・資料整理
など

【キャリアパス】
・ITディレクター
お客様の課題や背景、ニーズを把握し、ITで解決できる手段を企画・提案を実施します。
また、プロジェクトコントロール(マネジメント)行い、成功に導く職種です。

・ITコンサルタント
プロジェクトにおける全体の責任者・管理者となる立ち位置です。プロジェクト完遂までに必要となる予算や規模を見積もり、メンバーの選定なども行います。
自社や関連会社のプロジェクトマネジメントを行うこともあり、他社プロジェクトのPMを代行するケースもあります。

・総合コンサルタント
業務コンサルティング、事業コンサルティング、戦略コンサルティングなど、上流のコンサルティングを行います。
お客様の潜在的な問題を具現化し、解決するための手段を様々な角度から提案します。
お客様の問題を解決するだけでなく、数値のコミットメント、組織改変なども行います。

As a new team member

【配属部署】
2017年12月からの部署で、現在7名。
SE出身者よりも、地頭や思考速度、異業界での提案経験や、ディレクション実務の経験などを重視した採用傾向で、未経験からでも【PMOお手伝い】ではなく【PMO】の職歴に載せる事ができています。

【募集背景】
①需要の増加
DXバブル、また、DX案件が開発フェーズへ進むことでのマネジメント需要増。
そもそもITエンジニアはマネジメントポジションを避ける傾向があるので、恒常的な人不足。

②コンサル事業部の進展
現在、受託の商流のコンサルフェーズ・PMO需要を狙っての営業活動中です。
上記の需要に加え、既存の商流でのPMO需要、ITディレクター需要も発生しています。

【入社後のイメージ】
■入社後
ジュニアのITコンサルタントとして、まずはPMOからスタートします。
PMBOKやVBAなどを学習し、お客様の要望に応えられるよう学習します。
データ集計などで利用するVBAについては、社外研修を想定しています。

■PMOチームへ参画
まずはPMOチームへ参画し、経験を積んでいきます。
大きく、管理→推進→提案・実行という経験を積みます。

■PMOとしてプロジェクトを推進
プロジェクト推進を期待され参画。クライアントを支援します。
少しずつ、クライアント内で業務範囲を広げていき、プロジェクトの管理から、推進・提案の経験を増やしていくことなります。

PMOとして1年~3年ほどで独り立ちし、その後はITコンサルタントとしてプロジェクト統括や、PMOチームをまとめるリーダー、総合コンサルタントへのキャリアアップなど、【お客様からの信頼】を得ることにより、【裁量権のある業務】を任されるようになります。

【自社向けの業務】
BAMVは現在10期目の会社ですが。当事業部はそのなかの新規の事業部となります。
まだ土台が整っていない点もあります、常に会社改善を考え、企画を実行。新規事業である事を言い訳にする風土はありません。

職種的にクライアント先での業務もあるため、一名が自社業務を大量に抱えることはありません。入社して余裕が出てきた際、会社の改善活動に参加いただき、会社の拡大期を支えてくださる人を重視して採用していきたい意向です。

〇キャリアの特性
【マネジメント】
マネジメントを本当の意味で使えている人は多くなく、どの業界にもマネジメントは通用します。
本質的な問題の深堀り、改善提案、プロジェクト推進など、事業として何かを成し遂げるために必要なことが学べます。加齢による市場価値・ポジションの減少などの影響は受けづらいキャリアでもあります。

【課題解決力】
問題の定義、改善提案、プロジェクト推進をしていくうえで必要な思考力を、実際に改善プロジェクトの経験をしながら得られます。道筋の通った提案になっているか、矛盾はないか、影響する多方面の部署を考慮した提案になっているかなど、先輩社員のフォローをもらいながら経験を積むことができます。

【目指すキャリア像】
ITコンサルタント、ITディレクターとして、お客様の課題定義、解決案の提案、プロジェクト推進を行い、お客様のビジネスを我々も一緒になって貢献していきます。

【職種の種類】
・ITディレクター
お客様の課題や背景、ニーズを把握し、課題解決方法の企画・提案を実施。
また、プロジェクトコントロール(マネジメント)行い、成功に導く職種です。

・ITコンサルタント
プロジェクトにおける全体の責任者・管理者となる立ち位置です。プロジェクト完遂までに必要となる予算や規模を見積もり、メンバーの選定なども行います。
自社や関連会社のプロジェクトマネジメントを行うこともあり、他社プロジェクトのPMを代行するケースもあります。

・PMO
プロジェクトを支援する職種です。
リソース・リスク・コストなどの管理や環境の整備、マネジメント方式の標準化などを行い、コンサルタント、ディレクターになるためのマネジメントのベースをPMOとして磨いていただきます。
PMOは、支援するお客様によって担当する内容が大きく以下二つで変動します。(両方やることもあります。)

Highlighted stories

BAMV-LLC-blog(寺野さんの記事)のindex  ※Wantedly blog

1年ぶり2回目。またBAMVで営業の募集するから、やり口を書いておく。

【新卒がIT業界研究につかえる】ITの2次請け・3次請けベンダーの戦略・組織上の特性

What happens after you apply?
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About BAMV合同会社
BAMV合同会社
  • Founded on 2013/08
  • 43 members
  • 東京都千代田区外神田6丁目3−8 ACN秋葉原ビル5階
  • About BAMV合同会社
    BAMV合同会社 wants to talk with you
    Are you interested in this Job Post? Come talk with us