• テクニカルプロダクトマネージャ
  • 1 registered

ゲーム配信サービスの攻めと守りの基盤を作るプロダクトマネージャー募集!

テクニカルプロダクトマネージャ
Mid-career

on 2022-11-17

72 views

ゲーム配信サービスの攻めと守りの基盤を作るプロダクトマネージャー募集!

Mid-career

Toshifumi Sakamoto

ミラティブでデータ分析グループリードと新規事業PMを務める。 2010年京都大学理学研究科修了。大手メーカー系IT企業でSAPコンサルタントとして会計システムの開発に従事。その後、データサイエンティストとしてDeNAで活躍。2014年3月freee株式会社に参画、データ分析チーム・グロースチームの立ち上げ、会社設立freeeのプロデュースなどを経て、現在はMirrativ。データ分析チーム部長。

Akiyuki Nakamura

2009年に東京理科大学を卒業。 在学中の研究分野は動画の符号化。 新卒でソフトバンクBB(現ソフトバンク)株式会社に入社。 BtoB向けグループウェア、SNSの企画・開発に従事。 2014年9月にCrevo株式会社へ1桁社員として入社。 執行役員プロダクトマネージャー兼エンジニアリングマネージャーとして プロダクトのデザイン・システム開発を管掌。 2019年9月から株式会社ミラティブにてプロダクトマネージャーとしてジョイン。

Mao Spring

Mirrativ コミュニティマネージャー。 2006年寺島情報企画に入社。携帯公式サイトの運営、経営企画室にてバックオフィス業務を経験。iPhone3Gの登場から、スマートフォンアプリケーションのディレクション業務に没頭。 2011年AppBankに転職し、手がけたアプリは10本以上。ゲーム攻略アプリのプロデュースをきっかけに、ゲーム実況動画や生放送への出演も経験。 ゲームの成功とコミュニティ成長の密接な関わりを肌で感じ、その知見を Mirrativ に全力でぶつけながら日々奮闘中! 私がミラティブで働く理由 - Gadget Girl http://www.gadget-girl.net/entry/20180410/1523327289 会社員だった私がYouTuberに!? ゲーム実況者『スプリングまお』を経てみつけた居場所 https://careerhack.en-japan.com/report/detail/974 コミュニティチームよりユーザーの皆さまへ――わかりあいたいミラティブの愛をこめて https://www.pr-table.com/mirrativ/stories/14533

株式会社ミラティブ's members

Toshifumi Sakamoto

Analytics & Director

Akiyuki Nakamura

プロダクトマネージャー

Mao Spring

コミュニティマネージャー

ミラティブでデータ分析グループリードと新規事業PMを務める。 2010年京都大学理学研究科修了。大手メーカー系IT企業でSAPコンサルタントとして会計システムの開発に従事。その後、データサイエンティストとしてDeNAで活躍。2014年3月freee株式会社に参画、データ分析チーム・グロースチームの立ち上げ、会社設立freeeのプロデュースなどを経て、現在はMirrativ。データ分析チーム部長。

What we do

◆ 株式会社ミラティブについて スマホ1台でゲーム配信ができるコミュニケーションサービス『Mirrativ』を開発・運営しています。 Mirrativは共通の趣味=ゲームを通じて人と人とがつながる、わかりあう「居場所」を創っています。 スマホ1台・画面数タップでゲーム配信が出来る便利さ、また配信者と視聴者が気軽にコミュニケーションを取れることから、配信者数は430万人を突破し、配信者数日本トップクラスのプラットフォームへ成長しています。 また、ゲームとライブ配信が融合した新たなゲーム体験=ライブゲーミングに注力しています。 配信中のゲームに視聴者が介入するという新たな体験ができ、これは2010年代ゲーム実況の隆盛により「友だちと喋りながら遊ぶ」「ゲーム実況を見る/やる」が当たり前になった2020年代のゲーム体験の最先端になることを我々は確信しています。 ◆ ライブゲーミングの可能性 ライブゲーミングとは、ゲームとライブ配信が融合し新たなゲーム体験です。 昨今のゲームは実況や友だちと一緒に遊ぶことを前提に作られたものが多く、「誰かと一緒にプレイする」「誰かのプレイを見て楽しむ」ことは、この常時接続時代にすでに当たり前の世界になっています。 すでにミラティブでは、R&D的にライブゲーミングの開発を行ってきた中で、2021年12月にリリースしたライブゲーム「エモモバトルドロップ」は、7人の開発人数で約3〜4ヶ月で開発されたタイトルながら開催期間9日間で約5,000万円の売上規模に到達しました。 これはしばしば開発費が数十億にも達し、開発期間も数年といわれるタイトルも現在のスマホゲーム開発における新たなトレンドになりうるとも考えます。 ライブゲームについては日経MJさまや、ファミ通Appさまをはじめ多くのメディアに取り上げていただいており、ゲーム業界のみならずビジネス全体としても多くの方に可能性を感じていただいております。 一方、まだまだライブゲームは黎明期です。 正解を模索しながらR&Dを進めている段階でもあるため、これから挑戦をしていくフェーズでもあります。
数タップするだけで、スマホ画面を共有してリアルタイムで配信が可能。スマホゲームをコミュニケーションと一緒に楽しむユーザーが多数います。
ライブゲーミング = ゲームとゲーム実況の融合
バーチャルオフィスツール:Gather
希望の開発環境をご用意
サービスコンセプト

What we do

数タップするだけで、スマホ画面を共有してリアルタイムで配信が可能。スマホゲームをコミュニケーションと一緒に楽しむユーザーが多数います。

ライブゲーミング = ゲームとゲーム実況の融合

◆ 株式会社ミラティブについて スマホ1台でゲーム配信ができるコミュニケーションサービス『Mirrativ』を開発・運営しています。 Mirrativは共通の趣味=ゲームを通じて人と人とがつながる、わかりあう「居場所」を創っています。 スマホ1台・画面数タップでゲーム配信が出来る便利さ、また配信者と視聴者が気軽にコミュニケーションを取れることから、配信者数は430万人を突破し、配信者数日本トップクラスのプラットフォームへ成長しています。 また、ゲームとライブ配信が融合した新たなゲーム体験=ライブゲーミングに注力しています。 配信中のゲームに視聴者が介入するという新たな体験ができ、これは2010年代ゲーム実況の隆盛により「友だちと喋りながら遊ぶ」「ゲーム実況を見る/やる」が当たり前になった2020年代のゲーム体験の最先端になることを我々は確信しています。 ◆ ライブゲーミングの可能性 ライブゲーミングとは、ゲームとライブ配信が融合し新たなゲーム体験です。 昨今のゲームは実況や友だちと一緒に遊ぶことを前提に作られたものが多く、「誰かと一緒にプレイする」「誰かのプレイを見て楽しむ」ことは、この常時接続時代にすでに当たり前の世界になっています。 すでにミラティブでは、R&D的にライブゲーミングの開発を行ってきた中で、2021年12月にリリースしたライブゲーム「エモモバトルドロップ」は、7人の開発人数で約3〜4ヶ月で開発されたタイトルながら開催期間9日間で約5,000万円の売上規模に到達しました。 これはしばしば開発費が数十億にも達し、開発期間も数年といわれるタイトルも現在のスマホゲーム開発における新たなトレンドになりうるとも考えます。 ライブゲームについては日経MJさまや、ファミ通Appさまをはじめ多くのメディアに取り上げていただいており、ゲーム業界のみならずビジネス全体としても多くの方に可能性を感じていただいております。 一方、まだまだライブゲームは黎明期です。 正解を模索しながらR&Dを進めている段階でもあるため、これから挑戦をしていくフェーズでもあります。

Why we do

サービスコンセプト

◆ Our Mission:わかりあう願いをつなごう 「わかりあうこと」はすべての人の普遍的な願い、 「なかなかわかりあえないこと」は人類の永遠の課題だとミラティブでは考えています。 話すこと、創ること、動くこと。 人のあらゆる営みには「こうありたい」「こうあってほしい」という意志と願いが宿っていると信じます。 すべてのコミュニケーションはその願いの発信です。 それは時に届かず、マクロでは戦争が、ミクロでは孤独や自殺といった課題が、 このテクノロジーが発達した現代でも残り続けています。 それぞれの願いを、尊重しながら、お互いにつないでいくこと。 そしてわかりあえる瞬間を少しでも増やすこと。 その連続で、世界中の幸せの総量をもっと増やしていける ―私たちはそう信じています。 ◆ ゲームを通じて「居場所」を創る、新しいSNS ゲームやエンターテイメントは、出自や言語を超えて人と人をつなぐ強い力を持った媒介です。 「好きなゲームや興奮の瞬間をわかちあいたい」「趣味があう友だちがほしい」…etc、 人それぞれの「わかりあう願い」が、Mirrativでリアルタイムに配信を通じてつながり、居場所となっていきます。 だから、ミラティブは、常時接続の時代における「新しいSNS」だと私たちは捉えています。

How we do

バーチャルオフィスツール:Gather

希望の開発環境をご用意

【社内も、社外も、語りわかりあう組織に】 組織コンセプトは、「語りわかりあう組織」。「わかりあう願いをつなぐ」ことをミッションにしているからこそ、我々は語りわかりあうことを大切にしています。メンバー間の相互理解はもちろん、ユーザーや市場に対してのわかりあいも積極的に行います。 そんな当社には、「ゲーム×コミュニティの可能性に魅力を感じた」「最強のメンバーと最高のビジョンにワクワクした」など、当社の可能性にかけて多彩なメンバーが集まりました。 <メンバーの経歴事例> - 元起業家 - DeNAの新卒MVPエンジニア - 上場規模のスタートアップ執行役員経験者 - 約30万人のtwitterフォロワーを持つコミュニティマネージャー - 大手ゲーム企業のゲーム事業部部長 - メガベンチャーのリードPdM 【働きやすさ×わかりあいを融合した環境】 ◎フルリモート x フレックス 2020年より、ミラティブではフルリモートの体制をとっております。 地元へのUIターンも可能で、実際に関東圏外で勤務をし活躍をしている社員が全体の約13%になります。 また、フレックスのためプライベートとの調整もしやすい環境が整っており、既婚率は約42%と、ワークライフバランスを保ちながら働くメンバーも多く在籍しています。 ◎プレミアムエモイデー 月に1度、雇用形態を問わず、ミラティブが目指す姿を全員で共有する全体MTG「プレミアムエモイデー」を実施しています。 リモート下でも共通認識を持ってわかりあえる会を設けています。 ◎バーチャルオフィス「Gather」 フルリモートで一番不安なコミュニケーションも、バーチャルオフィスで「わかりあい」を深めています。 リアルと同じようにコミュニケーションをシームレスに行うことができるため、軽い相談や雑談もすぐにできるところも魅力の一つです。 ◎希望の開発環境をご用意 デュアルディスプレイに加え、作業用のPCはwin/macから選択可能です!

As a new team member

【仕事内容】 アプリMirrativの機能開発、ライブゲーム開発パートナーに向けた管理画面やAPIの開発等、ミラティブ全体の基盤を作り上げるプロダクトマネージャーとしてご活躍いただきます。 デザイナー、エンジニアと綿密にコミュニケーションを取りながら、ユーザーやパートナーに向き合い続けていただくポジションです。特にミラティブは多くのメンバーと意見を交わしながら開発を進めていくスタイルをとっています。エンジニアリングの知識をベースに、開発について仕様策定を円滑に進めていただくような方を求めています。 例) ・プロダクトビジョンや目標、ロードマップの策定 ・開発アイテムの起案・優先順位付け ・アプリ仕様改善 ・開発パートナー向けAPI、機能開発 ・広告主向け機能開発など、toB、toC問わず多岐に渡った開発をリードいただきます ・要件定義 ・メトリクス設計・データ分析  【必須要件】 以下いずれかの経験 1)プロダクトマネージャー経験1年以上(toC/toB問わず) 2)バックエンド開発経験(3年以上)で、企画や改善にも携わった経験 【歓迎要件】 ・マイクロサービスのAPI設計、プラットフォームにおける外部企業が管理するサーバーを利用したAPI設計を行った経験 ・SIer、SaaS企業などでのtoBサービスのプロダクトマネージャー経験 ・セキュリティに関する知識を有しながら業務を遂行した経験 ・複数のプロジェクトを同時に管理した経験 ・情報設計などUXに関する知識・デザイナーと協働した経験 【求める人物像】 ・当社のミッション・ビジョン・行動指針に共感いただける方 ・数字に強く、論理的思考が強い方 ・複数のステークホルダーと議論し、円滑に業務を遂行できる方 ・強いリーダーシップと問題解決能力を持つ方 【採用背景】 ミラティブでは「わかりあう願いをつなごう」をミッションにゲーム配信プラットフォーム 『Mirrativ』 の開発/運営を行っています。 Mirrativはリリース以降、スマホ1台でライブ配信ができる手軽さが好評を博し、現在では、「スマホゲーム配信者数で日本最大級」のゲーム配信プラットフォーム、ゲームを通じたSNSとして成長しています。 Mirrativでゲームを一緒にあそぶ友だちが増えて、もっとゲームが面白くなる。そんな体験をしてもらうために、日々プロダクト開発を行っています。 特に直近では、 ユーザー向けの基盤開発/改善はもちろん、広告主や、ライブゲームを共に提供するゲーム開発会社(ライブゲーム開発パートナー)に向けた、toB向けのAPI機能開発・改善なども優先度を高くして実行しています。 更に、近年の配信市場の急拡大に伴い、より安全にMirrativをご利用いただけるような ”守りの開発” も遂行しています。 我々が目指すのはゲームを通じ、人と人とがつながって豊かになっていく世界です。モバゲー、GREE、SteamやAppleのような、 多くの人が楽しめるオープンプラットフォームを作り上げていくことに邁進しています。 そういった全方位のステークホルダーに向けてより良いプラットフォームを提供するため、体制強化を図るべく本ポジションの募集を開始しました。   【このポジションの魅力①toB、toCどちらも経験できる】 このポジションは、Mirrativ全体のプロダクト・事業を伸ばす重要なポジションです。 前述の通り、まずはtoBに向けた基盤を開発しつつも、ユーザーに向きあっていただくことも可能となります。 toB、toC問わずに経験をを発揮いただくことが可能な領域です。言い換えれば、どちらかの経験しか有していない場合でも、新たな領域にチャレンジいただけるようなポジションとなっています。 【このポジションの魅力②配信、アバター、メタバース領域等次世代プロダクトへの未知なるチャレンジ】 Mirrativは昨今隆盛を極める配信産業、アバター産業、ゲーム、コミュニティ、メタバースなど次世代の要素が複合的に存在するサービスです。 さらに「ライブゲーム」という、新しい領域にもチャレンジの幅を広げ、メディアにも注目をいただけております。 直近では日経トレンディの「スタートアップ大賞2022」で大賞を受賞しました。 Mirrativ自体は2022年8月に7周年を迎えたものの、新しいことにチャレンジをし続けていることもあり、まだまだ正解のないものが数多く潜んでいます。7年運営を続けてきた知見と財産を活かしながらも、ゼロイチに挑戦したい方も歓迎いたします。

0 recommendations

1 requested to visit

Other users cannot see whether or not you're interested.

0 recommendations

Company info

Founded on 02/2018

109 members

  • Funded more than $1,000,000/
  • Funded more than $300,000/

東京都目黒区目黒2丁目10−11 目黒山手プレイス 8階