1
/
5
エンジニアリングマネージャー
Mid-career
on 2022-10-06 1,230 views

急成長産直ECで地方創生に貢献!エンジニアリングのバリューを最大化するEM

株式会社雨風太陽

株式会社雨風太陽 members View more

  • 1994年生まれ27歳。東京生まれ東京育ちで、第2のふるさとは鳥取。

    東京大学法学部を卒業して、卒業後の3年間は、総務省で行政のデジタル化を推進していました。そして、2020年より雨風太陽にジョインし、21年7月からは産直EC「ポケットマルシェ」担当の取締役をしています。

    社長の高橋博之は、20歳のときに講演会で出会い、こんなにエネルギーを発して生きている人がいるのかと印象に残っていました。それが社会人になってから再会し意気投合して語り合うようになり、今に至ります。



  • 現在ヤフー株式会社にプロダクトマーケとして在籍しています。

    ■職務要約
    2014年
    ヤフー株式会社に入社後、システム企画として SEO 内部施策やスマホ対応の改善を実施。
    翌年からリーダー兼、ショッピングアプリ TF プロジェクトマネージャーとして、要件、設計、PDCA を実施。
    2017年
    システム企画の部長職、サービスマスターに昇進。2017 年にライブコマースを立ち上げ、ユーザー向けと配信者向けツールをローンチ。
    2018年
    デザイン企画部の部長職を兼務し、2019 年からPayPayモールの立ち上げをPMとして経験し、ZOZOの出店立ち上げに参画。OMO とカテゴリバーティ...

  • Railsが好きです。
    現在は、ポケットマルシェにお世話になっています。
    現在の会社にお世話になる前は、アクトインディで働いていました。
    その前は、地元の市役所で公務員を2年半、その前は、ロンドンでウェブエンジニアとして9年ほどECサイトの開発・運用に携わっておりました。

  • 雨風太陽で人事を担当しています。

What we do

  • 生産者と消費者が直接つながり、コミュニケーションをとりながら旬の食べものを売り買いできるプラットフォーム「ポケットマルシェ」
  • 生産者を特集した情報誌と、彼らが収穫した食べものがセットで届く食べもの付き情報誌「食べる通信」

株式会社雨風太陽は、「都市と地方をかきまぜる」というミッションのもと、事業を展開しています。
生産者と消費者が直接やり取りしながら旬の食べものを売り買いできる産直アプリ「ポケットマルシェ」、寄附者と生産者が直接つながるふるさと納税サービス「ポケマルふるさと納税」、食べもの付き情報誌「食べる通信」の運営を行うほか、電力事業や地方留学事業の立ち上げを進めています。
地方自治体との連携も強化し、複数の事業を通じて、地域や地域の人々と多様に関わる「関係人口」の創出を促進しています。

▼産直アプリ「ポケットマルシェ(ポケマル)」
「ポケットマルシェ」は、生産者と消費者が直接つながり、コミュニケーションをとりながら旬の食べものを売り買いできる産直アプリです。
約6,800名の農家さん・漁師さんが登録し、約16,000品の食べ物の出品と、その裏側にあるストーリーが提供されています。
食材のおいしい食べ方や生産にかける想いを聞いたり、ごちそうさまを伝えたりするなど、生産者とSNSのように直接やりとりができることがポケマルの魅力です。
コロナ禍をきっかけに、ユーザ数は約10.4倍、注文数はピーク時に約20倍となり、現在は約54万人のユーザーが「生産者とつながる食」を楽しんでいます。(2022年6月時点)
https://poke-m.com/

▼食べもの付き情報誌「食べる通信」
「食べる通信」は、生産者を特集した情報誌と、彼らが収穫した食べものがセットで届く食べもの付き情報誌です。
全国約20通信が発行され、地域に根ざした編集者が、惚れ込んだ生産者の人柄や生き方を地域の魅力あふれる食べものとともに伝えています。
読者は、SNSグループや生産現場・消費地でのイベントを通して生産者と交流でき、豊かな食体験を楽しんでいます。(2022年6月時点)
https://taberu.me/

▼ふるさと納税サービス「ポケマルふるさと納税」
「ポケマルふるさと納税」は、返礼品の生産者と寄附者が直接つながる、日本初のふるさと納税サービスです(特許出願中)。
寄附者と生産者・地域が「関係人口」として継続的につながるきっかけを作ることで、「返礼品合戦」がメインのふるさと納税から脱却し、中長期的に地域の活性化に寄与することを目指しています。
現在、参加自治体数は36自治体、参加生産者数は約360名です。(2022年6月時点)
https://poke-m.com/furusato

▼電力事業
生産者が畑の上に太陽光発電設備を設置し、電気と食べものを同時に作るソーラーシェアリングを推進しています。
また、生産者が作った電気を消費者に販売する電力小売事業を開始します。
食と同様に、電気も私たちの生活に欠かすことができないものであり、多くは地方で作られ、多くは都市で消費されています。
食に続き、電力の領域でも、地方と都市をつなぐ新しい関係性を構築します。
https://ame-kaze-taiyo.jp/electricity/

▼地方留学事業
「旅」と「学び」を掛け合わせ、日本全国の生産者のもとで自然に触れて命の大切さを学ぶ、親子向けの地方留学プログラムを開始します。
地域に根ざした生産者だからこそ実現可能な農漁業体験の提供を通じて、地方滞在を楽しみながら、食べることや生きることについて学べる機会をつくります。
https://aozora.travel/

▼沿革
2013.05 NPO法人東北開墾設立(2013.10.16法人格取得)
2013.07 「東北食べる通信」創刊
2014.04 一般社団法人日本食べる通信リーグ設立。「食べる通信」モデルの全国展開スタート
2014.11 「東北食べる通信」が「グッドデザイン金賞」受賞
2015.02 株式会社KAKAXI設立(2016.03.31に株式会社ポケットマルシェに商号変更)
2016.06 「食べる通信」が「第1回 日本サービス大賞 地方創生大臣賞」受賞
2016.09 「ポケットマルシェ」サービスリリース
2017.04 「ポケットマルシェ」が「新経済サミット2017 NEST STARTUP CHALLENGE」で優勝
2017.09 ユーグレナ・メルカリ等を引受先とする第三者割当増資を実施、資本・業務提携
2019.08 電通・小橋工業等を引受先とする第三者割当増資を実施
2020.08 丸井グループ・オレンジページ等を引受先とする第三者割当増資を実施
2020.12 農林中央金庫を引受先とする第三者割当増資を実施
2021.09 「ポケマルふるさと納税」サービスリリース
2022.04 株式会社雨風太陽に商号変更

Why we do

  • 消費者からの「ごちそうさま」「ありがとう」の声で、生産者の仕事に一層のやりがいや誇りが生まれています。
  • 生産者がどんな想いでどんな風につくっているのかを知り、消費者は食事に一層の楽しさを見出しています。

株式会社雨風太陽は、東日本大震災をきっかけに生まれました。

当時、岩手県議会議員だった代表の高橋が目にしたのは、それまで交わることのなかった都市の消費者(支援者)と地方の生産者(被災者)が被災地で初めて出会い、お互いを知り、活動を共にするにつれて関係性が深まっていく様子でした。

東北の農漁村は、震災前から過疎・高齢化で疲弊していました。食べものをつくっている生産者自身が食べていけない、後継者がいない、耕作放棄地が広がる、鳥獣被害が増える、気候変動が猛威を振るう…

ボランティアとして被災地に訪れた都市の消費者は、そのような地方の生産現場の実態に心を痛めたり、食べものの裏側にいた生産者の哲学や生き様に共感したことで、継続的な復興支援に参加していきました。

一方で、東北の豊かな自然に触れ、目の前の困っている人を助け感謝されることで、都市生活では得にくかった生きる実感ややりがいを得て、支援に来たはずの彼らが逆に被災者から救われる場面も数多く見られました。

課題を抱えていたのは、地方だけではありませんでした。生かし生かされ合っているはずの自然や人間とのつながりが希薄になり、生きる実感を失っていた都市もまた、同じだったのです。

このとき、消費者と生産者がもう一度関係性を紡ぎ直すことで、「疲弊する都市」と「衰退する地方」の双方が抱える課題を同時に解決できるはずだと、髙橋は確信しました。

雨風太陽のミッションである「都市と地方をかきまぜる」という考え方の新しさは、都市のいいところと地方のいいところをフラットに見て再配列し、互いの課題を解決しながらこれまでにない価値を一緒に生み出すところにあります。

現代社会では、本来不可分である消費者と生産者、都市と地方、人間と自然が分断されてしまっています。私たちは、消費者と生産者の接触面積を広げ、都市と地方のあいだに「関係人口」を生み出すことで、日本中あらゆる場の可能性を花開かせていきます。どの土地にも等しく自然のめぐみをもたらす、雨や風、太陽のように。

How we do

  • オフィスにて。続々と社員が増えています!
  • 高輪ゲートウェイ駅ポケマルシェにて、出店してくださった生産者さんと。

▼ビジョン実現を本気で目指す、多種多様なメンバー
元官僚やコンサルタント、ポケマルユーザーなど、食・農業界内外から多種多様なメンバー約60名が集まりました。代表の高橋博之を中心に、本気で社会を良くしていこうと、ビジョンの実現に向けて日々奮闘中です。

個性豊かなメンバーが書いたnoteの記事はこちら。
https://note.mu/pocket_marche/m/m34c534761965

▼雨風太陽の行動指針
1. 社会の答えになる
2. できる方法を考える
3. かきまぜる

答えを探すのではなく、ビジョンを社会の答えにする気構えを持とう。
そのために、できない理由ではなく、できる方法を考えよう。
ひとりでは無理でも、関わりの力で必ず乗り越えられる。

As a new team member

当社では食べものを介して消費者さんと一次生産者となる農家さん・漁師さんを直接つなぐ産直EC「ポケットマルシェ(ポケマル)」を運営しています。
2022年9月には、サービス開始から6周年を迎え、消費者さんと生産者さんのクローズドなやりとり回数が500万回を突破するなど、両者の関係性を深める場として成長を続けています。

これまで少人数のエンジニアでサービスの安定稼動や機能改善など多くの課題に取り組む一方、一人ひとりの個の力に依存するという体制面での課題が生じました。
この先、「都市と地方をかきまぜる」というミッションの達成に向けて事業をスケールするためには、組織全体のパフォーマンスをあげることが重要と考えています。
そのため、エンジニア組織としてはまだまだ小規模な現段階から、エンジニアが能力を最大限発揮できるような環境づくりや、組織の強化に力を入れるべく、新たにエンジニアリングマネージャーの募集をはじめました。

▼仕事内容
・ポケマルにおけるバックエンド機能の設計・開発・運用
・開発チームのタスク管理・調整、開発効率向上の阻害要因の解決

まずは、仕様やシステム理解をかねて小規模な機能開発に入りながら、開発プロセスの改善や最適化のミッションを担っていただく予定です。
具体的にお任せする業務は、これまでのご経験やご志向に応じて相談しながら進めさせてください。
ゆくゆくはエンジニア組織の責任者として、チームビルディングやパフォーマンスを最大化するための体制づくり、技術視点での開発戦略の立案に関わるポジションについていただける可能性がある方をお迎えしたいと考えています。

▼勤務形態
・正社員(入社後3ヶ月の試用期間あり)
※お互いに納得感のあるご縁になるように、まずは副業や業務委託で参画いただくことも可能です。

▼働き方
・フレックスタイム制(標準労働時間:8時間/日)
 コアタイム11:00〜15:00、フレキシブルタイム5:00~11:00/15:00~22:00
・平日勤務 / 土日祝お休み
※条件面の詳細は、採用面接時に必ずお伝えします!

▼勤務地
・東京オフィス(北参道)
現在はリモート勤務主体の働き方となっており、長野県や福岡県など、地方に住みながら働くメンバーも多数!(ただし、入社日やチーム毎の出社日など、会社の指定があった場合は出社をお願いしています)

▼必要条件
・Webアプリケーションの設計・開発・運用経験
・複数名の開発チームにおけるメンバーマネジメントの経験

▼歓迎スキル・経験
・テックリードとして技術的意思決定を行なった経験
・アジャイルの手法を用いた開発経験
・プロジェクト状況をふまえたアサインメント調整・リソース調達経験

▼求める人物像
・雨風太陽のミッション・事業内容に共感できる方
・様々なステークホルダーと密にコミュニケーションをとりながら物事を前に進めていくマインドを持っている方
・技術的問題に対する問題解決能力をお持ちの方(問題の切り分け、原因の特定、解決策の提示・実行)
・あるべき理想の姿と現実のギャップを洗い出し、課題解決に向けて計画策定・実行をリードできる方

▼開発環境
・言語/フレームワーク
 └ バックエンド :Ruby(Ruby on Rails)
 └ フロントエンド:JavaScript(React), JavaScript(Vue.js), TypeScript
 └ モバイル:Swift(iOS), Kotlin(Android)
・DB/キャッシュ:MySQL(Aurora), BigQuery, Redis
・検索エンジン:ElasticSearch
・インフラ・ミドルウェア:AWS, GCP
・CI:CircleCI
・監視:Airbrake, New Relic
・分析基盤:BigQuery, Redash, Looker
・プロジェクト管理: ZenHubによるカンバン
・ドキュメント管理:Confluence
・コミュニケーション:Slack
・PC:入社時にMacまたはWindowsから選択可能(現在はほとんどのエンジニアがMacBook Proで開発を行なっています)
・エディタ、IDE:好みのものを利用可能(ご希望があれば有償版も用意いたします)

▼社員支援制度
・継続的な自己投資・自己成長の支援(書籍・オンラインコンテンツ購入、セミナー参加)
・サービス改善の支援
 1. 生産現場きっぷ(研修を兼ねた生産現場への訪問を支援する制度)
 2. ポケマル社員割引
・自社主催イベントの参加(ポケマル登録生産者さんの食材をプロに調理してもらい社内でおいしくいただく「ポケマル給食」や、味噌をはじめとした様々な手仕事に取り組む「味噌める」など)

Highlighted stories

【INTERVIEW】日本から世界へ!人と人とを繋ぐ「食のC2Cマーケット」が作る未来とは:ポケットマルシェCOO 山口幹生(前編)

【ポケマル社員インタビュー 】食材の買い方を変えることで社会を変えたい|プロダクトオーナー 布井 佑佳

開発途上の段階から「見たことのないサービス、世界観を作る」|C2C部門 プロダクト部 開発チーム 佃恭平

What happens after you apply?
Other users cannot see whether or not you're interested.
12 recommendations
Company info
About 株式会社雨風太陽
株式会社雨風太陽
  • Founded on 2015/02
  • 44 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-26-5 金子ビル3F(2020年7月1日より)
  • About 株式会社雨風太陽
    株式会社雨風太陽 wants to talk with you
    Are you interested in this Job Post? Come talk with us