Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

あなたの編集力がサービスを育てる ログミーで次のキャリアに挑戦しませんか?

ログミー株式会社

ログミー株式会社 members

View all (3)
  • ログミーの代表です。1981年12月15日生まれ。

    ネット求人広告の会社で3年間営業に従事したあと、2007年に株式会社サイゾーに入社。サイゾー初のWebメディアである「日刊サイゾー」を立ち上げ、自ら編集・運営・マネタイズなどを担当。その後、サイゾーウーマン、ビジネスジャーナルなど計10メディア以上を立ち上げ、合計1億5000万PV/月以上の事業へと育てる。

    2013年8月、独立してログミー株式会社を設立。外部のさまざまな企業のWebメディアをプロデュースしつつ、動画書き起こしメディア「ログミー」を立ち上げ、現在に至る。

  • 1987年生まれ、山形県出身。

    大学で建築を学んだ後、編集プロダクションで情報誌やムックなどの編集を経験。
    その後Web業界に転職し、恋愛媒体、ヘルスケア媒体などの編集に従事していました。

    現在は、ログミー編集部に所属しています。大きな可能性を持ったメディアで、様々なことに挑戦していきたいです。

  • 1994年 栃木県生まれ。

    小中高を栃木県で過ごし、大学進学を期に上京……かとおもいきや、片道3時間通学の日々を送る。

    大学では経営学を専攻。グローバル・マネジメントのゼミに所属。大のアニメ好きだったため、卒業論文のテーマは「アニメ産業のグローバル化に関する一考察」。

    大学卒業後は、半年のニート期間の後にログミー株式会社の編集アシスタントに。そして、現在に至る。

What we do

  • 6447893c 9824 409b b5e8 14af00f9f90e?1551764590 世界をログしよう!
  • D59d8e33 1ea1 4876 827d b5a44566b7ee 社内は明るく落ち着いた雰囲気

世界をログする書き起こしメディア「ログミー」を運営しています。

優れたスピーチや対談、パネルディスカッションなどを全文書き起こしてログ化し、価値ある情報をより多くの人に届けるためのサービスです。

書き起こしジャンルごとに下記3つのバーティカルメディアを展開しています。

■ログミーBiz
IT・スタートアップを中心としたビジネス系イベントの模様を全文で書き起こし、情報感度の高いビジネスパーソン向けに配信するメディアです。
https://logmi.jp/

■ログミーファイナンス
決算説明会の模様を全文で書き起こし、投資家向けに配信するメディアです。
https://finance.logmi.jp/

■ログミーTech
IT技術関連の勉強会やイベントなどを全文で書き起こし、エンジニア向けに配信するメディアです。
https://logmi.jp/tech

Why we do

  • Fae0e986 8785 4e8f ba75 74b0dbc63252?1510039579 ログミーブルーの壁が印象的なオフィス

【価値ある情報をすべてのひとへ】

私たちは、誰かの人生を変えるきっかけとなるような優れたアイディアや、政治・経済など人々の生活にとって重要な情報が、それらを必要としているすべての人へ届く世界をつくります。

そのために、価値ある情報を発信する人・コミュニティを尊重し、その活動に貢献し、支援していくためのプラットフォームを提供します。

<良いコンテンツをより多くの人へ >
「気になるイベントがあるけど予定が合わなくて行けない」「動画を観るのが面倒」などの理由で埋もれてしまっている良質なコンテンツを、ログすることで世の中に流通させ、誰もが簡単にアクセスできるようにします。

<重要な情報をすべての人へ>
一般的なメディアでは情報が編集されてしまうため、一部の情報が省略されたり、発信者が意図しない文脈で伝わってしまうことがあります。ログによってどこよりも正確な一次ソースを生み出し、あらゆる情報をオープン化します。

How we do

  • Aa333ae7 16c0 494e bff8 61560a6ed130 MTGルームの壁ももちろんログミーブルー

【Value】
Missionを達成するために、ログミーで働く人たちが共有している3つの価値観をご紹介します。

<Respect>
価値ある情報の発信者に敬意を払おう。
発信された内容を適切に編集し、より良いコンテンツとして世の中に届け、良質な発信者がきちんと評価される世界をつくろう。

<Pride>
自分が誇れる仕事をしよう。
細部へこだわり、美意識にこだわり、成果にこだわり、
私たちがいま生み出せる最良のものを世の中へ届けよう。

<Movement>
新しいカルチャーを生み出そう。
世の中にとってなくてはならない新たな価値をつくりだし、
リアルへと浸透させ、世界を進化させよう。

【チーム構成】
ログミーの組織は以下のようなチームで成り立っています。

<編集>
ログミーのコア・バリューとなるログの作成全般を担当しています。ログ化対象となるイベントや動画などの選定、取材、編集などのほか、より早くより多くのログを作成するためのグロース施策も担当します。

<校正>
スピーカーが話した内容の書き起こし原稿の誤字脱字チェックをはじめ、事実確認やリライトを行い、原稿をより読みやすく整えます。「話し言葉の臨場感を残したまま読みやすくする」という、独自の校正・校閲作業を行います。

<企画・開発>
ログミーをより便利に、魅力的なサービスにするためのプロダクト開発を手掛ける部門です。ディレクターとエンジニアが連携しながら、ユーザー体験価値を最大化するためのトライアンドエラーを日々繰り返しています。

<営業>
企業に対し、ログを活用したPR・マーケティング施策を提案します。クライアントの実施するイベントや記者発表などをログ化することで、"その場限り"で終わってしまいがちなイベントコンテンツを資産化し、より多くのターゲットに届けることがミッションです。

Description

【ログの編集って?】
ログとはつまり、「編集しないこと」だと私たちは考えています。編集や加工を行わずに、ありのまま、そのコンテンツ本来の価値を届けることです。

しかし、人はそんなにうまくしゃべることができないため、ただ書き起こしただけでは、文章がねじれていたり、言い間違えていたり、何を言いたいのかわからなかったりと、逆に伝えたいことが伝わりづらくなったり、逆の意味で伝わってしまったりということが起こります。

わたしたちは、話された内容を削除・加筆したり、構成を変えたりということはいっさいやりませんが、必要に応じて文章を整えたり、読者が読みたくなるような適切なタイトル付けなどを行なうことで、ストーリーが正しく伝わるよう日々改善を繰り返しています。

【より良いログを集めるためにはブランドが重要】
読者が読みたくなるような魅力的な話をする人ほど、自分のコンテンツを預けても大丈夫な相手(メディア)かどうかを慎重に判断する傾向があります。
そのため、そういった人たちからログ化の許可を得るためには、窓口となる編集者とのリレーションシップや、信頼できるメディアとしてのブランディングがとても大事です。
ユーザーだけでなく、コンテンツホルダーとの良好な関係性を築いていくことが、ログミーをより良いサービスへ育てていくための編集者の重要な役割となります。

【仕事の流れ】
1. ログ化の対象となる魅力的なイベントや動画チャンネルなどを見つけてきて、ログ化の許諾申請を行います
2. イベント会場などに行って、書き起こしのための録音・録画と写真撮影を行ないます
3. 音声データを外部のライターさんに発注して、書き起こしてもらいます。
4. 上がってきた書き起こしテキストを読みやすく整文し、タイトルや小見出し、リード文をつけて公開します。
※ほかにも、自分たちで対談やインタビューの企画を行ない、それらをログ化することもあります。

Highlighted posts

Basic info
Looking for 編集
Job type Mid-career / Contract work
Company info
Founder 川原崎晋裕
Founded on August, 2013
Headcount 15 members
Industries IT (Internet/Mobile) / Media / Publishing

Recommendations (24)

View all

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Recommendations (24)

View all

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Location

東京都渋谷区松濤1-28-8 ロハス松濤3F

Page top icon