1
/
5
Project Manager
Mid-career
on 2022-06-17 220 views

基金でソーシャルセクターを支える!事業の価値を広げ牽引するマネージャー求む

READYFOR株式会社

READYFOR株式会社 members View more

  • 医療の「翻訳家」と名乗り、NHKディレクターやYahoo!個人オーサー、大学教員として医療健康情報の発信を専門として活動しています。
    現在はREADYFOR株式会社で「社会を1ミリでも幸せにする人ことを目指す人を応援する」をミッションに、ヘルスケア分野にとどまらず、社会課題の解決を目指す事業の企画や、資金調達のお手伝いを始めています!

  • READYFOR株式会社 基金事業・プラットフォーム化推進部 リードキュレーター / フィランソロピーアドバイザー

    関心分野は、社会貢献分野全般/国際協力/NPO・CSO/アドボカシー・ロビイング/ファンドレイジング

    ――――――――――
    ~◆略歴◆~

    1992年生まれ。鹿児島県出身。
    鹿児島県立加治木高等学校 普通科
    横浜国立大学 教育人間科学部 人間文化課程 社会文化コース 国際協力スタジオ
    横浜国立大学大学院 都市イノベーション学府 都市地域社会課程 都市地域社会専攻 グローバルスタディーズ領域 藤掛洋子研究室 博士課程前期 

    ジャーナリズム業界に興味があり、関東圏の大学へ...

  • 大学では国際協力と中国語を専攻。サークルを通じてカンボジアのシェムリアップに設立した語学学校の子どもたちの支援、NPOでのインターンシップ、東南アジア周遊、フェアトレードファッションブランドでのアルバイトなどを経験。

    大学4年生の夏より現職のインターンシップを始め、2017年春に新卒としてREADYFOR株式会社に入社。

    キュレーター・事業企画・採用など様々な部署を経て、現在は基金事業・プラットフォーム化推進部にて運営改善や部署内採用を主に担当。

What we do

「想いの乗ったお金の流れを増やす」というミッションを掲げ、様々な団体・個人の資金集めや寄付をしたい法人・団体の支援をしています。

|| クラウドファンディングサービス「READYFOR」
主幹事業であるクラウドファンディングサービス「READYFOR」は、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。

|| 「レディーフォー遺贈寄付サポート」
近年、終活への意識の高まりや、おひとり様世帯の増加などを背景に、遺贈寄付に対する意識・関心が高まっています。2020年7月には自筆証書遺言書保管制度が開始するなど、関連制度の整備も進んでいます。一方で、社会的な活動を行う団体の多くは、遺贈寄付の呼びかけ・受入に必要な人員・財源・知識が不足しており、遺贈寄付に関する取り組みを思うように進められていない現状があります。
そこで、遺贈寄付サポートでは、READYFOR社内に相続・遺言の専門家を含むチームを組成し、社会的な活動を行う団体と遺贈寄付検討者の方のマッチングの実施に加え、団体が抱える遺贈寄付受入に関する悩みに寄り添った包括的なサポートを行っています。
団体の資金調達手段の多様化・強化を推進することで、「想いの乗ったお金の流れ」を増やしていきます。

|| 「READYFOR 継続寄付」
READYFORは、NPO・医療機関などの活動団体が継続的に寄付を募集し、支援者情報を管理することができる「READYFOR 継続寄付」を提供しています。

「READYFOR 継続寄付」は社会的活動団体が掲載料無料で、毎月の寄付金を集めることができる新サービスです。これまでのクラウドファンディングサービスREADYFOR同様、前後のサービスを含めて、安心してご利用いただける体制をご用意しました。

過去に実施したクラウドファンディングの支援者様にREADYFORのプラットフォーム上で継続寄付募集の声かけをすることができ、支援者様には登録済みの決済情報などをご利用いただくことができるので、気軽に継続寄付を始めてもらいやすくなります。また、支援者情報の管理がスムーズになる等、団体の継続的な寄付集めを促進する仕組みを構築しています。

その他、新しい事業の立ち上げも行っており、READYFORは一度きりの寄付集めから、トータルファンドレイジングを実現するサービスへと進化する第一歩を踏み出しています。

Why we do

  • プロジェクトの記者会見の様子
  • 第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞

====================================================
 ビジョン 「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」
 ミッション「想いの乗ったお金の流れを増やす」
====================================================

この社会には、助けが必要な人々のために、持続可能な未来のために、活動を続ける方々がいます。しかし、ビジネスとして成り立つための制度やその見込みがある一部の場合を除いて、その活動を継続・拡大するために受け取れる支援は十分とは言えず、社会のためにと高いハードルを乗り越えようとするその個人の「善意」に依存しているのが現状です。

一方で、そういった活動を応援したくても「誰をどうやって応援したらいいかわからない」という人々も、たくさんいることを私たちは知っています。

だから私たちは、このミスマッチを解消し、両者の想いがしっかりとつながる「仕組み」を作ります。経済合理性の壁を越えて、様々な「願い」や「希望」をのせたお金が流れやすくなることで、それを受け取る活動から生まれる社会的インパクトの総量を大きくしていくことが私たちの使命です。

最前線で活動をする人も、働きながら支援をする人も、資産を未来の社会のために託す人も、すべての人々が安心して、自分なりのやり方で、今より一歩、好きなほうの未来へ近づけていく。そんな社会の先に、「誰もがやりたいことを実現できる世の中」があると信じています。

How we do

  • 2021年よりオフィスは縮小し、リモート中心の勤務形態へ

|| 組織
アルバイトやインターンのメンバー含めると200名を超える組織となりました。
人数やチーム数が増加する中でも、スピーディな意思決定や他チームの状況把握を継続していけるよう、「オープンなコミュニケーション」「積極的な情報共有」を大切にし、組織運営をしています。

|| 育成・人事評価
社内では「グレード制」を運用しています。グレードは必ずしも組織図や役職と紐付ける訳ではなく、全員がより高いグレードを目指してもらうよう、育成プランを組んでいます。
全員に隔週で1on1を実施し、日頃の業務のみならず中長期でのキャリア形成においてもサポートできるよう努めています

|| 働き方
READYFORでは2020年2月からいち早く全社リモートワークを導入しました。また「リモート手当」を支給することで、リモート環境の整備を会社としても補助をしています。スピード導入に至るまで裏側を担当者が語りました。READYFORメンバーの「やりたいこと」を実現できるように奔走してくれる、頼れるコーポレートメンバーがいるのもREADYFORの強みです。

|| 産休・育休制度
READYFORの平均年齢は30歳半ば。産休や育休に入ったり、復帰して子育てしながら活躍したりするメンバーも増えてきました。最近では男性メンバーも育休に入るなど、積極的な制度活用が進んでいます。Slackで「子どもの成長と癒しを共有する」チャンネルや「ベビー用品融通し合う」チャンネルなど、部署を超えて子育てメンバーが共通の話題で盛り上がる場面も多く見られます。

As a new team member

READYFORは業界に先駆けてスタートしたクラウドファンディングサービスにおいて、様々なジャンルの「やりたいこと」をお金の面から支援してきました。

2020年4月に立ち上げた「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(https://readyfor.jp/projects/covid19-relief-fund-02)」では8.7億円もの支援が集まり、支援テーマに合致する団体を選定して資金を配分する仕組みをサポート。休眠預金事業など、国が進める大型プロジェクトにも参加し、NPOや一般社団法人など、いわゆるソーシャルセクターと呼ばれる皆様へ助成を行ってきました。

「新しい資本主義」という言葉も聞かれる中、社会情勢の変化に素早く対応し、新たなサービスを生み出しながら「想いの乗ったお金の流れを増やす」ためにチーム一丸となって基金事業の運営に取り組んでいます。

今回、進化・加速し続ける基金事業をより良いサービスとして外に提供していくための提案や、オペレーションの改善・新規サービス開発などを担うプロジェクトマネージャーを募集します!

【仕事内容】
〜基金の開発・運営〜
・基金開発メンバーとの連携
・助成団体の公募審査の運営プロジェクトマネジメント
・助成団体の1年の事業伴走マネジメント
・基金事業の各種ルール検討/改善(助成基準等)
・運営オペレーションの実践/開発/改善
・事業伴走成果の計測/発信/意味付け

〜部署横断での機能開発プロジェクト推進〜
・社会課題解決を行う団体の育成サポート
・助成団体事業成果のインパクト評価測定/視覚化
・助成団体外部評価基準作成と発信
・助成団体の助成報告や精算
・審査オペレーションの開発(DX)

*上記は状況に応じて対応いただく予定です
*近い将来または即戦力としてのプレーイングマネージャーや管理職候補としても歓迎します

【必須要件】
・プロジェクトマネジメント経験(社内外のステークホルダーを巻き込む案件をオーナーとして完遂した経験)
・マルチタスク経験(納期やアクション頻度、成果物の種類、ステークホルダー種類が異なる業務を複数同時並行して行った経験)
・対法人コミュニケーション経験
・基礎的なITツール利用経験(Googleツール、スラック等のコミュニケーションアプリ等)

【歓迎要件】
・各種イベント、キャンペーンなどのPM経験
・オペレーションやサービスなどの開発・改善経験
・基金や助成プログラムの運営経験
・サービス開発/商品企画/事業企画/新規事業開発 経験
・対toCコミュニケーション経験(個人営業・消費者対応など)
・CRMツール等のSaas利用経験(Salesforce、Oracle、他SFAなど)

【こんな人と働きたい】
・構造化して物事を把握できる力がある方
・仮説設計力がある方(情報収集/アイデア表現力)
・仮説提案力がある方(前提確認/根拠/意見提示ができる)
・新しいモノ/コトへの抵抗のない方(まずやってみる)
・自律性/自動性のある方(自分で考える/意見提示できる)
・リーダーシップのある方(自ら動ける)
・関係者を尊重しながら臆せず巻き込めるマインドのある方
・最後までやりきるコミット力のある方
・ソーシャル領域への興味関心のある方
・変化耐性/変化を楽しめる柔軟性がある方
・あいまい耐性がある方(あいまいですぐに答えがでない状況でも自分を律して業務できる)
・燃える心やアツいマインドをお持ちの方

【チームの特徴】
・立場や年齢等に関係なく、雑談や意見交換もしやすい環境です
・個々のスキルや得意を活かしながら仕事ができます
・チームはメーカー・放送局・広告代理店・IT・コンサル・NPO/NGOなど様々なバックグラウンドのメンバーで構成されています
・「READYFORの基金事業を盛り上げたい」「もっと必要とされる団体や事業に届いてほしい」そうした熱い想いやマインドは共通しています

この基金事業を共にリードしてくれる仲間を心からお待ちしています!
ご興味をいただける方は、ぜひお話をさせてください!

Highlighted stories

10ヶ月に渡るCIリニューアルの裏側「想いをつなぐ金融機関へ」-電通チーム×READYFOR米良はるか

READYFOR Entrance Book –ビジネス職向け–

エンジニアの人数が一年で2倍に!CTOに聞く、サービスの未来を描ける技術組織のつくり方

Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About READYFOR株式会社
READYFOR株式会社
  • Founded on 2014/07
  • 200 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Featured on TechCrunch /
  • 〒102-0082 東京都千代田区一番町8 住友不動産一番町ビル7階
  • About READYFOR株式会社
    基金でソーシャルセクターを支える!事業の価値を広げ牽引するマネージャー求む