1
/
5
マーケティングDX
Mid-career
on 2022-06-15 125 views

カスタマーサクセス/DXで採用のあり方を改革する!@福岡勤務

オンサイト株式会社

オンサイト株式会社 members View more

  • オンサイト株式会社 代表取締役です。

    オンサイトの社名の由来は、フリークライミングにおいて初見で登頂に成功することから来ています。
    クライアントが直面する問題の多くは、マーケティング、システム、経営の面で複雑に絡み合った前例のない、初見のものが多く、幅広い知識・経験とあわせて柔軟な思考力、実行力が求められています。
    いかなるときもクライアントのビジネスの成功を最優先に、頼りにされるパートナーでありたいと考えております。

  • 2002年4月にリクルートに新卒入社し、住宅事業(現SUUMO)で大手顧客に対する企画営業に従事。リクルート媒体だけでなく、個人の人脈まで駆使してクライアントの課題解決に奔走した結果、自身がリクルート社員でいることへの違和感が大きくなってしまい、転職を決意。

    2009年4月からオンサイトに参画。2020年11月から、マーケティング×エンジニアリングの新しい組織を立ち上げるために、家族とともに福岡移住。職人の世界になりがちなマーケティングを、美しいロジックに昇華させるために奮闘中。

    すでにそこに存在するはずの理想の姿を削り出す彫刻家のような仕事だ、と最近感じています。

  • 2020年11月 医療機器営業からオンサイトのWebディレクターに異業種転職。運営力で世界を良くする会社でHR事業のカスタマーサクセス、サイト制作、システム開発ディレクションを担当。
    ときどきコンサルときどき営業ときどきデザインときどきコーディング。そしてよく寝る。

    学生時代に、法律(特に国際法)と社会学に興味を持ち、
    関西でも法学部の歴史の長い関西大学に入学することに決める。

    新卒時の就職活動のときには友人が就活を夏までに終える中、
    11月まで続けて、合計で100近い会社の人事の方とお会いしてきました。
    その中で採用市場における学生と企業の関係性に問題を感じ、そこからHR領域に強い...

  • オン・ザ・エッヂ、ライブドアでプログラマ・プロデューサーとして勤務後、2008年独立。同時にオンサイト株式会社に参画。
    2012年に福岡に移住。開発拠点を福岡に立ち上げ、拡大のために奮闘中。最近はエンジニアというよりチームビルディングや組織運営が中心の日々。いわゆる「普通のエンジニア」が生きていく道を模索し続けて現在に至る。

What we do

  • オンサイトの大事にする文化
  • 積極的に社内で意見交換や共有が行われます

【要するに】
特定のサービス/商品を売るのではなく、あらゆるインターネットサービスを活用することで、顧客の経営課題を解決しています。

【具体的には】

●インターネットサービス全体をマネジメント

インターネット関連のビジネス領域は細分化されています。例えば「検索広告やバナー広告を出す」「WEBサイトを制作する」「PVを伸ばす」「ECに商品を載せる」「人を採用するためのエントリーシステムを開発する」「顧客管理する」「データを解析する」「AIを導入する」「アプリを作る」「SNSで宣伝する」といったことが"個別に"進められがちです。どれか一つに特化したサービスは次々とリリースされており、誰もが安価に利用できるようになってきました。

しかし、最も重要なのは、これら全体を俯瞰して見ながら、そもそもの経営課題を解決することです。

オンサイトでは、特定の自社サービスを売ることを目的とするのではなく、世の中にあるあらゆるインターネットサービスを組み合わせ、ときには必要に応じて自社開発もすることで、「そもそもの顧客の課題を解決する」「全体最適を重視する」「最も効率的に成果を出す」ことに取り組んでいます。

●コンサルティングから運用まで

それを実現するために、オンサイトでは、顧客(経営者)と議論し、課題解決に導くコンサルティングはもちろん、それを実現するための制作やマーケティング、現場の運営チームなど、すべての機能を社内で持っています。

さらに、社員の過半数はエンジニアです。つまり、各種アプリケーションを組み合わせたり、自動化したり、既にあるプラットフォームを活用したり、データを解析してすぐに改善策を実行したり……といったことも社内ですぐに行うことができます。

Why we do

  • 日々業務を改善し、クライアントからより信頼されるコンサルタントを目指す
  • お客様の成功を主体性をもって支援します

【要するに】
インターネットビジネスのことがよくわからず、困っている人が多いから。

【具体的には】

●本当はなんとかしたいけど、よくわからない人がいるという現実

みなさんの世代からすると信じられないかもしれませんが、

・就職するまでパソコンを使ったことがなく、
・インターネットというのは「新しくて」「よくわからないもの」であるというイメージが強く、
・GoogleやAmazonも、比較的「最近」のサービスだという認識で、
・SNSやYouTubeは使ったことがほとんどない

……というような経営者は珍しくありません。

こういった経営者は決して不真面目なわけではありません。そういう時代だったのです。

そして、なんとか新しいものを取り入れようとすると、今度は、

・とりあえずオンラインショップを始めたけど、在庫管理や出荷の管理ができず、回らない
・自社採用サイトを作ったはいいけど、エントリーが全く集まらない
・お金をかけてネット広告を出して集客できたけど、本当にこれが最善の方法なのか不安
・とりあえずSNSアカウントを開設したはいいけど、更新されない
・AIアプリということで導入したが、現場で使われない
・データ解析以前に、データが集まらない
・社内でIT人材を育てたいが、どうすればいいのかわからない

といったことになってしまいます。(社会人のみなさんは、こういった光景を自分の近くでも見たことがあるのではないでしょうか)

●インターネットビジネスは「掛け算」の世界

上記のような状態に陥ってしまわないためには、オンサイトのように「インターネットサービス全体を俯瞰して見て、全体最適で、顧客の課題を解決する」ことが必要です。

また、インターネットビジネスは、どれか一つでも間違えると全体の成果を著しく残ってしまうという性質があります。例えば、「そもそもの課題設定」「デザイン」「コンテンツ」「表示スピード」「コストの配分」「改善のスピード」「広告出稿」みたいな要素に分解したとして、デザインがものすごく良くても、表示スピードが悪いとそれですべてが無に帰すことがあります。あるいは、データを分析して次々と改善策を実行していっても、そもそものコスト配分を間違っていたがゆえに、投じた金額のわりに成果が出ないといったことも起きます。

これらを、目の前の自分のビジネスのことで精いっぱいな経営者がすべて把握し、実感値を持ちながら運営していくのはかなり難しいことです。そのためオンサイトに頼ってもらっているということです。全体を俯瞰してマネジメントしていると、「そこに500万円かけなくても、この部分に100万円かければ、同じかそれ以上の効果を出せますよ!」といった提案も可能なのです。

(★事実、WEBサイトの数だけ見ても、既に1500サイト以上の実績があります。もちろん、ただWEBサイトを制作しているだけでなく、経営課題を解決するためのコンサルティングから現場の運営まで行っています。)

●インターネット世界の「複雑」を「シンプルに」

ここまでは、企業側の話だけしてきましたが、実は個人やユーザー側の体験もどんどん複雑化しています。

みなさんも「インターネットで何かを買う」とき、どこのサイトで何を買うのがいいのか、それは本当に自分にベストな選択肢なのか、その価格は妥当なのか、広告が多すぎるし信用できない、買うためのフォーム入力が面倒、買おうと思ったけど途中で何か違う気がしてきた……など、いろいろと気になる経験をしたことがあるかと思います。

おそらく2030年頃には、もっとたくさんの選択肢があり、もっと複雑になっているはずです。一部の"最先端の動向を常に掴んでいる人"はそれでもいいかもしれませんが、多くのユーザーはむしろ困ることが増えていくでしょう。そのためオンサイトは、これを「自動化」や「パーソナライズ」で究極にシンプル化していきます。

つまり、提供者側も消費者側もどんどん複雑化して使いこなすのが難しくなっていくインターネットの世界で、ビジネスやユーザー体験をシンプル化し、双方にとって嬉しい状態にする。これがオンサイトのミッションになります。

How we do

  • 業務の効率化を支えるプログラマたち
  • スタッフ間の仲の良さが魅力です

【要するに】
「実現のためのリソース」と「現場レベルでのリアルタイムTips」を社内で持っている。

【具体的には】

●「それはうちではできません」がない

いくつものインターネットサービスを使いこなし、それらを組み合わせて全体最適の課題解決をする。そして、コンサルティングから制作、そして実際の運用まで一貫して行う。これは言葉にすると簡単に思えますが、実際にやるとなると、かなりの人的リソースや施設が必要になります。

そこでオンサイトでは、

・コンサルティング事業部
顧客(経営者)と議論し、課題を解決するための提案をする。プロジェクト全体をマネジメントしていく。

・マーケティング事業部
成果を出すための広告やSNSの運用、データ解析、業務最適化などを立案し、実行する。

・オペレーション事業部
ECサイトの仕入れや在庫管理、受注処理、発送、カスタマー対応などを行う。

・制作/デザイン事業部
目的に応じて、WEBサイトなどを実際に作る。

・エンジニア事業部
アプリケーション開発や自動化、AI化など、課題解決に必要なあらゆるプログラミングを実施する。

……といったすべての機能を社内で持っているため、顧客の課題解決をする際、「この部分はうちでやりますけど、そこはできないので自分でやってください」といったことになりません。「部分」「タスク」で請け負うのではなく、あくまでも全体を見て目的達成することを重視し、それを実行可能な社内体制を整えています。

●現場レベルでの「こうすべき!」の積み重ねが成果につながる

例えばお客さんから「商品のオンライン販売を始めたい」という相談をされたとき、あなたならどうしますか。

既存プラットフォームだけ考えても、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピング、BASEなど、いくつも選択肢が思いつくのではないでしょうか(実際はもっと何十ものサービスがあります)。また、自社のホームページ上にオンライン販売のページを新たに構築することもできますよね。

じゃあ、そこにどうやって集客しましょうか。出品するだけでは見てもらえません。

また、見てもらえても、買ってもらえるかは別問題です。

さらに、受注があったとき、実際に社内でどういう手続きをして、どこからどう発送すれば最速で購入者に届けられそうでしょうか。

ある程度のデータが溜まってきたら、それを見て、どのように次の一手を打ちましょうか。

AmazonやGoogleの検索アルゴリズムはどんどん変わっていきますので、そういうものを把握しておくことも必要です。

いま、SNSでは何が話題か、どこで炎上しているのか、YouTubeで成果が出ている最近の手法は……。

このように、考えることは無限といっていいほどたくさんありますし、それぞれにおいて「小さな工夫」をしていかないと成果は出ません。これをオンサイトでは「Tips」と呼んでいます。

インターネットビジネスの世界では「先週と今週では最適なやり方が違う」といったことはざらに起きます。そんな中、現場のオペレーションまで実際に社内で行っているオンサイトでは「Tips」がリアルタイムで共有されており、常に、顧客に最適な次の一手を提案することができるようになっています。

As a new team member

●課題を抱えた採用市場
就職しよう、転職しようと思った時に、この会社はどんなことをやっているのか知ろうとして、HPを探そうとするでしょう。
でも、気になる会社や店舗の説明が載ったHPが見つからなかったり、どんな職種・仕事内容なのか具体的に見えてこなかったりすると、応募に不安を感じませんか?
就活で会社の実態が見えてこなければ、求職者にとっても、企業にとっても機会損失となるでしょう。

情報はなんでもインターネットで調べる時代。それは会社情報にも当てはまります。
今では採用ホームページを持っていることが当たり前で、「オウンドメディアリクルーティング」という言葉も生まれているほど、採用メディアとして進化してきています。
採用ホームページを持っているけれど、既存のプラットフォーム(ナビやindeed)に依存している。両方面倒を見るのは大変だし、もっと簡潔にさせたい。連携できればいいけど、方法がわからない・・。
そもそも採用ホームページを持っていない。
このような課題を抱えた企業様はまだまだたくさんいらっしゃいます。

●DXで採用を再構築していく
採用の課題を解決するために、オンサイトではナビ(広告掲載料)でも人材紹介(紹介料)でもなく、採用のあり方を根本から解決していくことでお金をいただいています。
採用管理システムなどのSaaS商品を自社開発しており、採用サイトの構築から応募者獲得まで、採用に関わる一連のフローを最適化させていきます。
各種数値を分析し、サイトのコンテンツ、エントリー面双方での戦略を提案し、各部門、パートナーと連携しながら、実際にメディアを作り上げていきます。

●全体最適
オンサイトは特定のサービス販売をしたり、特定のプロセスだけ(例えば広告運用のみ)を請け負ったりするのではなく、「顧客のそもそものビジネスの課題を明らかにし、目的を達成するためにあらゆる手段を尽くすこと」を仕事にしています。
そのために大切なのは、部分最適ではなく『全体最適』です。ここだけ達成しても意味ないよね、ここよりあそこにリソースを投入した方がいいよね、……と思ったとき、それを実行できる(自社サービスのために妥協しなくていい、仕事の本来の目的にコミットできる)のが最大の特徴です。

●あなたにやって欲しいこと
あなたには、採用ホームページのカスタマーサクセス、運営コンサルタントとして、クライアントへのサイトコンテンツや採用を成功させるための戦略提案と実行を行なってもらいます。
提案時には、自社の求人関連のSaaS商品を組みわせていく形をベースとして、各種コンテンツやindeed、検索、SNS広告などを駆使し、クライアントにとって最適な採用の戦略策定を練っていただきます。

●エンジニアと一緒に価値を生み出していく
当募集の仕事(マーケティングDX)は、福岡での勤務となります。なぜ福岡なのか? それは当社のエンジニア拠点が福岡にあるからです。
あなたが仕事の中で得た知見をエンジニアにフィードバックし、AI化・自動化していく。それによってさらに顧客価値を高め、業務全体を効率化していく。違う職種の人たちと一緒に、同じゴールを目指して働ける環境があります。

●キャリアの展望
オンサイトでは、クライアントが日々増加している注目の事業です。採用を改善していくためには、上流から関わっていくことが必要です。カスタマーサクセスとしての企画提案力を磨きながら、メディア運営のスペシャリストや採用のスペシャリストを目指していきましょう。
あるいは、事業部全体のマネジメントに携わり、会社を引っ張っていく重要なポジションを狙っていくこともできます。

Highlighted stories

サイバーエージェント、リクルート、ライブドアと、一貫して『インターネットビジネス』を経験してきた代表の岸にインタビュー!(後編)

サイバーエージェント、リクルート、ライブドアと、一貫して『インターネットビジネス』を経験してきた代表の岸にインタビュー!(前編)

結局DXって何? 第二弾、人間が関与する領域をゼロにしたい?

Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
About オンサイト株式会社
オンサイト株式会社
  • Founded on 2006/09
  • 85 members
  • Expanding business abroad /
  • 〒810-0001 福岡市中央区天神1-15-2 第6明星ビル6F
  • About オンサイト株式会社
    カスタマーサクセス/DXで採用のあり方を改革する!@福岡勤務