1
/
5
組織開発ディレクター
Mid-career
on 2022-06-09 45 views

チームづくりを支援!問いを活用した組織開発プロジェクトのディレクター募集

株式会社クエスチョンサークル

株式会社クエスチョンサークル members View more

  • 1975年生まれ。静岡県浜松市出身。
    リンクアンドモチベーション、グロービスを経て2007年独立。株式会社メロスパートナーズ設立。12年間フリーのコンサルタントとして、人材育成や組織開発に携わる。その後2019年に株式会社クエスチョンサークル設立。”問い”の力で組織を変える!をスローガンに、クライアント企業の組織開発やビジネスリーダーの支援型リーダーシップを開発している。
    現在は一男一女の父(息子6歳、娘1歳)。趣味はお酒。お酒を飲みながら仕事や顧客、会社のことを語らうのが楽しい。

  • 高橋友幸
    ディレクター

  • 1996年大分県生まれ。慶應義塾大学商学部卒業。
    2019年株式会社リクルート入社。法人営業として、中途採用領域における人材斡旋、採用活動の企画提案に従事。採用支援を通じて、経営者や人事の組織に対する様々な想いに触れたことを機に、組織開発に興味を持つ。
    「コミュニケーションの観点から組織を支援したい」という想いから、2021年5月にクエスチョンサークルに参画。自社のコーポレート業務、マーケティング業務を担当するほか、クライアント企業の組織開発プロジェクトにも携わっている。

What we do

「問いが持つ可能性を探求し、
 視点の違いを楽しめる関係性、健全な衝突をも歓迎できる関係性をつくる」
これが私たちのミッションです。

■“問い”は、思考の枠を広げ行動の可能性を拓きます。私たちは、"問い"を活用した独自の組織開発プログラム「クエスチョンサークル」を通じて、クライアント企業の組織開発とビジネスリーダーの支援型リーダーシップの開発を支援しています。

■前身である株式会社メロスパートナーズ(当社代表・宮本の個人事業)が12年間取り組んできた組織開発の事業をベースに、2019年10月に株式会社クエスチョンサークルを設立しました。長くお付き合いいただいている顧客との繋がりもあり、設立当初から安定した事業基盤があることが特徴です。

Why we do

「問い」には個人や組織が持つ可能性を発見し、関係性を変える力があると考えています。

問いが持つ可能性を探求し、視点の違いを楽しめる関係性、健全な衝突をも歓迎できる関係性をつくりたい。指示命令が中心のコミュニケーションから、問いを活用するコミュニケーションに変わることによって、互いの強みや志向を理解し、信頼し合える関係性をつくりたい。

社名のクエスチョンサークルには、「Question(問い)によってCircle(仲間)をつくる」という想いを込めています。私たちが定義するCircleとは、視点の違いを楽しむことで生まれる健全な衝突を歓迎し、個人や組織が持つ可能性が最大限発揮される関係性のことです。

このような関係性、つまり「Circle」が一つでも多く生まれることによって、個人や組織が持つ可能性を最大限発揮できる世界を実現したい。そういう想いでこの事業に取り組んでいます。
-----------------------------------------------------------------
★私たちの想い(HPより)
https://www.question-circle.jp/company/thought
-----------------------------------------------------------------

How we do

----------------------------------------------------------------------------------------
◎"問い" を用いた組織開発プログラム『クエスチョンサークル』
----------------------------------------------------------------------------------------
『クエスチョンサークル』は、アクションラーニングのという組織学習プログラムをベースに行動と学習のサイクルを繰り返し、職場における関係性の変化を促す半年間のプログラムです。

「質問会議」と呼ばれる質問縛りのセッションをはじめ、相互理解や自己発見を促す様々な仕掛けを設け、その半年間を2期、3期…と継続することで、顧客組織に問い合う文化や、視点の違いを楽しむスタンス、支援型リーダーシップを醸成する組織開発プログラムとなっています。

----------------------------------------------------------------------------------------
◎自社の取り組み・働く環境 
----------------------------------------------------------------------------------------
私たち自身が「Circle」であることを大切にしています。
相互理解や信頼関係をベースに、視点の違いを楽しみながら、健全なコンフリクト(衝突や葛藤)をも歓迎し、お互いが持つ可能性を活かしあう仲間でありたいと思っています。
そのために、お互いが支援型リーダーシップを発揮し、お互いが自走できる環境づくりに取り組んでいます。

《自社の取り組み》
・社内セッション(質問会議) ※3か月に一度実施
・360度アンケート ※半年に一度実施
・半日合宿(会社のビジョンや未来について語り合う場)※毎月実施
・語り呑み(メンバー同士がサシで語り合う場) ※3か月に一度実施
・1on1 ※毎月実施
・定例mtgにおける語り合い ※毎週実施

《カルチャー・働く環境》
・お互いのリーダーシップを尊重し、それをフォローしあうことを大切にしています
・感謝の気持ちを持つこと、それを相手に伝えることを大事にしています
・自己開示や相互理解を大切にしながら、関係性づくりに取り組んでいます
・自身の成長はもちろん、相手の成長も期待し合うカルチャーがあります
・視点の違いを楽しみ、健全な衝突をも歓迎しています
・個人の裁量が大きく、自由な働き方です(リモートワーク可能  ※週1回のオフィス出社日あり)

As a new team member

◎問いを活用した組織開発(チームビルディング)プログラム「クエスチョンサークル(※)」を通じて、クライアント企業の組織開発プロジェクトの推進・ディレクションを担当していただきます。

(※) 当プログラムは、「質問会議」と呼ばれるセッションを月に一度行い、ワークショップ等も交えながら、半年間かけて進めていきます。半年間の取り組みを2期、3期・・・と継続していくため、顧客の組織開発パートナーとして長期的な関係を築いていくのが特徴です。
 
《主なプロジェクトの進め方》
①経営者や人事担当者(運営事務局メンバー)とのディスカッションを通じて、組織課題を抽出し、課題解決のためにどのように「クエスチョンサークル」を活用していくか、プログラムを設計します。
②社内のファシリテーターをアサインし、半年間のスケジュール調整を行います。社内外の関係者とやり取りをしながら、プロジェクトスタートに向け運営の全体進行を担います。
③プロジェクトスタート後は、ファシリテーターをフォローしながら、プロジェクトチームの自走を見守ります。見守る中で感じた課題等を、顧客の運営事務局メンバーと定期的に議論し、次期以降の方向性など、中長期的な視点で組織課題を解決する方向性を検討していきます。

《入社後のステップアップ(例)》
【入社~半年程度】サブディレクターとして、既存案件のプロジェクトに参画していただきます。半年間のプロジェクトにサブディレクターとして関わる中で、ディレクターの具体的な動き方やプログラムの全体像を掴んでいただきます。まずはディレクター業務に慣れていただきながら、社内の勉強会ではファシリテーターとしてのトレーニングも積んでいただきます。
【半年~1年】ディレクターとして自走できる状態を目指します。ファシリテーターと連携しながら、プロジェクトを進行していただきます。また、案件の中でもファシリテーターとしての経験を積んでいただきます。
【2年目以降~】ご自身でディレクター・ファシリテーターを兼任し、顧客の組織開発パートナーとして活動していただきます。また、後輩の育成やチーム運営、プログラム開発も担っていただきます。
※入社前のご経験に応じて、それぞれのタイミングが前後する可能性はあります。

《やりがい》
■半年間かけてプロジェクトに関わるため、メンバーや組織の変化をダイレクトに感じることができます。プロジェクトの最終日には、「レビュー」と呼ぶ振り返り報告会の場を設け、プロジェクト参加メンバーに、半年間の変化を振り返っていただきます。
そういった場があることで、顧客の生の声に触れて「当社のプログラムをきっかけとして、顧客が変化しているんだ!」とリアルに実感できるため、非常にやりがいのある仕事です。

■少人数の会社であるため、メイン業務以外の業務(採用、コーポレート、マーケティング等)もみんなで分担しながら進めています。単に分担するのではなく、各々の強みが活きる業務に取り組めるよう、チームで柔軟に調整しています。ワンチームで会社を支えている実感を抱けるのは、今のフェーズならではの特徴です。

【必須条件】
・組織開発やチームビルディング、リーダーシップ開発に対して強い興味・関心がある方

【いずれか必須】
・法人営業、ソリューションセールス、コンサルティングセールスなどの経験をお持ちの方
・コーチングやファシリテーション、アクションラーニングに関する知識や経験をお持ちの方
・人材ビジネス、ITサービスなどでの事業開発経験がある方
※業界未経験であっても、これから「組織開発」という分野にキャリアを広げたい方歓迎です!

【求める人材像】
・当社の理念や事業内容(問いの可能性や問いが持つ力)に賛同いただける方
・「学ぶこと」に前向きで、「働くこと」を楽しみたい方
・顧客貢献やチーム貢献に、喜びややりがいを感じる方
・創業メンバーとして、新たな事業の構築や会社の基盤づくりに関心のある方
・チームビルディングにおいて自己開示や相互理解を大事にしており、他者との視点の違いを楽しむマインドをお持ちの方

【大切にしている価値感】
①自走する:自己のビジョンを持ち、クエスチョンサークルを通じて自己実現する。業務において高い基準を持ち、セルフマネジメントする貪欲な学習意欲と成長志向によって、自ら機会を作る。
②フォロワーシップの発揮:お互いのリーダーシップを支援する。手を挙げた人がリーダーで、そのリーダー
③規律を遵守する:チームの決まり事や人との約束を守る。期日厳守。遅刻厳禁。お互いの時間を大切にする規律を遵守することで、高い基準とチームの健全性を維持する。
④健全な衝突を歓迎する:お互いを尊重し、自己開示できる関係性を作る。視点の違いを楽しむことで生まれる

Highlighted stories

【お客様インタビュー】HPに「QC参加者の声」をアップしました!/ALH株式会社様

【メンバーインタビュー】顧客企業とともに自身もアップデート!QCIメンバーが語る組織開発への思い

【対談】キャリアや年次に関わらず、視点の違いを楽しめるチームへ! ~クエスチョンサークルならではの社風とは~

Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About 株式会社クエスチョンサークル
株式会社クエスチョンサークル
  • Founded on 2019/10
  • 3 members
  • 東京都千代田区大手町 2-6-1 朝日生命大手町ビル2F
  • About 株式会社クエスチョンサークル
    チームづくりを支援!問いを活用した組織開発プロジェクトのディレクター募集