1
/
5

デジタル教材プラットフォーム「Libry」

Edit

340 views

ABOUT

デジタル教材プラットフォーム「Libry(リブリー)」は、出版各社が発行している既存の問題集をデジタル化し、生徒一人ひとりの学習履歴に基づいたアダプティブ・ラーニングを可能にする学習サービスです。「問題検索」や「苦手分野の分析」などのスマートな機能で、生徒がより効率的に学べるようサポートします。中学校・高等学校を中心に導入されているほか、個人のご利用も可能です。
学校向けには、先生向けツール「Libry for Teacher」を提供しており、宿題の配信や分析など、忙しい先生の業務をサポートしています。実際に導入いただいた学校では、残業時間を2時間以上削減するなど、先生の働き方改革にも貢献しています。