This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
株式会社wevnal

私が wevnal を選んだ理由

Trending
Trending Posts

「この会社を大きくするために、一生をかける。」元おちこぼれ新卒が、一連托生の決意を固めるまで

「俺はいま自分がいるこの会社を大きくして、支社の社長をやりたい」 そんな将来の抱負を語ってくれたのは、wevnal(ウェブナル)で新卒2年目をむかえる、小嶋和弘(こじま かずひろ)さん。通称こじさん。 実はwevnalは、こじさんの代から本格的に新卒採用へ着手し始めた。 そして彼はいま、新卒2年目ながら自分の業務...

幾多の転職を経た広告運用のスペシャリストが、wevnalを一生添い遂げたい会社に決めるまで

「弊社は、中途人材の紹介サービスを運営しておりまして。」 ーーー鳴りやむことがない、会社オフィスの電話。 そして、その受話器の向こう側は、往々にして人材紹介会社さんだ。 日本最大級の転職サイトを運営する「DODA(デューダ)」の調査によると、2018年7月の転職者求人倍率は2.25倍。 これは1人の転職希望者に対...

ミーハー女子の私が新卒で広告ベンチャーwevnalを選んだぶっちゃけ話

初めまして、wevnal19卒内定者の近由莉です。 現在大学4年生、来春に株式会社wevnalの新卒3期生として入社することを決めました。 近という名前、珍しいですよね。 私も最近まで「中国人なんじゃないか?」と思っていましたが純日本人です(高校3年間友人には韓国とのハーフと嘘をつき続けました) 9月20日に...

『アパレル業界に革命を』ファッションヲタクの元スーツ販売員が、広告ベンチャーに決めるまでの軌跡

こんにちは、wevnal19卒内定者の高柳です。来春4月から株式会社wevnalへの入社を決めました。 現在は内定者インターンとして、20卒の採用と広告運用を行っています。 高校生まではゴリゴリの野球少年。大学生になってからはアパレルの販売とスニーカーの販売に振り回される日々を送っております(現在も絶賛継続中)。...

就職活動の代わりに瞑想を100時間やったら、20卒内定1号になった

「やばい!出勤1日目から遅刻はインパクトが強すぎる...悪い意味で...」 初めて降り立った渋谷駅は、大阪駅の何倍も人がいて、広くて、いろんな施設とつながっていて。 オフィスは駅から徒歩3分で着くのに、スタート地点である「駅の出口」が永遠に見当たらない。 出勤時間1分前に到着したとき、ぼくの体に流れていた汗は、純...

Latest
Latest Posts

就職活動の代わりに瞑想を100時間やったら、20卒内定1号になった

「やばい!出勤1日目から遅刻はインパクトが強すぎる...悪い意味で...」 初めて降り立った渋谷駅は、大阪駅の何倍も人がいて、広くて、いろんな施設とつながっていて。 オフィスは駅から徒歩3分で着くのに、スタート地点である「駅の出口」が永遠に見当たらない。 出勤時間1分前に到着したとき、ぼくの体に流れていた汗は、純...

『アパレル業界に革命を』ファッションヲタクの元スーツ販売員が、広告ベンチャーに決めるまでの軌跡

こんにちは、wevnal19卒内定者の高柳です。来春4月から株式会社wevnalへの入社を決めました。 現在は内定者インターンとして、20卒の採用と広告運用を行っています。 高校生まではゴリゴリの野球少年。大学生になってからはアパレルの販売とスニーカーの販売に振り回される日々を送っております(現在も絶賛継続中)。...

サッカー一筋15年の私がwevnalを選ぶまでの話

初めまして、wevnal19卒内定者の山本隆介です。 現在大学4年生、来春に株式会社wevnalの新卒3期生として入社することを決めました。 私を一言で表すならば、“サッカーバカ” 小学1年生からこれまで、15年近くサッカー中心の生活を送っていました。大学でもサークルや社会人チームでプレイをし、アルバイトはジュニ...

ミーハー女子の私が新卒で広告ベンチャーwevnalを選んだぶっちゃけ話

初めまして、wevnal19卒内定者の近由莉です。 現在大学4年生、来春に株式会社wevnalの新卒3期生として入社することを決めました。 近という名前、珍しいですよね。 私も最近まで「中国人なんじゃないか?」と思っていましたが純日本人です(高校3年間友人には韓国とのハーフと嘘をつき続けました) 9月20日に...

幾多の転職を経た広告運用のスペシャリストが、wevnalを一生添い遂げたい会社に決めるまで

「弊社は、中途人材の紹介サービスを運営しておりまして。」 ーーー鳴りやむことがない、会社オフィスの電話。 そして、その受話器の向こう側は、往々にして人材紹介会社さんだ。 日本最大級の転職サイトを運営する「DODA(デューダ)」の調査によると、2018年7月の転職者求人倍率は2.25倍。 これは1人の転職希望者に対...

「この会社を大きくするために、一生をかける。」元おちこぼれ新卒が、一連托生の決意を固めるまで

「俺はいま自分がいるこの会社を大きくして、支社の社長をやりたい」 そんな将来の抱負を語ってくれたのは、wevnal(ウェブナル)で新卒2年目をむかえる、小嶋和弘(こじま かずひろ)さん。通称こじさん。 実はwevnalは、こじさんの代から本格的に新卒採用へ着手し始めた。 そして彼はいま、新卒2年目ながら自分の業務...

【新卒0年目】20卒向けオータムインターンを企画するのは、19卒内定者

「3流は賞賛。2流は無視。1流は非難。」 これは、プロ野球チームの楽天イーグルスなどで監督を務めた、野村克也さんという方が残した言葉に、少しアレンジを加えたものです。 野村さんは、その選手育成手腕の高さから「野村再生工場」という異名までつけられていました。 そして、そんな野村さんが選手へ接する際、常に意識していた...

NYへ留学してた早稲田大学卒が、大手ではなく、渋谷のITベンチャーを選んだ理由

「俺スゲェ負けず嫌いだから、負けたことに対する逃げ道を作りたくないんだよね。」 中学、高校、大学とほぼ個人競技のバドミントンを続けてきた理由を、こう語るのは今回の主人公、 新留孝典 (しんどめたかのり) さん (いまJKに流行のポーズらしい) 彼は、新卒入社なのだが、NYに約1年間、留学していた経歴を持...

「こんな会社ある!?」おしゃれ大好き女子が飛び込んだ、ベンチャー企業での奮闘記

最近の就活生が口にする、会社選びの軸に、ほぼ必ずと言っていいほど ・社内の風通しがいいか。 ・若い時期から、裁量権を持たせてくれるか。 が出てくる。 少なくとも、私が就職活動をしていた時には、ほとんどの人が、これらの軸の片方は持っていた。 しかし、ベンチャー企業が非常に多くなってきた昨今において、この軸の存在や両...

19卒学生は、19卒学生が採用する。「新卒0年目社員」の内に秘めたる思い

「自分のやりたいことって、なんだろう」 就活生、いや、もはや日本の全人口が抱えていると言っても過言ではない、「自分のやりたいことって、なんだろう」問題。 これまでの人生どれだけ回顧しようとも、永遠に答えは出ない、思考のメリーゴーランド。 ジェットコースターのように早く、この就活を駆け抜けてしまいたい――。 なんて...

「何をやるか」と「誰とやるか」の狭間で悩み続けた、18卒内定1号

「彼女とデートなうに使っていいよ」 みたいな写真から失礼します。弊社wevnal(ウェブナル)でライターを務める、藤本です。 混じり気のない言葉と笑みを引き出す意図で、ご飯たべながらの取材を敢行したんですが、後半は本業のインタビューすっぽかして、撮影会の様相を呈していました。 今回、こんな最高に垢ぬけた笑顔を見せ...

「沖縄で働きます」エンジニアが本当の意味でチャレンジできる環境がここにはあった

「沖縄で働きたい」 そんな想いを抱き、2017年春にwevnalに入社したのは沖縄出身のエンジニア・大城。「渋谷が嫌い」とまで豪語する大城は、なぜ渋谷に本社を構えるwevnalに入社を決意したのでしょうか。 wevnal入社のキッカケからエンジニアにとっての理想の環境、また入社して間もない彼にとってwevnalは...

「自由」と「勝手」は違う――SNSを毛嫌いしていた男がSNS収集サービス『Tagtoru』を世の中に広める

wevnal創業2年目にインターンとして入社した後藤一海。現在後藤はwevnalの自社サービスであるSNSハッシュタグ収集・管理ツール『Tagtoru(タグトル)』の営業を行っていますが、入社当時は「SNSを毛嫌いするような人間だった」と語ります。 今回『Tagtoru』の過去実績から後藤の入社ストーリー、そして...

採用担当なりたてほやほや新米人事さん♪

株式会社wevnalに入る前 大学時代 サークルにバイトに毎日遊び倒しており、親ともろくに話をせず、家にはお風呂と着替えのために帰る生活をしていましたwww (※当時から親と仲は良いです) 就...

Followers
Posts
14
Likes
183
About
私が wevnal を選んだ理由
wevnalで働く仲間を紹介しています。
Writers