This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
79be0cb1 2f10 421f 9a47 add6055363c1?1507268174
TOWN株式会社

TOWN Blog

Trending
Trending Posts

TOWNインターンに参加してプログラミングの楽しさを知りました!

TOWN株式会社に入る前 私は現在早稲田大学の経営システム工学科に所属しています。プログラミングは大学でC++、Javaの基本的なことのについて学んだだけで、実際のシステム開発に携わることはおろか、授業以外でプログラミングにふれることはあまりありませんでした。しかし、プログラミングには興味を持っていましたし、も...

呼吸がしやすい

洗礼された綺麗なオフィス、流れるBGM、真剣に黙々と業務、ほどよいフランクさ、無駄のない打ち合わせ、オープンな社風、オープンだからこそ生まれる一体感。 自己紹介 はじめまして。カスタマーサクセスチームの野口です。 音楽とゲームが好きで、その世界観を体感するために秘境で音楽を聞くことにハマってます。 現実と非現実...

エンジニアへの第一歩

きっかけ こんにちは。東京大学工学部3年の木村純也といいます。6月からこのTOWN株式会社でお世話になっています。 TOWNに入ったのはこのWantedlyで見つけたのがきっかけです。一から、大学生同士で学びながら成長していけるというのに惹かれて申し込みました。 何をしているか TOWNのサーバーに関する業務のお...

自分の技術力を培うことが出来る場所

TOWN株式会社に入る前 私は大学入学当初からエンジニアとしてアルバイトがしたいと考えていました。しかし、実際にアルバイトを探してみて、エンジニアのアルバイトはほとんどスキルや実務経験が必要で大学の授業や独学で少し勉強した程度の私のスキルではアルバイトは難しいと感じました。そんなときにWantedlyでTOWN株...

アイデアを実現するための武器を得たい

TOWN株式会社にはいる前 東京大学工学部システム創成学科3年の藤本です。学科でもプログラミングの講義は少しあり、Java、C、Pythonを触っていました。しかしこのまま勉強を進めても、自分のスキルになる日はこないだろうと思っていました。 参考書やレジュメを読みすすめても、実行するとそこには書いていないようなエ...

Latest
Latest Posts

【プロダクトノート】社内のエンジニアが自ら技術発信できる環境を作るために会社で取り組んでいること

当社では社内のエンジニアが中心となり、「ハックノート」という自社エンジニアリングメディアの運営を行なっています。 https://hacknote.jp/ 投稿している記事の主な内容は、「日々の小さなハックを集めたエンジニアリングメディア」ということで、日常の業務内容を切り取ったものから、最新技術を試しに使ってみ...

TOWNインターンに参加してみて

TOWNインターンを始めるまで 私は現在学部3年生で、大学ではITに関する研究会に所属しています。プログラミングできるようになりたいと軽い気持ちで研究会に所属しましたが、コードなど人の書いたものを読んで理解することが精一杯のレベルでした。2年の秋に研究会でサーバー関連に関心を持ち、どのように動いているのか仕組み...

【数字でみるTOWNの話①】メンバーの年齢層について〜若手が活躍している?

こんにちは。人事の長澤です。 当社は学生インターンに新卒、中途とチャネルを問わずすベて通年で採用活動を行なっています。会社説明会や選考でお会いする方には、その場で当社のことについて直接お話をさせていただいていますが、より多くの方に当社のことを知っていただくために、その一部を少しご紹介していきたいと思います。 とい...

人事としてのキャリアスタート

自己紹介 初めまして、4/1より入社しました川井萌と申します。 趣味はピアノ、副業はドラム講師と、仕事以外では音楽に浸かっています。スポーツではバレーボールが大好きです。また、お寺や仏像をめぐりに京都に年2回は行っています。 仕事では、長期的目線で物事を考えること、業務効率を上げ、改善改革を進めることを意識してい...

会社と共に成長していきたい

自己紹介 初めまして、Webマーケティング担当の藤原と申します。私は父の仕事の都合で物心がついた頃からタイのバンコクで生活をしていました。という話をすると「タイ語ペラペラなの?」と思われるかもしれませんが、小学校から中学校まで日本人学校だったこともありほぼ話すことができません…。タイ語の勉強もあまりしなかったので...

【プレスリリース】「サイボウズLive」からのデータをAipoに移行できるツールの無償提供を開始しました

サイボウズ株式会社が提供する無料グループウェア「サイボウズLive」のサービス提供終了に伴い、「サイボウズLive」のデータを、弊社が提供するビジネスコラボレーションツール「Aipo」へ移行できるツールの無償提供を開始しました。サイボウズLiveのエクスポートデータをAipoへ直接インポートするこ...

2019年も「ITで未来をつくる」

こんにちは。TOWN株式会社の長澤です。 すでに今更感のある新年の挨拶ではありますが、新年を迎えて当社も通常運転で仕事をしています。昨年は製品サービスの大規模なアップデートなどもあり、当社にとっても実りの大きい一年でしたが、各事業部が一丸となって業務に取り組んだからこそ成し遂げられた成果だったと思っています。新し...

呼吸がしやすい

洗礼された綺麗なオフィス、流れるBGM、真剣に黙々と業務、ほどよいフランクさ、無駄のない打ち合わせ、オープンな社風、オープンだからこそ生まれる一体感。 自己紹介 はじめまして。カスタマーサクセスチームの野口です。 音楽とゲームが好きで、その世界観を体感するために秘境で音楽を聞くことにハマってます。 現実と非現実...

WANTEDLYで知り合った人事担当者同士で焼肉忘年会をやった話

こんにちは。TOWN株式会社の長澤です。 12月ですね。急にものすごく寒くなって着るものがよくわからなくなったり、来年初めからの採用を確保するために年内の活動もラストスパートをかけたりと、何かと慌ただしい師走感が満載のこの頃です。そんな中、WANTEDLYを通じてお知り合いになった企業の方たちと集まって忘年会をし...

Javaエンジニアとしての第一歩(インターン〜アプリコース〜)

インターンを始めるまで 私は、大学院の博士後期課程に所属し、量子計算の研究をしていました。現在は休学中です。修士課程までは、議論をほとんど行わない別の研究室にいました。そのときに参加した海外での国際会議で、普段から行っていなかったためか議論が思うようにできなかったため、議論が活発に行われる現在の研究室に博士後期課...

SNSの運営、モバイルアプリ開発、そしてTOWNへ

初めまして、システムエンジニアの松浦と申します。みなさんに知っていただきたく、簡単な自分の自己紹介と、TOWN株式会社に入る前には何をしてきたのか?今現在は何をしているのか?また今後のエンジニアとしてどう生きていきたいのか?などざっくばらんにお話できればと思います。 自己紹介 台湾人の母と中国と日本のハーフの間に...

TOWNインターン ~サーバーコースについて~

TOWN株式会社でインターンをはじめるまでの経歴 今まで私は大学院の修士1年生で、生体医工学を学んでいます。大学院の研究でpythonに、趣味で軽くubuntuなどに触れてはいましたがインフラには一切触れてきませんでした。ですが、ITが好きかつ、新しいもの好きの私は以前からAmazonの提供しているサービス、...

TOWNインターンで初の実務経験

TOWNインターンを始める前 僕は現在、法政大学理工学部応用情報工学科に学部三年生として所属しています。大学ではプログラムやサーバをいじったりもしていましたが、実務のような経験には程遠いものでした。三年になって研究室が決まり、先輩方が様々な研究を行なっている中、自分には経験が足りなくもっと多くの知識をつけたい...

自社サービスだからこそできることを

TOWN株式会社に入る前 WEBデザイナーとして働きはじめて6年近くは主に制作会社でクライアントワークを中心にやってきました。ただ画面のデザインを作るだけでなく、企画から携わったりコンテンツ設計やコーディングなど幅広く業務をこなし大変な面もありましたが刺激的で楽しい日々でした。そんな私が自社サービスの会社に入社を...

大きな達成感! TOWNでのインターンシップ

TOWN株式会社にインターンとして参加するまで  僕は今、東京大学工学部マテリアル工学科に所属しています。もともと機械系の高専に所属していて、東京大学の学部三年に編入した年の夏にインターンシップに参加させていただきました。大学の学部も高専での専攻も情報系ではありませんが、なにか自分のプロジェクトの役に立つのではな...

Followers
Posts
96
Likes
619
About
79be0cb1 2f10 421f 9a47 add6055363c1?1507268564
TOWN Blog
「ITで未来をつくる」 私たちは、さまざまな市場にITを浸透させて、永続的に成長するITカンパニーをめざしています。このブログでは、TOWNのことを多くの方に知ってもらえるよう、メンバー、事業、環境など様々な情報を発信します。
Writers

Page top icon