This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
株式会社Polestar-ID

PsiDアウトプット

Trending
Trending Posts

30年間浮気無し!ずっと営業一筋でやってきたからこそ分かる、営業部長が教える絶対使える営業ノウハウ10選!

株式会社Polestar-ID 営業部長の鈴木と申します。 30年間、浮気もせず営業一筋に打ち込み培った経験から、絶対使える営業ノウハウをこっそり教えます。 営業のイメージ 辛い、きつい、ノルマが大変 など世間では悪いイメージが先行して、営業職を嫌う人が多いのは事実です。確かに売上なり契約件数なり何らかの数字目標...

【組織での問題解決方法】利益がついてくるには、助けたい人が何を求めているかを観察するのが大事です。

プレゼンター:君島 聴衆:新入社員、鈴木 写真:武 以下、君島 これからMBA問題解決プレゼンを始めます。 内容は「サービスが先、利益が後」というお題です。 このお題を見た時に、私が1番最初に何を思い浮かべたのかというと「観察力と決定力」です。 そもそもサービスが先、利益が後がどういうことかと言いますと、 例えば...

【組織での問題解決方法】多くの社員は客観視できているから、問題に気が付ける

発表者:高尾 聴衆者:森泉、君島、三枝、河野、國本、中山、島田、鈴木、ウェイ、柴田 撮影:武 以下 高尾 これからプレゼントを始めたいと思います。よろしくお願い致します。 今回のタイトルは「最大の過ちは自分1人で問題解決をしようとすることである」です。 みなさん今たぶんCCNAのしてる中で分からないことがウェイさ...

【組織での問題解決方法】時間と競争相手の枠を確保することによって必ず業績がよくなる

プレゼンター:國本 聴衆:鈴木、島田、中山、宮嶋、森泉、三枝、河野、君島、高尾、柴田 写真:武 以下、國本 これから発表を始めたいと思います。 お題は「意志決定のスピードは必ず業績に反映される」です。 この例題を聞いた時、私は難しいと思いました。 しかし、最近早く意思決定をしたことがありました。 それはパソコンを...

ブラック営業術(ディスカッション編)

何か質問とか感想とかありますか。 柴田:今回本を読んでプレゼンするっていう2回目の企画でしたが、その中で今回の営業の本は 前の営業の本と考え方とかは違いましたか。 鈴木部長:えーと、違いますね。これはさっきも言いましたが黒本という事ですので、って言ってもCCNAとかの勉強本ではないですよ。(笑い声)あのーブラック...

Latest
Latest Posts

【組織での問題解決方法】実体験は、人を大きく変える力を持っている

発表者:鈴木(快) 聴衆:加藤、渡邉、木下、ウェイ、中山、森泉 撮影:武 以下、鈴木 それではこれからMBAの問題解決プレゼンを行います。 今回のテーマは捻りなしのストレートなタイトルです。 「実体験は、人を大きく変える力を持っている」 僕自身の経験を省みた事から話していきたいのですが、 学生時代に全然モテなかっ...

【組織での問題解決方法】ミスを憎んで人を憎まず

プレゼンター:森泉 聴衆:加藤、渡辺、木下、中山 写真:武 以下、森泉 ミスを憎んで人を憎まずというタイトルで始めたいと思います。 このタイトルを読んで、 一人のミスを責めて誰かのせいにしてもその先の結果には繋がらないので 個人のミスを責めて人のせいにしないことだと考えました。 スポーツとかでは一つのミスで負ける...

【組織での問題解決方法】常にエンジニアとしてチャレンジをし続ける!先週の自分と今週の自分を比べてコンペティションしています。

プレゼンター:ウェイ 聴衆:加藤、渡辺、木下、中山、鈴木 写真:武 以下、ウェイ これからMBAの問題解決発表を始めさせていただきます。 今日のタイトルとしては”チェンジ、チャレンジ、コンペティション”となります。 皆さんはこのチェンジ、チャレンジ、コンペティションが、 私たちの生活にどのような影響/効果があるの...

【組織での問題解決方法】リバースエンジニアリングって、わかりますか?

プレゼンター:小川 聴衆:渡邉・中山・石田・加藤・木下 撮影:武 以下、小川 これからプレゼンを始めます。 今日のテーマは、『創造的な製品ほど合理的問題解決が必要』というタイトルです。 タイトルからはちょっとピンとこなかったので、本文にあったキーワードとして、 『リバースエンジニアリング』というものがあったので、...

【組織での問題解決方法】良いアイデアを模倣しイノベーションを構築する最初の一歩としてとても重要です。

プレゼンター:中山 聴衆:石田、小川、井水、加藤、渡辺、木下 写真:武 以下、中山 今日私が紹介するのは、 『模倣は最も穏当なイノベーションである』 という言葉です。 皆さんはなにか新しいことを始めようとした時、どんなことから始めますか? 実はここで初手を間違えてしまうと、何事もうまくいかなくなってしまうんです。...

【組織での問題解決方法】SCAMPERは、アイデアを生み出す質問のチェックリストだ

これからMBA問題解決プレゼンを始めます。 聴衆:渡邉・中山・柴田 撮影:武 今回のテーマは「SCAMPERは、アイデアを生み出す質問のチェックリストだ」についてです。 皆さんは問題にぶつかった時、どのように問題解決をしますか? 木下:それでは中山さんお願いします。 中山:そうですね、、、    問題にぶつかった...

【組織での問題解決方法】相手の気持ちにたって考えてみるというもの問題を解決する上では必要

発表者:渡邉 聴衆:加藤、中山、木下、小川 撮影:武 以下、渡邉 これからMBAの発表を始めさせていただきます。 宜しくお願い致します。 私の今回のテーマは「問題から一時的に離れよ」です。 見てわかる通り、問題から一時的に離れて見ようということなんですけど、 目の前に問題がありますとなったときに どこから解決しよ...

【組織での問題解決方法】エンジニアとして直感的に作業ができるように行動の記憶をすることが大切

プレゼンター:小川 聴衆:渡邉・中山・柴田・石田・加藤・君島・木下 撮影:武 以下、小川 これからプレゼンを始めます。 今回の題材は「最後は論理的思考ではなく直観」についてです。 ”直観”を直観的に説明できる方はいますか? 一同:・・・ 直観が何かというものを調べました。直観とは、脳の線条体という部分が司っている...

【組織での問題解決方法】業績報告会をしっかりやることが大事。お互い認識共有をうまく行うことでより前進できる!

プレゼンター:中山 聴衆:君島、木下、渡辺、加藤 写真:武 以下、中山 今日は、 『業績報告会をしっかりやることが大事』 ということについて考えていきます。 言ってしまえばこの言葉が全てではあるのですが、 それでは味気ないので(笑) どうして業績報告会が大切なのか、 皆さんと一緒に考えていきたいと思います。 そも...

【組織での問題解決方法】「何がの」後に「なぜか」が来る事を認識する大切さ

発表者:柴田 聴衆者:石田、加藤、渡辺、中山 撮影:武 以下、柴田 これから発表を始めたいと思います。 よろしくお願いします。 問題解決方法として、「なぜを5回問え」というものがあります。 これは理想と現実を把握する為のメソッドと言えます。 これを例に取って文字におこして見てみると、、、 現実…リンゴが5個売れる...

【組織での問題解決方法】社員全員でひとつの”法人格”

発表者:柴田 聴衆:渡邉、加藤、中山、君島、小川、木下 撮影:武 MBA問題解決のプレゼンを始めます。 今回は「仲間を助ける力を持て。仲間に助けてもらう勇気を持て」についてです。 MBAの発表なので仕事上のことと関連付けて話していきたいと思います。 仕事をするにあたって、基本的に一人では仕事ができないです。 世の...

【組織での問題解決方法】聞き手は誰?

発表者:君島 聴衆:加藤、木下、柴田、中山 写真:武 以下、君島 これから発表を始めたいと思います。 よろしくお願いします。 今回のお題は「話をするときの主役は、話し手ではなく、相手」というお題なんですけど、 お題を見たときに、パッと理解できるお題でして、自分が話をする上で、 相手に理解してもらわないと自分が話し...

【組織での問題解決方法】リーダーは適材適所に仕事を割り振る

発表者:加藤 聴衆:磯部、渡邉、中山、木下、小川 撮影:武 以下、加藤 これからMBA問題解決プレゼンを始めます。 今回の題材としましては、「個々の力を良い結果に繋げる」についてです。 個々の力は可能性や様々な幅があると思います。 例えば、足が速い人、持久力がある人と、人それぞれです。 これをIT業界のプロジェク...

【組織での問題解決方法】独自解とは例えばカレーにコロッケではなく天ぷらをのせてみること

発表者:君島 聴衆:渡邊、小川、加藤、木下 写真:武 以下、君島 これから発表を始めたいと思います。 よろしくお願いします。 今日私が発表するお題は「共通の知見・手法+クリエイティブな部分が独自解につながる」 というタイトルなんですけど、このタイトルを見て、正直自分はパッと見ても理解できなかったですので、 このタ...

【組織での問題解決方法】ステークホルダーを正しく認識し管理する

発表者:中山 聴衆:宮嶋、河野、三枝、森泉、國本、島田、高尾、ウェイ、鈴木 写真:武 以下、中山 ステークホルダーという言葉を知っていますか? ビジネス用語なのですが、直訳をすると利害関係者という意味になります。 詳しく説明をすると、組織が行う活動により、 直接的または間接的な影響を受ける全ての利害関係者を指す、...

Followers
Posts
52
Likes
98
About
PsiDアウトプット
PsiD社員が日々アウトプットや書籍などの発表を行っています。
Writers