ディップ株式会社

ディップで働く魅力とは

Trending
Trending Posts

前例がないから面白い…!AI・RPAの新規事業を創るエンジニアの本音。

こんにちは。AI・RPA事業部の藤澤です! ディップでは、2024年2月期までの5年間で、RPA、人工知能(AI)領域に投資を500億円していく社運をかけた大きな計画を立て、 2019年4月1日にAI・RPA事業部を新規事業開発の中核部署として立ち上げました。…! ▼ディップ、「ロボット派遣」に500億円投資 ...

RPAエンジニアとして活躍する19年新卒がディップに入社した理由は!?

ディップでは、2024年2月期までの5年間で、RPA、人工知能(AI)領域に投資を500億円していく大きな計画を立て、 2019年4月1日にAI・RPA事業部を新規事業開発の中核部署として立ち上げました。 ▼ディップ、「ロボット派遣」に500億円投資 https://www.nikkei.com/article...

「一人の幸せの実現」を、いかにビジネスとして成り立たせるか。(森田亮/クリエイティブ統括部長)

 「ディップの制作って何してるの?」「どんな部署があるの?」これまでなかなか知られていなかった、ディップの媒体を制作している柱、クリエイティブ統括部にフォーカスを当て、想いや仕事を紹介します。 今回はクリエイティブ統括部長の森田に、これまでのキャリアやディップで実現したいこと、中途応募者への期待などを伺いました。...

サービスも、組織も。どんどん無邪気に改善できる。(山崎麻衣子/Webエンジニア)

 ディップの現役社員にフォーカスを当て、働き方や入社のいきさつなどを探っていく特集企画。第一回は、システム開発部グロースプロダクト開発課・課長の山崎麻衣子にインタビュー。現役のエンジニアからプロジェクト・マネジャーとなった彼女が考える、これからのディップとは。 自分たちでプロダクトを成功させたい ――山崎さんのお...

Web経験ゼロだった元映像クリエイターが、大企業の採用企画で活躍している理由(吉井真奈美/制作部)

 ディップの現役社員にインタビュー。求人情報サイト「バイトル」の制作部はいったいどのような仕事をしているのか。今回はクリエイティブ統括部広告制作部の制作ディレクター・吉井に、仕事内容ややりがいなどを聞いてみた。 映像系フリーランスからディップへ。  元々は映像系のフリーランスとして、CMや映画の撮影をしていたんで...

Latest
Latest Posts

「やりたい」が叶う環境で、僕は企画屋にもなれた。(成松泰之/プロジェクトマネージャー兼メディアプロデューサー)

 ディップの現役社員にフォーカスを当て、働き方や入社のいきさつなどを探っていくインタビュー企画。今回は、システム統括部ではプロジェクトマネージャーであり、はたらこメディアプロデュース室(以下、HMP)ではメディア自体をプロデュースしてしまう成松(なりまつ)にインタビュー。彼が見た、ディップの働き方とは。 “自社メ...

Web経験ゼロだった元映像クリエイターが、大企業の採用企画で活躍している理由(吉井真奈美/制作部)

 ディップの現役社員にインタビュー。求人情報サイト「バイトル」の制作部はいったいどのような仕事をしているのか。今回はクリエイティブ統括部広告制作部の制作ディレクター・吉井に、仕事内容ややりがいなどを聞いてみた。 映像系フリーランスからディップへ。  元々は映像系のフリーランスとして、CMや映画の撮影をしていたんで...

「一人の幸せの実現」を、いかにビジネスとして成り立たせるか。(森田亮/クリエイティブ統括部長)

 「ディップの制作って何してるの?」「どんな部署があるの?」これまでなかなか知られていなかった、ディップの媒体を制作している柱、クリエイティブ統括部にフォーカスを当て、想いや仕事を紹介します。 今回はクリエイティブ統括部長の森田に、これまでのキャリアやディップで実現したいこと、中途応募者への期待などを伺いました。...

未経験者大歓迎。プロジェクトマネージャー候補を積極採用する理由(福地克明/シニアプロジェクトマネージャー)

 ディップの現役社員にフォーカスを当て、働き方や入社のいきさつなどを探っていく特集企画。今回は、システム開発部の福地にインタビュー。これからのチームを牽引するプロジェクトマネージャー候補を募集しているシステム開発部。即戦力ではなく、これから育てていく人材に出会いたいとのこと。その真意とは。 入社後にじっくり育って...

「自社サービスを操りたい」二人のエンジニア転職とその後。(増井和治、林美樹/システム統括部)

 ディップのシステム統括部はベンダーを入れると100名を超える。年々増員している環境で、社員数が少なかった頃からエンジニアチームに在籍していた人たちは、今どんな働き方をしているのかが気になって、聞いてみました。 林美樹/インフラエンジニア(写真・左)、増井和治/プロジェクトマネジャー(写真・右)。 エンジニアの中...

ディップでエンジニア歴10年の男がみた、「これまで」と「これから」。(江畑英明/シニアマネジャー)

 ディップの現役社員にインタビュー。今回は、システム開発部と新規事業であるAI・RPA事業部を兼任する江畑に直撃。大規模サービスや、それらのプロモーション力に惹かれて入社しかれこれ社歴10年の彼が振り返る、ディップとは。 10年を振り返り、変わったこと ――ディップのシステム開発部は変わりましたか  ここ最近で言...

最高の“初アルバイト”を届けるために。(栗生和明/サーバーサイドエンジニア)

 ディップの現役社員にフォーカスを当て、働き方や入社のいきさつなどを探っていく特集企画。今回は、システム開発部アプリケーション開発課・課長の栗生(くりう)にインタビュー。昨年、Laravelの実践本『PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発(ソシム刊)』を執筆。先日は300名規模のカンファ...

技術視点からユーザーの幸せを導きだす(大場崇至/フロントエンドエンジニア)

 ディップの現役社員にフォーカスを当て、働き方や入社のいきさつなどを探っていく特集企画。今回は、システム開発部フロントエンド課・課長の大場にインタビュー。前職は受託開発のエンジニア。大規模な自社メディアを構築する面白さ、技術視点からユーザーの幸せをつくりだすこだわりについて教えてくれた。 サイトの骨格を決める重要...

ドラクエで漢字を憶えた僕が、バイトアプリ開発に転職を決めた理由(馬場聡史/スマホアプリエンジニア)

 社員数約2,000名のディップは増員をし続け、新卒・中途入社者を合わせると毎年300~400名もの社員が加わっている。新たな社員がジョインすることが珍しくない環境で、入社3ヶ月になったスマホアプリエンジニアの馬場はどのような動機で入社したのか。 楽しいことがしたい ――入社までの経緯を教えてください  いま26...

エンジニア本人より、その人のことを詳しい存在でいたい。(緒方崇允/組織開発マネージャー)

 アルバイト求人情報サービス「バイトル」を運営する会社、ディップの現役社員にフォーカスを当て、働き方や入社のいきさつなどを探っていく特集企画。今回は、2019年6月に入社した組織開発マネージャーの緒方が語る、これからのエンジニア・マネジメントについて。 ディップの印象は良くなかった ――前職について教えてください...

サービスも、組織も。どんどん無邪気に改善できる。(山崎麻衣子/Webエンジニア)

 ディップの現役社員にフォーカスを当て、働き方や入社のいきさつなどを探っていく特集企画。第一回は、システム開発部グロースプロダクト開発課・課長の山崎麻衣子にインタビュー。現役のエンジニアからプロジェクト・マネジャーとなった彼女が考える、これからのディップとは。 自分たちでプロダクトを成功させたい ――山崎さんのお...

前例がないから面白い…!AI・RPAの新規事業を創るエンジニアの本音。

こんにちは。AI・RPA事業部の藤澤です! ディップでは、2024年2月期までの5年間で、RPA、人工知能(AI)領域に投資を500億円していく社運をかけた大きな計画を立て、 2019年4月1日にAI・RPA事業部を新規事業開発の中核部署として立ち上げました。…! ▼ディップ、「ロボット派遣」に500億円投資 ...

9年勤めた会社を辞めた理由は「パソコンの中にドラえもんを作りたい」!?

ディップでは、2024年2月期までの5年間で、RPA、人工知能(AI)領域に投資を500億円していく大きな計画を立て、 2019年4月1日にAI・RPA事業部を新規事業開発の中核部署として立ち上げました。 ▼ディップ、「ロボット派遣」に500億円投資 https://www.nikkei.com/article...

RPAエンジニアとして活躍する19年新卒がディップに入社した理由は!?

ディップでは、2024年2月期までの5年間で、RPA、人工知能(AI)領域に投資を500億円していく大きな計画を立て、 2019年4月1日にAI・RPA事業部を新規事業開発の中核部署として立ち上げました。 ▼ディップ、「ロボット派遣」に500億円投資 https://www.nikkei.com/article...

Followers
Posts
14
Likes
40
About
ディップで働く魅力とは
ディップ株式会社で働く社員のインタビューや対談記事を掲載します。
Writers