Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

夏季インターンシップを経て

永原礼子

グランドハイアット東京 - イベントサービス課

What I learned

私は去年は2週間と今年は1週間参加しました。  伊豆高原という観光地で働くということは楽しみに来ているお客様をさらに楽しませること。ここのホテルはお客様のためを思ってやることに対してマニュアルがなく自分がやった方がいいということを進んで参加することができる場所だった。そのため、インターン先の社員の方々皆さんキラキラした笑顔でお客様のことをもてなしている姿をみてたくさん刺激を受けた。とくに印象深かったのはある台風が直撃した日に電車が動かなくなってしまって途中までしかホテルに迎えていないお客様を駅まで迎えに行っていたり、観光もできずホテルの中で滞在することになってしまったお客様にはお腹が減らないように常に軽食が用意され、解放できる施設は出来るだけ解放しカラオケやゲームをお客様はたのしんで、台風が去った時にはみなさんあいにくの天気にもかかわらず笑顔で帰っていた。その姿をみて人を笑顔にするために動き回ったりホテルが小さなことでもお客様に気を使うことで満足度はさらに高まるということを学んだ。その中で自分は出来る限りお客様と会話をし、一緒にゲームを盛り上げたりした。何か特別なサプライズではなくお客様の気持ちに寄り添うことで飛んだハプニングもお客様にとっていい思い出の一部に変えることができると今回のインターンシップを経て学びました

グランドハイアット東京 - イベントサービス課
私は現在産業能率大学の経営学部に通っています。  私が本学を選択した理由は経営とホスピタリティを同時に学ぶことができるためです。  現代の日本はサービス化社会といわれています。サービスの質を求める傾向がある中でホスピタリティの精神を学ぶことにより、より多くのお客様を満足につなげられると考えました。それだけでは会社の利益を生むことができないため経営について学ぶことにより利益を双方に学ぶことができると考え、本学への進学を決意いし現在学びを続けています。  現在大学では江崎ゼミというゼミに所属し、私はそこではゼミ長として活動しています。先生に言われたことをするゼミではなく自主的に行動を起こして...
Read More