This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ゼロフィールドに入社した直後なので転職エントリ書きます

株式会社ゼロフィールドでエンジニアしている中川隆史です。以後よろしくお願いします。

ゼロフィールドにジョインして1月経ったところで、Wantedlyに何か書いてくれという依頼がありました。

ちょうど良い機会なので、転職エントリ書こうと思います。

入ったばかりで会社に忖度してるんじゃと思われるかもしれませんが、忖度無しで書きます。というかしてもメリットありません。

まずは簡単ながら私の経歴を紹介させていただければと思います。

Profile
中川 隆史(なかがわ たかし)
1984年生まれ 北海道出身
ゲーム作りたくてプログラム始めたけど、結局作る事なくIT業界生きてます。
専門学校卒業後に組み込みエンジニアからキャリアをスタートして、より面白そうなWeb系に転身してきた人です。2020年1月に株式会社ゼロフィールドにジョインして日々業務にあたってます。

なぜ私は転職を決断したのか

30歳を過ぎた辺りからキャリアについてすごく考えるようになりました。マネジメントに行くか現場を続けるかというのを考え始める時期としてやっぱり30歳というのは大きかったです。

前職ではマネジメントをやりつつ手も動かすという感じで働かせてもらっていましたが、色々中途半端な感じはずっとしていました。二刀流は自分には向いていなかったようです。

ならどちらかに絞るということで考えましたが、まだ需要はありそうだし現場で手を動かすのがやっぱり好きという結論になり、マネジメントは一度置くことにしました。

別にその決断をしただけでは転職する必要もないのですが、そうした時の給料だったり会社が求める方向性が合わなくなるだとかその他もろもろ色んなものが重なった結果、転職を決意しました。

転職活動スケジュール

私は前職を退職してから2ヶ月という期間を設けてがっつりと活動しました。退職時には有休消化でそこそこ休みももらいましたが、全く活動せずにだらけてました。なので、本当に2ヶ月間です。

ちょっと仕事を休憩して趣味全振りな時間が欲しかったり、会社を選ぶにあたって時間をかけたいというのが主な理由です。

スケジュール的に2ヶ月は長いかなと当初は思っていたのですが、最終的には丁度良かったです。下手したらもっとあっても良かったぐらいです

その間に10社以上の会社さんと会ったので、普通に忙しかったです。カレンダーでその時のスケジュールを見てみましたが、ほぼ毎日何かしらが入っているような状況でした。

転職活動媒体

今回はエージェント3社とWantedlyを使いました。

感想としてはエージェント3社はやりすぎだったのと、今回は仕事しながらという訳ではないので、スケジュールの管理を自分でしてWantedly等のスカウトがあるサービスだけで良かったなと思います。

ありがたいことにスケジュール的にはWantedlyだけでも埋まるどころか破綻するレベルで声かけていただいたので、Wantedlyに絞っても良かったかもしれません。

ミニマムスタートして足りなかったら広げていくのが賢いやり方だと思います。活動される方はそういう感じの方でやることをお勧めします。

転職活動方針

今回は自社サービスのみに絞りました。裁量ある中でプロダクト育てて行きたいとかもありますし、働き方として自由が欲しいというのもあります。

リモートとかは別にいらないのですが(家で働くのは得意じゃない)、趣味の関係上たまに早く帰りたい日がありそれが全く出来ないが辛いのでその程度の自由は欲しかった感じです。

自社サービスと言っても色んなサービスがありますが、嫌いはあっても自分の好きが明確になってなかったので、どんなサービスをやりたいかは活動しながら絞っていった感じでした。当初そんなに興味なかったジャンルが実は好き側だったりということもあったので、色んな人に会うのは重要だなと思いました。

そのため、カジュアル面談を必須として活動していましたが、ありがたいことに断られたことはありませんでした。

技術的な方面では経歴的にJavaを中心としてましたが、今回は何でも出来るだろ精神で絞っていませんでした。そのため、他の言語をやっている会社でもスカウト来て興味持ったら積極的に会いにいってました。

その際にスキルセットの話をしてスカウトいただいた理由は聞きましたが、絶対に○年以上ないと駄目みたいな感じではなさそうでした。自分の場合はQiitaに色々アウトプットしているのが良かったようで、普段からアウトプットしてる人なら大丈夫そうという話もありました。

自分のやったことをきちんとアウトプットするのは思った以上に効果があったので、続けようと改めて思いました。

転職活動最終結果

最終的には2社から内定をいただき、そこから現在勤めている株式会社ゼロフィールドに決めました。自分の中のキャリア優先度が活動中にしっかりと決められたので、その優先順位的にゼロフィールドが優った形となります。

優先順位をきっちり決めた割に決定までに1週間ほど悩んだぐらいには2社とも素晴らしい会社という印象を持ちました。

株式会社ゼロフィールドで1ヶ月働いた印象

そんなこんなで働き始めて1ヶ月以上経ちました。

一言で言うと「入社前とのギャップはないし楽しく働いています」なんですが、それだけだと意味がないので入社前どう感じたかとか現在何をしているかを書きたいと思います。

会社の印象

色々と書いたんですが、人もいいし雰囲気も落ち着いているし働きやすいなーということを言葉数足して書いてるだけでした。この規模は初めてなので他を知りませんが、スピード感がありつつ落ち着いた人が多いという印象そのままだったのが一番ありがたかったです。

静かな時も多いですが、丁度良い感じに作業できる雰囲気だと感じています。静かと言っても雑談したりなんだりは普通にありますし、普通に仕事が出来る環境です。

オフィスの場所だったり環境も仕事するにはいい感じなので、そこも不満はないです。何かあったらすぐに言える雰囲気なので、困ったら声あげればいいやというのも楽でいいです。

現在の業務

Qasee(カシー)というアプリを担当しています。

どんなアプリかというと、業務効率可視化ツールです。業務の生産性をあげるにあたってまずは何にどれくらいの時間を使っているか業務負荷が偏っていないかなど普段の業務を可視化し分析してくれるようなアプリになっています。

このアプリはRuby on Railsで作られているWebアプリです。しかし、機能追加したりとか改善しなきゃいけない箇所はいっぱいあります。今はそれを優先順位つけてやっているところです。

かなりの裁量もらえてるので、とにかく何でもやったるでーの精神でQasee育成を頑張っています。

技術的にもRuby on Rails以外の新しい技術も取り入れているので、いっぱい刺激もらっています。

●●に挑戦したいという人がいたら、何でも挑戦できるぐらい色んなことが出来る環境なので、是非応募いただければと思います。

私も日々色んなことに挑戦しながら業務をやっています。すでに業務で扱ったことない言語での実装したり、機能に対して意見出してそれを実装するなんてことも経験済みです。

最後に

株式会社ゼロフィールドでは、一緒に働く仲間を絶賛募集中です。

募集職種はいっぱいありますので、気軽に話を聞きに来てみてください。

株式会社ゼロフィールド's job postings
ゼロフィールドに入社した直後なので転職エントリ書きます
Takashi Nakagawa
株式会社ゼロフィールド / Web engineer
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings