Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

イオン、ここへきて「大復活」が始まったワケ【phantomAI週間株価予報】


イオンが「過去最高益」のワケ

セブン&アイ・ホールディングスと並ぶ国内流通の2強を占めるイオン。長らくスーパー不況で苦境を強いられてきたが、じつはここへきて「大復活」の兆しが見えてきたことをご存じだろうか。



数字が如実に物語る。


「イオンは10月9日に2020年2月期の中間決算を発表しました。その内容は純利益が前期比でマイナス67億円と一見するとよくなかったのですが、じつはここから子会社イオンディライトで発生した不適切会計の関連費用を除くと、前期比12%の営業増益と意外な好決算であることが明らかになったのです」

実質ベースでイオンの決算を見ると、今回発表した中間決算では増収増益を達成。そのうえ、営業利益、経常利益ともに過去最高を更新しているのだからまさに「絶好調」といえる。

「さっそく株式市場ではこれを好感視して、『イオン買い』が巻き起こっている。8月には1794円の安値まで落ちていたイオンの株価ですが、9日の決算発表後には2000円を超えていくほどに急上昇。11日には2214円をつけるまで急伸しており、勢いがとどまる様子はない」(アナリスト)


そんなイオンの好決算の要因のひとつは、ドラッグストア事業の絶好調にある。


前出・藤本氏が言う。

「イオンの決算の内訳を見ると、GMS(総合スーパー)事業やSM(スーパーマーケット)事業は不調なのですが、傘下でイオン子会社のウエルシアホールディングス (3141)が好調を牽引していることがわかります。




ウエルシアはいまやドラッグストア業界で最大手クラスの企業ですが、10月9日に発表した上半期決算では営業利益が184億円と前年同期比22.4%増益。従来予想の164億円を大幅に上回る着地を見せたのです」

詳細は下記URLへ続く

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67790

財産ネット株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings