This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

未経験からトップエンジニアを生み出す教育プログラムを公開します!〜3ヶ年計画 前編〜

こんにちは!Y&I Group 人事の遠藤です!今月に入り、各メディアで特集されることが増えて、
当社の認知度もかなり上がってきました😀
例えば、ベンチャー通信にて、当社が「キャリアのつくりかた」として特集を組んで頂いたり❗️

当社オリジナルの超特化型プログラミングスクール「Freeks」がプレスリリースされ
計46メディアに取り上げて頂いたり❗️

僕らで運用しているwantedlyでもTOP30に入り、ランキングが上昇し、
皆さんの知っているような名だたる有名企業と肩を並べるようになってきました!



やはり、当社のエンジニアに対する教育スタイルに注目や関心が集まっています!!

なので、今回は実際にどんなことをやっているのか、

①365日の研修期間(カリキュラムコース選択、研修期間選択 )
②ヒューマンスキルの向上
③環境

この3点に絞ってご紹介していきたいと思います!

▼どんなフローでカリキュラムを進めているの?


①365日の研修期間(カリキュラムコース選択、研修期間選択 )

なぜこんなにも長く研修期間を取っているのか?
それは1人1人の目標、習熟度も違うから。

よくあるのは、
研修期間数ヶ月とあるが、研修期間を終える前で勉強もほとんど進んでいないのに、
会社都合ですぐにロースキル(デバック、キッティング)のお仕事が始めさせられることがあります。

そうすると、仕事から抜け出せず、やりたい勉強も出来ずじまいになってしまい
技術がつかない状態で時間だけが過ぎてしまう。
言い方は悪いが、会社の歯車みたいな扱いをさせられる。

また、開発現場に入ることが出来た場合で起こり得る問題としては、
IT業界のことを含めて全般の基礎知識が足りていない
・専門的なスキル、または強みがない

ということが挙げられます。

開発現場に入れても、基礎知識がないために、説明されたタスクそのものがわからない場合が多いです。なので、何から手を付けていいのか分からなかったり、初歩的な問題も遠回りして時間をかけて解決しようとしてしまう。
また、現場で出来ることも増やしてくことは大事なのですが、
出来ることが少ないと、現場のリーダーはあなたにどんな仕事を任せていいのか困ってしまい、
任せてもらえる仕事がなくなってしまいます。
そうなると、 現場での生産性を下げてしまうことが考えられます。。。

なので、Y&I Groupでは1人1人の目標に合わせた研修期間を取り
技術や基礎知識を定着させてから、ロースキルではない開発現場に送り出し、現場でも困らないようにしてあげたいと思い、研修期間を長く取っています。

また、人気のweb開発や、アプリを作りたいなど、人によってやりたいことも違うので
どのカリキュラムをやるのかもコースを選べるようにしています。

例えば、
「webデザインに興味があって、すぐにでも技術を身に付けたい」という方!
PHPさいそく6ヶ月コースを選んでください!
まずは、IT基本用語からです!
3ヶ月で短期集中で勉強しましょう!
最近だと、1ヶ月で終わらせしまう研修生もチラホラいます。
残りの3ヶ月で、開発現場に移行するために+αの勉強や面談などのバックアップをしていきます!
カリキュラムが終わる頃には、
Twitterのログインページ、AmazonのECサイトが自分で作れるようになったりします🤩


「日常生活に便利なアプリを作ってみたいけど、ゆっくり技術を身に付けたい」という方!
→Javaのじっくり12ヶ月コースを選んでください!
9ヶ月ゆっくり、自分が納得できるまでコツコツやっていきましょう。
こちらのコースも開発現場への移行前に+αの勉強や面談などのバックアップをしていきます!
Googleが開発しているandroidアプリ
webサイト開発
商用システム
などにもJavaが採用されています。
web系言語の基本とされているものなので、おすすめです!


カリキュラムに関しては、オンラインでもオフラインでも実施することが出来るので
いつ、どこでも、空いている時間を活用して取り組むことが出来ます!



また、実際に開発現場でも採用されている
バックログを導入したカリキュラムになるので、現場への移行がスムーズです!


▼では、カリキュラムだけやれば、開発現場で活躍できるのか?

②ヒューマンスキルの向上

以外と盲点となるのがここかな。と思います。

例えば
・任された仕事ととは、全く違うことをやっていて、求められている成果を出せなかった
・仕事が期限内に出来ない
・社内やクライアントからのメッセージに対する返信が遅い

冷静になって考えてほしいのが、あくまでもエンジニアという技術者ではありますが
「いち社会人」な訳です。

社会人としてのヒューマンスキルがない人に
クライアント然り、社内の人は皆さんにお仕事を任せたいと思ってもらえるでしょうか?

業界、職種関係なく、どんなお仕事でもそうですが、必ず業務を遂行していたら結果が出てきます。
でも、未経験の業界、なおかつ専門職、技術職でいきなり仕事を始めると
仕事が慣れていないのもありますが、どんな結果を求められているのかがわからない。
でも、指示は受けているので、とりあえず、なんとなくで仕事を進めてしまう。。。

この行動をしてしまうとどうなるのか。それはもうわかりますよね?なので、


分からないときにわからない!!!と素直に聞けること



「何がどう分からないのか」を整理して、仕事を進められるようにすることが必要なのです!


また
「自分は周りより仕事が出来ると勘違いしている」
逆に
「自分が仕事が出来ない人だと思われたくない」というような理由で、
自分自身で悩んで、考えて時間を浪費している人も少ないないです。

でも、エンジニアの仕事って1〜10まで全部を個人でやることってないです。
絶対に組織、チーム、仲間と作り上げていくものなのです。

考える時間は大事ですが、浪費している時間を考えると
組織やチームの生産性を下げ、成果物が出来上がらない、納期に間に合わないなど
時間を無駄にしてまうと誰も得をしないのです。。。

だからこそ、技術者としてのスキルはもちろんですが
社会人としてのヒューマンスキルは同じくらい必要になってきます。

なので、技術者としてのスキルとヒューマンスキルの
総合的な人間力を向上ができるような教育にしています!



どうやってヒューマンスキルを身につけていけばいいのか?

当社では、エンジニア技術面としては、前述した通りカリキュラムを進めていけば、問題ないです!

ただ、研修期間に関しては、カリキュラムと同時進行で、
みなさんにはヒューマンスキル向上させる目的で一般的なお仕事を一任してもらってます!
最初から責任重大なエンジニアの開発現場に配属するのは、
当社としても未経験のみなさんからしても不安だと思います。
なので、まずは一般的なお仕事をみなさんに託します!

そのお仕事では
・分からないことを出来るだけその場で聞いて確認するチカラ
・基礎的なことまで分からないようであれば、どう調べたり勉強すればいいのかまで聞くチカラ
例えば
「やってみないとわからない部分もあるので、一度〇〇のタスクまで仕事を進めてから相談しにいってもいいでしょうか?」
「今の研修した内容が自分で理解しているか、要点を確認したいのですがお時間頂いてもよろしいでしょうか?」

などを身につけられるようにします!

こうした行動が出来ると、現場のチームメンバーや先輩からしても
『一応自分なりに調べて仮説を立てて』聞きにに来てくれていると理解してくれます。
そうすると何度も質問してもイライラされることはないです。
開発現場でも求められる重要なスキルになり、意識して取り組める人はどんな現場でも求められる人材になっていきます!

当社では、エンジニアとしての技術や知識はカリキュラムで
ヒューマンスキルはお仕事していく中で身につけていきます!


▼でも、自分にそんな自信ないな〜。と思っている方

③環境

最初から出来るとは思っていないです!笑
なぜなら、僕ら会社運営をしている人たちも最初は出来なかったからです。
その中でツライ、大変、嫌だな、理不尽だな、こんなこともしなければいけないのか、
などなど、いろんなことがありました。
全部が最初からうまくいくことはなかったです。

でもみなさんが通るであろう道は、すでに経験済みです。
だからこそ、人の気持ちが理解できるようになって、その経験から基づいた教育に
チカラを入れることが出来ています。

勉強面で言うと

よくあるのが
現役のエンジニアが直接研修をしてくれる。ですが
「これとこれだけいつまでに勉強しといて。わからなかったら自分で調べてね。
それでも無理だったら聞きにきてね。」
「ん?なんでそんなことも出来ないの?さっきも説明したけど聞いてなかったの?」

未経験から始めた人からすると、、、

「え、なんか厳しいな」
「その言われ方したら、聞きにくいな」
と入社してから思い、勉強が捗らず、諦めて辞めてしまうのがよく聞く話です。
こうした経験をしてきた先輩方も多い。

でも、大事なことって継続的に勉強して理解すること。
だからこそ当社では、現役のエンジニアももちろんいますが
教育に特化した教育専属講師がいる環境にしています。


わからないとこは 「そうだよね〜ここ難しいよね!最初ここで僕も躓いたんだ!じゃ一緒にこれとこれを見比べて見ようか!」などと、マンツーマンでの教育サポートができるようにしています。
さらには、定期的な面談も組まれており、現状で躓いている点なども面と向かって本音で言える環境も整えております!


また、勉強会は講師が開くのではなく、研修生自らが勉強会を開いています!
なぜかと言うと、ラーニングピラミッドを意識しているからです。



人に教えることが最大のインプットとも言われているため
知識の定着を目的としてして研修生が勉強会を開いています!



さらに多くの仲間と積極的に触れ合いや、つながりを持つことで、
今は何がやりたいのか、明確にはない人でも、研修生が開く勉強会に参加することで
新たな気づきが得られ、視野を広げ、何か見つかるきっかけにもなっています。


お仕事の面でも
僕たちも同じ経験をしてきましたが、
今までのどんな経験も無駄になったことは一つもないです。
むしろ、その経験があるから人間力が身についたと思っています!

なので、出来ないこと、わからないこと、現場での悩み、不安は
前述した通りどんどん聞いてください!
これは聞いたらダメかな。。。そんなことないです。ホウレンソウしてください!
なんでも相談しながら解決していきましょう!

こうして一緒に共感できる仲間や、同じ志を持った同志が多いのがY&Iの特徴で
教育を0から行なっています。

Y&Iの1番の強みは環境だと思っています。


最後に


こうして、wantedlyで定期的に更新して、良さを伝えたりするのは、
当然僕らの役目だと思いますが、大事なことは第三者からの評価だと思っています。

わかりやすく言うと、、、【食べログ】。
お店の人は、
どんなお店なのか?どんな高級な食材を使っているのか?どんな人が作っているのか?
様々な魅力を伝えていると思います。
ですが、
実際に気になるお店を食べログで調べて、
第三者からの評価が★★★★★満点中、★★だったり
低評価だったりしたら、お店の人がどんなに魅力を伝えても、人気がなくなってしまいますよね。

そういった意味では、かなりの信用が第三者目線から頂けているのかなと思います。
各メディアからの注目されているこの教育、キャリアのつくり方について
興味がある人はぜひ、お気軽にお話聞きにきてください😝

Y&I Group株式会社's job postings
25 Likes
25 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more