1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

自分達で楽しい会社を作る!8人のメンバーが集まった“ハピクル”とは?

みなさんこんにちは!スターティアラボ株式会社採用担当のきむです!

今回はスターティアラボの子会社であるMtame株式会社の社内制度“ハピクル”についてハピクルメンバーにインタビューした内容をお伝えします!

Q1:“ハピクル”について教えてください!
ハピクルは、Mtame株式会社をより良い組織にしようと思い集まった人々の組織です。イメージとしては、学校にある委員会や国会に近いですね。メンバーは自ら志願した人や、他の社員から推薦されて選ばれた人が集まっており、入社歴や役職に関係なく様々な社員がいます。

最終的な目的は、Mtame自体をもっと楽しく、また社員それぞれがMtameをもっと好きになるような文化を作ることです。そのために、現在は先期のハピクルで決めた会社の行動指針であるMikiの浸透をするイベントの開催や、会社自体の制度を整えたりしています。

Q2:会社の行動指針であるMikiって何ですか?
Mikiは、弊社内で推奨される行動や良し悪しの基準や、正しさを具体的に言語化したものです。
Mikiにはいくつかカテゴリーがあるのですが以下3つが主な要素となります。

<Miki~幹~>
・みんなのために。‐ひとりひとりがイニシアティブをもつ
・みらいのために。‐自分のビジョンを明確にし公言する
・笑むために。‐仕事も遊びも妥協しない

上記の3つの要素を元に、今何が足りていないのかを洗い出し、足りていない部分を補うための施策を実行したり、制度を整えたりしています。

*写真はお盆休み企画で配ったカードの画像です!企画については追ってお伝えします!

Q3:ハピクルの活動の目的やゴールを教えてください!
私たちの最終的なゴールは、Mikiの浸透と全社員が主体的に会社の課題や問題に取り組んでくれる意識づくりです。その為に、様々な施策を計画し実行しています。

私たちの最終的な目的は、Mtameという会社をもっと楽しく、もっと好きになるような文化を作っていくことです。Mtameは「マーケティングの力で世の中をもっと楽しく」というミッションを掲げていますから、まずは自分たちが楽しんで働ける環境を整えることもミッションへの一歩と言ってもいいのではないでしょうか。

内的に見ても外的に見てもMtameが楽しい会社であると評価されるよう、ハピクルの活動を行っています。

Q4:具体的にどのような活動かを教えて下さい!
今期のハピクルメンバーは全8人いて、それぞれ4つの班に分かれています。初めから班があったわけではなく、まずはメンバー各々が会社の改善したい点を洗い出すところから始まりました。そこから、要素ごとにまとめた結果4つに分類できたので結果的に4つの班という形になりました。

具体的には生活班・キャリア班・制度班・文化班があり、掛け持ちしているメンバーもいます。それぞれの班がMikiを軸に活動しています。

私が所属している生活班はMikiの中で「笑むために、仕事も遊びも妥協しない」を中心に、社員のプライベートや私生活を充実してもらうために活動しています。生活班は、仕事も大事なのですが家族との時間やプライベート、健康も大事だと考えています。その為、社員のプライベートや健康にフォーカスした活動内容が多いです。

他には、制度班の場合はより働きやすい会社にするために新たに制度を整えたり、ビジョンの浸透や実行を目標に活動しています。

*具体的なイベントはまたレポートとしてお知らせします!*レポートもお楽しみに!*

Q5:沢山実行したい施策があると聞いたのですが、施策の決め方を教えてください。
各班によって決め方は、多少異なるのですが私たち生活班は列挙した課題からそれを解決する施策を
「スピード」「インパクト」の2軸に分けて、考えています。期待される効果が大きく、なおかつすぐに実施可能であるものから開始し、その企画を推し進めながらインパクトは大きいものの調整に時間がかかる施策については同時進行で準備や議論を行っています。

班で決まったものは、2週間に一回の全体会議で話し合って決めています。会議は、約1時間半業務時間内で開催をしています。1.5時間の会議を業務時間内で行うのは、もちろん自分たちの主業務の時間を削って活動となりますが、それほど大事な活動だと思っています。

Q6:ハピクルメンバーになってうれしかったことや大変なことを教えてください。
私は、そもそもメンバーに選ばれたことがうれしかったです。私の場合他の方からの推薦で、メンバーになりました。ハピクルは3期目で、去年末、Mikiの浸透を測るアンケートと共に3期メンバーを推薦する投票を行ったんですよね。ハピクルメンバーに推薦されるということは最もMikiに沿った行動ができている、この人にMtameを任せたら楽しくなりそうと他の皆様に思っていただけているということなので、私を推薦してもらえた事が嬉しかったです。

大変なことは、ハピクルの活動意義やハピクルそのものの周知です。私自身もハピクルメンバーになる前までは、社員の為のイベント企画をする組織だと思っていました。しかし、本当の活動の意義はそこではなく、会社全体の向上や社員の意識改革にあります。いかにそのことを意識してもらいながらもハピクルの用意した企画を楽しんでもらえるかを、周知を促すメールの一文、フォントの一つまでに気を配っており、さながらミニマーケティングです。

インタビューありがとうございました!
ハピクルの活動はこれからも随時お届けします!これからもお楽しみに~!

スターティアラボ株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more